仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)と言えば、かつて日本でもコインチェックで活発に取引をされていた仮想通貨ですね。

しかし、ジーキャッシュは海外でたびたび犯罪に利用されていた事もあり、コインチェックも上場廃止を決定しました。

ですが、たびたび犯罪に利用されるということで、ジーキャッシュのシステムに問題があった訳ではありません。

それは、匿名という点で完璧とも言えるジーキャッシュ。

その優れたシステムは、イーサリアムに利用されたり、JPモルガンでも利用されたりと注目されています。

本記事を通して、ジーキャッシュの素晴らしさをご理解いただければ幸いです。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の概要

仮想通貨名 Zcash(ジーキャッシュ)
トークン名 ZEC
公開月 2016年10月28日
開発組織 Zcash Company
公共の慈善団体 Zcash財団
発行上限 21,000,000ZEC
発行枚数 5,684,206 ZEC
中央集権 非中央集権
アルゴリズム Equihash
承認アルゴリズム PoW(Proof of Work)
公式HP Zcash
公式ブログ Zcash Companyのブログ
公式ホワイトペーパー Zcashのホワイトペーパー(英語表記)
公式Twitter @zcashco
公式Reddit zec community
公式Facebook -
公式telegraph -
YouTube Zcash

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)とは/目的

Zcashとは特徴や今後の将来性

ジーキャッシュとは、2016年10月28日に公式発表された匿名性に重きを置いた仮想通貨です。

ビットコインなどの仮想通貨は、こちらのアドレスがあちらにいくら送金されたかという送金情報が全世界に開示され、誰もが閲覧できます。

ジーキャッシュはそうした情報を秘匿し、プライバシーを守るために開発された仮想通貨です。

いわゆる匿名性の高い仮想通貨ということです。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の特徴

[su_youtube url="https://youtu.be/AYzhzoInhVQ"]

ジーキャッシュの証明方法はゼロ知識証明を採用しています。

プロトコルはZk Snarkで、内容を開示しなくても、事実は真実であり、その内容の知識がなくても証明することができるという内容です。

なぞなぞみたいですが、「中身を見ず誰が見てもこのデータは間違いなく本物だと信頼できるデータ」といったところでしょうか。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)のアドレス

ジーキャッシュのアドレスは、

  • ビットコインのように公開されるTアドレス
  • 情報が公開されないZから始まるシールドアドレス

の2種類あります。

中には、自身のアドレスを人に教えたくないという人もいるのでシールドアドレスも必要ですね。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)のアルゴリズム

ジーキャッシュのマイニングアルゴリズムは、一般的に多く使われているASIC(エーシック)ではなく、

Equihash(エクイハッシュ)と呼ばれるマイニングアルゴリズムを利用しています。

その為、一部のマイナーによるマイニングの独占を防ぎ、非中央集権化を果たしています。

ゼロ知識将来性に情報の秘匿とアドレスまで隠せること。

このことからジーキャッシュは、高い匿名性があることが分かります。

ジーキャッシュの他に匿名通貨には、ダッシュとモネロがあり、3つ合わせて匿名3兄弟とも呼ばれています。

モネロやダッシュは一部の匿名化しかできませんが、ジーキャッシュは全てのデータを匿名化できます。

つまりジーキャッシュは、匿名通貨の王と言っても過言ではありませんね。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)のアップデート内容

Zcashとは特徴や今後の将来性2

ジーキャッシュのアップデート(ハードフォーク)は、すでに2018年にされています。

  • 2018年6月:オーバーウインター(Overwinter)
  • 2018年9月:サプリング(Sapling)

オーバーウインター(Overwinter)

2018年6月にアップデートされたジーキャッシュは、ソフトウェアのオーバーウインターのアップデートをするために347500個目のブロックからハードフォークを行いました。

結果的に、取引時間の遅延となるスケーラビリティ問題が解決され、より取引がスムーズに行われ、安全性と快適性が向上に繋がっています。

サプリング(Sapling)

同年9月に再びジーキャッシュのアップデート「サプリング」が行われました。

オーバーウインターのハードフォークは、このサプリングのソフトフォークを行うための準備です。

サプリングのソフトフォークでは、コミュニティ内の透明性を維持するパフォーマンスの向上や取引が20ブロックをまたいでも承認されなかった時に、

取引が無効化されるなど、ジーキャッシュのさまざまな機能を向上するためのアップデートでした。

結果的にこの2つのアップデートでジーキャッシュは、より匿名性の高い仮想通貨に近づいたということですね。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)が購入できるおすすめの取引所

Zcashが購入できるおすすめ取引所

ジーキャッシュは、日本国内には上場していない為、海外取引所で購入する必要があります。

ジーキャッシュを購入する場合の海外取引所は、以下の3つです。

  • BINANCE(バイナンス)
  • Poloniex(ポロニエックス)
  • Bittrex(ビットレックス)

BINANCE(バイナンス)

おすすめの海外取引所の1つ目は、世界でも1.2を争う仮想通貨の取引量を誇るバイナンスがおすすめです。

取引手数料の安さと取扱通貨の多さが魅力です。

バイナンス(Binance)の特徴や登録方法、取引方法や出金制限の解除方法を徹底解説!

Poloniex(ポロニエックス)

2つ目はポロニエックスがおすすめです。

こちらも世界で1.2を争う取引量を誇ります。

貸した通貨に利子がつくレンディング機能や仮想通貨同士の交換もできます。

Bittrex(ビットレックス)

3つ目はアメリカの大手取引所ビットレックスです。

取扱い通貨が200種類以上とあります。

アルトコインも取引所型式で取引が可能です。

仮想通貨FXも可能なので短期間で稼ぐことも可能ですよ。

大手の海外取引所でも上場を果たしていることからジーキャッシュの人気の高さが伺えますね。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の今後の将来性

Zcashとは特徴や今後の将来性1

ジーキャッシュは他のアルトコイン同様ビットコインの欠点を改善するべく開発されている側面も持っています。

結果的にジーキャッシュの完璧なまでの匿名性や、ビットコインよりも早い送金速度を達成できています。

そして、こうしたことから第二のビットコインになるのではないかとも期待されています。

しかし、その優れた匿名性故に犯罪に利用されるというマイナスな部分もあります。

ですから、犯罪に利用されるマイナス面をクリアすることができれば、

ジーキャッシュは更に上位の時価総額を達成することも難しくないでしょう。

プライバシーという多くの人が守りたいことを守るという、着眼点の良さからジーキャッシュは今後、更なる発展が期待できる仮想通貨といえるでしょう。

匿名性通貨の関連記事

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事