0521仮想通貨_副業

仮想通貨投資は、人によっては膨大な利益を生み出すことができ、生活に良い影響を与えているケースも存在しています。

仮想通貨の種類は増加傾向にあり、気軽に投資を行える環境も整えられています。

現在では、仮想通貨投資を「副業」としてチャレンジする人もたくさんいます。

この記事では「仮想通貨投資が副業になるのかどうか」詳しく紹介していきます。

仮想通貨投資は副業にならない?

仮想通貨投資は、上手く取引を行い利益を上げることができれば、副業としても十分に成り立ちます。

実際に多くの人が仮想通貨投資によって、一定額の利益を獲得しています。

ただ会社員と公務員では、状況が異なるケースがあるので、まずはその違いについて見ていきましょう。

会社員の場合

在籍している会社によっては、副業に対して厳しい処罰を与えるケースがあります。

状況によっては、会社を解雇されてしまう可能性もあるため注意が必要です。

副業を禁止する規則を設ける理由には、仕事に悪い影響を与える可能性が関係しています。

副業に力を入れすぎるあまり、会社の業務が疎かになってしまう場合もあるからです。

もしそのような状況が発生してしまうと、給料を支払っている会社にとっては大きな痛手になります。

そこで副業を禁止にすることで、会社の業務に集中するための環境を整えているということなのです。

しかし、仮想通貨投資は資産運用の分類に当てはまるため、副業には分類されない可能性もあります。

ただし、この判断は会社によって異なります。

仮想通貨投資に対して厳しい考えを持っている会社も存在するため、会社員の場合は、まず規則違反にならないのか確認してから仮想通貨投資をはじめるのが賢明でしょう。

公務員の場合

公務員は法律によって副業を禁止されているため、副業を行うことはできません。

もしも副業を実施してしまった場合には、減給や免職など厳しい処罰の対象となるため、ほとんどの公務員は副業を行っていないでしょう。

しかし現時点では、仮想通貨投資は副業とは分類されていないため、公務員が行っても問題はありません

ただし、日常の業務に支障をきたしてしまうほど熱中して行うのは危険です。

あくまで副業という意識で仮想通貨投資を行う必要があります。

公務員の中には、実際に仮想通貨投資を行い一定の利益を得ている人も存在しています。

仮想通貨投資を副業でする場合の税金

副業として仮想通貨投資を行い、20万円以上の利益が出た場合には、所得税が発生します。

仮想通貨投資を行っていても、20万円以上の利益が出なかった場合には、所得税は発生しないため、税金を支払う必要はありません。

学生や主婦など扶養に入っている場合は、33万円以上で税金の支払いが発生します。

税率は、所得額が増えれば増えるほど高くなります。

195万円以下の場合の税率は5%となっていますが、

4,000万円を超えると45%もの税率となり、支払う税金の額も非常に大きくなります。

副業として仮想通貨投資をする際の注意点

仮想通貨投資は、副業の一つとして実施することができます。

会社員や公務員だけではなく、その他の職業で働いている人も積極的に仮想通貨投資を行っており、少しでも利益を出せるように取引しています。

ここからは、仮想通貨投資を行う際に注意すべき3つのポイントを見ていきましょう。

余裕のあるお金で仮想通貨投資を実施

副業として仮想通貨投資を行う際は、余裕のある資金で行うことが非常に重要です。

もしも全財産で仮想通貨投資を行った場合、上手く取引を行えば多額の利益を出すこともできるでしょう。

しかし、失敗した時は全財産を失うこととなり、あまりにもリスクが大きすぎるのです。

余裕のある資金で少しずつ仮想通貨投資にチャレンジすれば、全財産を失う心配もありません。

また余裕のある資金であれば、失った場合でも精神的なダメージを最小限に抑えることができます。

仮想通貨投資を行う人の多くが余裕のある資金で実施しており、生活に影響を与えないようにコントロールしているのです。

あまりにも仮想通貨投資に集中しすぎないように注意

仮想通貨投資には、短期間でも取引するタイミングによっては相応の利益を獲得できるという魅力があります。

ハイリスクハイリターンが大きな特徴であり、多くの人を惹きつけるポイントでもあります。

人によっては仮想通貨投資の魅力にハマってしまい、本業を忘れてしまう人もいます。

それでは、本末転倒と言わざるを得ません。

仮想通貨投資はあくまで副業として、本業の仕事に影響を及ぼさないように上手く調節することが必要です。

週単位でどのくらい仮想通貨投資を行うのかしっかりと定めたり、特定の日は仮想通貨投資のことを考えないなどのルールを設けて工夫すると良いでしょう。

リスクを把握した上で仮想通貨投資を副業として行うこと

人によっては多額の利益を出すこともできる仮想通貨投資ですが、リスクもあることを忘れてはいけません。

取引のタイミングによっては、多額の損失を発生させ、場合によっては破産に追い込まれるケースもあるのです。

仮想通貨には価格の変動が激しいという特徴があり、たった1日の間でも価格が大きく下落することもあります。

仮想通貨投資を行っている人の多くが、利益だけではなく、損失も経験しているのが実情なのです。

多くの人が、損失を最小限に抑えながら、少しでも利益を出せるように仮想通貨投資を行っています。

副業として仮想通貨投資をする以上、リスクも把握した上で実施することが重要なポイントです。

副業で仮想通貨投資をする際のおすすめ国内取引所

ここからは、副業で仮想通貨取引を行う際におすすめの国内取引所を紹介していきます。

国内にはいくつもの取引所がありますが、それぞれ異なる特徴があります。

自分にとって最適な取引所を選択することは、副業として仮想通貨投資をスムーズに行うためにも大切です。

強固なセキュリティが特徴のGMOコイン

GMOコインは、強固なセキュリティ対策が特徴の一つです。

仮想通貨投資をする際、悪質なハッカーによって大切な仮想通貨が消失もしくは失われるケースが多発しています。

しかし、強固なセキュリティ対策が行われているGMOコインであれば、このようなリスクを最小限に抑えることが可能です。

また、サーバも安定しており、いつでもスムーズな取引を行えるように取り組んでいるという強みもあります。

安心して仮想通貨投資を行いたい人は、GMOコインがおすすめです。

取り扱い仮想通貨が多いコインチェック

出典:Coincheck

コインチェックは、国内取引所の中でも取り扱っている仮想通貨の種類が多いという特徴があります。

多くの国内取引所では、取り扱い通貨が少ないことから満足な取引が行えない場合もあります。

そのため、様々な仮想通貨の取引を行いたい人は、海外の取引所を利用しているのが実情です。

しかしコインチェックでは9種類の仮想通貨を取り扱っており、高い人気を獲得しています。

また、スマートフォン用のアプリの使いやすさも評判が高く、初心者にもおすすめの取引所と言えます。

ビットバンクは初心者から上級者まで多くの人が仮想通貨投資しやすい

出典:bitbank

ビットバンクは、見やすいチャートが大きな特徴で、初心者から上級者まで気軽に仮想通貨取引を行うことができる取引所です。

また、どのようなセキュリティ対策が行われているのか情報が開示されており、安心感が高いのも特徴です。

他の国内取引所では、どのような形でセキュリティ対策をしているのか分からないことも少なくありません。

ビットバンクでは、少しでも信頼して仮想通貨投資を実施してもらうためにセキュリティの情報開示を個なっており、徐々に利用する人が増えている国内取引所なのです。

ただし、比較的新しい取引所でもあるため、急激に取引量が増加した場合にはサーバーダウンなどの可能性もあるかもしれません。

取り扱っている通貨は6種類です。

仮想通貨の副業に関するまとめ

この記事では、副業としての仮想通貨投資について詳しく紹介してきましたが、実は仮想通貨投資は副業には分類されません。

そのため、会社の規則や法律によって副業が禁止となる会社員や公務員の場合でも、問題なく仮想通貨投資を行うことが可能なのです。

ただし、仮想通貨投資を実施する際は、余裕のある資金で本業に悪影響を与えないように注意しなくてはなりません。

あまりにも仮想通貨投資に集中し過ぎてしまうと、本業に影響を及ぼす恐れがあるので気をつけましょう。

GMOコインやコインチェックなどそれぞれの特徴を参考に国内取引所を選択し、副業としての仮想通貨投資をはじめてみてはいかがでしょうか。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

 

ベルコインなどの情報交換コミュニティを公開中!

LINE@とは別に、主にアルトコインの情報交換コミュニティのオープンチャットを開始しました!

匿名でご参加できる為、ぜひ情報交換の場としてお使い下さい^^

ご質問やご相談につきましても、オープンチャットをご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事