ブロックチェーンに投資したい

今、仮想通貨というものが現代の流行とも言えるほど数多くの種類が市場に流通していて、仮想通貨を使ったビジネスや投資を行う人も非常に増えています。

そんな仮想通貨の世界にいるとさまざまな用語を耳にしますが、中でもブロックチェーンという言葉は、多くの人が耳にしたことがあるでしょう。

この記事では、ブロックチェーンに焦点を当て、ブロックチェーン投資をする際の注意点や銘柄の選び方、ブロックチェーン技術を活用したビジネスについても、詳しく説明していきます。

ブロックチェーン投資をする際の注意点

ブロックチェーン投資をする際の注意点

まずは、ブロックチェーン投資をする際の注意点を説明していきます。

ブロックチェーン投資は、利便性や将来性があることから非常に注目されていますが、注意点も多数あるので、注意が必要です。

値動きが激しい

まず、仮想通貨ならではの値動きの激しさに注意が必要です。

多くの仮想通貨は誕生から日が浅いため取引されている期間が短く、株などのビジネスと比べて価格の変動が非常に激しいとう特徴をもっています。

また、本来の目的とされている法定通貨の代わりとしての利用は、まだまだ十分に機能していないという問題もあります。

値動きが激しい理由の一つとしては、仮想通貨は決済という本来の目的ではなく、投資目的で売買をされることが多いという点があげられます。

仮想通貨は、現時点ではコンビニやスーパーなどの一般的な施設での利用ができず、決済手段として保有していても使う場所が限定されているのが大きな理由となっています。

このような現状から、仮想通貨は値動きが激しく、決済手段としては非常に使いにくいという問題点があるのです。

決済手段として利用しにくい

仮に、ビットコインなどの仮想通貨が1日で10%近くの値動きがあると、その日のどのタイミングでビットコインなどの仮想通貨で買い物をするかといったように買えるものが大きく変わってきてしまいます。

そのため、仮想通貨を決済手段として利用するのであれば、日常の買い物をするときなども、常に利用する仮想通貨の値動きをしっかりと意識する必要があるのです。

本来の通貨(日本でいうと円)は、値動きが激しいと混乱をしてしまうので、法定通貨は国の中央銀行がコントロールをすることで価値が安定するようになっています。

損失リスクは常に存在する

また、これも当然のことなのですが、仮想通貨取引で損失を被るリスクというのは常に存在します。

仮想通貨を投資の対象とした場合、大きく稼げる可能性がある一方で、損をする可能性もあるということは常に頭の中に入れておかなければいけません。

利益には税金が発生する

また、取引で利益が出たときの税金には注意が必要です。

仮想通貨で大きく儲けた場合、翌年に多額の所得税が発生します。

このような税に関しても、しっかりと勉強をしておかないと、後々に大変な目にあってしまう可能性もあるので注意が必要です。

紛失や流出が発生する可能性がある

その他にも、仮想通貨では法定通貨のように中央管理者がいないために、紛失や流出といった問題が起きると投資した財産分すべてを失ってしまうといったリスクもあります。

保管方法は自己責任としてしっかりと認識をしておくことも大切です。

投資をする際のおすすめ銘柄

投資をする際の銘柄の選び方

次に、ブロックチェーン投資を用いてのおすすめの銘柄の紹介をしていきます。

おすすめの銘柄は多くの仮想通貨関連メディアでも取り上げられているため、目にしたことがある企業も多いでしょう。

多くのメディアでおすすめされるにはそれなりの理由があるので、初心者の場合は、選ぶ基準として参考にするのがおすすめです。

Facebook(フェイスブック)

Facebook

まずおすすめしたいのが、恐らく誰もが耳にしたことであると思われるフェイスブックです。

フェイスブックは、国内外問わず、繋がることができるソーシャルネットワークサービスとして非常に有名で、フェイスブック自体がブロックチェーンテクノロジー部門を新たに設立することを発表しました。

従来のサービスに身元確認や広告販売にブロックチェーン技術を活用する姿勢を見せているなどしています。

この動きに伴い、新たな仮想通貨であるフェイスブックコイン(リブラ)の発行も検討しているという情報もでているほどです。

Microsoft(マイクロソフト)

Microsoft

有名企業のひとつであるマイクロソフトもおすすめの銘柄です。

マイクロソフトは主にソフトウェアを販売、開発を行なっている企業ですが、デジタルID管理にブロックチェーン技術を応用することを発表しています。

Microsoftは2017年5月に、「分散型IDファウンデーション(DIF)」を共同で設立し、主要コンポーネントの共同開発など、分散型IDの標準化に尽力している。

分散型IDでは個人データを多数のサービスプロバイダーに置くのではなく、ブロックチェーン上に分散させて保持するため、改ざんやシステムのダウンがない。

世界中の人々が安心してデジタルIDを利用するためには、サービスの要求に対してむやみに同意するのではなく、それぞれが個人データを簡単に管理できるシステムの構築が必須となる。

すでに世界中の多くの人々に利用されるMicrosoft Authenticatorを個人データや暗号化キーの管理に活用する方針だ。

引用:FASHIONSNAP.COM

ブロックチェーンを採用することにより、プライバシー管理やセキュリティ効果に更なる見込みがあると予想ができます。

仮想通貨以外の利用方法でも、マイクロソフトなどの大きな企業がチェーンブロックを取り入れるとなると、やはり注目度はあがりますね。

GMO TECH(ジーエムオーテック)

GMO TECH

また、GMOテックもおすすめ銘柄のひとつです。

GMOテックは、GMOインターネットグループでインターネットの集客や広告事業を主に行なっています。

GMOという企業は、テレビコマーシャルなどで多くの人が耳にしているでしょう。

そんなGMOも、GMOアップカプセル電子マネーというものを開発したことを発表しました。

2018年2月28日

ブロックチェーン技術を活用、店舗独自の電子マネーを簡単に作れる
「GMOアップカプセル電子マネー」を開発
~店舗アプリを利用してチャージ・支払いが可能、顧客のリピート率向上を促進~

引用:GMOコイン

独自の電子マネーとしての利用が見込まれていて、発行から店頭でのチャージや支払いにブロックチェーン技術を活用して、簡単にスピーディーに決済が可能となります。

将来性の高いブロックチェーン技術を活用したビジネス

将来性の高いブロックチェーン技術を活用したビジネス

ブロックチェーン技術を活用したビジネスは実は非常に多く存在します。

一見、そんなものにまで利用されているの?といったものも非常に多いため、意外とびっくりするかもしれません。

ここからは、そんなビジネス事例をあげていきます。

生鮮食品の衛生管理や配送システムの管理

ブロックチェーン技術の小売業への利用を目指すのは、世界最大のスーパーマーケットチェーンともいわれているウォルマートです。

このウォルマートがスマート・パッケージと呼ばれているブロックチェーンを利用した、配送システムの特許を出願していることが公の情報になりました。

ブロックチェーン技術の改ざんや削除ができないとう特徴を活かし、管理者による不正を防ぐためにブロックチェーンを利用するという発想は珍しくありません。

しかし、管理者が入れ替わるという流通業界独自の構造に着目したウォルマートは流石世界大手のチェーンといったところでしょう。

IBMも医療保険会社の情報共有、非効率性のソリューションとして活用

IBMはフィンテックの事例としても活用していますが、フィンテック以外の分野でもブロックチェーン技術の利用を進めています。

また、IBMは医療保険会社3社との提携も発表しており、医療保険業界全体のコスト削減へ向けてブロックチェーンネットワークを構築するといった構想を打ち出しています

デンソーの自動運転車にもブロックチェーンを搭載

もちろん日本の企業もしっかりとブロックチェーン技術は用いられています。

自動車業界でブロックチェーンを活用しようとしているのはデンソーです。

デンソーも独自のブロックチェーンプロダクトを発表しており、世界最大級の技術展示会CES2019ではブロックチェーンがテックトピックとして選ばれています。

デンソーは主に、自動車運転のセキュリティの確保というところに着目しており、車載するデータをブロックチェーン化することで、車の状態や周囲の状況などの改ざんを保護することを目的としています。

ブロックチェーンビジネス全体の将来性

ブロックチェーンビジネス全体の将来性

ここからは、ブロックチェーンビジネスの今後の将来性について見ていきましょう。

すでにさまざまな企業がビジネスに活用していることからも、今後はさらに期待できるといえるでしょう。

一時期のピークに比べると、ブロックチェーンは幻滅期に移行しているという見方もありますが、一般的には将来への期待感は高水準であると評価されています。

しかし、ブロックチェーンは社会を変える可能性のあるテクノロジーとして期待されているものの、ビジネスでブロックチェーンを活用する取り組みは当初の期待ほどは進んでいないのが現状です。

それでも、企業の目線としては実に65%の企業がブロックチェーンの将来に大きな期待を寄せているということも判明しています。

その回答例の多くに、ブロックチェーンはいずれインターネットの出現に匹敵するインパクトをもたらすとまでいわれており、世界中の企業はブロックチェーンの将来性へかなりの期待感を持っているといえます。

まとめ

ブロックチェーンについて多くの説明をしてきましたがいかかでしたでしょうか?

ブロックチェーン投資を行う場合は、注意点をしっかりと把握する必要があります。

初心者の場合は、ブロックチェーン投資のおすすめ銘柄を参考にすると良いでしょう。

また、ブロックチェーン技術を活用している企業も増加傾向にあり、世界中の企業がブロックチェーンに将来的な期待を持っています。

ブロックチェーンの今後の発展に注目していきましょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事