仮想通貨の高価買取

2017年は仮想通貨元年と言われ、特に年末は多くの仮想通貨トレーダーが誕生しました。

しかし「トレーダー」と言えば聞こえは良いですが、年末に誕生したトレーダーのほとんどが投資未経験の「素人トレーダー」ばかりでした。

そして2018年の年始から仮想通貨全体の時価総額は急激に縮小し、年末に手持ちの仮想通貨を売り抜ける事が出来なかったイナゴトレーダー達は大きな含み損を抱える事になったのです。

その含み損を抱えてしまった人の仮想通貨を狙うように、同じ頃、急に増えだした業者が今回ご紹介する「買取業者」です。

もう一度言います「仮想通貨取引所」ではなく、「買取」です。

感の良い方はもうピンと来たんじゃないでしょうか。なんか胡散臭いですよねw

それではこの「仮想通貨買取業」について一緒にみていきましょう。

仮想通貨の買取は法律的に大丈夫?違反してる?

仮想通貨の買取が法律的に大丈夫なのかどうかは大変難しいところです。

調べた結果、法律の隙間を狙ったような限りなく「黒に近いグレー」ですね。

そもそも仮想通貨自体まだまだ法律が曖昧なところがあります。

例えば、

  • 仮想通貨は「資産」なのか...「金融商品」なのか...
  • 価値はそれぞれの通貨に付いているが「物」ではなくインターネット上の「データ(暗号)」でしかない。
  • ブロックチェーン上では、それぞれの通貨に誰のコインなのかは示されていますが、仮想空間での管理なので目には見えない。

など。言い始めたら止まらない程の「法の隙間」がたくさん出てきます。

つまり、上記の法の隙間にいるのが買取業者です。

現在仮想通貨交換業を営むには金融庁の登録が必要になります。

ですが、買取業者は金融庁登録を受けていません。

しかし、仮想通貨の民法上の取り扱いは,通貨ではなく、「物」の扱いになる為、古物というのも考えられないわけではありませんが、解釈上はっきりしているわけではないところですから、法律家の意見を聞いても正直皆が首をかしげる状況です。

財産権を認める見解

次に、第 2 の見解は、ビットコインに代表される仮想通貨に対する財産権を肯定する。

しかし、この見解の主眼は――財産権の肯定それ自体というより――仮想通貨に決済手段としての性質を認める点にあると考えられる。

第 2 の見解の代表的論者は、民法上の「財産権」概念が「処分することを得べき利益を目的とする権利」を意味することを前提として、「一定の利益が『財産権』として法主体に排他的に帰属することにより、この者に認められる法的権能が『処分権』であると捉えることができる」と説明する。

引用:仮想通貨に関する私法上・監督法上の諸問題の検討

しかし資金決済法で、マネーロンダリングを防止させるなどの趣旨から仮想通貨交換業者を登録制としていますので、そのため買取を商売とすることも登録制を前提に考えておいた方がいいとは思います。

2018年から金融庁は取引所の運営に対しても厳しく規制を設けました。

ですので、仮想通貨の買取業者に関しては違法として解釈しておいても良さそうですね。

仮想通貨の高額買取業者は詐欺なのか?

まずは、日本経済新聞の下記の記事をご覧ください。

高齢者の元に複数の業者が次々と現れてインターネット上の仮想通貨の購入を勧め、トラブルになるケースが急増していることが10日までに、国民生活センターへの取材で分かった。

昨年1年で全国から100件以上の相談が寄せられ、多額の現金をだまし取られる高齢者もいた。

国民生活センターによると、関東地方の高齢者からの相談が多く、大半のケースでは自宅に仮想通貨に関するパンフレットが届く。

その後、買い取り業者を名乗る者から「この仮想通貨はパンフレットが届いた人しか買えない。購入してくれたら高値で買い取る」などと電話がある。

承諾した場合、仮想通貨の販売業者に代金を支払う。だが約束通りに買い取ってもらえなかったり、買い取り業者と連絡が途絶えたりするトラブルが発生している。

偽の警察官などが購入を勧めてくることもある。

岐阜県中津川市の70代女性が昨年、仮想通貨の購入を持ち掛けられ、1億1千万円をだまし取られた。

水戸市の80代女性も3500万円の被害に遭った。

いずれも自宅にパンフレットが届き、さまざまな肩書の人物や会社が登場。

「絶対に損しない」などと言葉巧みに勧誘していた。

引用:日本経済新聞「仮想通貨詐欺相次ぐ、高値買い取りうたい勧誘相談急増

上記の記事2016年1月に起きた「買取業者」を巡っての事件です。

取引所という金融庁に認められた機関があるのになぜ数%乗せて買い取ったりするのでしょうか。

素直に買い取っていたら赤字間違いないですよね。

美味しい話には必ず棘があります。

完全に買取業を「悪」とはいうつもりはありませんが、仮想通貨はできるだけ「取引所」にて売買したほうが安心でしょう。

仮想通貨を買取業者の代表業者3選

では、次に仮想通貨買取業者の実態に迫っていきましょう。

ネット上でよく目にする買取業者は以下の3業者ですね。

  • CRYPTO MARKET
  • CryptoHOPE(存在不明)
  • BIT365

※以前まで活動していたExchangersは現在営業休止中です

CRYPTO MARKET

会社名 合同会社モバイルソリューション
所在地 〒169-0073 東京都新宿区百人町2-11-25 新戸山ビル2F南店舗
取扱い銘柄 Bitcoin・Ethereum・Ripple・Bitcoin Cash・Litecoin・Cardano・NEO・Dash・NEM
公式サイト こちら
電話番号 03-5656-8030

まず、最初に思った感想は、各社比較してきて、1番「HPはまともだな」ということです。

取扱銘柄も多く一見「取引所か?」と思うほどです。

しかし!お客様の声をご紹介の声のうち、「太田美穂」さんという方の写真が素材サイトのものであることが判明しました。

出典:CRYPTO MARKET

また、会社概要には「24時間受け付け」と書いてありましたので、AM5:00に電話をしてみましたが不通でした。

何回電話しても出ませんでした。

私の個人的な印象としては、下記の2社よりは買取業者として信用性がありそうだとは思いましたが...残念な結果ですね。

CryptoHOPE

公式サイト 削除されています。

まずこの会社に関しては限りなく限りなくドス黒いグレーな買取業者だと睨んでいます。

現在HPは削除されておりますが、HPのお客様の声のページに使われている、お客様の写真は全て「素材サイト引用」でした。

そして、CryptoHOPEが発行している仮想通貨は「Castle(キャッスル)」です。

下記の引用元が詳しく解説されていましたので、ご覧ください。

Castleとは、今後設立予定の仮想通貨取引所が発行する取引所トークンです。2018年6月にICOのプレセールが開催され、クラウドセールの10分の1の価格で販売が行われました。

プレセール価格の10倍に跳ね上がったことを知った投資家はクラウドセールで購入するはずがないため、10分の1の価格設定はプレセールの価格が安いように思わせるための印象操作の可能性があるとして、本サイトではCastleプロジェクトの詐欺の疑いを指摘しました。

取引所自体オープンしておらず上場するのはまだ先の話のため、保有している仮想通貨をCastleに交換しても現金化できません。

また、トークンの価格は上場してはじめて価格が決まるので、Castleが実際にいくらで売れるのかはまだ分かりません。買い取り時に上乗せするCastleの10%ボーナスなどあってないようなものです。

よって、CryptoHOPEは仮想通貨の買取サービスをしているのではなく、CastleのICOを販売しているだけという結論になります。

引用:はじはじビットコインのブログ

上記のブログが全てではないと思っていますが、すでにアクセス出来ないことを考えるとやっぱり...

買取業者の闇がだんだんと見えてきますね。

BIT365

会社名 ZERO(ゼロ)
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山7-7-4
取扱い銘柄 Bitcoinのみ
公式サイト こちら
運営会社サイト こちら(本当にこの会社が運営しているかは不透明)

BIT365では、

  • 通常のレートでの買取
  • レートの5%での買取
  • 希望値での買取

の3種の買い取り方法から選択します。

レートの5%でもちょっとどうなの?って思うのに、更に希望値って...

利用は個人の自由ですが、よ〜く考えてから利用しましょう。

ちなみに、レートでの買取では24時間以内に現金が銀行口座に振り込まれます。

5%の場合は15日後。希望値の場合は30日後とのことです。

仮想通貨の買取業者の仕組み

結論から言いますと、買取業者は「詐欺に近い行為」で成り立ってしまっている業者だと思って良いでしょう。

買取屋は「現在のレートの5%〜買い取ります」と謳っておりますが、レート以上の額で引き取っていたら普通に考えて会社成り立ちませんよね。

色々調べていくと実際の被害者の声を聞くことが出来ました。

被害の声1

Bitcoinを送金し、数日後にレートの5%を上乗せした金額を振り込むと連絡が来たのを最後に、一切連絡が来ない。

お金も振り込まれない。

20代男性Tさん
被害の声2

仮想通貨NEMを、これから新規上場予定の期待値の高いICOで、引取NEM額の50%増の金額で買い取ってもらえた。

けど、買取してもらったICOの仮想通貨は一向に価格が付きません。

20代女性Sさん

この被害の声2を詳しく解説しますと、NEMは仮想通貨でも上位の「メジャー通貨」です。

暴落しているとは言え、ネムコイン直近の額で、すでに1NEM=7円と価値が付いております。

変わって「これから新規上場予定の期待値の高いICO」は、どんなに優れた機能を持っていても上場前なので「無価値」です。

金額で言えば1ICO=0円ということです。

もうこれは完全に詐欺ですね。

こういった方法で、知識の浅い投資家や、含み損でいることに耐えられない投資家から資金を調達しているのが現状です。

仮想通貨の買取業者に対するネット上の声

仮想通貨の買取業者について調べたところ、Twitter上でも「注意」として呼びかける声が多数あります。

買取業者はインターネット上にはあまり姿を現しませんから注意しましょう。

仮想通貨の買取業者は全てが詐欺なのか?

仮想通貨の買取業者は紹介した様に闇が深く、ほとんどが詐欺だということが分かったでしょう。

しかし、中にはきちんと運営会社がいて、取引所トークンであり、尚且つ機能性がすでに構築されている仮想通貨もあります。

マルタ島にある取引所ベルウッドが発行しているベルコインですね。

ベルコインはICO割れコインと交換できる仕組みになっており、交換したベルコインはECショップやビットコインなどの主要銘柄と交換することが出来ます。

つまり、他の買取業者とは違い、すでに利用できる要素が備わっているということですね。

ベルコインについては、下記の記事でまとめていますので、ご覧ください。

まとめ

冒頭でも述べましたが、仮想通貨はまだまだ不透明なことばかりです。

業界が未発達なときこそ、少しダークな買取業者も沢山紛れ込んでいます。

あなたの資産を守るのは他の誰でもない貴方自身です。

業者の選別はしっかりとした目と知識で判断していきましょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

 

ベルコインなどの情報交換コミュニティを公開中!

LINE@とは別に、主にアルトコインの情報交換コミュニティのオープンチャットを開始しました!

匿名でご参加できる為、ぜひ情報交換の場としてお使い下さい^^

ご質問やご相談につきましても、オープンチャットをご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事