ミックスコイン

発行枚数が少なく希少価値の高いMixin(ミックスコイン)。

Mixinの詳細は後述していますが発行枚数が100万枚しかなくビットコインの最大発行枚数である「2100万枚」と比べてもかなり枚数が少ないです。

またMixinは仮想通貨の送受金を可能にしたメッセージングアプリなどを提供しており、SNSの需要が高い現代において、Mixinに関する情報を押さえておきたいところです。

今回はこのMixinという仮想通貨一体どのような仮想通貨なのか、Mixinを購入取引できる取引所は一体どこにあるのか紹介・解説していきます。

Mixin(ミックスコイン)のwiki的基本情報

仮想通貨名 Mixin(ミックスコイン)
トークン名 XIN
最小単位 -
公開月 2017年11月
開発国 -
開発チーム -
開発者 Cedric Fung
発行上限 1,000,000XIN
発行枚数 432,841XIN
アルゴリズム -
公式HP rel="”nofollow"mixin.one
ホワイトペーパー ホワイトペーパー
Twitter @Mixin_Network
Facebook MixinNetwork
Reddit mixin community
TelegramID MixinCommunity
YouTube MixinNetwork

Mixin(ミックスコイン)とは/開発された目的

Mixinは誰でも簡単に仮想通貨を取り扱えるプラットフォームを開発するために誕生しました。

元々仮想通貨取引所であるBigONEに在籍してブロックチェーン技術を身につけたCedric Fungが中心となって開発が進められており、ある程度ブロックチェーンに関する知識と技術を有している者たちが開発しています。

ちなみに日本にも拠点を持っており、プロジェクトの中心であるCedric Fungさんは東京に住んで開発を進めています。

Mixin(ミックスコイン)の特徴

Mixin

それでは早速Mixinの特徴について、紹介・解説していきます。

他の仮想通貨であまり見られない特徴もありますのでそちらも抑えていきます。

開発が日本でも行われている

ほとんどの仮想通貨は海外を拠点にして開発が進められていますが、Mixinは珍しく、日本でも開発が進められています。

日本で仮想通貨関係の開発は金融庁に認められないとできないのではないかと思うかもしれませんが、それはあくまで仮想通貨の話であり、ブロックチェーンの話とは関係ありません。

ただし、日本でも開発が進められているからといって日本語で情報が公開されることはないので、その点だけ勘違いしないようにしてください。

他の仮想通貨プロジェクトと同様に英語で発信されますので、Mixinの情報を追いたい場合は、Google翻訳などを利用して日本語で読めるようにすると良いでしょう。

元々ブロックチェーン技術を持つ者が開発に携わっている

Mixinの開発チームの中心人物であるCedric Fungさんが今もサービスが継続されている仮想通貨取引所BigONE出身のエンジニアなだけあって、ブロックチェーンに関する知識や技術はかなり有しています。

この後紹介していますが、そのこともあってすでにブロックチェーンを利用したアプリを一つリリースされており、成果物が存在します。

成果物が一切存在せず自然消滅しているかどうするかプロジェクトが多い中、プロジェクトが進められているだけでなく生活も存在するMixinはかなり信頼できるでしょう。

ただし信頼できることと需要による価格高騰は似て異なることですので、投資する際は見極めるようにしてください。

すでにアプリが一つリリースされている

仮想通貨名と同じなのですが、メッセージングアプリである「Mixin」がリリースされています。

このメッセージングアプリでは仮想通貨のMixin(XIN)を使うことができるようになっており、チップを送ったりもらったりすることが可能です。

また仮想通貨ウォレットとしての機能も持っており、XINだけでなく、ビットコインイーサリアムライトコインリップルなども管理することができます。

これらの仮想通貨もメッセージングアプリMixinで繋がっているユーザー同士で送受金を行うことができ、可能な限り仮想通貨とSNSと結びつけようとしています。

開発しているのはメッセージングアプリだけではない

Mixinはメッセージングアプリをリリースして終わりというのではなく、OceanONEという仮想通貨取引所もリリースしています。

現在はまだまだ殺風景であり、改善の余地が多そうなインターフェイスですが、こちらはまだまだ絶賛開発中のように感じるので、アップデートに期待が高まります。

ほかにも仮想通貨関係のプロジェクトが多数ある

Mixinと直接関係があるわけではありませんが他にもさまざまのアプリをリリースしています。

  • スマホ向けに開発された取引サービス「ExinOne」
  • スマホで使える仮想通貨チャートウォッチアプリ「CoinView」
  • ブロックチェーン技術の導入をサポートする「Fox.ONE」
  • 仮想通貨ブロックチェーンに関するプロモーションを行うメディア「PRESSone」
  • DAPPSの開発を手助けするブロックチェーンシステム「DGAMES」

Mixinは開発チーム関係者はこれらのプロジェクトにも関わっています。

それに加えてMixinの仮想通貨取引所であるOceanONEはすでにリリースされていますので、今後の動向に注目です。

Mixin(ミックスコイン)の欠点/問題点

Mixin

かなり優れた開発者が在籍しているMixinのプロジェクトですが、わずかながら欠点が存在します。

投資をする上で欠点も抑えておく必要があるのでこちらもしっかり見ていきましょう。

知名度が低い

Mixinは優れた開発者がいるプロジェクトですが、現在リリースに成功しているのはメッセージングアプリだけです。

故に思った以上に認知度が低く、価格もそこまで上がっていません。

発行枚数が少ないため1枚あたりの価格で言うと高いのですが時価総額で言うとそうでもないため、今後に認知度を上げて投資する人を増やす必要があります。

大手SNSやメッセンジャーなどに仮想通貨に関する機能を盛り込まれる可能性

メッセージングアプリであるMixinにしかない特徴は以下のようなものがあります。

  • 簡単に仮想通貨の送受金ができる
  • 仮想通貨を管理できるウォレット機能がある

大きく分けてこの2点ですが、TwitterやFacebookLINEなどに取り入れられてしまったら、Mixinに勝機はなくなります。

Mixinの需要が絶大なものにまで成長した後であれば、影響を抑えることも可能かもしれませんが、現在のMixinはそこまで授業がありに認知度があるわけではないので、Twitterなのに真似されてしまったときは、無価値になる可能性も考えた方が良いかもしれません。

実はMixin(ミックスコイン)こんな企業と提携しています!

Mixin

実力者揃いのMixinですが、Mixinと提携している企業やプロジェクトがいくつかあります。

これらのプロジェクトについても知っておきましょう。

Armors

Armorsはブロックチェーン業界では比較的有名なセキュリティ機関であり、Mixinのセキュリティを保証するために提供されました。

これにより、Mixinが開発したサービスやアプリのセキュリティ対策や脆弱性の検出、ハッカーの脅威情報などの共有がなされるようになりました。

仮想通貨関係のハッキングが相次ぐ中、このような対策を取ったのはなかなか良い対応でしょう。

U Network

MixinはU Networkと提携しました。U NetworkはBitcoin UTXO構造を成熟したBFT・POS・DAGアルゴリズムの技術と組み合わせて、大容量・トランザクションの高速確認・安全な分散台帳ネットワークを実現しているプロジェクトです。

これからのMixinでのサービスの開発により貢献してくれるようになるでしょう。

また、メッセージングアプリのMixinにもU NetworkのトークンであるUUUが追加されるようにもなっています。

Mixin(ミックスコイン)の評判

Mixin

Mixinは日本で開発されているとは言っても発信されている情報は全て英語な上、そこまで知名度が高いわけでもないので、日本語で書かれたクチコミは非常に少なかったです。

その中でも目立つものがいくつかありましたので紹介していきます。

  • 開発が順調でなかなか良い
  • 他のプロジェクトゴミであることもあるけどこっちは全然違う
  • アドレス気にせず送受金できるの凄い

Mixinが誇れることは、ブロックチェーンに関する技術力が豊富であることと、すでに成果物があり開発を進めているという意欲を感じられるということです。

それに加えて、仮想通貨に精通していないとまず理解できないアドレス関係を極限にまで簡略化しており、メッセージのアプリを経由して仮想通貨を送信するのであれば、送信先のアドレスを入力する必要ありません。

そのため、送金ミスが起きることもなく利用することができるので、後は実需が生まれるのを待つだけということでしょう。

Mixin(ミックスコイン)が購入できるおすすめの取引所

Mixin

Mixinは取り扱っている仮想通貨取引所が非常に少なく、現時点(2019年3月6日時点)で2箇所しかありません。

そのうちの一つがBigONEという取引所なのですが、この取引所は日本人ユーザーは利用できないようになっていて、利用できないということはMixinを取引できる取引所が一つ減るという意味でもあります。

以前まではFcoin Exchangeという取引マイニングで有名だった取引所も対応していたのですが、現在は取り扱っていないようです。

残り一つはどこの取引所なのかと言うと「Bit-Z」という取引所です。

Bit-Z(ビット・ジー)

Bit-Zは2017年にBitZenyで話題になった時に一気に知名度が上がった取引所で、Mixinを含む様々なアルトコインが取り扱われています。

取引手数料も比較的安い部類に入り、指値取引・成行取引どちらにおいても0.1%です。

Mixinが取り扱われている取引所こそ少ないですが、取引所が少ないぶんBit-Zに取引が集中していますので、そういった意味ではヘタに分散せずに流動性を確保できている例と言えるでしょう。

また。iOS・Android共にBit-Z専用の取引アプリが用意されていてスマホからも簡単に取引できるようになっています。

頻繁に仮想通貨を取引する方にとっては必要不可欠なアイテムとなるでしょう。

Mixin(ミックスコイン)の今後の将来性

Mixinはメッセージングアプリ出したいとも止まらず取引所もリリースしようと進められています。

しかし、残念なことが一つあるとしたら知名度があまり高くないということでしょう。

ですが、仮想通貨時価総額ランキングでは60位前後を維持しており、取引所が完成すれば利用者が増え口コミなどで広がっていくことになりますので、そのことに期待しておくといいでしょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

 

ベルコインなどの情報交換コミュニティを公開中!

LINE@とは別に、主にアルトコインの情報交換コミュニティのオープンチャットを開始しました!

匿名でご参加できる為、ぜひ情報交換の場としてお使い下さい^^

ご質問やご相談につきましても、オープンチャットをご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事