bittrex

海外取引所には、国内では取り扱っていないアルトコインも多く、価格上昇に期待出来る仮想通貨も多くあります。

そんな中、注目されている海外取引所が、Bittrex(ビットレックス)です。

Bittrexの登録方法はとても簡単で、Google翻訳を使用すれば日本語である程度機能が分かる取引所です。

では、登録方法や使い方、Bittrexを利用するメリットやデメリットを紹介しますね。

Bittrex(ビットレックス)の概要

取引所名 Bittrex(ビットレックス)
独自トークン有無 -
開場日 2014年
運営会社 Bittrex.LCC
取引所がある国 ネバダ州(アメリカ)
公式サイト Bittrex
手数料 一律0.25%
取り扱い銘柄数 200種類以上
公式ウォレット -
公式ブログ Bittrex
公式Twitter @BittrexIntl
公式Facebook @BittrexIntl
公式Instagram -
TelegramID -

Bittrex(ビットレックス)の特徴

Bittrexは2014年に開設されたアメリカの仮想通貨取引所です。

運営会社はネバダ州を拠点とするBittrex.LCCです。

Bittrexは取扱い通貨数が世界でもトップクラスの数を誇り、PoloniexやBinanceと並ぶ世界最大の取引所の1つです。

Bittrex(ビットレックス)の登録方法

Bittrexのアカウント登録は公式サイトトップページから行うことが出来ます。

日本語対応版の公式サイトがないため英語に従って行う必要がありますが、簡単なステップで行えるため、英語が苦手な方でもすぐに登録することが出来ます。

公式サイトのトップページに行くと「Sign Up」というボタンがあるので、このボタンをクリックします。

Bittrex(ビットレックス)

リンク先で登録用のEmailアドレスとパスワードを入力し、「Sign Up」ボタンをクリックします。

登録したEmailアドレスに本登録用のメールが送られてくるので、メールに記載されているリンク先に移動することで本登録が完了となります。

Bittrex(ビットレックス)の使い方

アカウント登録が完了した後は2段階認証の設定を行います。

2段階認証とは、よりセキュアに取引所を利用する仕組みであり、取引所を利用する際に先ほど設定したパスワードとは別に、一時的に発行されるパスワードを利用する方法です。

2段階認証を行うためにはGoogleなどが公開しているスマホ用の認証アプリをダウンロードする必要があります。

認証アプリの登録情報をBittrexの2段階認証画面で設定することで、Bittrexの利用時にも2段階認証を利用することが出来ます。

Bittrexの具体的な取引は日本円で行うことが出来ません。

このため、別の取引所からBTC(ビットコイン)などBittrexで利用可能な仮想通貨を送金する必要があります。

BTCの送金が完了すれば、後はトレード画面に従って200種類以上の仮想通貨の売買を行うことが出来ます。

Bittrex(ビットレックス)を利用するメリット

Bittrexのメリットは、仮想通貨の種類が圧倒的に多いことです。

国内のメジャーな仮想通貨取引所では多くても10種類程度ですが、Bittrexでは200種類を超える仮想通貨の取引を行うことが出来ます。

当然、まだ知名度の低い通貨や他の取引所では扱っていない通貨もあるため、希少性の高い仮想通貨を扱いたいトレーダーにとっては非常に魅力的な取引所と言えます。

また、ICOで公開されたばかりの仮想通貨を多く扱っているところもメリットの1つと言えます。

公開されたばかりの仮想通貨は、当然安く購入することが出来るため、将来性のある仮想通貨を先見することが出来れば、

数十倍、数百倍のリターンを期待したトレードを行うことができ、すでに有名になっている仮想通貨だけを扱う取引所に対してメリットがあると言えます。

その他、取引量が多いこともBittrexのメリットと言えます。

Bittrexの取引額は世界でもトップ10に入ります。

取引量が多ければそれだけ注文が成立しやすいため、短期で注文を繰り返すようなトレーダーにとっては、Bittrexはお奨めの取引所と言うことができます。

Bittrex(ビットレックス)を利用するデメリット

Bittrexのデメリットは、日本語対応されてない点です。

国内だけでなく海外を見ても、仮想通貨市場がまだ過渡期ということもあり、どこの取引所でもシステムトラブルは避けられない状況です。

取引際中にサイトに繋がらなくなったり、送金や出金を行っている途中でシステムエラーを起こしてしまった場合など、緊急でサービスセンターへの問い合わせが必要になることもあります。

英語が苦手な方は、問い合わせメールをやりとりするのも一苦労になります。

また、万が一取引所がハッキングされた場合には、自身の口座にある通貨がどうなったのか、安全な状態にあるのか、など、非常に気になるところです。

そんな場合にも取引所から公開される情報は英語のみのため、正確な情報を掴むのに苦労することになってしまいます。

Bittrexのもう一つのデメリットは手数料の高さです。

国内の取引所は概ね0.15%までですがBittrexの手数料は一律で0.25%です。

国内ではマイナスの手数料を設定しているところもあるため、頻繁に売買を行う場合には手数料分まで含めてBittrexを利用するかを精査することも必要になります。

Bittrex(ビットレックス)の出金制限がかかった時の解除方法

先ほどアカウント登録方法を説明しましたが、Bittrexではアカウントの認証レベルが複数あり、そのレベルに応じて出金出来る額が決まってきます。

Bittrexにおけるアカウントの認証レベルは、

  1. NEWアカウント
  2. BASICアカウント
  3. ENHANCEDアカウント

の3タイプあります。

NEWアカウント

NEWアカウントは、先ほど説明したとおりEmailアドレスの登録だけで作成できるアカウントで、出金額は1日1BTCまでとなっています。

BASICアカウント

BASICアカウントは、更に住所と氏名の登録とSMS認証が必要になります。

BASICアカウントまでの登録を行うことで、出金額は1日3BTCまで拡張することができます。

ENHANCEDアカウント

ENHANCEDアカウントは一番上位の認証レベルで、身分証明書(パスポートor免許書)と自撮り画像の登録が必要になります。

ENHANCEDアカウントの登録まで完了できると、出金額は1日100BTCまで拡張することが出来ます。

このように、Bittexを利用する際は、どの程度の金額規模でトレードを行うかを予め意識し、どのレベルのアカウントで登録するかを判断する必要があります。

Bittrex(ビットレックス)のまとめ

Bittrex(ビットレックス)について紹介しましたが、やはり多くの仮想通貨が上場していることは、お宝銘柄を発見したい人にとってはとても魅力的なのではないでしょうか。

Bittrexでは、今後も取り扱う仮想通貨は増えていきますから、海外取引所を検討している人は登録だけしといても良いかもしれませんね。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

 

ベルコインなどの情報交換コミュニティを公開中!

LINE@とは別に、主にアルトコインの情報交換コミュニティのオープンチャットを開始しました!

匿名でご参加できる為、ぜひ情報交換の場としてお使い下さい^^

ご質問やご相談につきましても、オープンチャットをご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事