QUANTWALLET

配当型ウォレットは、使用することでいきなり莫大な仮想通貨を獲得できるわけではありませんが、少しずつ仮想通貨を増やしていくことができます。

近年、この配当型ウォレットが注目されており、世界だけではなくて国内でも人気が急上昇しているのです。

QUANTWALLETは、すでに多くの人が利用している配当型ウォレットの一つです。

この記事では、注目が集まっているQUANTWALLETの特徴や配当の仕組み、出金情報や評価など詳しく解説していきます。

QUANTWALLET(クワントウォレット)のwiki的基本情報

QUANTWALLET

ウォレット名 QUANTWALLET(クワントウォレット)
分類 配当型ウォレット
公開月 2019年7月
公式HP https://quantwallet.net/
運営会社HP http://www.questcapital.fund/
ホワイトペーパー -
Twitter @QuantwalletJ
Facebook -
Reddit -
TelegramID -
YouTube -

QUANTWALLET(クワントウォレット)とは

QUANTWALLET

出典:QUANTWALLET

QUANTWALLETは、2019年7月17日から提供されている配当型ウォレットです。

クエストキャピタルという企業が運営を行っており、独自トークンCBTOを発行しています。

公表されているロードマップでは、2019年12月頃に仮想通貨取引所の上場を予定しており、急激に注目度が高まっています。

QUANTWALLET(クワントウォレット)の特徴

QUANTWALLET(クワントウォレット)の特徴

まだ誕生してから日の浅いQUANTWALLETですが、魅力的な特徴がいくつも発生しています。

5つの大きな特徴により、ユーザーが続々と増えている状況です。

150ドルから投資を始められる魅力

ユーザーが続々と増えているQUANTWALLETの大きな特徴が、150ドルから投資できるという敷居の低さです。

少額の資金で投資を行い、コツコツと資産を増やしたい考える人も多くいます。

QUANTWALLETであれば、最低投資額が150ドルに定められているので、気軽に運用を始めることが可能です。

配当ウォレットの初心者にとってもチャレンジしやすいのが魅力となっています。

運営元が公表されていてしっかりしている

QUANTWALLETは、運営している会社がしっかりしているという特徴もあります。

韓国に存在する大手企業であるクエストキャピタルという会社が運営を行っています。

配当型ウォレットの中には、運営会社が不透明でユーザーが不安になるケースも少なくありません。

しかしQUANTWALLETは、運営会社が公表されているだけではなく、韓国の大手企業が運営を行っているため、高い安心感を与えています。

少しでも安心して配当型ウォレットを使用していきたい人にとって、安心感の高いQUANTWALLETは魅力的なのです。

運用と紹介で報酬を獲得可能

QUANTWALLETは、運用によってコツコツと資産を増やせるだけでなく、紹介でも報酬を獲得することが可能です。

すでにQUANTWALLETを使用している人は、運用と紹介を上手く活用してたくさんの報酬を獲得しています。

特に紹介報酬は、たくさん紹介できるほど相応額の報酬を期待できるので、力を入れている人が目立っています。

日本語を選択して新規会員登録可能

国内で注目度が高くなっているQUANTWALLETは、日本語を選択することで簡単に新規登録をすることが可能です。

外国語が苦手な人は、配当型ウォレットを使用する時に意味が理解できなくて、苦戦してしまう場合があります。

しかしQUANTWALLETは日本語を選択できるので、外国語ができない人も全然問題はありません。

さらに登録も簡単で、携帯電話の番号やパスワードなど簡単な情報を入力することで速やかに登録完了できます。

分かりやすく設定されている出金手数料

預けていた仮想通貨を出金をする場合は、運用日数によって手数料が下記の通り異なります。

  • 30日以内 ▶ 出金手数料5%
  • 31日以降 ▶ 出金手数料1%

期間が比較的短めに設定されているだけではなく、出金手数料も低く設定されているのが、QUANTWALLETの特徴です。

QUANTWALLET(クワントウォレット)の配当や仕組み

QUANTWALLET(クワントウォレット)の配当はどれくらい?仕組みは?

QUANTWALLETは運用することで、月利6%から15%による配当を獲得できます。

  • 150ドル〜1000ドル ▶ 月利が6%
  • 1001ドル〜10000ドル ▶ 月利が9%
  • 10001ドル〜30000ドル ▶ 月利12%
  • 30001ドル以上 ▶ 月利15%

上記の通り、多額の運用を行える人ほど配当による恩恵を受けやすいのが特徴です。

その他にも、下記のように紹介報酬を獲得することもできます。

  • 直接紹介した人 ▶ 収益から80%の報酬
  • 次の世代 ▶ 収益から30%の報酬
  • 3世代目 ▶ 収益から20%の報酬
  • 4世代目 ▶ 収益から10%の報酬
  • 5〜10世代目 ▶ 収益から7%の報酬

このように運用と紹介報酬によって、たくさんの配当を獲得できるのがQUANTWALLETです。

QUANTWALLET(クワントウォレット)は出金できる?

QUANTWALLET(クワントウォレット)は出金できる?

QUANTWALLETは、2019年7月30日時点で問題なく出金が可能となっています。

ただし、2019年7月17日に誕生したばかりなので、出金している人がとても少ないのが実情です。

運用を行ってから31日以降経過することで出金手数料が1%になるため、出金手数料の問題で出金する人が少ないのが関係しています。

QUANTWALLET(クワントウォレット)に対する評判(口コミ)

QUANTWALLET(クワントウォレット)に対する評判

Twitter上では、QUANTWALLETに対する様々な発言を確認することができます。

全てが良い評判をしている訳ではなく、悪い評判をしているアカウントも少なからず存在しています。

最低投資額を多くの人に伝えているツイート

上記は、QUANTWALLETがまだ誕生したばかりで知らない人も多いので、ツイートを通じて情報を広めています。

その中でも最低投資額がどのようになっているのか伝えており、150ドル以上のビットコインやイーサリアムが必要なことを教えています。

ロードマップをツイートで拡散

QUANTWALLETが今後どのようになっていくのか興味を持っている人に対するツイートです。

QUANTWALLETに対して、良い印象を持っていることが分かります。

公式アプリがアップルから出ているので期待

アップルから公式アプリが出ているということで期待しているツイートです。

ツイートを確認するだけでもQUANTWALLETに大きな期待をしているのが分かります。

公式アカウントを偽るアカウントの存在

このツイートは、公式アカウントを偽るアカウントの注意勧告を促しています。

このようなアカウントが存在することから、上記ツイートを行っている人物はQUANTWALLETに対して悪い印象を持ち始めています。

悪い印象を持っているアカウントが厳しい発言

QUANTWALLETに対して厳しい考え方を持っているツイートです。

QUANTWALLET以外の配当型ウォレットやそれを紹介する人物に対しても厳しい発言をしており、悪い評判をしています。

QUANTWALLET(クワントウォレット)のまとめ

続々と誕生する新しい配当型ウォレットの中でも、最低投資額が150ドルに設定されており敷居が低いのがQUANTWALLETです。

韓国の大手企業が運営に携わり、運営元をしっかりと公表することで、ユーザーに安心感を与えているのが特徴です。

日本語を選択して新規会員登録することができるため、スムーズな登録を実現しています。

運用開始から31日以降は出金手数料が1%となるため、お得に出勤することが可能です。

誕生してから日が浅いこともあり、現時点では出金に関する問題はありません。

また、関連している情報もまだそれほど多くありませんが、Twitter上では様々な意見交換が積極的に行われている状況になります。

QUANTWALLETは、2019年12月に仮想通貨取引所への上場も予定しているため、今後の動向にも注目していきましょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事