配当型ウォレット

仮想通貨取引によって、驚くほど多くの資産を獲得している人が数多く誕生しています。

世界中の人が活発的な仮想通貨取引を行っており、仮想通貨取引に興味を持つ人も増えている状況です。

そんな仮想通貨を大切に保管できる存在としてウォレットがあり、たくさんの人が使用しています。

その中には配当型ウォレットと呼ばれるウォレットもあり、注目度が高まっている状況です。

この配当型ウォレットとはどのようなものなのでしょうか?

この記事では、配当型ウォレットの特徴やデメリットの他、代表的な配当型ウォレットについても紹介していきます。

配当型ウォレットとは

配当型ウォレットとは

仮想通貨を保管することによって、配当を獲得できるのが配当型ウォレットの特徴です。

すでにたくさんの配当型ウォレットが存在しており、大切な仮想通貨を保管している状況です。

人によってはたくさんの配当を獲得することができ、それによって膨大な資産を獲得している人もいます。

現在も続々と新しい配当型ウォレットが誕生しており、激しい競争が繰り広げられています。

配当型ウォレットの特徴

配当型ウォレットの特徴

注目度が急激に高まっている配当型ウォレットには、様々な特徴があります。

仮想通貨取引や管理を行っている人にとって、どれも魅力的な特徴になっているのですでにたくさんの人が使用しています。

仮想通貨を預けることで少しずつ増やせる

仮想通貨を配当型ウォレットに預けることで、資産を少しずつ増やしていけるのが大きな特徴です。

たくさんの仮想通貨を保有している人は、相応の仮想通貨を増やすことができるので非常に魅力的です。

どのくらい配当を獲得することができるのか各々の配当型ウォレットによって異なっています。

少しでも配当を多く獲得したい人は、まずたくさんの仮想通貨を配当型ウォレットで運用することが求められてきます。

また、日利や月利が高く設定されている配当型ウォレットを選択すれば、短期間でも相応の報酬を獲得できるので効果的です。

状況によって支払う手数料に違いが発生

配当型ウォレットから出金する時、設定されている手数料を支払うことになります。

大きな特徴として、運用してからある程度の日数を経過することで手数料が安くなることがほとんどです。

これも一つの特徴になっており、特定の配当型ウォレットを愛用している人は手数料を少なくすることができます。

様々な仮想通貨に対応している実態

ビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨に対応しているだけではなく、様々な仮想通貨を保管できるのが配当型ウォレットの特徴です。

対応している仮想通貨は配当型ウォレットによって異なりますが、かなり豊富な銘柄に対応している配当型ウォレットもあります。

人それぞれ保有する仮想通貨は異なるため、保有する仮想通貨に対応している配当型ウォレットを選択することで無理なく運用することが可能です。

運用するためにある程度の仮想通貨が必要

配当型ウォレットを使用する場合、ある程度の仮想通貨が必要になってきます。

運用するための最低額はそれぞれの配当型ウォレットによって異なります。

中にはかなり少ない仮想通貨で運用できるウォレットもあり、少額の資産でも配当を得られるように配慮されているウォレットも存在します。

配当型ウォレットのデメリット

配当型ウォレットのデメリット

配当型ウォレットには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

興味を持っている人は、魅力やメリットばかりに注目するのではなく、デメリットもしっかりと理解しておかないと大変な状況に発展する恐れがあるので注意です。

配当を獲得するには一定の仮想通貨が必要不可欠

配当型ウォレットは仮想通貨を保管することで配当を獲得することができますが、そのためには一定の仮想通貨が必要です。

保有している仮想通貨が少ない場合は、各ウォレットによって定められた最低額を入金することができず配当を獲得できない恐れがあります。

配当型ウォレットの中には、1000ドル相当の仮想通貨を入金しないと配当を得られないものもあります。

少額の資金から運用したい場合は、最低額が低く設定されている配当型ウォレットを選択するなど、資産状況に合わせて適切なウォレットを選択するようにしましょう。

全ての仮想通貨に対応している訳ではない

近年、様々な配当型ウォレットが誕生していますが、それぞれ対応している銘柄が異なります。

知名度の高いビットコインやイーサリアムは、ほとんどの配当型ウォレットに対応していますが、マイナーな仮想通貨は対応していないことがほとんどなので、配当型ウォレットを検討している人は注意が必要です。

配当型ウォレットによって対応している銘柄は異なるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

対応銘柄をしっかり確認した上で配当型ウォレットを利用することで、少しずつでも着実に資産を増やしていくことが可能となります。

いきなり預けていた仮想通貨が消失する可能性

かなり低い確率ではありますが、配当型ウォレットによっては預けていた仮想通貨がいきなり消失してしまう恐れも少なからずあります。

また、配当型ウォレットを提供している会社もしくは団体の影響により、預けていた仮想通貨が一定期間出金不可能になる場合もあります。

このようなデメリットもあるため、多額の仮想通貨を保有していても中々配当型ウォレットの使用に踏み出せない人も多いのが実情です。

配当型ウォレットはポンジスキームの可能性あり?

配当型ウォレットはポンジスキームの可能性あり?

全ての配当型ウォレットに当てはまる訳ではありませんが、少なからずポンジスキームの可能性があります。

ポンジスキームは、利用者から資金を集め、集めた資金を配当として提供していきます。

そして紹介報酬などを活用して、新たな利用者を獲得することで資金を集めていく手法になります。

ポンジ・スキーム(英:Ponzi scheme)とは、詐欺の一種。「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。投資詐欺の一種に分類され、日本語で「自転車操業」と呼ぶような状態に陥り、最終的には破綻する。

引用:Wikipedia

本来の資金を集める目的は、事業で使用するためという場合がほとんどです。

しかし、ポンジスキームは配当を提供するために資金集めを行っているので自転車操業のような状態になります。

ポンジスキームを行っている配当型ウォレットは運営が破綻しやすいのでくれぐれも注意しなくてはいけません。

プラストークンの現在

強固なセキュリティが確立されているプラストークンは、世界中で認知度が高く、高い人気を獲得している配当型ウォレットです。

そんなプラストークンですが、2019年7月28日時点で出金することができない状況です。

それによって一部の人からプラストークンが飛んだという噂が広まっており、あまり良くない状況になっています。

掲載されている住所がバーチャルオフィスに設定されていたり、プラストークンに関連している人物が逮捕されるなど残念な部分が目立ち始めています。

代表的な配当型ウォレット3選

代表的な配当型ウォレット3選

配当型ウォレットはそれぞれ異なる特徴があるため、特徴を理解した上で自分に適した配当型ウォレットを選択する必要があります。

ここでは、すでに多くの人が利用している代表的な配当型ウォレットを3つ紹介します。

エスブロック

SBLOCK

出典:SBLOCK

最低の入金額が10ドルに定められており、敷居が低く定められているのがエスブロックの特徴です。

配当月利は6%からとそこまで高くありませんが入金する金額がとても少ないので、気軽に使用することができる配当型ウォレットとして存在しています。

ウォートークン

強固なセキュリティ対策を行っているだけではなく、言語のサポートを行っているのがウォートークンの強みです。

完全紹介制を採用しており、最低の入金額は1000ドルに設定されています。

最大で20%ほどの月利配当を獲得できるため、たくさんの人から注目されている配当型ウォレットです。

ICBウォレット

ICB Wallet

出典:ICB Wallet

ICBウォレットは、最低入金額が1000ドルからとなっており、敷居が高く設定されています。

その反面、対応している銘柄が10種類と多いため、様々な仮想通貨を保有している人も銘柄をあまり気にすることなくICBウォレットを使用することができます。

いつでも出金可能ですが、運用してから90日以内の場合は5%の手数料を支払わなくてはいけません。

90日以降の場合は手数料が1%に設定されているので、少ない手数料で出金可能です。

配当型ウォレットに投資をする際のリスクについて

配当型ウォレットに投資をする際のリスクについて

配当型ウォレットに仮想通貨を保管する場合、まずは出金することができない可能性もあることをしっかりと認識しなくてはいけません。

その他にも預けていた仮想通貨がいきなり消失する可能性も少なからずあるので、信頼性の高い配当型ウォレットなのか判断してから使用することがポイントです。

配当型ウォレットのまとめ

配当型ウォレットは、一定の仮想通貨を預けて配当を獲得することができるという特徴があります。

現在も続々と新しい配当型ウォレットが誕生しており、世界中で高い注目度を獲得し、多くの人が利用している状況です。

魅力的な特徴の多い配当型ウォレットですが、出金制限や預けていた仮想通貨が消失する恐れもあるため、こういったリスクについても覚えておく必要があります。

それぞれの配当型ウォレットによって、最低入金額や手数料、対応している銘柄も異なるため、特徴を理解した上で最適な配当がたウォレットを選択することが大切です。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事