bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3

ビットコインからハードフォークされて誕生したビットコインキャッシュですが、11月の大型ハードフォークにより価格が荒れていますね。

では、ビットコインキャッシュとはそもそもどうやって誕生したのか?

本記事では、ビットコインキャッシュの特徴やビットコインとの違い、今後の将来性まで徹底的に紹介しますから、ぜひ今後に役に立ててくださいね。

bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

ビットコインキャッシュの概要

仮想通貨名 BitcoinCache(ビットコインキャッシュ)
トークン名 BCH
時価総額 約9,405億円(2018年9月10日現在)
上場日 2017年7月31日
発行上限 約21,000,000枚
発行枚数 約18,000,000枚(2018年9月10日現在)
アルゴリズム SHA256
承認アルゴリズム Proof of Work(PoW)
ブロック生成速度 約10分
中央機関 なし
公式サイトURL ビットコインキャッシュの公式サイト
ホワイトペーパーURL なし
公式TwitterURL https://twitter.com/bitcolncash

ビットコインキャッシュとは/特徴

ビットコインキャッシュとは、ビットコインから派生した仮想通貨です。

簡単に言いますと、Bitcoinの子供みたいなものであり、Bitcoinの進化版と言うことです。

では、さらに具体的に紹介します。

ビットコインキャッシュはビットコインのシステムを補う為に誕生した

ビットコインの問題点として、取引量が急増した為の【スケーラビリティ問題】があります。

ビットコインの【スケーラビリティ問題】を解決する為に、【セグウィット】と【ビッグブロック】の2通りの方法が使用されて、ビットコインの問題解決を行いました。

そして、ハードフォークを行われて、誕生したのが、ビットコインキャッシュです。

💡スケーラビリティ問題とは?
スケーラビリティ問題とは、ビットコインネットワークの処理能力が制限されていたため、ビットコイン取引の拡大に伴って未処理の取引が溜まり、平均処理速度が低下し処理手数料が高騰する問題です。⇨ 詳しくはこちら
💡セグウィットとは?
セグウィットとは、取引データ自体を圧縮しつつも、ネットワークの処理能力を変更せずに、処理のスピードが上げる方法のことです。
ビックブロックとは?
ビックブロックとは、ネットワークの混雑を解消する為に、ネットワークの処理速度をあげる方法です。
ハードフォークとは?
ハードフォークとは、古いルールを全く新しいルールに変えることです。⇨ 詳しくはこちら

ビットコインキャッシュとビットコインとの違い

ビットコインキャッシュとビットコインの大きな違いは、ブロックサイズが異なる点です。

もともとビットコインのブロックサイズは、1MBという制限があります。

制限がある事で、ビットコインは、将来的に取引量が増えたときに、取引承認時間がかかり、取引に遅延が発生すると懸念されていました。

そこで、ビットコインの問題を克服するために、ビットコインキャッシュのブロックサイズは容量が8MBにまで引き上げられます。

要するに、ブロックサイズが違うだけで、ビットコインキャッシュとビットコインの大きな違いは、取引スピードの時間がどれほどかかるかの違いです。

具体的に、ビットコインで決済できるお店で説明します。

ビットコインキャッシュとビットコインの違いを具体的に説明

例えば、大手量販店である【ビックカメラ】はビットコインで決済が可能になっています。

ですが、ビットコインでの決済は約10分かかります。

実際に、あなたがレジの前で10分も待てますか?

10分もレジを占領なんて出来ませんよね。

しかし、ビットコインキャッシュであれば、決済までにほんの数秒~数分しか、かかりません

要するに、ビットコインキャッシュは、ビットコインよりも取引スピードが速くなっている点が、利点であります。

ビットコインキャッシュのリアルチャート


ビットコインキャッシュがハードフォークで誕生した後価格はどうなった?

2017年5月15日にビットコインのハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュが誕生しました。

ビットコインキャッシュがハードフォークをされる前に、ビットコインへの期待感から、一時的に価格は高騰しましたが、すぐに価格は下がり、現在(約50,000円前後)に至っています。

ビットコインキャッシュの今後の将来性

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分岐したものですが、開発者やマイナーはビットコインのコミュニティとは異なります。

ですので、ビットコインと同じような高値が付くとは限りません。

現状では、ほかのアルトコインと同様、その他大勢の仮想通貨のうちの1つとして考えなればなりません。

しかし、ビットコインキャッシュのコミュニティの中には気になる項目が多数あります。

それは、いつかビットコインキャッシュがビットコインに成り代わり、主流の仮想通貨として流通する日が来ると主張している人達がいる為です。

例えば、【ビットコインの神様】と呼ばれている、ロジャー・バー氏は、手持ちのビットコインをほぼ手放し、ビットコインキャッシュに乗り換えたと発言します。

要するに、分散投資をするうえでも、ビットコインキャッシュは、ビットコインと共に購入しておいて損のない仮想通貨である言えますね。

ビットコインキャッシュのまとめ

ビットコインキャッシュがなぜ誕生したのか?そして、ビットコインキャッシュとビットコインの違いは理解して頂けたでしょうか?

もちろん、ビットコインキャッシュ以外にも、仮想通貨の銘柄は多数存在しますが、主要銘柄とされているビットコインキャッシュは、今後とも注目すべき仮想通貨です。

投資のリスクを理解したうえで、仮想通貨の投資はしていきましょうね。

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事