Band Protocol(BAND)

仮想通貨取引を実施していなくてもイーサリアムやビットコインなど有名な仮想通貨は、高い知名度によって知られていることがほとんどです。

ただ有名な仮想通貨だけではなく、草コインと呼ばれるマイナーな仮想通貨も多くあり、積極的に取引が行われています。

また続々と新しい仮想通貨も誕生しており、現在ではたくさんの仮想通貨が存在しています。

その中の一つとして、BANDという仮想通貨があり、少しずつ注目されている状況です。

このBANDという仮想通貨は、発生している特徴や懸念点がどうなっているのか色々と解説していきます。

Band Protocol(BAND)のwiki的基本情報

仮想通貨名 Band Protocol
トークン名 BAND
公開月 2019年9月
発行上限 100,000,000 BAND
発行枚数 15,662,706 BAND
公式HP https://bandprotocol.com/
ホワイトペーパー https://bandprotocol.com/whitepaper-3.0.1.pdf
Twitter @BandProtocol
Facebook -
Reddit r/bandprotocol
TelegramID Band Protocol
YouTube -

Band Protocol(BAND)とは

Band Protocol(BAND)とは

BANDは、分散型データベース構築のプロジェクトになっており、ブロックチェーンのデータベースを素早く安全に使用できるようにするために誕生しました。

最大供給量は1億枚となっており、2019年の11月時点で約17%が供給されている状況です。

2019年11月時点での価格は40円ほどで、手軽に購入できる価格に落ち着いています。

Band Protocol(BAND)の特徴

Band Protocol(BAND) 特徴

出典:Band Protocol

BANDは誕生したばかりの仮想通貨ですが、徐々に注目され始めており実際に取引している人も増えています。

そんなBANDには様々な特徴が発生しているので、興味がある人はどのような特徴が発生しているのか知ることが大切です。

特徴を把握することによって、どんな仮想通貨なのか理解でき、取引に活かせるようになります。

低価格なので購入しやすい

有名な仮想通貨の場合、数万単位のお金が必要になるので決して安くはありません。

特にビットコインは、数十万単位の価格になっているので大量に購入するのはかなり難しいです。

しかしBANDは、2019年の11月時点で40円ほどの価格になっています。

BANDならば、たくさんのお金を準備しなくても相応数を購入でき、少しでも利益を生み出すことができます

供給されている枚数も約17%ほどなので、まだまだ余裕が発生している状況です。

高い安全性が保たれている

安全性が高く、スピーディーな取引を行えるという点もBANDの特徴の一つとなっています。

どんなに魅力的な仮想通貨でも、安全性が低くスピーディーに取引を行えない場合、少なからず不満が発生しやすいです。

BANDはブロックチェーンのデータベースに対しスピードや使いやすさに強いこだわりを持っており、少しでも満足できる取引や安全性を確立しているのです。

まだまだ発展途上で伸びしろがある

BANDは、すでに完成された仮想通貨ではなく、まだまだ発展途上の仮想通貨です。

ロードマップも公表されており、全ての計画が予定通りに進めば、更に魅力的な仮想通貨として変貌していくでしょう。

それによって価格上昇などが期待でき、これまで以上に高い知名度を獲得できる可能性を秘めています。

現時点でも魅力的な仮想通貨として存在していますが、高い将来性が発生していることから多くの人が注目しています。

手数料を少しでも安くできる

BANDは、BANDプロトコルによって素早く取引を実施できるだけではなく、手数料も安くすることが可能です。

他の仮想通貨の場合、取引が遅いだけではなく、手数料が高くなってしまうことも少なくありません。

BANDは、少しでも満足できる取引を実施できるように、手数料を低く設定できるようにしています。

強固なセキュリティを確立

仮想通貨によっては、脆弱性に問題が発生しており、危険性やリスクが高くなっている場合があります。

BANDは、脆弱性改善を目指しており、少しでもこの問題を解消できるように取り組んでいます。

BANDは強固なセキュリティの確立に取り組み、日頃から仮想通貨取引を行っている人だけではなくて、初めて取引する人も安心して取引を行えるように挑戦しています

Band Protocol(BAND)の懸念点

Band Protocol(BAND)の懸念点

様々な特徴が発生しているBANDですが、いくつかの懸念点には注意しなくてはいけません。

懸念点を理解していない状況でBANDを取引してしまうと、トラブルに巻き込まれる恐れも出てきます。

そのような状況をできる限り避けるため、懸念点をきちんと理解しておきましょう。

誕生したばかりなので色々と不透明

誕生したばかりのBANDは、2019年の9月18日に上場を果たしたばかりの仮想通貨です。

イーサリアムやビットコインなどの有名な仮想通貨は、誕生してからかなりの期間が経過しているため、安定したポジションを獲得しています。

BANDは、まだ誕生して間もないということもあり、今後どのようになっていくのか不透明です。

今後の状況によっては、一気に価格が下落する可能性もあるので懸念点の一つになります。

上場している仮想通貨取引所が少ない

BANDの購入を検討している人は、BANDが上場している仮想通貨取引所を選択しなくてはいけません。

今のところ上場している仮想通貨取引所はバイナンスのみとなっています。

国内取引所はもちろん、バイナンス以外の仮想通貨取引所にも上場していないため、他の取引所では残念ながら取引することができません

今後、どのタイミングで他の仮想通貨取引所に上場するのかは分からない状況です。

このように上場している仮想通貨取引所が少ないというのが懸念点になります。

いつ価格が上昇するかわからない

BANDは、2019年の11月時点で40円ほどの価格になっています。

様々な仮想通貨が存在している中で、高い価値が発生しているとは言えない状況です。

あまりにも価格が低くなってしまうと価値が無くなってしまい、大きな損失を生み出してしまう恐れもあります

BANDは、まだ信頼できる仮想通貨としてのポジションを獲得している訳ではないので、不安を感じる人がまだまだ多く懸念点となっています。

公表されているロードマップ通りにアップロードやリリースがされるのか不安

BANDは、今後のアップデートやリリースなどの計画がロードマップで公開されています。

ただしロードマップはあくまで予定なので、残念ながら予定が延期される可能性もあります。

まだ誕生したばかりではあるのですが、もし延期などになった場合は価格に悪い影響を及ぼす恐れも出てきます

様々なアップデートやリリースを控えていますが、今後どのような予定で進むのかは正確に決まっていないです。

Band Protocol(BAND)の評判(口コミ)

Band Protocol(BAND)の評判(口コミ)

まだ誕生したばかりというのもあり、BANDの評判はTwitter上では少ない状況です。

それでも少なからずTwitter上には、BANDに関するツイートがあり、色々とチェックすることができます。

BANDの価格が1時間あたりで上昇していることをツイート

上記のツイートは、BANDの価格が1時間あたりでどのくらい上昇しているのか拡散しています。

魅力的な仮想通貨として情報を提供しており、少しでも多くの人に知ってもらえるように発言しています。

短時間で価格情報している仮想通貨として情報を提供

BANDは、残念ながら国内での知名度がそこまで高くありません。

そこで少しでも知名度を高められるようにツイートを実施しているのがこのアカウントです。

短時間で価格上昇したことで、BANDに対してポジティブな考えをツイートしています。

公表されたロードマップに対して好印象

BANDはすでにロードマップが公表されているので、今後どのようにアップロードやリリースがされていくのか把握できます。

上記のツイートでは、BANDに好印象を持っており、評価しています。

Band Protocol(BAND)の将来性

Band Protocol 将来性

出典:Band Protocol

BANDは、全てのアップデート及びリリースが完了すれば、ブロックチェーンのデータベースに対して素早い取引や高い安全性を確立させることが可能となります。

更に手数料を少なくすることができるので、他の仮想通貨と比べても魅力的な存在になる可能性が高いです。

高い将来性が発生している仮想通貨と言えるため、今も世界中の人がBANDの購入を検討しています。

ただし上場している仮想通貨取引所が少ないだけではなく、価格も決して高くないので課題も抱えています。

Band Protocol(BAND)のまとめ

新しく誕生した仮想通貨の一つとして存在しているのがBAND。

高い安全性が保たれているだけではなく、2019年の11月時点ではまだ低価格なので少ない資金で気軽に購入できます。

ただし誕生したばかりというのもあり、BANDに対して少なからず不安を持つ人も多いです。

また知名度もそこまで高くないので、残念ながらBANDの存在を知らない人も少なくありません。

ロードマップ通りにアップデートやリリースが行われていけば、魅力的な仮想通貨として更にアピールできるでしょう。

現時点では、BANDは様々な課題を抱えているので、一つずつ乗り越えていく必要があります。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事