dentacoin(デンタコイン)

歯科業界に着目したDentacoin(デンタコイン)ですが、名前の通り「歯」ですね。

歯と言えば虫歯に悩む人が多くいますが、デンタコインが普及することで安く虫歯を治せるかも?

また、実際にデンタコインを受け入れている歯科医院も出てきていることから、デンタコインの将来性に期待する声も多く出ています。

では一体、デンタコインとはどんな特徴を持った仮想通貨なのか、評判や提携企業の情報も記載していますから、ぜひ購入する際には参考にして下さいね。

Dentacoin(デンタコイン)のwiki的基本情報

仮想通貨名 Dentacoin(デンタコイン)
トークン名 DCN
公開月 2017年8月11日
開発国 オランダ
開発チーム Dentacoin Foundaiton
開発者 Dimitar Dimitrakiev
発行上限 1,963,173,416,170 DCN
発行枚数 326,822,211,298 DCN
公式HP dentacoin.com
ホワイトペーパー Dentacoinのホワイトペーパー
Twitter @dentacoin
Instagram dentacoin_official
Facebook @dentacoin
Reddit Dentacoin community
TelegramID Dentacoin Foundation
YouTube Dentacoin Foundation

Dentacoin(デンタコイン)とは開発された目的

デンタコインは、その名前の通り世界中の歯科医療をより安く、より安全に提供することを目標として作られた仮想通貨です。

デンタコインが歯科医療業界に着目した理由は、開発メンバーが世界中の歯科医療に対する危機感を持っているからです。

というのも歯の健康が悪くなると、全身の健康が悪い状態になってしまいます。

歯は体の中でも重要な部分であるのにかかわらず、現状では歯科医療が誰に対しても日本みたいに適正な値段で安全に行われていません。

日本では健康保険制度や良質な歯科医師が揃っていますが、海外では歯医者にいくと、不当な治療費を請求されたり、歯科医師免許をもたずに治療を行う歯科医者がいたりという危険な状況が日常的にあります。

実際に、世界の80%の人々が高品質な歯科治療を受けれていません。

先進国においても無駄なコストのせいで医療費が高くなっていることもあるため、先進国に対してもブロックチェーンの技術を用いることで、より安価で安全な歯科医療を提供できる場を作りたいというのがこのデンタコインが開発された目的です。

Dentacoin(デンタコイン)の特徴

dentacoin(デンタコイン)

スマートコントラクトの機能を搭載している

デンタコインはイーサリアムをベースとして作られた仮想通貨ですので、スマートコントラクトの機能を搭載しています。

スマートコントラクトがある為、間に仲介人を挟まずブロックチェーンに契約を記録し内容が改ざんされず、不正防止につながっています。

間に仲介人を挟まずに取引を行うので、仲介手数料が必要なく取引自体のスピードも速いというのもデンタコインの特徴になっています。

歯医者のレビューを書くとデンタコインがもらえる

デンタコインを扱う患者さんが実際に行った歯医者のレビューを書くことでデンタコインを報酬として得ることができるシステムがあります。

このシステムは、デンタコインの歯科医療を安全に提供していくという理念に基づいて開発されています。

患者さん目線で良い歯医者なのか悪い歯医者なのかレビューをしてもらうことで、質の悪い歯医者を淘汰していくはたらきがあるということですね。

ここでもブロックチェーンが活躍しており、レビューの情報はブロックチェーン上で管理されているため、サクラや改ざんといった不当な評価をされている心配をする必要がありません。

もしレビューに悪い評価があれば、医者の意思で消せたり雇われたサクラが高評価の記事を多く書くということが発生し、真実がわからないため、レビューの意味がありません。

よって、患者はレビューを信じて通う歯医者を決定することができます。

レバノンの歯科医院ですでにデルタコインを用いた支払いが行われている

また、レビューを書くことで得られたデンタコインは治療を受ける際の治療費として使うことも計画されています。

2019年2月8日に、Dr. Wael al Tawilの診療所が支払いの手段としてデンタコインが支払われることになったと、公式ブログで公開されています。

デンタコインを手軽に入手できる

他にもデンタコインを手軽に入手できる方法があるのも、デンタコインの特徴です。

「DentaVox」というアンケートサイトがあり、3分ほどで終わるアンケートに答えることで100デンタコインもらえます。

これは、デンタコインを手軽に配布することでデンタコインを広めていくという目的と、患者となる消費者の生の声を直接聞くことによって今後の歯科医療の発展につなげていこうというはたらきがあるとのことです。

歯医者からしても、患者からの生の声を聞くことで今後の収益の向上にもつながりますし、デンタコインは役に立っているといえます。

Dentacoin(デンタコイン)の欠点(問題点)

dentacoin(デンタコイン)

医療機関のほうに依存している

デンタコインの問題点は、デンタコインを使用するメリットがほとんど患者側にあるのに関わらず、デルタコインの今後については医療機関のほうに依存している点が考えられます。

アンケートの実施などで医療機関側もメリットを享受できるような仕組みもありますが、それでも比重は患者側にあるでしょう。

しかし、デンタコインの将来性はほとんど医療機関にかかっています。

多くの医療機関でデルタコインを取り入れることで初めてデンタコインの真価が問われます。

他の仮想通貨ではそういった業種を特定するような使われ方はしませんがデンタコインの場合、医療機関に依存している為、患者側に目を向ける必要があるでしょう。

デンタコインの価格が安定していない

また、治療費として利用できるのも患者からしてみれば嬉しいことですが、価値が安定していない仮想通貨を使われるというのは医療機関側からしてみれば、懸念材料になり得ます。

今後、医療機関側でもデンタコインを使っていきたいと思える取り組みを増やしていき、医療機関側に受け入れてもらう必要がありますね。

また、価値を安定させるためにもデンタコインでなければならないという確立した価値を見出す必要もありそうです。

そうでなければ、今の環境を変えたくない人が多いのでなかなか普及することは難しいでしょう。

実はDentacoin(デンタコイン)こんな企業と提携しています!

dentacoin(デンタコイン)

Uniblock Investment Consultancy(ユニブロック・インベストメント・コンサルタンシー)

デンタコインは中国市場での事業を拡大するため、ユニブロック・インベストメント・コンサルタンシー(以下UIC)と提携を結んでおります。

デンタコイン側は、UICと提携を結ぶことで「デンタコインの認知度の向上」や「協力的なコミュニティの確立」を行っていきたいと話しています。

UICは、ブロックチェーン技術に強い経営コンサルティング会社であり、

  • デンタコインのオフィスイベントやビジネスミーティングの開催
  • 中国のブロックチェーンコミュニテイとの強いリレーションの構築

をサポートしていくと発表しています。

シンガポールに本拠地があるというUICですが、新規で立ち上がった企業でもあります。

CruisAIDer(クルセイダー)

ドイツのクルセイダーという企業が、自社製品であるパワーカートの支払いにデンタコインを使用することを受け付けると発表しました。

パワーカートとは、歯ブラシを少し大きくしたくらいの大きさで先端にカメラがついており、手早く口の中を立体的に撮影できるというものです。

医療機器に強い国ならではの商品ですね。

クルセイダーとデンタコインが手を組んで何かをしていくというわけではありませんが、デンタコインの使用を取り入れる大きな企業が現れたのはデンタコインにとってかなりの進歩になります。

デンタコインは医療機関や企業にそのメリットを認めてもらう必要がありますからね。

Dentacoin(デンタコイン)の評判

dentacoin(デンタコイン)

さて気になるデンタコインに対する民間人の評判ですが、まずまずといったところではないでしょうか。

ここからは実際のデンタコインに対する評判及び口コミを見ていきましょう。

長期で保持するの必須!?という声が。

デンタコインに期待する声も。

ニューヨークの一部で新しくデンタコインの受け入れも始まったようですね。

もっと買っておけばよかったと後悔する声も。

総評すると、やはりデンタコインに期待を寄せる投資家は多く見られます。

Dentacoin(デンタコイン)が購入できるおすすめの取引所3選

dentacoin(デンタコイン)

デンタコインは残念ながら現在国内の取引所で購入することができません。

現在では国内の取引所でビットコイン等を購入し、海外の取引所へ送金処理する形でデンタコインを購入することができます。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

ヒットビーテイーシーはイギリスを拠点とする仮想通貨取引所です。

世界でトップ10に入るほどの取引量を誇っているが、日本語対応もしている海外の取引所なので、日本人でも扱いやすいです。

日本語対応しているかどうかが一番重要だったりしますよね。

マイナーな通貨を取り扱ってもいるので、短期間で大きな利益を狙うことも可能です。

Cryptoia(クリプトピア)

クリプトピアは、ニュージーランドを拠点としている仮想通貨取引所です。

こちらも草コインの扱いが多く、なんと価値が10倍にもなるコインを扱っていた実績も多くあります。

ただ、この取引所で取り扱っている通貨の中には全くプロジェクトが進行していないものもあるので注意が必要です。

クリプトピアの取引所内で本人認証を済ませてあるかどうかで出金の速度も変わるので注意が必要です。

また、近年発生したハッキング事件で一時的に使用不可な点も注意です。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)

コインエクスチェンジは、手数料が0.15%と安いのが特徴です。

コインエクスチェンジでも多くの草コインを取り扱っていますが、内容が草コインメインの取引所になっているのでトレードで稼ぐのは難しい取引所かもしれません。

どちらかというと長期保有希望者向けの取引所といえるでしょう。

Dentacoin(デンタコイン)の今後の将来性

dentacoin(デンタコイン)

デンタコインの成長は医療機関次第なところもありますが、将来的に成長する可能性は高いと言えるでしょう。

日本では、コンビニと並ぶくらい歯医者が乱立しているので、デンタコインの特徴でも書き換えることのできない口コミやレビューはとても重要になってくるでしょう。

さらに、それで入手したデンタコインで治療費の一旦を担えるならば歯医者に通う人も増えるため、人口が減っている日本でも歯医者が潰れなくて済んで一石二鳥です。

デンタコインは草コインとしての扱いをうけていますが、こういった目標がしっかりしていてそれについて活動を怠らない通貨は、十分に爆発的な価値の上昇は考えられます。

日本では、仮想通貨が受け入れられているところが少ないですがこのデンタコインにはぜひ日本でも導入してほしいですね。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事