bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3

NANJCOIN(なんJコイン)は有名な匿名掲示板5ちゃんねる発祥の仮想通貨です。

元々はネタコインとして開発されましたが、5ちゃんねるのなんでも実況J板の有志により、スポーツに特化した仮想通貨として開発が進められました。

スポーツに特化した仮想通貨とはどういうものなのでしょうか?

また、なんJコインに将来性はあるのでしょうか?なんJコインの基礎情報から取り扱っている仮想通貨取引所までまとめました。

bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

なんJコイン(NANJCOIN)のwiki的基本情報

仮想通貨名 NANJCOIN(なんjコイン)
トークン名 NANJ
公開月 2018年1月18日
開発国 日本
開発チーム NANJ株式会社
開発者 弘田 大介(イッチさん)
発行上限 30,000,000,000 NANJ
発行枚数 19,361,889,557 NANJ
トークン規格 Ethereum(ERC223)
公式HP nanjcoin.com
ホワイトペーパー NANJCOINのホワイトペーパー(日本語版)
Twitter @nanjcoin
Facebook @nanjcoin
Reddit -
TelegramID NANJCOIN OFFICIAL
YouTube -

なんJコイン(NANJCOIN)とは/開発された目的

なんJコインは5ch発祥の仮想通貨である

なんJコインは大型匿名掲示板5ちゃんねる(旧名称2ちゃんねる)のなんでも実況J板(なんJ)の融資によって開発された国産の仮想通貨です。

始めは総発行枚数1京枚のネタコインでしかなかったのですが、なんJの有志が集まり改良を重ねることにより、現在のなんJコインの形が整いました。

発行枚数を300億枚に変更したり、AirDropを配布したり、公式サイトを立ち上げたりと徐々にその名を広げ、僅か2カ月足らずで海外仮想通貨取引所の「CoinExchange」での上場がされました。

なんJコインでスポーツに新たな経済圏を作る

なんJコインが注目されたのは、ただ単に5ちゃんねる発祥のコインであることが理由ではありません。

これまで5ちゃんねる初のコインはモナコインやVIPSTARがありましたが、なんJコインはスポーツに特化した仮想通貨となっています。

スポーツに特化した仮想通貨と言うのは珍しく、特に国内では競合相手がいない点は非常に強みです。

スポーツ特化とした背景は、元々なんJはスポーツ好きの人が多かったこと点にあります。

なんJコインは国内国外問わずスポーツ団体の支援を行うことや資金的に厳しいマイナースポーツの支援やなんJコインで観戦チケットを決済すると割引や特典をつけたりと、スポーツを楽しむこととスポーツ支援を重視しています。

なんJコイン(NANJCOIN)の特徴

なんJコイン(NANJCOIN)

なんJコインはERC223トークンを生かした機能である

なんJコインはイーサリアムで最も普及しているERC20の改良版であるERC223を採用しています。

これにより様々な機能が利用することが可能です。

AirDrop(エアドロップ)でコインを一括配布

なんJコインはAirDropを利用することができます。

通常、送金する場合は相手のアドレスに一人ずつしか送金することができませんが、AirDropを使うことにより複数人に一括で配布することができます。

また、手数料も安価です。

トークンフォールバックで誤送信防止

ERC20ベースの場合、もし間違ったアドレスに送金してしまうとトークンが消滅してしまう大きな問題点がありました。

しかし、ERC223では間違ったアドレスを指定した場合は返金されるような仕組みが入っています。

これによりもし間違った送金をしてしまってもトークンが消滅するような心配がありません。

ロックアップと発行枚数調整機能

なんJコインは運営が保有する開発資金15%をロックアップしています。

これによりなんJコインの価値を保つことが可能です。

また、Mintにより発行枚数を増加させたり、Burn(バーン)によって発行枚数を減らしたりとトークンの供給量を調整することができます。

スポーツ特化は競合相手がいない

仮想通貨には様々なプロジェクトが立ち上がっており、送金速度の改善といった競合しやすいコンセプトが多い中、スポーツに特化した仮想通貨というのは極めて珍しいです。

その為、なんJコインはスポーツと仮想通貨のリードしていく立場であります。

競合相手がいないということは爆発的に人気が広まれば、なんJコインの独壇場となる可能性も秘めています。

また、スポーツは2020年のオリンピック開催に向けて、注目が高まる可能性も高いです。

特に政府が積極的に日本をアピールしていることもあり、オリンピックによってスポーツに熱が入り、なんJコインの勢いが上がることも十分に考えられます。

また、スポーツビジネスの市場はまだまだ成熟しているとは言えません。

様々なスポーツにプロ選手はいますが、やはりメジャーなスポーツでなければ生計を立てることは難しいです。

また、メジャースポーツであってもグッズ販売か入場料でしかマネタイズできないのが現状です。

しかし、逆に言えば成熟していないことはチャンスとも言えます。

スポーツによって新たな経済圏を開拓していくという点は大きなメリットです。

なんJコインのコミュニティが活発

これまで高騰したマイナーアルトコインの中には、コミュニティが活発であるという特徴があります。

元々なんJ板のコミュニティから発足したこともあり、コミュニティは活発であり、運営陣も積極的にイベントを開催しています。

また、なんJコインは短期間でSDKを開発しました。

SDKとはソフトウェア開発において、必要なプログラムや技術文書をひとまとめにしたものです。

これにより企業や個人がなんJコインを使ったアプリの開発がしやすくなりました。

さらに提携先が増えることにも期待できます。

NANJ決済を導入する店も増加

なんJコインでの決済を対応させた店も増えています。

代表的なのはモナバーです。

また、マレーシア料理店の「マレーチャン」やジモティー千葉版でなんJコインで支払い可能とした物件もだされていました。

他にも様々なお店で対応しています。

なんJコイン(NANJCOIN)の欠点/問題点

なんJコイン(NANJCOIN)

大手のスポーツメーカー参入が不安

なんJコインはいち早くスポーツに目をつけましたが、もし大手企業が同じコンセプトで参入してきたらどうでしょうか?

例えば世界的に有名なスポーツブランド「NIKE(ナイキ)」が同じコンセプトで参入してきた場合、一気に注目を集めることも考えられます。

なんJコインは既に実績をいくつか残しているので、埋もれるようなことがありませんが、やはり先駆者としては1位を取り続けなければ意味はないと言えます。

もし、有名企業が本気でスポーツ特化の仮想通貨に取り掛かってきたら、1位を継続することが難しくなります。

しかし、デメリットばかりではありません。

逆に大手が業界に参入することにより、仮想通貨が広まり結果的に恩恵を受ける可能性もあります。

なんJコインは投げ銭としても知名度が低い

なんJコインはスポーツ支援に特化しており、スポーツに投げ銭もできます。

しかし、実際は他の仮想通貨でもスポーツへの投げ銭に着目し、機能を実装しているプロジェクトがあります。

まだまだ投げ銭のプラットフォームとしては知名度が低いと言えます。

実はなんJコイン(NANJCOIN)こんな企業と提携しています!

なんJコイン(NANJCOIN)

Cosplay Token(コスプレトークン)

なんJコインは2018年6月にコスプレ界使われる仮想通貨であるコスプレトークンとのパートナーシップ提携が発表しました。

一見、スポーツとコスプレに何も関連性がないと感じる方もいらっしゃるとは思いますが、フィギュアスケートでコスプレでショーを演じることもあるようなので意外にも関連性はあります。

例えば、女子フィギュアスケートの「エフゲニア・メドベージェワ」選手はアイスショーをセーラームーンのコスプレで演じたことで話題となりました。

ビットキャッシュ

なんJコインはビットキャッシュ株式会社と協力し、eスポーツチームCYCLOPS(サイクロプス)の応援企画を実現しました。

EVOはアメリカで開催される最大級の格闘ゲーム大会であり、大会に出場する日本人選手を応援する企画となります。

エレナと言うキャラクターでTwitterアカウントが特設され、企画内容の告知がされていました。

NANJコイン公式キャラクター「エレナ」

NANJコイン公式キャラクター「ナンシー」

なんJコイン(NANJCOIN)の評判

なんJコイン(NANJCOIN)

なんJコインに期待の声や応援の声が大きい

国内発祥の仮想通貨であることもあり、なんJコインに対する期待の声や応援の声はTwitterでたくさん掲載されていました。

特にスポーツ好きな人からの支持が高く、ホワイトペーパーの内容を見て興味を持った方もいらっしゃいました。

定期的に開催されるAirDropでのなんJコイン配布キャンペーン

Twitterを中心に、AirDropを利用したなんJコインの配布が現在も実施されています。

なんJコインが京都eスポーツサミットのスポンサーに

なんJコインは様々なスポーツ関係のイベントに名前を見せています。

関西最大規模のeスポーツイベント「京都eスポーツサミット」ではなんJコインがスポンサー一覧に加わっていました。

なんJコイン(NANJCOIN)が購入できるおすすめの取引所3選

なんJコイン(NANJCOIN)

MIDEX(ミデックス)

ミデックスは2018年7月にオープンしたばかりの仮想通貨取引所です。

中央集権型でありながら分散型という特徴を持っており、次世代型の取引所として注目されています。

なんJコインの出金量が1NAJなので非常におすすめです。

共同出資者にはIBM、イーサリアム、ネムと大手の企業名が出ていることから非常に注目されている取引所です。

一部ではありますが、日本語にも対応しています。

MERCATOX(メルカトックス)

メルカトックスはイギリス拠点の仮想通貨取引所です。

2段階認証等とセキュリティ面が非常に強力です。

アルトコインの取り扱いが多く、大手取引所では扱っていないようなICO直後の仮想通貨が最速で上場します。

日本語には対応していないので草コインをよく保有している人からは知名度が高いです。

ノアコインウィズコインが上場していることからも日本では有名ですね。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)

コインエクスチェンジはマイナーなアルトコインを中心に取り扱っている仮想通貨取引所です。

運営元はイギリスではありますが、身元が不明なのが不安要素の一つではあります。

取り扱っている通貨の種類が多く、本人確認手続きもなく登録ができます。

日本語には対応しておりませんのでご注意ください。

なお、日本国内にあるコインエクスチェンジとは全く関連性はないので注意してください。

海外が「coinexchange.io」となっているので確認しましょう。

なんJコイン(NANJCOIN)の今後の将来性

なんJコイン(NANJCOIN)

なんJコインの今後はスポーツ特化で独壇場を狙えるか?ということに期待でしょう。

なんJコインのコンセプトは競合が少なく、特にスポーツ好きな人にとっては期待できる仮想通貨と言えます。

コミュニティも活発であることから開発も進んでおり、企業との提携も増えています。

日本は2020年のオリンピックに向けてますますスポーツが活性化していくので、なんJコインの注目度が上がる可能性が十分にあります。

TwitterでもなんJコインに対する期待の声は大きく、スポーツ好きな方を中心に注目を集めている仮想通貨ではあります。

今後の更なる発展に期待しましょう!

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事