BCH送金時間

初めて仮想通貨を利用する人は、送金したらすぐに送金取引は承認され送金取引が有効になると思っている人が多いのではないでしょうか。

実際には、取引が有効になるまでには、タイムラグというものがあります。

タイムラグが生じる理由は、きちんと正当化した取引が行われているかチェックを行い、信頼性を高めているからです。

仮想通貨の中でも認知度が最も高いビットコインは、仮想通貨取引が世界的増加したことで、送金から取引完了までに時間がかかり手数料が高くなることが問題(=スケーラビリティ問題)となりました。

そんなビットコインの弱点であるスケーラビリティ問題を解決するために、ビットコインから分岐して誕生したのがビットコインキャッシュです。

この記事では、ビットコインとビットコインキャッシュの送金時間の違いや、双方の今後の将来性について紹介していきます。

ビットコインキャッシュの送金時間はビットコインよりも早い

ビットコインキャッシュの送金時間

ビットコインキャッシュは、ビットコインより取引能力処理が優れているのが特徴で、送金時間も早いと言われています。

送金時間は仮想通貨の取引の量によって違いはありますが、以下の通りとなっています。

  • ビットコイキャッシュ→約5分~10分
  • ビットコイン→約10~20分

ビットコインキャッシュの送金時間は、ビットコインキャッシュのネットワーク混雑時によって変動し、早くて2分前後、遅いと10分以上かかることがあります。

ビットコインとビットキャッシュの送金時間の違い【検証結果付き】

ビットコインとビットキャッシュの送金時間の違い

ビットコインには、送金時間が遅いという問題があります。

一般的なビットコインの送金時間は約10分と言われていますが、送金の金額や時間帯、取引所や手数料によって違いがあり、早くても20分、遅い時には20時間もかかります。

ビットコインとビットコインキャッシュの送金時間を比較すると以下の通りとなっています。

  • ビットコインキャッシュ→約2分12秒
  • ビットコイン→約7分37秒

ビットコインのブロック容量は1MB

ビットコインは、ビットコイン事態のブロックサイズと取引の仕組みが送金時間が遅くなる原因となっています。

一つのサイズに対して記録できる取引情報の量が限られていて、ブロックの容量が1MBと制限されています。

そのため、他の仮想通貨と比べると送金時間が遅くなります。

ビットコインは複数人で承認するため時間がかかる

もう一つのビットコインの基盤となる取引の確認を行うシステムは、複数の人が承認し記録して正当性を証明する仕組みとなっています。

複数の人で承認める確認をする作業を行うので、ビットコインの送金に時間が長くかかることになるのです。

ビットコインキャッシュのブロック容量は32MB

ビットコインキャッシュはビットコインから分岐した仮想通貨ですが、ビットコインが1MBのブロック容量しかないのに対し、ビットコインキャッシュは、2018年にブロック容量を8MBから32MBに拡大し、ビットコインが抱えていたスケーラビティ問題を改善しました。

同時に、送金が早くできるようになり、ビットコインと比べて送金手数料も安く抑えることが可能となりました。

ビットコインキャッシュは、送金の承認がされないなどの問題解決にもなったのです。

送金時間だけを見ると、ビットコインよりもビットコインは送金時間が早く利便性も高く見えますが、他の仮想通貨には10秒以内で送金が完了する通貨もあるので、ビットコインキャッシュがどの仮想通貨よりずば抜けて送金時間が早いというわけではありません。

ビットコインキャッシュを送金する際の注意点

ビットコインとビットキャッシュの送金時間の違い

普通の銀行であれば、口座を間違えても組戻しなどの処理で返金をしてもらえますが、ビットコインキャッシュなどの仮想通貨の送金は、送金を間違えると返金の処理はないのでお金が戻ってくることはありません。

ビットコインキャッシュの送金をする際は、全て自己責任となるので、送金先を間違わないように慎重に行う必要があります。

ここからは、送金するときの注意をまとめていきます。

初めて送金するアドレスには必ず少額の送金をする

初めてビットコインキャッシュを送金するときに必ず徹底して欲しいのは、最初は0.01BCH程度の少額をテスト送金し、きちんと送金されるかどうか確認するということです。

少ない金額にしておくことで、万が一間違えて送金してしまった時でも被害を最小限のとどめる事ができます。

アドレスの入力は必ずコピペで行うこと

ビットコインキャッシュを送金するときは、以下のような流れとなります。

  1. 取引先ログイン
  2. 仮想通貨の選択
  3. 送金金額を入力
  4. 送信アドレスを入力
  5. 送金

この時、送金アドレスを手打ち入力してしまうと、入力間違いのミスが発生する可能性があります。

送金アドレスにミスがあると、違う相手に送金されるだけでなく、返金してもらうこともできなくなります。

そのため、送金アドレスは必ずコピペで使うようにしましょう。

コピペしたアドレスはきちんと目で確認をして確かめる

コピペを使って送金アドレスを入力すると、絶対に間違いないと思いがちですが、パソコンやスマホにはウイルス感染による危険も潜んでいます。

もし自分のパソコンやスマホがウイルスに感染していると、コピペで入力した送金先のアドレスを勝手に別のアドレスに変換して貼り付けられることもあるのです。

送金アドレスをコピペで入力した際も、必ず目視でアドレスを確かめるようにしましょう。

コピペのアドレスに間違いないか最後はPCで確認

PCのブラウザを開き、入力できるボックスにコピーしたアドレスを入力すると、すでに入力したアドレスは色がつき全く同じものとなります。

そのあと、元のアドレスをコピーしても色がつけば正しいアドレスとなります。

最後の確認画面でもしっかり確認する

取引先所やウォレットから送金するとき、ほとんどの場合必ず最後に送金金額や送金アドレスの間違いがないかの確認ページが表示されます。

最後の確認ページでも再度見直して、いつもと違う送金方法がでてきたり、不安がある時は、絶対に送金をしないようにしましょう。

送金アドレスは、きちんと何度も確認し見直すことが大切です。

ビットコインキャッシュの送金時間は今後改善されることはある?

ビットコインキャッシュの送金時間は今後改善されることはある?

2017年8月、ビットコインのハードフォークによってビットコインキャッシュが誕生しました。

ビットコインキャッシュの特徴は、送金時間の早さでしたが、仮想通貨の取引が世界的に増加したのがきっかけで、ハードフォークの原因により、送金にかかる時間が長くなることがありました。

そのため、ビットコインキャッシュは、送金処理をスムーズに行えるように用意した8MBのブロックサイズを、さらに32MBまで増やしています。

これにより、取引量の増加による送金時間の遅延リスクを低くしているのです。

また、ビットコインキャッシュは、ブロックチェーン上ですべてのトランザクションを処理するオンチェーンでトランザクション処理を進めているという特徴もあります。

2017年の12月から2018年の1月下旬のトランザクションを比較したとき、ビットコインもビットコインキャッシュもトランザクションの数が減ってきていました。

しかし、今後トランザクションが増加することで、送金遅れを回避できる可能性が高くなり、もっと早く送金が完了すると予想されます。

ビットコインとビットコインキャッシュはどちらが将来性高い?

ビットコインとビットコインキャッシュの将来性

ビットコインとは異なった特徴があるビットコインキャッシュは、将来的に需要の高い仮想通貨ととして、たくさんの投資家から注目を浴び、知名度も上がってきています。

ビットコインキャッシュが使える店舗が増える可能性がある

ビットコインは価格の高騰に伴い、取引量が増え、送金遅れなどの問題が発生したことでビットコインから離れていく人が多くいました。

ビットコインキャッシュは、ビットコインの欠点を補うために誕生した仮想通貨です。

誕生後は、高騰と下落を行ったり来たりしながらも、2018年には、仮想通貨の時価総額ランキングで4位に入っており、これから通貨として実際に使える店舗が出てくる可能性もあります

ビットコインキャッシュは実用性が高い

ビットコインキャッシュがビットコインより将来性が高く評価されている一つに、性能の高さにあります。

ビットコインより8倍ものブロックサイズ容量があり、送金時間が早く、手数料も安いので実用性が高いと評価されています。

今、ビットコインキャッシュがビットコインより将来性があると言われているのは、セキュリティの高さに力をいれていることと、決済サービスでも利用されていることことです。

ビットコインの欠点である決済サービスの遅さを改善して、決算スピードを早くしたことが、ビットコインキャッシュの大きな強みになっています。

Amazonの決済サービスに採用されている

ショッピングサイトで有名な大手Amazonでは、Amazon決済サービスPurseにビットコインキャッシュを追加しています。

ビットコインキャッシュを換金することで、商品割引を受けられるだけでなく、10ドルのキャッシュバックも受けらます。

コンビニでの決済に採用される可能性もある

ビットコインキャッシュは、開発が積極的に行われているのも特徴で、日本のコンビニでビットコインキャッシュ決済ができるように体制を整えると言われています。

コンビニでビットコインキャッシュが使えるようになれば、訪日観光客が日本円に両替することなく支払いが可能になるので、為替手数料や為替ルートの違いで無駄な損失をしなくなるメリットがあります。

さらなる価格上昇の可能性が予測されている

ビットコインキャッシュには中国最大の大手のマイニングプールがついています

手厚いサポートを受けることができることから、有能と考ている人が多くいるのです。

ビットコインキャッシュは、簡単に破綻することがない安定した仮想通貨と言われており、今後もますますグレードをアップし、価値が高くなると予想されます。

ビットコインより価値が高くなると、将来的にもビットコインキャッシュが有望となるでしょう。

日本でも諸外国に続いてキャッシュレス時代が到来しているので、より一層仮想通貨が利用されるようになるでしょう。

ビットコインキャッシュの送金時間のまとめ

ビットコインとビットコインキャッシュは基本な特徴は同じで、大きな違いはありません。

ただし、ビットコインキャッシュは、ビットコインの送金時間が遅いというスケーラビリティ問題を解消するために開発された仮想通貨なので、ビットコインよりも送金時間が速いという特徴があります。

しかし、ブロック生成のタイミングは10なので、倫理的な送金時間はビットコインと同じということになります。

ビットコインキャッシュは、将来性の高い仮想通貨と言われており、現在も積極的にアップデートが行われているため、今後の展開にも注目していきましょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事