ビットコインボルト

近年ビットコインの価格が大幅に下落し、かつての盛り上がりが欠けている仮想通貨業界ですが、ビットコインボルトという名の仮想通貨が、盛り上がりを見せているのが気になりますね。

「なんだか怪しい...」という先入観もある人もいますが、日本人のみをターゲットにした仮想通貨ではなく、世界的に認知度を広げているのが、当サイトの調べで確認(日本人が利用できない海外取引所で売買が行われている)ができています。

ただし、それでも、ビットコインボルトとはどんなコインなのか?気になることでしょう。

結論から言えば、ビットコインボルトはマイニングと密接な関係がありますが、詳しくは本記事で紹介しますので、ぜひ参考下さい。

この記事の目次

2020年大注目!
FILECOIN MINER第三期販売がスタート!

2017年にICOで200億円以上の資金調達に成功し話題を呼んだFILECOINですが、これまでのICOでは、

総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家

もしくは

年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家

というハードルをクリアした投資家のみ手に入れることができました。

しかし、今回FILECOIN専用のマイニングマシンが先行発売され、

FILECOIN MINERになると、一般投資家でもFILECOINを手に入れることが可能に!

6月に一期発売があったものの即完売

Filecoinマイナー スターターキット

しかも、7月の第二期募集も即完売!

しかし、気になっていただけども手に入れることができなかった人の為に、

第三期販売が開催!

期間限定での先行販売ですので、気になる人はFILECOIN MINER専用サイトをご覧下さい。

ビットコインボルト(BTCV)のwiki的基本情報

⇧現在の価格を表示中⇧

仮想通貨名 Bitcoin Vault(ビットコインボルト)
トークン名 BTCV
公開月 2019年12月12日
開発国
  • MINEBEST社:ポーランド
  • Miningcity:キプロス
開発会社 MINEBEST(マインベスト)社
発行上限 21,000,000 BTCV
発行枚数 -
公式HP https://www.bitcoinvault.global/ja.html
ホワイトペーパー https://www.bitcoinvault.global/bitcoin-vault-whitepaper.pdf
Twitter @VaultBitcoin
Facebook -
github Bitcoin Vault
TelegramID Bitcoin Vault News
YouTube
掲載メディア
ビットコインボルトを購入するなら
マイニングシティがおすすめ!

ビットコインボルトに関するご相談は、
下記のLINE@で受け付けています。
お気軽にご相談下さい。

ビットコインボルト(BTCV)とは

ビットコインボルト

ビットコインボルトとは、ビットコインから派生した仮想通貨ではなく、ポーランドに本社を構えるマイニング企業のMINEBEST(マインベスト)社が2019年12月独自に開発した仮想通貨です。

その為、ビットコインのブロックチェーンに新しく書き込まれるのではなく、ビットコインボルト独自にブロックチェーンを生成することが可能です。

また、ビットコインの減少期は4年に1度に対して、ビットコインボルトの減少期は6ヵ月に一度です。

ビットコインとの違いについては、次の項目に記載していますが、約4.5年後にBTCの供給量に追いつく予定でマイニングされています。

ビットコイン(BTC)との違い/比較表

ビットコインボルト ビットコイン
公開年月日 2019年12月12日 2009年1月
通貨単位 BTCV BTC
考案者 Eyal Avramovich サトシ・ナカモト
発行枚数 2100万BTCV 2100万BTC
10分当りのブロック生成個数
(2020年4月末時点)
175個 12.5個
減少期/半減期(※) 6ヵ月に1度 4年に1度
直近の減少期/半減期 2020年5月末 2020年5月11日頃
マイニングマシン M21S
(ASICも可能)
ASIC
ハッシュ関数 SHA-256 SHA-256
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク) Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)
中央集権 非中央集権 非中央集権

(※)ビットコインの場合は半減期、ビットコインボルトの場合は減少期です。

上記の表は、ビットコインとビットコインボルトの比較表ですが、大きく異なっているのは半減期(減少期)の時期なのが分かりますね。

ビットコインの創成期時代にはビットコインをマイニングすることで大量のビットコインを採掘することが可能でしたが、現在のビットコインは2020年5月に行われる半減期が来ると、6.25BTCしかマイニングで手に入れることができません。

しかし、ビットコインボルトはまだ開始されたばかりであり、現在(2020年4月時点)では、いわゆるビットコインの創成期に当たる段階であり、早い段階で参加することで多くのビットコインボルトをマイニングすることが可能です。

ビットコインボルト(BTCV)の特徴

先述した項目では、ビットコインボルトの基本的に触れましたが、ここからさらにビットコインボルトについて特徴を掘り下げていきましょう。

ビットコインボルトはマイニング企業が発行する仮想通貨であることから、マイニングと深い関係を持っています。

先にマイニングについて軽く触れますが、GMOがマイニングについて分かりやすく解説している為、まずはGMOのマイニングの説明動画をご覧下さい。

開発会社はマイニング企業のMINEBEST社

ビットコインボルトを開発したMINEBEST社は、ポーランドを本拠としたマイニング企業です。(上記動画参照下さい。)

本拠はキプロスですが、マイニング工場があるのは、カザフスタンにあるのも特徴です。

そして、世界TOP10マイナーとして表彰されるマイニング企業であり、CEOであるEyal Avramovich氏は、世界デジタルマイニング協会会長を務めています。

Eyal Avramovich
Eyal Avramovich

出典:DigitalMining

つまり、マイニングに関するあらゆることを熟知している企業が、ビットコインボルトを開発しているということですね。

業務提携先が大手マイニング企業のBTC.com社及びBitmain社

上記の画像はBTC.comの公式サイトで確認できますが、BTC.comは世界的に有名なマイニング企業(BTCとBCHの)であり、MINEBEST社へ約20,000台のマシンを提供している企業関係に当たります。

つまり、MINEBEST社の仕入元となっている企業です。

また、BTC.com社及びBitmain社の経営者は、Jihan Wu(ウージ・ハン)について、下記の説明がされています。

暗号資産業界で最も有名な中国人と称され、ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)などの長者として知られています。

全世界マイニング市場の1/3は、このウージ・ハン氏が率いるグループによって採掘されています。

引用:ビットコイン予備校

つまり、MINEBEST社は世界的に有名なマイニング企業とすでに提携しているということですね。

上場後約半年で価格(値段)が約70倍以上に上昇!

ビットコインボルト上記データは、COINEAL取引所のものですが、2019年末に1ドル(約110円)で上場したビットコインボルトは、4月末現在70倍以上価格を上げ、1BTCV約7,000ドル(約7,700円)で推移しています。

今までに多くの仮想通貨が誕生し、上場しているものの、多くの草コインが上場後すぐに価格を上げるものの、ICO組の売りにより、価格を大幅に下がることが多々ありますが、ビットコインボルトの場合、上場から半年経っても出来高を伴いながら、価格が上昇しています。

つまり、ビットコインボルトのマイニングシステムや特徴に多くの投資家から注目を集めているからこそ、価格が上昇していると考えれますね。

マイニングシティでマイニング可能

ところで、ビットコインボルトは先述している通り、マイニングで手に入れることも可能です。

ビットコインをマイニングする為には、マイニングマシンを購入し、多くの電気代などを払いながらマイニングする必要があります。

しかし、ビットコインボルトの場合、ビットコインボルト専用のマイニング工場があり、自らの代わりに『マイニングシティ』と呼ばれるところでマイニングをして、ビットコインボルトを手に入れることができます。

マイニングシティがどうような場所なのかについては、下記の動画を見て頂きたいですが、ビットコインではASICマシンを使用してマイニングをしていますが、ビットコインボルトの場合はM21Sマシンを使用してマイニングを行っています。

M21Sマシン

 

上記のM21Sマシンの特徴を見ても分かる通り、電気料金の支出を下げることで、1日辺りのマイニング収入が上昇させることができます。

また、ビットコインボルトのブロック生成時間及び生成個数が、10分当たり175個生成する仕組みになっています。

ビットコインの場合は、10分当り12.5個(半減期を迎えると6.25個)である為、ビットコインボルトの方が今の所は多くのBTCVを手に入れれることになりますね。

減少期は6ヵ月周期

ビットコインとビットコインボルトの大きな違いは、減少期/半減期の周期です。

ビットコインは4年周期に対して、ビットコインボルトの場合は6ヵ月周期で減少期が行われます。

2020年4月時点でのマイニングによるブロック報酬額は、175BTCVであり、表にすると以下の通りです。

周期 ブロック報酬 報酬額の変更日(約) マイニングコインの枚数 マイニングコインの累積枚数
1 175 - 5223750 5223750
2 150 2020年5月 3990000 9213750
3 125 2020年11月 3325000 12538750
4 100 2021年5月 2660000 15198750
5 75 2021年11月 1995000 17193750
6 50 2022年5月 1330000 18523750
7 25 2022年11月 665000 19188750
8 12.5 2023年5月 332500 19521250
9 6.25 2023年11月 166250 19687500

ビットコインの場合、4年周期である為、全てのコインをマイニング完了する時期が2040年頃とされています。

しかし、ビットコインボルトの場合は6ヵ月周期で減少期を迎える為、2024年頃に全てのコインのマイニングが完了する計算になっています。

ビットコインの現在の価格を見ても分かる通り、半減期を迎えるとマイニングを行うマイナーによって買い支えが起こり、価格上昇が期待できるため、ビットコインボルトも同様に減少期を迎える時に価格上昇する可能性も高いです。

2020年4月時点での、ビットコインボルトの価格は1BTCV約7000円前後で推移していますが、今後いくらになるのかが楽しみですね。

ハッシュレートに価格に比例する可能性がある

また、ビットコインボルトは、ハッシュレートに価格が比例する可能性があると言われています。

ハッシュレートとは、簡単に言えばマイニングする際の1秒あたりの計算力、すなわち採掘速度のことを表します。

ハッシュレートとは、マイニングをする際の1秒あたりの計算力、採掘速度のことです。 単位は hash/s (セカンド)で、「毎秒 ◯ ハッシュの計算ができる」ことを意味します。 ハッシュパワーが高いほどマイニングマシンの性能は高く、1 秒間に多くのデータを処理できます。

引用:ビットフライヤー

もちろん、必ずしもハッシュレートに比例するとは考えにくいですが、ハッシュレートが高くなることで、多くの人がマイニングに参加しているとも考えられます。

ハッシュレートが上がることは、多くの方がマイニングに参加し、多くの計算が行われる事となり時間あたりの計算量が増えることになります。

※ハッシュレートが下がるとは、参加者が少ない事を意味します。

つまり、その仮想通貨の人気度合いによって、ハッシュレートの数字は上下することになります。

またこのことから、ハッシュレートの高さは、通貨の信頼性を示すともいわれています。

多くの人がマイニングに参加するということは、それだけ多くの人によって取引情報が記録されていることを意味するため、通貨としての信頼性が上がります。

しかし、ハッシュレートは必ずしも高いほど良いというわけではありません。

ハッシュレートは人気の高さを表すとお伝えをしましたが、人気が高いということはそれだけ参加者にとってはライバルが多くなることを意味します。

ビットコインの場合はマイニングで1番に生成した人にしか報酬が支払われないので、高性能なマシンを保有する大手の参加者ほど有利になる傾向にあります。

引用:Coincheck

取引が24時間以内であればキャンセル可能

ビットコインの場合、一度送金した通貨はキャンセルすることができず、万が一送金先のアドレスを間違えた場合、手元に通貨が返って来ない仕組みになっています。

もちろんブロックチェーン上に取引履歴が書き込まれる為、どこに送金してしまったのかは確認できますが、一度送金完了(10分以上経過)してしまったビットコインは取引キャンセルすることができません。

しかし、ビットコインボルトであれば、取引から24時間以内であれば、復旧キーを通してキャンセルが可能です。

ビットコインボルト(BTCV)のウォレット

上記の動画、ビットコインボルト専用のウォレット解説ですが、他の仮想通貨同様、Webウォレットが用意されています。

ウォレットに入れておく利点としては、取引を行う為の仮想通貨取引所が万が一ハッキングにあった場合に自身の通貨が無くなることを防ぐことができます。

そして、盗難のリスクも防ぐことが可能です。

もちろん、Webウォレットである為、ネットから完全に切り離したハードウェアウォレットよりも安全性は優れないものの、送金したタイミングでいつでも送金できるため、ビットコインボルトの取引を行わない場合には、ウォレットに保管しておくことをおすすめします。

ビットコインボルト(BTCV)のロードマップ

ビットコインボルト(BTCV)5

仮想通貨投資家が見ておかなければならないポイントに『ロードマップ』がありますが、ビットコインボルトの公式HPには2020年末までのロードマップが記載されています。

この記事の執筆月日が2020年4月末である為、2020年1クオーターは完了し、第2クオーターへの準備がされています。

下記の表は、上記の画像を表記したものですので、一度ご確認下さい。

2020年2クオーター
  • 追加のキー統合
  • 分散型デジタルマイニング標準(DDMS)統合
2020年3クオーター BTCV取引所上場の拡大
2020年4クオーター グローバル・マーケティング・キャンペーン実施

2021年以降のロードマップが記載されていない為、2021年以降の取り組みが気になるところですが、現時点ではロードマップ通りに進んでいる為、良好と言えるでしょう。

ビットコインボルト(BTCV)の評判/口コミ

ビットコインボルト

さて、気になるビットコインボルトに対する第三者による評判や口コミを見ていきましょう。

評判は主にTwitterで確認できますが、ビットコインボルトに関するツイートが日を増すごとに徐々に増えている印象があります。

では、ビットコインボルトの評判や口コミを見ていきましょう。

Webウォレットが利用できる様になったのは2019年12月

ロードマップには、2020年1クオーターでウォレットを導入すると記載されていますが、2019年12月時点でウォレットが利用できるようになったとのこと。

投資家にとってみたら、早めの開発着手には物事が進んでいることを意味していますので、ありがたいことですね。

取引所に上場し、価格が上昇

購入できる取引所につきましては後述しますが、ビットコインボルトはCOINEALとLIQUIDに上場しています。

また、マイニングしてBTCVを手に入れることができるマイニングプランも用意されていますので、多くのBTCVを手に入れたい場合には、取引をして枚数を増やすよりもマイニングして増やす方がリスクが低いと言えるでしょう。

利回りが良い

スキャムと疑いつつも、マイニングをしていたら月利10%前後の利回りが可能とのこと。

2019年はウォレット案件で月利○○%のポンジスキームが流行っていましたが、目に見えてどのくらいの枚数採掘しているか分かるBTCVであれば、コツコツ精神で大きな枚数を増やせる可能性もあります。

紹介者0で95%回収

表向きは月利○○%と煽っていながら、実は紹介報酬でしか利益が出ないMLMビジネスもありますが、ビットコインボルトの場合は、そもそもがマイニングによる報酬である為、紹介者0でも利益を上げれる可能性があります。

ですので、無理な紹介はしなくても良いということですね。(チームツリーと呼ばれるメンバー報酬もありますが、詳しくLINE@にてお問合せ下さい。)

先に参入した方が有利

仮想通貨取引の経験がある人なら分かるかと思いますが、将来的に価格が上がる可能性が高い通貨に関しては、先に参入した方が有利の場合が多いです。

もちろん、様々な情報を吟味した上で投資をする判断も大切ですが、先行者有利なことに変わりはありませんね。

徐々に認知度を増すBTCV

公開から約半年経った現在、元々マイニングでのみでしかBTCVを手に入れることが出来なかった為、下げ圧力が低いとのこと。

また、冒頭で紹介した通り、ビットコインボルトは世界デジタルマイニング協会に掲載されています。

さらに、4月29日?に発表があるとのことですので、注目ですね。

ビットコインボルト(BTCV)が上場している取引所

ビットコインボルト3

ビットコインボルトに対して多くの評判や口コミを見たところで、気になる上場先を見ていきましょう。

2020年4月時点でビットコインボルトが上場しているのは、以下の2つです。

  • Liquid
  • COINEAL

ただし、注意点もありますので、併せてご紹介します。

Liquid(海外)

Liquid

日本にも取引所があるLiquidですが、利用できるのは海外のLiquidのみです。

このことはLiquidにお問合せして確認しました。

Liquid by Quoineカスタマーサポートです。

この度は不明瞭な点がございましたことをお詫び申し上げます。

大変恐縮ではございますが、日本に居住されているお客様については海外向けアカウントを作成いただくことはできません。
(海外に居住いただいている場合でしたら海外アカウントでBTCVの取引が可能となります。)

お客様のご期待に沿えず恐縮ではございますが、何卒ご容赦くださいませ。

引き続きQUOINEをよろしくお願いいたします。

Liquid by Quoine

上記の記載を見て頂いても分かる通り、BTCVは海外のLiquidでしか取引ができない為、注意しましょう。

COINEAL(コインネル)

COINEAL

COINEAL取引所とは、2018年に中国で誕生した仮想通貨取引所です。

調整取引高も多くの仮想通貨取引所の中で20位前後に推移しており、日本語対応しているのも特徴です。

COINEAL

ですので、BTCVを取引したい場合には、COINEAL取引所を利用すると良いでしょう。

ビットコインボルト(BTCV)の買い方/購入方法

ビットコインボルト(BTCV)

ビットコインボルトを手に入れる方法ですが、取引所で手に入れるよりも、マイニングシティで手に入れることをおすすめします。

というのも、ここまでビットコインボルトのことについて紹介してきた通り、取引所では取引をしないとビットコインボルトを手に入れることができませんが、マイニングであれば自動的に採掘してくれるからです。

もちろん、多くのビットコインボルトを手に入れるまでに時間はかかりますが、確実にBTCVを手に入れたい人は、マイニングシティでBTCVを手に入れると良いですね。

幸いにも、マイニングシティのYouTubeで会員登録の仕方から購入の仕方は日本語で解説してくれていますので、動画と一緒にご覧ください。

マイニングシティでの買い方

会員登録の仕方

プラン購入の仕方

ダッシュボードの使い方

購入する方法

マイニングシティでのBTCVの買い方について簡単にまとめます。

  1. マイニングシティに会員登録をする
  2. マイニングプランを選ぶ
  3. 30分以内にBTCを送付する
  4. マイニングプランを購入する

上記の流れでビットコインボルトを手に入れることができますので、マイニングシティのプランを活用してビットコインボルトを手に入れましょう。

ビットコインボルトを購入するなら
マイニングシティがおすすめ!

ビットコインボルトに関するご相談は、
下記のLINE@で受け付けています。
お気軽にご相談下さい。

COINEALでの買い方

マイニングシティでビットコインボルトを手に入れる方法をおすすめしますが、中にはBTCVの売買で利益を上げたい人もいるでしょう。

日本人が実質取引できる取引所はCOINEALのみですが、COINEALでのBTCVの売買方法までマイニングシティのYouTube動画で説明されていますので、取引所で売買したい人はご覧ください。

売買の仕方

入出金の仕方

COINEAL取引所の公式サイトはこちら

再購入したい場合

上記の動画は、マイニングプランの再購入したい人向けの動画ですので、再購入したい人はぜひご覧ください。

ビットコインボルト(BTCV)のまとめ

ビットコインボルトについて紹介してきましたが、最後にまとめます。

まとめ
  1. 減少期は6ヵ月に一度
  2. ハッシュ関数及びコンセンサスアルゴリズムはビットコインと同じ
  3. 取引のキャンセルが24時間以内であれば可能
  4. 開発会社はマイニング企業のMINEBEST社
  5. 取引所での売買は可能だが、マイニング報酬が高い時期はマイニングシティで手に入れる方がおすすめ
  6. ビットコインボルト専用のウォレットがある

もしビットコインボルトについて、

  • もっと知りたい!
  • 疑問を解決したい!
  • 最新情報を手に入れたい!

などという人は、BTCV専用でご相談窓口をLINE@で受付しておりますので、お気軽にご相談下さい。(担当はサイニューさんです)

 

\ライブバカラをするならベラジョンカジノがおすすめ!/

コインチェック
【2020年大注目!】FILECOIN MINER第三期販売開始!

2017年にICOで200億円以上の資金調達に成功し話題を呼んだFILECOINですが、これまでのICOでは、

総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家

もしくは

年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家

というハードルをクリアした投資家のみ手に入れることができました。

しかし、今回FILECOIN専用のマイニングマシンが先行発売され、

FILECOIN MINERになると、一般投資家でもFILECOINを手に入れることが可能に!

6月に一期発売があったものの即完売

Filecoinマイナー スターターキット

しかも、7月に行われた第二期募集も即完売!

しかし、気になっていただけども手に入れることができなかった人の為に、

第3期販売が開始!

期間限定での先行販売ですので、気になる人はFILECOIN MINER専用サイトをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

関連情報