Lambda(ラムダ/LAMB)

現在、世界中には様々な仮想通貨が存在しており、たくさんの人が積極的に取引を行っています。

そんな仮想通貨のひとつであるLambdaは、高い注目度を獲得している仮想通貨です。

Lambdaには様々な特徴があり、多くの人を魅了しています。

この記事では、そんな仮想通貨Lambdaの特徴や懸念点、評判や将来性について詳しく紹介していきます。

Lambda(ラムダ/LAMB)のwiki的基本情報

仮想通貨名 Lambda(ラムダ)
トークン名 LAMB
公開月 2018年9月
開発国 -
発行上限 10,000,000,000 LAMB
発行枚数 626,364,179 LAMB
アルゴリズム -
公式HP https://www.lambdastorage.com/jp/
ホワイトペーパー https://www.lambdastorage.com/doc/Yellow-Paper-Beta-English-version.pdf
Twitter @Lambdaim
Facebook -
Reddit -
TelegramID Lambda Official International
YouTube -

Lambda(ラムダ/LAMB)とは

Lambda

出典:Lambda

Lambdaは、仮想通貨取引を行っている人から注目されている仮想通貨です。

トークン銘柄はLAMBになっており、比較的分かりやすい銘柄になっているのが特徴です。

Lambdaは、2018年9月にICOを開始しており、比較的新しい仮想通貨として存在しています。

Lambda(ラムダ/LAMB)の特徴

Lambda

出典:Lambda

Lambdaには主に5つの特徴が発生しており、色んな人に興味や関心を与えることができています。

どれも魅力的な特徴になっており、仮想通貨取引を検討している人にとって期待されているのがLambdaです。

データプライバシーの保護に力を入れている

大切な情報を漏えいさせないように力を入れているのがLambdaです。

Lambdaは、プラットフォーム上で大切な個人情報を漏えいさせないように細心の注意を払っており、取引や保存など様々な使い方を選択することができます

これによって安心して使用できる仮想通貨として証明することができているのです。

徹底的に大切なデータや情報を守り、高い安全性を確立しているのが強みといえます。

無限のスケーラビリティを実施している

様々な機能を実装する際には、ストレージやインフラストラクチャなどが不足してしまい、スケーラビリティ不足による失敗が少なからず存在しています。

そこでLambdaは無限のスケーラビリティを実現しており、様々な機能を実装する時のリスクを減らせるように取り組んでいます

大量のデータに関してもほぼ問題なく処理をすることができるので、Lambdaの大きな特徴になっています。

更に1ブロック生成時間が約15秒ほどになっているので、素早くブロック生成することができる魅力も発生しています。

様々な取引所で取引をすることが可能

ビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨は、色んな取引所で取引することが可能です。

ただしマイナーな銘柄に関しては、多くの取引所で取り扱っていないケースが多く、興味や関心を持っていても取引できないケースが少なくありません。

Lambdaは、Huobiの他にCoinBeneBitMaxなど様々な海外取引所で取り扱われているので、速やかに取引することができます。

現時点に留まることなく、更に多くの仮想通貨取引所で取り扱う可能性を秘めている状況です。

最大供給量を100億に設定

Lambdaは、積極的な取引を実現できるように最大供給量が100億に定められています。

仮想通貨の中でも絶対的なポジションを獲得しているビットコインが2100万なので、Lambdaは圧倒的に多い最大供給量になります。

取り扱っている海外取引所を選択すれば、速やかに入手することができ、取引や保有などを実施することが可能です

すでにどのような開発や拡張が行われていくのかロードマップが公開されているので、これまで以上に積極的な取引が行われる可能性があります。

現時点で安い価格に定められている

Lambdaは、高額な価格に定められているのではなく、リーズナブルな価格に定められているのが特徴です。

日本円で数十円単位になっていることが多いので、経済的な余裕がない人も気軽に取引することが可能です

ビットコインは数十万単位の価格が発生しており、イーサリアムは数万単位の価格が定められています。

これらと比較しても比較的取引しやすい仮想通貨として存在しているので、これもLambdaの特徴の一つになります。

Lambda(ラムダ/LAMB)に対する懸念点

Lambda(ラムダ/LAMB)に対する懸念点

色んな魅力的要素を備えているLambdaなのですが懸念点も存在しているのが実態です。

特に3つの懸念点が存在しており、一部の人から警戒されている状況になります。

Lambdaの取引や保有を検討している人は、どのような懸念点があるのかきちんと理解しなくてはいけません。

国内取引所では取り扱っていない

懸念点の一つが、国内にはLambdaを取り扱っている取引所がないという点が挙げられます。

せっかく興味や関心を持っても、国内では取引できないため、海外取引所を利用する必要があるのです。

外国語に長けている人ならば、問題なく海外取引所を利用することができますが、外国語が苦手な人は、Lambdaの取引をする時に悪戦苦闘する恐れがあるでしょう。

また海外取引所によっては、サポートが不十分な場合もあるのでその点にも気を付けないといけません。

価格が高騰するのか疑問

2019年9月時点でLambdaは、十数円ほどの価格となっています。

他の仮想通貨と比較しても決して高い価格とは言えず、今後も価格上昇するとは限りません

あまりにも価格が下がってしまうと仮想通貨として存在意味が無くなってしまう恐れもあります

比較的新しい仮想通貨の一つというのもあり、どうしてもこのような懸念点が存在しています。

ただしLambdaはロードマップが公表されているので、次々に開発や拡張などがされていけば、これまで以上に多くの人が注目する可能性があります。

流出している割合がまだまだ少ない

様々な海外取引所に上場しているLambdaですが、まだまだ流通している割合は少ないです。

徐々に知名度と認知度を獲得してはいますが、新しい仮想通貨ということもあり、知らない人も多いのが実情です。

今後、より多くの取引所にLambdaが上場し、存在を知られることで流通量が増えるチャンスもあります。

2019年9月時点でのLambdaの流通量は1割ほどなので多いとは言えず、人によっては懸念を感じる部分といえます。

Lambda(ラムダ/LAMB)に対する評判・口コミ

Lambda(ラムダ/LAMB)に対する評判・口コミ

LambdaはTwitter上で様々な評価を獲得しており、少しずつ注目されている仮想通貨になっています。

評価されているだけではなく、Lambdaに関する貴重な情報を入手できるので、どのようなツイートをしているのか紹介します。

Lambdaの価格高騰に期待しているツイート

上記のツイートは、様々な仮想通貨の価格変動に注目しており、その中にLambdaを挙げています。

どのくらいの価格変動するのか予想しており、少しでもLambdaの価格高騰を願っているのが特徴です。

少しでも多くの人に知ってもらえるように拡散ツイート

ビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨と比較して、Lambdaはそこまで高い知名度を獲得している訳ではありません。

そこで上記のようにツイートしており、少しでも多くの人に知ってもらえるように拡散しています。

Lambdaがどのような仮想通貨なのか把握できない人は、このツイートをチェックすることでどのような仮想通貨なのか把握することが可能です。

安全で魅力的な仮想通貨として評価

上記のツイートは、Lambdaが安全で信頼性が高くなっているだけではなく、無限のスケーラブルな分散型ストレージネットワークであることを高く評価しています。

高い安全性が保たれているので、たくさんの人が安心して取引できる仮想通貨としてツイートしているのが特徴的です。

Lambda(ラムダ/LAMB)の将来性

Lambda(ラムダ/LAMB)の将来性

Lambdaは、ロードマップによって様々な開発や拡張が予定されており、全て実装されることになれば、更に魅力的な仮想通貨になると言えます。

まだまだ知名度が低いという部分があるのですが、2019年9月現在は価格が少しずつ上昇しており、注目を獲得しています。

今後はどれだけ多くの取引所に上場し、流通量を増やしていくのかが課題と言えます。

この課題を見事クリアすることができれば、有名な仮想通貨として知られるだけではなく、価格が急騰する可能性も十分に秘めているでしょう。

また、高い将来性が発生している要因として、たくさんの企業から資金調達を受けており、期待されていることも関係しています。

Lambda(ラムダ/LAMB)のまとめ

Lambdaは2019年時点で注目されている仮想通貨の一つで、データプライバシーの保護や無限の無限のスケーラビリティが大きな特徴です。

2019年時点での価格は数十円程度となっているため、高額なお金を準備しなくても簡単に取引をすることができます。

ただし、国内取引所での取り扱いはないため、取引は海外取引所を利用する必要があります。

Twitter上でも、徐々にLambdaの情報が拡散されており、魅力的な仮想通貨としての知名度を少しずつ獲得している状況です。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

 

ベルコインなどの情報交換コミュニティを公開中!

LINE@とは別に、主にアルトコインの情報交換コミュニティのオープンチャットを開始しました!

匿名でご参加できる為、ぜひ情報交換の場としてお使い下さい^^

ご質問やご相談につきましても、オープンチャットをご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事