世界的に仮想通貨取引所をターゲットにしたハッキング被害が相次いでいますね。

もちろんZaifCoinCheckなど、日本でのハッキング被害も例外ではありません。

そこで、仮想通貨取引所を利用するにあたってどの取引所を信頼すればいいのか、その決定の指針となる調査結果が先日発表されました。

仮想通貨取引所の約54%がセキュリティ上に欠陥がある!?

大型仮想通貨ニュースメディアのBitcoin.comが、約54%の仮想通貨取引所は少なくとも1か所のエリアにセキュリティ上の欠陥があると伝えました。

今回ニュースは、大手ICO評価サイトICOrating.comが調査した結果をBitcoin.comが引用し伝えたものです。

>>>ICOrating.comの調査結果(英語表記)

以下は、ICOrating.comが行った調査概要と調査結果を日本語訳したものです。

まず、ICOrating.comは1日の取引高が100万ドル(1億1000万円)を超える仮想通貨取引所100か所を調査し、その結果大多数の取引所に1か所以上のセキュリティ上の欠陥が見つかったと発表しています。

具体的な調査結果は以下の通り。

  • 41%の仮想通貨取引所が8シンボル以下のパスワードを許容
  • 38%の仮想通貨取引所が8桁以下の、文字もしくは数字どちらかだけのパスワードを許容
  • 5%の仮想通貨取引所がemailの登録なしでアカウントを作成できる
  • 3%の仮想通貨取引所が2段階認証をしていない
  • 上記4つの項目をすべてクリアしている仮想通貨取引所は46%だけしかない

また高いセキュリティを維持している仮想通貨取引所については以下の3つの結果が出ました。

  • 2%の仮想通貨取引所のみがレジストリロック(※1)を利用
  • 10%の仮想通貨取引所のみがDNSSECを使用(※2)
  • 4%の仮想通貨取引所のみが5分野中4分野でベストプラクティスを導入
💡レジストリロックとは?

レジストリロックとは、ドメイン名の登録情報が意図せず書き換えられることを防ぐためのシステムです。

引用:株式会社日本レジストリサービス公式サイト

💡DNSSECとは?

DNSSECとは、Domain Name System Extensionsの略で、DNSに対し、データ作成元の認証やデータの完全性を確認できるように仕様を拡張するものです。

引用:日本ネットワークインフォメーションセンター

ICOrating.comが行った調査結果からも分かる通り、世界の半分以上のセキュリティ上に問題あるのが分かりますね。

世界一安全な仮想通貨取引所とはどこ!?

ICOrating.comが行った調査において、最もセキュリティスコアが高かったのは仮想通貨取引所CoinBase(コインベース)でスコア89点で1位、続いて仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)が、スコア80点でした。

逆に最もセキュリティスコアが低かったのは仮想通貨取引所OKコインでした。

OKコインは中国において、Binance(バイナンス)やHuobi(ふおび)とならぶ3大取引所の1つで、今日本人利用者が爆発的に増えている仮想通貨取引所です。

しかし、日本の仮想通貨取引所であるBitbankは、日本語対応をしていない仮想通貨取引所OKコインの取次ぎをしていますから、どうしてもOKコインを利用したい場合はセキュリティ面のことを考慮し、Bitbankを介して利用する形をとることをおすすめします。

>>>Bitbank公式サイトはこちら

日本で最も安全な仮想通貨取引所は【Bitbank】だった

今回の調査によると、日本で最も安全な仮想通貨取引所はBitbank(ビットバンク)でスコアは59点でした。

そして、Bitbank(ビットバンク)の順位は22/100位で、その次にBitFlyer(ビットフライヤー)が49点で37/100位でした。

9月半ばにハッキング被害に遭い、約70億円の損失をだした日本の仮想通貨取引所Zaifの点数は29点で89/100位でした。

このランキングを見ると、ハッキング被害に遭った仮想通貨取引所は割と下位にランクインしており、整合性がとれていると確認できます。

よって今回の調査結果は信頼できるといえますね。

CMで流れているGMOコインのセキュリティ対策は?

GMOコインと言えば、CMで【セキュリティ対策が万全!】と謳っていますね。

下記の動画はGMOコインのセキュリティ対策を謳っているCMです。

参照:コインGMOYouTube

参照:コインGMOYouTube

参照:コインGMOYouTube

参照:コインGMOYouTube

GMOコインが今回仮想通貨取引所のセキュリティランキングに入っていない理由は、1日の取引高が100万ドル(1億1000万円)以下であるのが理由でしょう。

GMOコインは、仮想通貨取引においてすでに金融庁から認定を受けていますから、今後取引量が増え、ランキングに入る可能性も高いでしょう。

>>>GMOコインの評判は良いの?使い方と手数料/仮想通貨を6社で徹底比較!

【参考文献】

仮想通貨取引所セキュリティ関連記事

この記事が役に立ったら【はてなブックマーク】でシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨トリビアの最新情報

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!大手メディアが主要銘柄に関する情報しか発信していない中、仮想通貨トリビアではアルトコインやここでしか知ることが出来ない情報も満載で発信しています。登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩※購入を進めるような投稿は一切していません。

仮想通貨 美人

チャッティネス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

あなたにおすすめの仮想通貨記事