本物か偽物かを見分けることを目的として開発されたVeChain(ヴィチェーン)ですが、真贋(シンガン)判定はとても興味深いですね。

しかし、国内取引所では取り扱かっていないため日本ではあまり馴染みのない通貨です。

とはいえVeChainは、2018年の仮想通貨業界はバブル崩壊と言われ、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨が暴落する事態となってしまっている中、VeChainは度々高騰する注目の仮想通貨です。

そしてVeChainは、元々イーサリアムのプラットフォームをもとに作られた仮想通貨でしたが、独自のメインネットに移したことでさらに注目を集めています。

提携企業には、大手自動車メーカーのBMWや、日本のファミリーマートも提携を進めていることから、2019年以降VeChainが持つ独自の特徴は生き残っていく可能性は十分あると言えるでしょう。

この記事ではVeChainが具体的どのような仮想通貨なのかを紹介しながら、今後の将来性を独自の視点で考えていきたいと思います。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)のwiki的基本情報

仮想通貨名 VeChain(ヴィチェーン)
トークン名 VEN
公開月 2017年8月
開発者 Sunny Lu
発行国 中国
発行上限 86,712,634,466 VET
発行枚数 55,454,734,800 VET
アルゴリズム PoA(Proof of Authority)
公式HP VeChain.org
公式ホワイトペーパー VeChainのホワイトペーパー(英語表記)
公式ニュース ANNOUNCEMENTS
公式Twitter @vechainofficial
ブログ VeChain Foundation
公式Reddit Vechain community
TelegramID VeChain Official(Eng)
YouTube Foundation VeChain

VeChain(ヴィチェーン/VEN)とは/開発された目的

[su_youtube url="https://youtu.be/sln7oKRqlmg"]

VeChainは2017年8月に公開された中国発の仮想通貨で、発行上限枚数は8億6700万枚に設定されています。

時価総額ランキングは20位前後に位置しており、2000種類以上ある仮想通貨の中では上位にランクインしていますね。

VeChainが公開された当初、1通貨30円程度でしたが、2018年1月には937円と急上昇した過去もあります。2019年1月では400円前後で落ち着いています。

そもそも世界でも優秀なエンジニアが集まるとされている中国ですから、その中国が開発した仮想通貨ということだけで期待してしまいますね。

VeChainは通貨としての役割で使用するというよりは、その機能を最大限に活かす目的で開発されています。

その目的は「真贋(しんがん)判定を行う」ためと言われています。

中国やアジア圏では偽物のブランド品が多く出回っており、その8割が中国で生産されているとも言われています。

昔は見た目で偽物と分かるものが多かったですが、現在ではプロの目でも分からないような物まで流通するようになりました。

そこでVeChainは、いわゆる本物か偽物かを見分ける役割を持ち、仮想通貨の持つ主要技術である「ブロックチェーン技術」を用いて改善しようとしているのです。(上記の動画を参照下さい)

そして、すでに中国国内ではテスト的に使用されているという情報もあります。

当初はイーサリアムのプラットフォームを利用していましたが、2018年6月の独自のメインネットへ移行しました。

独自のメインネットへ移行したことで、さらに多くのデータ処理が可能になったと考えられています。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)の特徴

VeChainは真贋判定を行い本物かどうかを見分ける

[su_youtube url="https://youtu.be/LozLbtprTxc"]

先述したようにVeChainはブランド品などの真贋判定に用いられます。

最大の特徴は「商品にチップを埋め込み、ブロックチェーン技術を用いて管理する」ことです。

製造元で商品にチップを埋め込み、その商品がどのようなルートで流通し、正しい商品なのかどうかをデータ管理します。

ここで重要になるのが「ブロックチェーン技術」です。

ブロックチェーン技術とは仮想通貨が持つ最も主要な技術ですね。

VeChainの真贋判定を分かりやすくする為に簡単にブロックチェーン技術のことを紹介しますね。

まず、ブロックチェーン技術の特徴は取引履歴をブロックに集約してデータ化します。

このブロックをチェーンで繋げて過去から現在までの取引履歴を全て管理します。

これらを管理するのは「1人の管理者」ではなく、「ユーザー同士全員」で行います。

1人の管理者で管理した場合、意図的にデータの改ざんや不正を行うことが出来ます。

一方、ユーザー同士全員が管理をしていると意図的にデータを改ざんしようとすると誰かにバレてしまうことになります。

よって事実上データの改ざんは不可能とされています。

このようにブロックチェーン技術を応用したVeChain特性のチップを商品に埋め込み、分散型管理(複数人管理)をすることでデータの改ざんや不正を防止し、商品の偽造などを防ぐことができるのです。

また、このチップはブランド品だけに埋め込まれるわけではなく他にも様々な用途が計画されています。

酒類

例えばワインにVeChainのチップを内蔵し、生産時期や製造者などを管理できます。

年代物のワインなどの信憑性が高まります。

農業

品質管理体制や作業環境、農薬使用の有無などを管理できます。

製造業

複数のパーツを組み立てる製造業では、パーツの品質の管理や製造工程のチェックなどを管理することが可能になります。

VeChainは元々イーサリアムのプラットフォームを利用していたため、スマートコントラクト技術を採用しています。

ですから、VeChainのチップを埋め込み、ブロックチェーン上のスマートコントラクト契約を通して全ての生産や輸送をリアルタイムで追跡・管理することが可能です。

いずれはIoTとの連携も目指しているとVeChainチームは述べています。

VeChainはPoAのコンセンサスアルゴリズムを採用している

algorithm

VeChainは珍しいコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

仮想通貨の全般は非中央集権型管理をしているため、取引情報をブロックチェーンに書き加えていく有志のユーザーが必要になります。

このユーザーは自身が保有するコンピューターを使ってブロックチェーンに取引情報を書き加えていきます。

その報酬として仮想通貨を受け取ります。これを「マイニング」と言います。

このマイニングの仕組みにより仮想通貨プロジェクト側にもユーザー側にもメリットがあるため非中央集権管理が成立しています。

しかし報酬をもらえるためマイニングを希望する有志ユーザーは数多く存在します。

その中からプロジェクトが必要としているユーザーを選別するために独自のルールを設けます。このルールをコンセンサスアルゴリズムと呼びます。

このコンセンサスアルゴリズムには一般的に以下があります。

  • Proof of Work(PoW):ユーザーが所有するコンピューターの仕事量によって選別する。
  • Proof of Stake(PoS):その通貨の保有量によって選別する。
  • Proof of Importance(PoI):プロジェクトにとってのユーザーの重要度によって選別する。

基本的にはどの仮想通貨プロジェクトでも何かしらのコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

ではVeChainが採用しているコンセンサスアルゴリズムは何なのか?

VeChainが採用しているコンセンサスアルゴリズムはProof of Authority(PoA)と呼ばれるものです。

PoAはマスターノードと呼ばれる代表者に全てのマイニング権利を与えるコンセンサスアルゴリズムです。

もちろんマスターノードは誰でもなれるわけではなく、プロジェクト側の厳正な基準によって選ばれます。

ちなみにVeChainのマスターノード選定基準は、

  • 個人情報を開示すること
  • 2500万以上のVeChainを保有していること
  • 自身の専門分野技術が活かせる証明ができること

などがあります。

VeChainでは、マスターノードの選定基準を難しくすることで、不正などが行われないようにする狙いがあるとされています。

万が一不正を行った場合は、権利を剥奪され、新しいマスターノードが選別されます。

2018年VeChain(ヴィチェーン/VEN)の価格が高騰した理由

VeChainのチャート

2018年は仮想通貨のバブル崩壊と呼ばれるように、主要通貨価格は急落していきました。

その一方でVeChainは価格を上昇させています。

その理由は以下のように考えられています。

・世界的に有名な第三者認証機関DNVGL社とパートナーシップを締結した。

・仮想通貨災害復旧計画(CDRP)という厳格なテストに合格した。

・自動車メーカーBMW社と共に運営効率を上げる技術パートナーシップを締結した。

上記の出来事により価格が上昇したと考えられています。

信頼度の高い機関や大手メーカーと手を組んだことにより、VeChainに対する信頼度が高まったと予想されるでしょう。

2018年3月:ドイツ自動車メーカーBMWとの提携を発表

世界的有名自動車メーカーのBMWと提携しました。

BMWはVeCahinの技術を活用し、自動車の部品にチップを取り付け、全ての部品の正確な管理を狙っています。

正確に管理することで無駄を省き、コスト削減に繋げることを目的としてVeChainと提携したことが考えられますね。

2018年5月:コンサル会社PwCとの提携を発表

VeChainはBMWに続き、5月にはイギリスに拠点をおくコンサル会社PwCとの提携を発表しました。

PwCは企業会計のコンサルを専門としています。VeCahinを活用することで詳細な金銭の流れを把握することができるうえ、改ざんが不可能なので、会計記録を正確に残すことが可能になるとされています。

2018年9月:中国の大手保険会社PICCとの提携を発表

PICCとは総資産1260億ドルを有する世界最大級の保険会社です。

VeChainと提携を行い、保険の契約査定にブロックチェーンを活用する狙いがあるようです。

非効率な作業から招く保険料の高額請求を防ぎ、効率的にかつ透明性のある査定で保険料の削減を目指すとしています。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)専用のウォレットが誕生!特徴は

[su_youtube url="https://youtu.be/r-VgKid3Azc"]

VeChainが公開されてから1年後の2018年7月には、VeChain専用のウォレットが誕生しました。

ウォレットは本来、仮想通貨取引所に通貨を預けたままにしておくと外部からハッキングされて、盗まれてしまうのを防ぐ役割があります。

VeChainのウォレットはiOSやAndroidで対応しており、秘密鍵は自身の端末に保管するクライアント型を採用しているため安全性が高いという特徴もあります。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)が購入できるおすすめ取引所3選

VeChainは残念ながら日本の取引所で購入することが出来ません。

今回はおすすめの海外取引所を3つ紹介します。

バイナンス(Binance)

取引高・登録者数が世界有数の海外取引所です。

取り扱う通貨は1000種類を超えており、手数料が非常に安いため人気が高いです。

バイナンスの手数料は0.1%です。

口座開設時にパスポートなどの本人確認が必要となり、若干面倒な点があります。

フオビ(Huobi)

シンガポールに拠点をおく取引所です。

バイナンスと比較をすると劣ってしまいますが、100種類を超える通貨を取り扱っています。

最も特徴的なのはセキュリティに力を入れている点です。

外部からの攻撃に対して防御できるシステムを構築するなど安全性に長けています。

取引手数料は0.2%です。

クーコイン(Kucoin)

2017年に香港で開設された比較的新しい取引所です。

取引手数料が安く、取り扱う通貨の数も200種類と豊富です。

また取引画面はすべて日本語で操作することが可能です。海外取引所で日本語に対応している取引所はまだまだ少ないので、おすすめできる点です。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)の今後の将来性について(まとめ)

ここまでVeChainについて記述してきましたが、VeChainは今後に期待できる通貨の一つとして注目を集めています。

先述してきましたが、「通貨」としての役割よりも「管理」としての役割が強い通貨です。

この特徴を最大限に生かして様々な分野の大手企業と提携をしてきていますし、今後も増えていくでしょう。

日本国内でもVeChainはファミリーマートやNTTドコモが提携を進めています。

今後すべての製品にVeChainが導入される、なんて時代もやってくるかもしれませんね。

しかし一方で、中国のプロジェクトなので不安点もあります。

中国では仮想通貨に対する規制を強化しているため、その影響を受ける可能性もあり、規制の影響を受けた場合、その価値は急落する可能性があります。

また2018年3月に金融庁が仮想通貨取引所に対して行政処分や運営停止の命令を下しました。これにより多くの仮想通貨価格が暴落しました。

日本の取引所だけの問題と思われるかもしれませんが、仮想通貨の投資を行うのは日本人が多くなってきていることからその影響は非常に大きいと言われています。

今後の動向に注目です。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事