チャッティネス
ICO割れ

スケーラビリティ問題とは/意味

  • 英語表記:Scalability issues
  • 類義語:無し

問題を説明する前に、スケーラビリティとは、単語を分けると次の意味があります。

  • スケール(大きさ)
  • アビリティ(能力)

上記の2つの英単語が組み合わさってできた単語がスケーラビリティです。

つまり、スケーラビリティ問題とは、大きくする能力に問題があることを言います。

スケーラビリティ問題をビットコインを例に具体的に説明

以下では、ビットコインを例に、具体的に説明していきます。

ビットコインを含む仮想通貨の根幹には「ブロックチェーン」という仕組みがあり、これは「取引データ」技術のことを指します。

取引データ自体を「トランザクション」と言い、複数のトランザクションが集合していること「ブロック」と言います。

そして、ブロックが網の目のように張り巡らされた状態が「ブロックチェーン」です。

ビットコインにおいて、取引はブロックで行われます。

つまり、ビットコインのスケーラビリティ問題とは、ブロックの容量が取引量の増加についていけず、ブロックが足りなくなってしまうことです。

そして、ビットコインは、ブロック容量が足りなくなると、取引のスピードが遅くなってしまいます。

ビットコインのスケーラビリティ問題を解決できない理由

ビットコインでは、1つのブロックが1MBの容量を持ちます。

1MBの容量は、決して大きいとは言えず、ビットコインの親戚であるビットコインキャッシュは、ビットコインより8倍の8MBのブロック容量を持ちます。

では、ここであなたに質問です。

ブロックの容量が小さいならば、ブロックをたくさん作れば良いのでは?と思いませんか?

確かに数を増やせば全体のブロックの容量を増やすことができます。

しかし、ビットコインは「10分間に1つブロックを作る」というルールのもと、開発されています。

その為、ブロックをたくさん作るという方法では、ブロックの容量を大きくすることはできません。

スケーラビリティ問題の今後の課題について

  • ブロックの容量を1MBより大きくする
  • 取引自体のデータ量を小さくする

など、様々な解決策が提示されていますが、いまだ解決していない問題です。

スケーラビリティ問題は、ビットコインだけで起きている問題ではありません。

イーサリアムや、その他の仮想通貨も直面している問題であり、仮想通貨に精通する事業者は早急な解決が望まれています。

今後、スケーラビリティ問題についての仮想通貨ニュースは、随時発表されますので、仮想通貨ニュースを要チェックですよ。

ICO割れ
チャッティネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事