Revain

インターネット上で商品を購入するのが当たり前となった現代、レビューいわゆる口コミを利用して商品を購入する人は多いでしょう。

しかし、中には悪質なサクラを利用したレビューや、正確ではない情報が出回っているのも事実。

今回紹介する仮想通貨Revainは、そんな不正確な情報を無くす為に開発された仮想通貨です。

では一体、Revainは具体的にどんな特徴を思っているのか?メリットや欠点は無いのか?

など、wiki的基本情報や購入できるおすすめの取引所と一緒に、今後の将来性を踏まえて紹介していきますね。

Revain(リヴェイン) のwiki的基本情報

仮想通貨名 Revain(リヴェイン)
トークン名 RVN
公開月 2017年8月4日
開発国 ロシア
開発組織 Revain.io ltd
創業者 Rinat Arslanov
発行上限 484,450,000 R
発行枚数 484,450,000 R
アルゴリズム ERC20
公式ホームページ
ホワイトペーパー Revainのホワイトペーパー(英語表記)
公式ニュース(ブログ) Revain BLOG
公式Twitter @Revain_org
Facebook @Revain.org
GitHub Revain
Reddit revain_org
TelegramID Revain Chat
YouTube Revain.org

Revain(リヴェイン) とは/開発された目的

2017年8月、ロシアでブロックチェーンテクノロジーを使用した仮想通貨Revainが開発されました。

近年よく言われていることですが、ECサイト(いわゆるネット通販のサイト)のレビューはでたらめなものだったり、サクラのように依頼されたレビューが書かれていたり、正確性を欠くものが非常に増えています。

その理由として、1つの良い評価に対しては4人の顧客を得ることができますが、1つの悪い評価に対しては11人の顧客が失われるため、正確性を欠く情報をECサイトの販売者や出品者に関わる人々が流しているとも説明しています。

その中、Revain社は20~60%が正確性を欠く投稿であると主張しており、正確な情報をECサイトで見ることができるようになるのは非常に重要であるとも主張しています。

そして、Revain社は正確な情報を提供するためのプラットフォームを開発し、でたらめなレビューをほぼ0にして、より良い商品や良い店を見極めることができるようにするとも言っています。

その為、仮想通貨のRevainを利用することによって、それらの誤った情報が流れている問題を解決することを目的として開発されました。

このようにRevainはECサイトのレビューと非常に密接なかかわりを持つ仮想通貨なので、次の項目でお話しするようにレビューとこの仮想通貨の関わりの強さもRevainの特徴です。

Revainの名前の由来は不明ですが、RE(regarding、~について)(RE:~対する返信など)とvain(空虚な※サクラのような投稿を指している?)の造語から来ているのかもしれません。

Revain(リヴェイン) の特徴(メリット)

Revainの特徴やメリットについてですが、まず一番の特徴は仮想通貨Revainのプラットフォーム内で、

  • ICO
  • プラットフォーム
  • eコマースサイト(ネット通販サイト)
  • 日用消耗品

などのレビューを投稿すると報酬であるRVNトークン(※)がもらえます。

※.RVNトークンとはプラットフォーム内で使用できるポイントのようなもので、1RVNトークン=0.0001BTCの価値があります。

しかし、Revainのプラットフォーム内でサクラのような投稿を行うと、不正かどうかをRevain社が開発したAIが判断して、投稿を拒否し報酬も得られません。

時には、手持ちのRVNトークンを没収することもあります。

このプラットフォームで行った投稿自体もブロックチェーンで管理され、後から消して信用を回復しようという試みを行うこともできないようになっていることから、開発目的に合致した正確なレビューを確認することが可能となっています。

さらに、Revainのプラットフォーム内の正確なレビューは利用者のみが閲覧できるため、クローズなレビュー集となっている点も特徴と言えます。

また、この他に Revainのトークン自体は、外部の仮想通貨との交換を行う際にRトークンというものに交換しないといけません。

つまり、Revainは内部用と外部用の2つのトークンが存在するのも大きな特徴です。

Revain(リヴェイン) のメリット

メリットとしては、公式サイトが多言語に対応していること、レビューを書けば仮想通貨であるRVNがもらえることです。

公式サイトは日本語に対応しているので、どういったものかを知ることができるのはやはり大きなメリットです。

さらに、巨大なマイニングマシンを構築することなく、正確なレビューさえ書けばBTCに間接的に変換できるRVNトークンがもらえるのはメリットと言えるでしょう。

Revain(リヴェイン) の欠点(問題点)

Revainの欠点も残念ながら、いくつかあり、以下の3つがあります。

  • 規模が小さい
  • AIの信頼度が不安
  • 日本国内に対応する取引所がない

規模が小さい

Revainでは、レビューを利用したマイニング行為ができるのが非常に画期的なのですが、規模に関しては仮想通貨業界でも10位圏内に到達していません。

確かにrevainの取引は行われているのですが、大手のビットコインイーサリアムのような仮想通貨に比べ、まだまだ発展途上にあることが欠点です。

しかし、アイデア自体は画期的ですし、世界展開を図る試み(公式サイトの多言語化)もあることから今後成長する可能性は否定できません。

AIの信頼度が不安

AIも欠点に挙げられます。

AIはRevainの投稿をチェックするシステムではあるのですが、学習方法によってはきちんとしたレビューを書いても認めてくれないどころか逆にRVNトークンの没収することさえ考えられます。

AIは適切な運用ができていれば、非常に頼もしいシステムなのですが、もし誤った方向に判断が向いてしまった場合は、レビューの過疎化や Revainの仮想通貨としての信用も失いかねません。

かと言ってAIが行う審査を緩くし過ぎると、自動投稿を容認してしまい、自動投稿するシステムがマイニングマシンとして機能する可能性もあります。

それこそRevainの最も憎むべき意味のない投稿や悪質な投稿を容認することも。

この調整が難しいので、AIの運用がうまく行けば非常に優秀ですし、他の分野にもノウハウを売ることもできます。

とはいえ、正確な投稿が承認されず、自動投稿を容認してしまうことが、Revainの今一番のリスクであり問題点です。

日本国内に対応する取引所がない

日本国内に対応する取引所がないのも問題です。

Revainの公式サイトでは日本語に対応していてもいざ実際に資金を投入して取引を行うとなると、ある程度の英語力がないことには正確な投資や取引が行えない事態に陥ります。

お金を扱う場合は微妙な表現が重要になることもありますから、日本語に対応していない取引所で取引を行うのは非常に勇気がいりますし、思いもよらないリスクがあります。

また、流通している現実の通貨に戻す際の手続きも煩雑(はんざつ)な場合があり、取引利益も海外送金の手数料でいくらか失う欠点もあります。

このように大変魅力的な仮想通貨であるRevainですが、注意が必要な欠点もあることを知っておくべきです。

実はRevain(リヴェイン) こんな企業と提携しています!

Revainは、現在Forty Seven Bankという仮想通貨と現実の通貨の融合を目指す海外の銀行と提携しています。

この銀行を介した取引であれば送金や現実の通貨への両替などがスムーズに行えます。

ただ、多くの主要通貨には仮想通貨には大手企業と組むニュースや大手企業が関わるといったニュースが流れていますが、残念ながらRevainにはそういったニュースがありません。

現在は提携ニュースがあまりないことが現状ですが、多くの大手ECサイト(amazon、アリババ、楽天など)はサクラなどの大量投稿に頭を抱えています。

Revainは正確なレビューを多く集めていますから、このレビューの量が世界規模となり、いずれも正確なものであったとしたら、それらの企業は必ずRevainに提携を申し出てきます。

しかし今後、Revainが正確な情報をECサイトへ開放することで信用が高まりクレジットカードの信用会社のような存在として、世界中に影響を与える存在になる可能性は十分あります。

 Revain(リヴェイン) の評判

Revainはここ最近かなり注目されている仮想通貨と言っても良いかもしれません。

2019年に入り価値が上昇しており、上昇率の高さが1位であるということを紹介するツイートも見られるようになりました。

主な仮想通貨が軒並みレートを下げている中、その受け皿として機能し始めている可能性もあります。

レビュー機能によるマイニングよりも、取引の上昇率の高さを利用した為替によって増やした方が良いのかもしれませんね。

Revain(リヴェイン) が購入できるおすすめの取引所3選

Revainが購入できるおすすめの取引所は国内にないため、全て海外取引所で購入する必要があります。

多くの海外取引所がある中でRevainが購入できるおすすめ取引所は、以下の3つです。

  • Kucoin(クーコイン)
  • BTC-Alpha(ビーティ―シーアルファ)
  • OKEx(オーケーイーエックス)

それぞれについて説明していきますが、共通するおすすめの理由はRevainの取引金額がいずれも世界トップクラスという点で、取引実績が十分あることです。

Kucoin(クーコイン)

まず、クーコインは香港の取引所です。

おすすめの理由として、ホームページが日本語で表示されているので、分かりやすい(取引は日本語ではありません)点です。

多くの海外取引所は日本語非対応で、目的のページにたどり着くのも一苦労ということも少なくありません。

しかし、クーコインは日本語表記があるので、最低限のところまでは簡単にたどり着くことができます。

少しでも、日本語に対応しているのは大きなメリットですし、おすすめのポイントです。

BTC-Alpha(ビーティ―シーアルファ)

ビーティ―シーアルファはイギリスの取引所です。

おすすめの理由は30日間の取引高に応じて手数料の割引が得られる点です。

大きな金額を取引した場合手数料の金額は軽視できません。

そんな時に多く取引を行うと割引が得られるというのは、利益をたくさん出すうえでも非常に重要です。

そう言った意味でRevainを購入する際におすすめしたい取引所と言えます。

OKEx(オーケーイーエックス)

最後のオーケーイーエックスですが、こちらもクーコイン同様香港の取引所です。

Revainの取引量は他の2つの取引所に比べて少ないものの、仮想通貨全体の取引量が多く、仮想通貨銘柄の種類も豊富なことからRevainを軸に他の通貨との為替取引を行うのにメリットがある点がおすすめです。

こちらも30日間の取引高に応じた手数料割引があるのが大きな魅力であると言えるでしょう。

Revain(リヴェイン) の今後の将来性

仮想通貨の価値が軒並み低下している中、Revainはその価値を上げているので、多くの仮想通貨の中でも将来性のある通貨と言えるかもしれません。

また、公式サイトでも多言語化やスタッフの充実を行い、レビューによる報酬システムも非常に魅力的で将来性を感じます。

さらに今後、重要性を増しているECサイトや様々な日用品のレビューにおいて、Revainが信頼のおける情報を提供するという点でも世界を動かす力を秘めている可能性を感じさせてくれます。

ただ、AIや規模の問題なども抱えており、一時的な投機の対象になるリスクもあることから、今後の流れによってはどちらに転んでもおかしくはないという要素を持った仮想通貨であると言えるでしょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事