Digitex

Digitex Futures(デジテックスヒューチャース)という仮想通貨は、仮想通貨取引所の手数料を無料にするというコンセプトの元開発された仮想通貨です。

このDigitex Futuresはそれを本気で可能にしようとして開発された仮想通貨です。

Digitexという仮想通貨取引所の存在がそれを可能にしています。

仮想通貨の取引時に発生する手数料で成り立っている仮想通貨取引所が、どういう仕組みで手数料を無料にできているのか気になると思います。

今回の記事では、手数料を無料にできるカラクリからおすすめのDigitex Futuresを取り扱っている取引所、また今後の将来性についてまで解説していきますから、ぜひ参考にして下さいね。

DigitexFutures(DGTX)のwiki的基本情報

仮想通貨名 Digitex Futures(デジテックスヒューチャース)
トークン名 DGTX
公開月 2017年11月
開発国 アメリカ
開発者 アダムドット
発行上限 1,000,000,000 DGTX
発行枚数 737,500,000 DGTX
公式HP digitexfutures.com
ホワイトペーパー Digitex Futuresのホワイトペーパー
Twitter @DigitexFutures
Instagram digitexfutures
Facebook DigitexFutures
Reddit DigitexFutures community
TelegramID DigitexFutures — Zero-Fee Futures Trading
YouTube Digitex Futures

DigitexFutures(DGTX)とは/開発された目的

[su_youtube url="https://youtu.be/Bbz_uqstEgY"]

Digitexは取引手数料が無料になるという取引所の構築をコンセプトとして開発が進められている仮想通貨取引所です。

これだけ聞くと、そんなことがあり得るのか?

そんなことをしてしまったら仮想通貨取引所が手数料を得ることができず破綻してしまうのではないだろうか?

といった疑問が容易に浮かんでくるところではありますが、Digitexはこれらの解決策もきちんと考えた上で開発されています。

具体的にどういった方法をとるかと説明しますと、トレーダーが仮想通貨の取引の際にDigitexFuturesを利用することで本来発生する数%の手数料を0にし、その手数料を賄うかわりに新しいDGTXトークンを発行するというモデルを採用しています。

つまり、Digitexのプラットフォーム上でネイティブ通貨としてDigitexFuturesがあり、他の仮想通貨と取引することが可能になっています。

取引所内で使われる独自トークンのDigitexFuturesは、手数料を無料にするために外に向けて販売されているということです。

ブロックチェーンの外での決済を行うことができるオフチェーン決済ににも対応していて、利用者が自分にあった支払方法を選択することができるのも特徴ではあります。

まだまだDGTXを取り扱っている取引所は少ないですが仮想通貨取引量ランキングを徐々に伸ばしていっている注目できる仮想通貨です。

しかし、発行枚数が確実急激に増えていくインフレ通貨になってしまいますが、供給過多になることが気になると思います。

ですが、Digitex側は増える発行枚数が気にならなくていいほどのトレーダーの参入が見込めるモデルになっているため、供給を上回る需要があるだろうと公式サイトで発表しているみたいです。

仮想通貨市場が成熟していくと参入する人が急激に増えます。

その結果取引手数料が増えるのは当然の結果であり、トレーダーによりいい環境を提供するために手数料を無料にするということで需要が見込めるというのは納得の流れですね。

その他にもレバレッジ取引が可能だったりするDigitexですが、そのメリットについて詳しく次の章で紹介させていただきます!

DigitexFutures(DGTX)の特徴

DigitexFutures(DGTX)

Digitex取引所ではレバレッジ取引ができる

Digitexのメリットの1つとして、レバレッジ取引ができるという点が挙げられます。

レバレッジとは日本語で直訳すると、小さい力で大きな力をはたらかせる「てこ」という意味があります。

そこから転じてレバレッジを効かせて取引をするという言葉は、元での何倍もの資金で取引をするという意味になっています。

FXなどでもよく使うのですが、例えば10倍のレバリッジが効かせることができるものがあれば100万円用意することができれば1000万円の取引まで可能になるということです。

それをDigitexは最大100倍までレバレッジを効かせて取引をすることが可能です。

小額の資産で大きな取引が可能になっています。

また、先述しましたが毎回の手数料が0であるという点も大きなメリットといえます。

取引する手数料がなければ、その分純利益が増えることになりますし、落差が激しい仮想通貨においてこまめに取引する負担がないというのは安心にもつながります。

レバレッジ取引ができる代表的な取引所にはBitMEXなどがありますが、ここは毎日の膨大な取引手数料で莫大な利益をあげているようなので、取引手数料がないというのはかなり良心的な設定になっているといえるでしょう。

投票に参加ができる

保有する仮想通貨数に応じてトークンの今後について決定できる投票に参加できるので、開発側の独断による趣旨と外れた開発を防ぐことが出来ます。

コンセプトと外れた無茶な開発を進められて、持っているDGTXが暴落するということを未然に防げるのは大きいですね。

実績のある人物が開発を進めている

Digitexの創設者は、既に別の取引所を創設した実績のあるアダムドット氏であるというのも利点の1つでしょう。

アダムドット氏はすでに、「Betfair .com」という取引所を創設した実績をもっています。

Betfair.comは世界最大の賭博取引所とも言われており、アダムドット氏はそこでのスポーツ取引によって莫大な利益をあげていたトレーダでもありました。

実際に取引所を創設した経験と自らプレイヤーとして賭博に参加した経験を活かして、利用者の目線で物事をみることにより、利用者が恵まれた環境で取引することができるように、手数料が完全に無料で先物取引も行える取引所の創立を思いついたそうです。

一度利用者の立場に立ったからこそ見える経営ビジョンだったと思います。

では、Digitexにデメリットはあるのでしょうか?

DigitexFutures(DGTX)の欠点/問題点

DigitexFutures(DGTX)

Digitexのデメリットとしては、独自のトークンであるDGTXが普及しなければDigitexが破綻してしまう点が考えられます。

Digitexが手数料を完全無料にできるのは、DGTXを取引してくれている人々がいるからです。

もしDGTXのシェア率が極端に下がった場合Digitexは無料にした手数料分の資金を確保することができなくなります。

そうなってしまった場合にはDigitexは他の仮想通貨取引所と同じように取引時に手数料を取らざるを得なくなるでしょう。

それはコンセプトと外れてしまうので、そうなった場合Digitexから人々は離れていくことが予想されます。

ただ、今のところはその心配がないくらいまでのDigitexに需要が出ています。

また、Digitexではレバレッジ取引を行うハードルがとても低いというのも問題点として考えられます。

レバレッジ取引自体のデメリットとして当てはまるのですが、少ない資産で大きな取引を行うことが出来る分、もちろん上手くいった場合の利益は大きいです。

ですが、失敗した場合の損失も利益出した倍率と同じだけかかってきますので注意が必要です。

Digitexでは、手数料無料でレバレッジ取引ができるので割と投資に対する知識がまだ浅い人でもハードルが低くレバレッジ取引を始めやすい特徴があります。

もちろん利用者がレバレッジ取引のリスクについて理解しておく必要もありますが、Digitex側でもそのリスクについては、利用者に説明をしっかりする必要もあると思います。

Digitexはどのような企業と提携を結んでいるのでしょうか?

実はDigitexFutures(DGTX)の提携ニュース!

DigitexFutures(DGTX)

Digitexの有能性や消費者のニーズにあったコンセプトになっているというのは説明させていだきました。

ですが、Digitexと提携している企業の情報が今のところ見つかりませんでした。

もしかしたら、提携している企業が存在しているかもしれませんが今のところ大きな提携というのは行っていないみたいです。

今後のDigitex に期待ですね。

では、ネット上でのDigitex の評判はどういったものになっているか紹介していきます!

Digitexのネット上での評判はどうなっているのでしょうか?

DigitexFutures(DGTX)の評判

DigitexFutures(DGTX)

Digitexがおすすめされています

値上がりしている通貨として紹介されています

DigitexFutures(DGTX)が購入できるおすすめの取引所3選

DigitexFutures(DGTX)

Digitexは現在国内の取引所で取り扱っている取引所がないため、海外の取引所を開設する必要があります。

また、DigitexはほとんどMercatoxで取引されているのでまだ開設していない方は開設するのをおすすめします。

Mercato(メルカトックス)

Digitexは先述した通りほとんどがメルカトックスで取引されており、その割合は約9割にもなります。

メルカトックスの最大の特徴はICO直後などで大手取引所ではまだ取り扱っていない仮想通貨の銘柄を多く取り扱っていることにあります。

また、それも最速でメルカトックスに上場するものも多いため、いち早く新しい仮想通貨に投資したい方には特におすすめできます。

期待度の高い銘柄や値段が高騰する可能性を秘めた銘柄についての情報をもっていたとしても上がりきってからでは意味がありませんよね。

鉄は熱いうちに打てともいいます。

この取引所は鉄を熱いうちに打てる取引所です。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

ヒットビーテイーシーもDigitexを取り扱っている取引所になります。

イギリスの取引所でtaker手数料が0,1%、取り扱い通貨が225種類と豊富でバランスのとれている取引所になっています。

ヒットビーティーシーは「maker」というシステムを導入していて、新値で買い注文や売り注文を出す人に報酬が払われる仕組みになっています。

また、デモ取引をすることも可能なので投資初心者の方も安心して使用することができます。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)

コインエクスチェンジも海外の取引所で、手数料が0.15%と安いのが特徴になっています。

この取引所でも多くの草コインを取り扱っていますが、内容が草コインメインの取引所になっているので、トレードで稼ぐのは難しい取引所かもしれません。

どちらかというと長期保有希望者向けの取引所といえるでしょう

DigitexFutures(DGTX)の今後の将来性

DigitexFutures(DGTX)

創設者自信が利用者の視点に立って、利用者のニーズにあわせた仕組みを取り入れているというだけあって需要は高い仮想通貨になっています。

その仕組みの中でも仮想通貨の取引手数料が無料になるというのと、レバレッジ取引をすることができるという特徴はそれだけでも十分Digitexを利用する価値を見出せていると思います。

また、現段階で注目をうけている仮想通貨であり、需要もしっかりあって取引も活発に行われていることから将来性はかなり期待できます。

Digitexは、認知度をもっと高める努力をすることで、人気が大爆発するポテンシャルを秘めたものであるといえます。

既に別の取引所を創設して成功している経験のあるアダムドット氏にはさすがの一言に尽きます。

こういった手数料無料で新規で投資に参入しやすい環境が作られるというのは重要なことですが、新規で参入する人がきちんとリスクも理解した上で取引をするということもこれから重要になってきますね。

Digitexがこれからも利用者にとってニーズを満たした取引所になっていくのを楽しみにしたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事