Newton(ニュートン)

ニュートンは、これまでのコミュニティ経済とは違った形のコミュニティエコノミーの構築という点で注目の仮想通貨です。

近年、オープンかつ公正・合理的なルールのもとでだれもが簡単に利用できる仮想通貨に対する需要が高まっており、ニュートンはこうしたニーズに応え、だれでも簡単に利用できる仮想通貨として中国で開発されました。

ニュートンには、ユーザー自身がデータを管理する、コミュニティー経済をサポートする、効率的なインセンティブが支払われるシステムが設けられている、といった特徴があります。

この記事では、ニュートンの特徴や懸念点、ツイッターでの評判や将来性について詳しく紹介していきます。

Newton(ニュートン)のwiki的基本情報

仮想通貨名 Newton(ニュートン)
トークン名 NEW
公開月 2019年
発行上限 100,000,000,000 NEW
発行枚数 11,948,333,332 NEW
公式HP https://www.newtonproject.org/
ホワイトペーパー -
Twitter @newton_project
Facebook newtonproject
Reddit u/newtonproject
TelegramID Newton Project Official
YouTube -

NewMall-万物皆有矿,购物即挖矿

NewMall-万物皆有矿,购物即挖矿
開発元:Beijing Happy Start Technology Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

NewPay

NewPay
開発元:NEWTON FOUNDATION
無料
posted withアプリーチ

Newton(ニュートン)とは

Newton(ニュートン)は、参加者すべてが利益を得ることができるオープンソースのプロジェクトで、コミュニティ経済の基盤として利用することができる仮想通貨です。

欧米で発達したシェアリングエコノミーといわれるビジネスモデルを浸透させて、コミュニティ経済をサポートするために開発されました。

時間やモノ、スペースやサービス、そして知恵などを共有することで経済を活性化させるといった新しいアイディアによって誕生した仮想通貨なのです。

こうしたスタイルの経済は日本でも少しづつ浸透しています。

ニュートンはこのようなコミュニティ経済をサポートするため、効果的なインセンティブのメカニズムとブロックチェーン技術で安全な情報マネージメントを行うと言ったことを特徴としています。

こうしたプラットフォームを活用したオープンかつ公正、さらに合理的なルールにそって、だれもが簡単に活用できるように、これまでのコミュニティ経済とは違うコミュニティエコノミーの形のビジネスが生まれています。

そして、こうしたニーズはさらに高まって行くと言えるでしょう。

Newton(ニュートン)の特徴

Newton 特徴

出典:Newton

ニュートンはユーザー自身がデータ管理するコミュニティー経済をサポートします。

そうした点で次のような特徴があります。

ユーザー自身が個人データを管理するシステム

ニュートンは、ユーザー自身が個人データを管理するシステムが整えられているという点が大きな特徴になります。

これまでのプラットフォームは、必要最低限の情報項目を運営者側の提案にゆだねられているというところがありました。

しかし、ニュートンはユーザー自身がアピールポイントや個人データを管理することが可能となっており、こうした個人データがブロックチェーンテクノロジーにより、安全に管理されて、事前合意があった方法で支払いされるようになっています。

効率的なインセンティブが支払われる仕組み

ニュートンの特徴の2つ目は、効率的なインセンティブが支払われる仕組みが整えられているという点です。

インセンティブが支払われるための内容もある程度ユーザー自身で選択可能となっており、他のプラットフォームと比較して報酬が得られるチャンスは非常に多くなっています。

このように、消費者がコミュニティ経済に何か貢献した時、直接接続された方法でインセンティブが支払われるということです。

高性能なブロックチェーン

ニュートンの特徴の3つ目は、高性能なブロックチェーンです。

ニュートンに採用されているメインチェーンは、1秒間に5000以上のトランザクションを処理することが可能になっています。

これはビットコインよりもさらに高い処理能力を持っているということを意味します。

ビットコインは理論的には最大1秒間7トランザクション、実質的には3から4のトランザクション処理スピードを持っています。

ニュートンはビットコインと比較しても1秒間に処理できるトランザクションが非常に多く、処理性能がとても高いということです。

ニュートンは、昨今良く行われている購買方法である電子商取引のニーズや今後広がるIoT分野での活躍も見込むことができ、運用上の様々なニーズに対応することができる仮想通貨と言えます。

スケーラブルで柔軟性のあるネットワーク

ニュートンの4つ目の特徴には、スケーラブルで柔軟性のあるネットワークが挙げられます。

ニュートンのブロックチェーンは、ビットコインやイーサリアムなどの主流的な仮想通貨のブロックチェーンネットワークにシームレス接続可能です。

さらに、今あるネットワークだけでなく、今後誕生する様々なブロックチェーンネットワークに柔軟に接続することができる「ブリッヂング性能」も兼ね備えています

組織形態の構築

ニュートンの5つ目の特徴は、組織形態の構築です。

ニュートンがサポートするコミュニティ経済は、非営利財団によって管理されるものがあります。

非営利団体が管理することによって、公正性や合理性、透明性の部分で非常に優れた経済になると考えられているのです。

この様にニュートンには様々な特徴があります。

Newton(ニュートン)の懸念点

Newton(ニュートン)の懸念点

ニュートンには懸念点もあります。

デジタル資産やその証明書の管理方法

ニュートンの懸念点としてまず挙げられるのが、デジタル資産やその証明書をどう管理するべきなのかという課題です。

ニュートンという仮想通貨やその証明書をどう安全に管理していくかが重要な課題といわれています。

値動きを制限するシステムがない

ニュートンのデメリットとして2つ目に挙げられるのが、値動きを制限するシステムがないという点です。

価格が需要と供給という市場原理にコントロールされ、ストップ高やストップ安がなく、そうした動きをストップさせるものの存在がないため、一瞬で暴騰や暴落が起こるといったリスクがあります。

そのため、価格変動が大きく、ハイリスク・ハイリターンな投資となってしまう懸念があります。

目指しているコミュニティ経済がまだ発展途上

ニュートンの3つ目の懸念点として、ニュートンが構築しようとしているコミュニティ経済がまだ発展途上という点が挙げられます。

ブロックチェーンプロジェクトのトークン交換の本質は、資金調達のプロセスよりも、チームやコミュニティを構築するプロセスにあるといえます。

もちろんニュートンによってビジネスコミュニティで経済的な利益を得ることもできますが、経済が拡大するにつれてトークンの価値は上昇するため、このビジネスモデルで利益を得るためにトークンを売却する必要はなくなります。

こうしたことが本来ニュートンが目指している姿と言えますが、ここまでにはまだ至っておらず、まだ道の途中という状況なのです。

目指している状態になるにはまだまだの状況となっており、この点はニュートンの懸念点と言えます。

Newton(ニュートン)の評判(口コミ)

Newton(ニュートン)の評判(口コミ)

ニュートンの評判については、日本語よりも英語での情報が多い状況です。

例えば、ニュートンエコについて話し合う場が設けられていたり、パートナーとの資金調達などの情報が掲載され、それに対して「いいね!」といったフィードバックが寄せられたりしています。

ニュートンはUtrum Crypto Playbookにリストされているといったコメントなどもあります。

そして、このニュートンプロジェクトは中国で活発な印象などもあり、参加者も若い世代の人々などが多い印象があります。

ニュートンは、どちらかと言うと日本よりも開発者のいる中国などで注目度が高い印象があります。

参加者はセミナーなどで充実した時間を過ごしながら、仮想通貨について意見交換などを行っている状況のようです。

Newton(ニュートン)の将来性

Newton 将来性

出典:Newton

日本よりも海外での知名度が高いニュートンは、ブロックチェーンプロジェクトの最終的なベンチマーキングである業界と経済というキーワードを元に、さらに発展的な視点で運営されている仮想通貨と言えます。

ニュートンニュートンのCEOの徐継哲氏は、ニュートンの経済成長に合わせて今後20年間、経済的にトークンを公開していくという見解を発表しています。

さらに、ニュートンの設計トークン経済モデルでは、トークンの60%が様々なインセンティブを通じて今後20年間経済にリリースされる予定ともされています。

そのため、このまま順調に運営が進んでいくようであれば、様々な今後の計画によってニュートンプロジェクトは成長し、持続可能な発展の可能性を秘めているといえます。

Newton(ニュートン)のまとめ

ニュートンは、だれでも簡単に利用することができるよう開発されたコミュニティ経済をサポートする仮想通貨です。

ユーザー自身がデータを管理したり、効率的なインセンティブが支払われるシステムが設けられていたりと様々な特徴があります。

また、ビットコインよりも高い処理能力を持っている高性能な仮想通貨でもあり、商コマースでの更なる普及を目指してプロジェクトが動いています。

実際には、まだそうしたコミュニティ経済構築の発展途上にあるといった懸念点もありますが、今後20年間を見通して開発された仮想通貨として将来的な普及が期待されており、今後の動きに注目が集まっています。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事