チャッティネス
ICO割れ

仮想通貨取引所Zaifが9月20日ハッキング被害に遭う!

日本の大手仮想通貨取引所であるZaifは、9月20日の午前2時ころ、約67億円相当のハッキング被害に遭い、現在発生している仮想通貨の入出金を停止していると、PRTIMESにて明らかにしました。

>>>PRTIMESでのZaifの発表ページはこちら

Zaifのハッキング被害に関する経緯は

Zaifは、現在判明している事実関係について以下のように発表しています。

まず、9月14日の17時~19時の間、外部からの不正アクセスにより、Zaifが管理しているホットウォレットから仮想通貨が不正に送金されました。

その後、9月17日にはサーバーのアクセス障害を理由にすべての仮想通貨の入出金を停止し、翌9月18日にハッキング被害を認知しました。

以下の4つは、Zaifがハッキング被害にあった時に公式Twitterでの発表です。

そして今日、9月20日の午前2時頃、Zaifはハッキング被害に遭ったことをプレスリリースにて発表し今に至ります。

>>>プレスリリースの詳細発表はこちら

プレスリリースは記者や上場企業など、数多くのメディアがチェックしている為、瞬く間に拡散され、人々に報道されました。

ですから、Zaifがプレスリリースを利用し、発表したことは正解だったと言えます。

Zaifのハッキング被害状況は?

現在、確認されているZaifのハッキング被害状況は以下の通りです。

  • BTC(ビットコイン):5966BTCが流出
  • MONA(モナコイン) :現在調査中
  • BCH(ビットコインキャッシュ):現在調査中

Zaifのハッキング被害状況で分かっているのはビットコインと他2コインが不正流出し、その被害総額は約67億円に上るということです。

また、流出した67億円分の仮想通貨のうち、Zaifが保有する資産は22億円であり、残りの約45億円は、Zaifを利用するユーザーの預かり資産だということです。

Zaifがハッキングされたことにより、SNSでは怒りの声が多数あがり炎上

以下Zaifがハッキングされたことにより、ユーザーからは怒りの声が上がっています。

Twitterでは、Zaifに対して、炎上状態です。

しかし、中には、Zaifのサーバー問題に早くから懸念していた声も。

つまり、Zaifがハッキングに合う可能性は、十分にあったということです。

Zaifのハッキング被害に対して、利用者へのケアはどうなる?

今現在、Zaifは利用者へのハッキング被害を最小限にするため、あらゆる手を尽くして支援金を調達しています。

ICO割れ

そして、ハッキングが発覚した9月18日~21日までのあいだに、各社から受けた支援状況とその詳細については以下の通りです。

  • Zaifを利用するお客様の預かり資産に相当する財産の提供
  • Zaifのセキュリティ向上のための技術・人員の提供
  • Zaifの経営基盤の向上のための資本提携、経営陣の派遣

Zaifが現在行っている対処について3つを詳しく説明します。

Zaifへの財産の提供は株式会社フィスコのグループ企業が50億円を支援する発表

Zaifは9月20日に、JASDAQ上場企業で株式会社フィスコのグループ企業である、株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、50億円を超える金融支援と、Zaifの株式の過半数を取得する資本提携に加え、過半数以上の取締役及び監査役の派遣を検討する内容の基本契約を締結したことを公表しています。

>>>Zaifと株式会社フィスコが交わした基本契約はこちら!

【追記】

フィスコは独自の仮想通貨取引所を持っていた!

>>>フィスコ仮想通貨取引所公式サイト

Zaifのセキュリティ支援は、株式会社カイカが公表!

Zaifは同じく9月20日に、JASDAQ上場企業である株式会社カイカとの間で、セキュリティ向上のための技術提供を主とする基本契約を締結したことも公表しています。

>>>Zaifと株式会社カイカが交わした基本契約はこちら!

Zaifの経営権は株式会社フィスコに移る

Zaifは、株式会社フィスコに自社株の過半数以上を取得されたため、経営権がフィスコ側に移り、フィスコグループの子会社として経営再建を目指す見通しです。

>>>Zaifと株式会社フィスコが交わした基本契約はこちら!

Zaifの再開はいつ!?今後の動き

先述した通り、Zaifは顧客への被害を最小限にすべく対応しており、今のところ顧客の資産に影響を及ぼすような事態にはなっていません。

しかし、取引の再開については、具体的な日時が決定しているわけではありません。

ですから、Zaifは今後、各社の支援を受けながら一刻も早く取引再開を実現すべくシステムの再構築に努めるということです。

それでも、コインチェックがハッキングされてから早8ヵ月立っている今も、まだ再開出来ていない為、Zaifの取引再開は長引く予想が経ちます。

【参考文献】

【関連記事】

ザイフ(Zaif)トークンとは?使い道・今後の将来性・発行枚数を解説

韓国のハンファ損保が仮想通貨取引所向けのハッキング保険提供の検討開始を発表!

仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)でハッキング事件!原因はなんだった!?

コインチェック取引所NEM流出事件の詳細!

 

 

チャッティネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事