仮想通貨を世界に発信する上で、ICOはとても重要なことですが、ICOの発展を推進するシステムとして、仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)に注目が集まっていますね。

0xは、仮想通貨同士の取引と流動性を促進する機能があり、将来性需要が伸びるのではないか?と期待されている仮想通貨でもあります。

本記事では、0xについて特徴や今後の将来性について紹介しますから、どんな仮想通貨なのか理解して下さいね。

0x(ゼロエックス/ZRX)の概要

仮想通貨名 0x(ゼロエックス)
トークン名 ZRX
時価総額 ¥27,203,966,468円
公開月 2017年8月11日
開発組織 0x
開発者 Will Warren・Amir Bandeali
発行上限 1,000,000,000ZRX
発行枚数 546,067,163 ZRX
アルゴリズム Proof of Work(PoW)
中央機関 0x(分散型取引所)
公式HP 0xの公式サイト
公式ホワイトペーパー 0xのホワイトペーパー
公式ブログ 0xの公式ブログ
公式Twitter @0xProject
公式Facebook -
公式LinkedIn
-
公式Reddit 0xProject
TelegramID -
YouTube -

0xは2017年8月に開発がスタートされたにもかかわらず、わずか1年で時価総額ランキングでも上位に位置していることから、注目されている仮想通貨ということが分かりますね。

また、0xのホワイトペーパーはわずか16ページしかありませんが、注目されている理由としては、やはり魅力的な事業である点でしょう。

0x(ゼロエックス/ZRX)とは何か?

0x rogo

0x(ゼロエックス/ZRX)とは、0xが分散型取引所によるプロジェクトのことを指し、ZRXが0xのプロジェクト上で使用できる独自通貨のことを言います。

ZRXは、イーサリアムのプラットフォーム上で作られたERC20トークンですが、開発目的はイーサリアムのプラットフォームで作られたトークンを、自由に取引させる為に開発された仮想通貨です。

つまりZRXは、イーサリアムの技術を用いて作られた通貨ですから、ビットコイン(BTC)などの独自通貨とは異なる技術が使用されています。

そして、ZRXが普及していくと、トークンの取引が簡単になるとして注目を集めています。

今まで、イーサリアムのプラットフォーム上で取引されるトークンを購入するには、イーサリアム(ETH)やビットコイン(BTC)を用意する必要がありました。

わざわざイーサリアム(ETH)などの仮想通貨を用意する必要がある為、ICOで発行する為の独自トークンを発行する為のレスポンス(反応や応答のこと)が悪くなり、ICOの成功率が悪くなったと言われています。

しかし、ZRXを使用すれば、わざわざイーサリアムやビットコインなどの仮想通貨と用意する必要が無くなり、同じイーサリアムのプラットフォーム上のトークンであれば簡単に取引することができます。

つまり、ICOへの参加が簡単になることで、今まで注目されていなかったICOトークンにも注目が集まる可能性が高いといえるでしょう。

0x(ゼロエックス/ZRX)の特徴は?

0xのプロジェクトの特徴は以下の3つがあります。

  • オフチェーン取引が可能
  • 分散型取引所(DEX)であること
  • 送金スピードが速く、安い

では、1つずつ0xの特徴を見ていきましょう。

オフチェーン取引が可能

オフチェーン取引とは、トークンの売買をブロックチェーンと切り離して行うことができる仕組みのことです。

通常は、トークンを取引するにはブロックチェーン上で行う必要があります。

つまり、ブロックチェーン上に発生するスケーラビリティ問題を解消することができます。

分散型取引所(DEX)であること

分散型取引所(DEX)のメリットは、中央管理者がいないため手数料が安いだけでなく、中央管理者の不正などの心配もなくなることです。

そして、送金スピードも非常に早いという点です。

手数料が安く、中央管理者の不正などの心配、送金スピードが非常に速いというのは、0xの特徴といえるでしょう。

0x(ゼロエックス/ZRX)が購入できる取引所

ZRXは日本の取引所では取り扱いがありません。

ですから、ZRXを購入する為には、海外の取引所を利用する必要があります。

日本の取引所に上場する可能性もありますが、まだ先の話になる可能性が高いですから、以下の大手取引所を利用すると良いでしょう。

0xは以上の大手取引所にも上場していますが、取り扱い銘柄の多さを考慮すると、以上の3つの取引所で購入で良いでしょう。

中には、とても小さな仮想通貨取引所で、0xを取り扱っている場合もありますが、セキュリティの問題上あまり使わないほうがいいでしょう。

0x(ゼロエックス/ZRX)の今後の将来性について

0xの今後は需要が伸びていく可能性が高いでしょう。

理由は、イーサリアムの開発が活発になり、スケーラビリティ問題なども解決されることで、ERC20トークンの需要が高まるからです。

ERC20トークンは知識さえあれば誰でも作ることができる為、現在多くのERC20トークンが存在しています。

そういった多くのERCトークンを0xの分散型取引所で自由に売買でき、なおかつ早くて安いとなれば需要は高まる可能性は高いでしょう。

また、他の理由としてはやはり分散型取引所が注目されている点です。

相次ぐ取引所のハッキング事件などのニュースを受けて、より安全である分散型取引所の需要が増していることも、0xの今後が期待できる理由だといえるでしょう。

0x(ゼロエックス/ZRX)の関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事