WOTOKEN
WOTOKEN(ウォートークン)を分かりやすくまとめると
  • 完全招待制
  • 複利運用が可能
  • 毎日配当収入を得ることができる
  • プラストークンと似ているサービス
  • 日本に入ってきたばかりのサービスで価格は0.2ドルから始まり、現在まだ0.3825ドル。全く同じシステムで有るプラストークンは0.4ドルから始まり現在72ドル。
  • 中国韓国で30万人に広まり、早速日本に持って来て貰ったサービス(プラスと同じように今後100ヶ国以上展開予定、プラスより日本に来たタイミングが圧倒的に良い)
  • すでに100万円以上の配当収入を得ている人が何人もいる
  • ウォレット内でマスターカードを発行できる
  • ウォレット内のWOTOKENはいつでもETHに変える事が出来る(このモデルの失敗例が過去に無く、参加した全員が多くの利益を出しているそうです)

日本ではまだあまり知られていない複利運用が可能な仮想通貨サービスであるWOTOKEN(ウォートークン)では月利最大18.6%の配当収入を得ることができるのだとか。

既に月100万円以上の配当を受けている人が何十人では無いレベルでいるそうで、今後資産を運用したい人にとっては魅力的なサービスかも。

とはいえ、良い評判や悪い評判もあります。

本記事ではWOTOKENについて徹底的に紹介しますから、好し悪しを決めるのに参考にして下さいね。

特大プレゼント実施中!

この記事から開設された方には特大プレゼントが用意されているそうです!

1or2or3ETHプレゼントされるそうです!

作成した方は必ずお問合せのLINE@へ連絡しましょう!

簡単な条件など有りますので詳しくは問い合わせてみて下さい。

WOTOKEN(ウォートークン)のwiki的基本情報

仮想通貨名 WO TOKEN(ウォートークン)
トークン名 WOR
開発会社 Worldblockchain Ltd.
日本運営会社 neraex
発行上限 -
発行枚数 500,000,000WOR
規格 ERC
公式HP wotoken
ホワイトペーパー White Paper(英語)
Twitter @WoToken_JP
Facebook @WoToken Woldwide
Reddit -
TelegramID WoTokenWorldTeam
YouTube -

WOTOKEN(ウォートークン)とは?

WOTOKENとは、「The WO TOKEN Digital Asset Intelligent Contracted E-wallet」の略名であり、プラストークンを韓国で約3万人に広めた「カク」氏がトップリーダーを務めるプロジェクトです。

そして、WOTOKENが開発された目的は、デジタル資産を支出可能にすることです。

YouTubeに、WOTOKENのトップリーダーであるカク氏との直接対談動画が公開されていました。

下記の動画内の対談では、以下のことを対談されていますから、一度ご覧くださいね。(47分)

  • WOTOKENはどれくらいの規模、価格になるか
  • WOTOKENはどんなスピードで伸びていくか
  • WOTOKENの最大の魅力とは
  • PlusTokenも素晴らしいが更に
  • WOTOKENが素晴らしい理由
  • WOTOKENはハイプのように飛ばない理由
  • 世界中でどんなことが起きているか

下記の記事でプラストークンについて詳しく説明しておりますが、プラストークンが日本に入ってきた時の価格は約8ドルでした。

しかし、その価格は2019/4/19現在の価格は約71ドルまで向上しています。

WOTOKENの価格はまだ0.3825ドル程度とのことで、始まったばかりなのでまだまだ安く、これからの成長は仕組み上、まず間違いないでしょう。

WOTOKEN(ウォートークン)の特徴

ここからはWOTOKENのホワイトペーパーを参考に、WOTOKENの特徴について解説していきます。

WOTOKENの特徴で最も注目すべき点は、デジタル銀行と協力することで「マスターカード」を発行することができる点です。

とはいえ、その他の特徴もありますので、その他の特徴も踏まえて紹介しますね。

マスターカードを発行できる

WOTOKEN

WOTOKENは、ウォレット内でマスターカードを発行することができます。

マスターカードが発行できる理由も、WOTOKENはカード発行会社と通じる機関と協力し、デジタル資産の銀行カードを発行できる為です。

この発行したマスターカードは、WOTOKENのウォレット。つまり、WOTOKENのオンライン上で使用することができます。

WOTOKENの狙いとして、異なる不換紙幣を交換し、管理の手間からユーザーを保存し、大幅にデジタル資産の適用を拡大する事が挙げられます。

また、発行したマスターカードはWOTOKENのウォレット内で買い物にも使用することができ、「仮想通貨版アリペイ」とも呼ばれています。

マスターカードはウォレット内のWOTOKENの残高が10,000WOR以上あり、200WOR支払うことで発行することができます。

チャージはWO tokenそのものをチャージします。

そして、無記名カードとして使用できるので、暗号資産の出口戦略としても優秀かと思います。

総合管理サービス

WOTOKENは複数のデジタル資産の一元管理を通じて、BTCやETHなどの主流銘柄の資産の保管と管理をサポートをするだけでなく、WOTOKENのインテリジェンスプラットフォームを提供することによって、デジタル資産の実用化と開発を促進します。

つまり、新しいICOプロジェクトにも採用される可能性も含んでいるという事になります。

複数のセキュリティ保証

WOTOKENではデジタル資産管理の為にセキュリティ保証は、

  • 複数の署名技術保証
  • 二段階認証の確認

を提供しています。

高周波自動定量的取引の開発

ウォートークン

WOTOKENの独自の特徴である「高周波自動定量的取引」とは、コインの毎日の取引量に応じて異なるボットの動作を設定できることです。

この異なるボットの動作を設定できる機能を使用することで、

WOTOKENのホワイトリストに記載されている特定のコイン(米ドル、香港ドル、円、ユーロ、ポンド)の購入価格や販売価格を調整することができます。

日本の運営会社はNERAEX取引所

ウォートークン

NERAEX取引所は、NERAEXは、日本の取引所であり、2018年10月30日にWOTOKENを認知し、買収に成功しています。

そして、主に企業向けの取引所であることから、知る人ぞ知る取引所と言えるでしょう。

そんなNERAEX取引所は、日本の大手国内取引所であるコインチェック、ザイフなどよりも取引高が多く、ビットフライヤーと同等の取引高があります。

以下、CoinMarketCapで確認できる取引高を比較してみましょう。

ZaifとNERAEX

  • Zaif:467,273,477
  • NERAEX:856,916,129

CoincheckとNERAEX

  • Coincheck:452,270,043
  • NERAEX:856,916,129

bitFlyerとNERAEX

  • BitFlyer:934,965,680
  • NERAEX:859,777,511

上記までの写真を見ても分かる通り、日本トップのビットフライヤーと同等の取引高を誇っています。

NERAEXは、日本の取引所であり、2018年10月30日にWOTOKENを認知し、買収に成功しています。

ウォートークン

正式にはNERAEXがWOTOKENの運営を開始しており、ブロックチェーンのベンチャーキャピタルなどを推進し、ブロックチェーンの多元的な生態システムを作り上げるとしています。

運用できる通貨

WOTOKENで運用できる通貨は以下の8種類の通貨です。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • EOS(イオス)
  • USDT(テザー)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • SKB(Sakura Bloom)
  • WBD

運用中に上記通貨の価格が下落をし、5000ドル運用以下になると配当が下がる恐れがあります。

ですから、価格が下がるのを懸念する人はステーブルコインであるUSDT(テザー)を入金し、運用すると良いでしょう。

配当の仕組み【APOLLO1と2】

WOTOKENの独自の仕組みであるAPOLLOには仕組みの段階があります。

結論から言えば、運用資金に応じてもらえる日利が増える仕組みとなっています。

WOTOKEN(ウォートークン)の配当の仕組み

WOTOKENの配当の仕組みは、Apollo1とApollo2に基づいて配当を得ることができます。

完全招待制ですから、紹介すればするほど配当のパーセンテージも増やすことができます。

また、配当で得られるWORはウォレット内でETH(イーサリアム)に交換し出金することが出来ます。

  • 1人直:1段50%
  • 2人直:1段80% 2段50%
  • 3人直:1段100% 2段50% 3段30%
  • MAX15人直:15段

運用額によって代わる日利配当

  • 1000ドル以上5000ドル未満
  • 日利0.25〜0.3%
  • 5000ドル以上
  • 日利0.3〜0.6%

ウォレットの中に寝かせてある仮想通貨を、独自のApolloというアービトラージシステムや、金鉱山、医療用麻薬の栽培で運用をしてくれて、収益を毎日日本時間26時頃にウォレットに直接WORを配当してくれるといった仕組みです。

WOTOKEN(ウォートークン)が使えるお店

WOTOKENのウォレット内で発行したマスターカードは、マスターカードが使える全店で使用ができます。

つまり、日本のほとんどのショッピングセンターやネットショッピングで使えるということですね。

WOTOKEN(ウォートークン)のアービトラージウォレットとは

2018年4月現在、すでに韓国や中国を中心に30万人以上のユーザーが利用しているWOTOKENですが、WOTOKENのウォレットは配当型のウォレットであるアービトラージウォレットを採用しています。

配当型の仕組みは1000ドル分以上の通貨をWOTOKENのウォレットに預けることで、毎日配当としてWOTOKENがもらえます。

毎月の報酬は7%〜18.6%(ミニマム28日、MAX31日計算)となっており、複利でさらに大きな収益をあげることもできます。

似ているサービスにプラストークンやICBウォレットがありますが、WOTOKENのウォレットの場合、入金制限はなく元金を自由に引き出すことができます。

プラストークンやICBウォレットと同じような配当型で1000ドル分以上の通貨を預けることで毎日配当として WORトークンがもらえる携帯アプリです。

WOTOKEN(ウォートークン)の登録・開設方法

WOTOKENに登録する為には、携帯アプリをダウンロードする必要があります。

まずは下記のお使いの携帯に合わせてアプリをダウンロードしましょう。

  • iPhoneユーザー:こちら
  • Androidユーザー:こちら(※Chromeで開いて下さい)

招待コードは下記になりますのでお使い下さい。

rFPEvSgRMF

1.アプリを開く

対応しているデバイスにWOTOKENのアプリをダウンロードしたら、開きましょう。

開けない場合は、

設定<一般<デバイス管理<信頼

をタップすることでWOTOKENのアプリが開ける様になります。

登録に進む

アプリが開けるようになったら、登録をクリックし、情報の入力に進みます。

入力する内容は以下です。

  • 携帯番号
  • 携帯に届く認証コード
  • ログインパスワード2回入力
  • 支払いパスワード(6桁~16桁)
  • 招待コード

完全招待制です、お持ちで無い方はどうぞ

rFPEvSgRMF

バックアップを取る

情報の登録が完了すると、各種バックアップに進みます。

バックアップは、ログインパスワードなどを忘れた時に必要ですので、必ず控えておきましょう。

各種バックアップを保存したら、WOTOKENにログインできるようになります。

以上でWOTOKENの登録は完了です。次に入金、運用方法です。

招待コードを確認

アプリにログインできるようになると、自分自身の招待コードが発行されます。

本人<上部の招待コード

で確認ができますので、日利収入を向上していく為に招待していきましょう。

WOTOKEN(ウォートークン)の入金方法

WOTOKENに登録ができたら、次は入金をしましょう。

ここから入金方法について詳しく説明しますね。(ここではETHを例に説明しますが他の通貨も同じ入金方法です)

まず、WOTOKENのアプリを開き、下にある資金をクリックします。

WOTOKEN(ウォートークン)

資金をタップしたら、希望の通貨をタップします。

タップした後、下記の画像「空欄部分」に希望の通貨を入力します。

WOTOKEN(ウォートークン)

希望の通貨を入力すると「チャージボタン」が出ますので、「チャージ」をタップします。

WOTOKEN(ウォートークン)

コピーをタップすると入金アドレスがコピーできます。

WOTOKEN(ウォートークン)

出金元のアドレスからコピーしたアドレスへ入金ができます。

通常であれば30分~1時間で着金できます。

注意事項

各取引所やウォレットの各メニューから『出金』や『送金』や『withdraw』を選択して、WOTOKENへの出金手続きを行って下さい。

(詳しい出金方法は各取引所などのHPを参照のこと)

出金する際に入力するアドレスは前ページでコピーしたアドレスですので間違えないようにお願いします。

WOTOKEN(ウォートークン)

以上でWOTOKENへの入金が完了です。

WOTOKEN(ウォートークン)の運用方法

入金がWOTOKENにできたら、次は実際に通貨を運用しましょう。

運用しないことにはWOTOKENの効果が得られませんからね。

通貨を運用するには下部ある「Apollo」をタップした後、希望の通貨で振込をタップします。

WOTOKEN(ウォートークン)

振込の画面に移動したら、通貨の数量orドルを入力します。

入力した後は、登録時に決めた支払いパスワードを入力し「確定」をタップします。

WOTOKEN(ウォートークン)

確定した後画面右上にあるスイッチをクリックし、支払いパスワードを再び入力します。

入力が完了したら、「確定」をタップします。

WOTOKEN(ウォートークン)

確定をクリックすると、チャンス分ルーレットが回せます。

WOTOKEN(ウォートークン)

チャンス回数分のルーレットを回したら、もらえた商品を確認し「×」をクリックしましょう。

WOTOKEN(ウォートークン)

「×」を押すと、スイッチが入って実際に運用が開始されます。

これでWOTOKENで通貨を運用できる様になりますので、必ず入金をしたら運用しましょう!

WOTOKEN(ウォートークン)

WOTOKENへの登録は下記からできます。

  • iPhoneユーザー:こちら
  • Androidユーザー:こちら(※Chromeで開いて下さい)

紹介コードは下記になりますのでお使い下さい。

rFPEvSgRMF

WOTOKEN(ウォートークン)のロードマップ

ここからはWOTOKENの今後のロードマップについて紹介します。

ロードマップは全4期になっています。

1/ 4期

  • 日本のneraex取引所プラットフォームウォレット連携
  • グローバルキャッシュ.hkマスターカード連携
  • 保険サービス:米国最大アジアの生命保険代理会社・ウォーアプリに接続済
  • SKBコイン(日本)の協力
  • 医療ビッグデータ端末機器を発表「MR Glasses」

2/4期

  • KYC&AMLのデフォルト装備
  • WOR財団のポーランドライセンス申請
  • 国際観光プロジェクトの開始
  • WOEX取引所オープン
  • 国際ゲーム事業を開始

3/4期

  • オランダの銀行ライセンス申請
  • BVI会社で国際金融標準監査を開始
  • WOエンジェル株主計画開始
  • 国際ショッピングモール欧州ライン稼動
  • WOR金融クレジット部門開始
  • 金融融資取引所開始

4/4期

  • 機関投資家Cラウンドを開始
  • オーストラリア、シンガポール、ポーランドにIPO申請
  • グローバルリストツアー開始
  • 年間VIP共有配当計画
  • WORトークン為替レートの変動によるユーロ安定化暗号通貨発行

WOTOKEN(ウォートークン)の評判・口コミ

仮想通貨全体に対する懸念点は多い中、Twitter上ではすでにWOTOKENに対して注目が集まっているようです。

良い評判、悪い評判どちらもありましたので、WOTOKENを使用するかどうかの参考にしましょう。

良い評判・口コミ

悪い評判・口コミ

WOTOKEN(ウォートークン)の将来性

複利配当として有名なプラストークンと似ているサービスですが、WOTOKENの方が配当利率には非常に期待が集まっているとのことです。

事実、ニゲドクの管理人である渡辺亮平氏は、WOTOKENを利用してわずか13日間で115万5000円まで増やしたとか。

以下、サイトに掲載してあったデータです。

  • 1日目(3月19日)月収6万5000円
  • 2日目(3月20日)月収38万5000円※増資決定
  • 3日目(3月21日)月収37万9000円
  • 4日目(3月22日)月収37万9000円
  • 5日目(3月23日)月収39万円
  • 6日目(3月24日)月収40万8000円
  • 7日目(3月25日)月収47万4000円
  • 8日目(3月26日)月収60万9000円
  • 9日目(3月27日)月収75万3000円
  • 10日目(3月28日)月収82万3000円
  • 11日目(3月29日)月収換算100万8000円
  • 12日目(3月30日)月収換算114万1000円
  • 13日目(3月31日)115万5000円

正直私もここまで増やせるのかと驚きですが、実績が公表されている以上、将来的に配当収入を得たい人にとっては良いサービスかもしれません。

とはいえ、後から加入すると配当を得るのに時間がかかる可能性もありますから、WOTOKENを始めるなら1日でも早く始めた方が良いかもしれませんね。

  • iPhoneユーザー:こちら
  • Androidユーザー:こちら(※Chromeで開いて下さい)

紹介コードは下記になりますのでお使い下さい。

rFPEvSgRMF

WOTOKEN(ウォートークン)の最新情報を受け取るには

WOTOKENの最新情報は、下記のLINEにてお問い合わせすることが可能です。↓タッチ!

 

 

パソコンでご覧になられている方は、QRコードからでもお問い合わせ可能です。

WOTOKEN

WOTOKENのウォレット開設後のフォロー体制として、最新情報やセミナー情報が流されるLINEのグループラインへ招待をしてくれるみたいですので、必ず連絡しましょう。

また、ネット配信や大規模なセミナーは、現状日本でここのグループのみの開催だそうです!

そして、月10回近く開催しているそうなので、作成した後参加して、理解を深める事が容易であり、常に濃いフォローや、中心部で情報を取り続ける事が出来ます!

ここからの開設は最高のフォロー体制を受けれると言えますね!

特大プレゼント実施中!

この記事から開設された方には特大プレゼントが用意されているそうです!

1or2or3ETHプレゼントされるそうです!

作成した方は必ずお問合せのLINE@へ連絡しましょう!

簡単な条件など有りますので詳しくは問い合わせてみて下さい。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

 

ベルコインなどの情報交換コミュニティを公開中!

LINE@とは別に、主にアルトコインの情報交換コミュニティのオープンチャットを開始しました!

匿名でご参加できる為、ぜひ情報交換の場としてお使い下さい^^

ご質問やご相談につきましても、オープンチャットをご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事