Telcoin(テルコイン)

テルコインは通信系の仮想通貨として、通信事業者との提携を通してトークンを事業者からユーザーへ配布することによって、銀行口座を持たない人々に対して携帯電話だけで簡単に決済や送金ができる方法を提案しています。

テルコインは 安くて早い国境フリーの国際送金サービスをスマホユーザーなどに提供するという目的をもっている仮想通貨です。

そこで、テルコインについてこれから具体的にご紹介していきます。

テルコイン(Telcoin/TEL)のwiki的基本情報

Telcoin

仮想通貨名 Telcoin(テルコイン)
トークン名 TEL
公開月 2017年
発行上限 100,000,000,000TEL
発行枚数 33,351,411,100TEL
公式HP https://www.telco.in/
ホワイトペーパー https://www.telco.in/docs/whitepaper.pdf
Twitter @telcoin_team
Facebook @telcoin
Reddit
TelegramID Telcoin Community
YouTube telcoin

テルコイン(Telcoin/TEL)とは

テルコインは通信系の仮想通貨で、モバイルを通した便利でお得な決済や送金サービスをユーザーに提供しようとしています。

安い・早い・障壁フリーの国際送金サービス

この仮想通貨の目的は、携帯通信キャリアとブロックチェーン技術を活用することで、 安く・早い・障壁フリーの国際送金サービスをユーザーに構築することです。

そのために、携帯通信キャリアと提携するという方法で、そのキャリア顧客にシームレスなオンライン送金や支払いサービスなどの機会を提供しています。

モバイルウォレットへのユーザー参加を促進

また、インターネットショッピングの可能性を広げ、モバイルマネーや暗号通貨対応ソリューション、モバイルウォレットへのユーザー参加を促進するツールとしても用いられています。

この仮想通貨は既存の携帯通信キャリアと競争するのではなく、協力することでより多くの人々により便利でお得なライフスタイルを提案しているのです。

テルコイン(Telcoin/TEL)の特徴

Telcoin

出典:Telcoin

銀行口座がなくてもスマホだけで利用できる

テルコインの特徴としてまず挙げられる点が、銀行口座を持たなくてもスマホなどの携帯電話だけで利用ができるということです。

日本では多くの人が銀行口座を持っており、成人になると自身で利用すると言った人は多いのですが、世界的に見るとまだまだ銀行口座を利用していない人は多いと言われています。

近くに銀行がないという場合や開設や銀行口座の維持に多くの手数料がかかるなどの理由で銀行口座を持たない人も多く、世界の35%の人々は銀行口座を持っていないので、20億人を超える数の人々が銀行口座を保有していないと言われています。

このような状況に対して、テルコインは新たな可能性を提供するということです。

利便性の高い国際送金/決済サービスを提供

テルコインの2番目の特徴として挙げられるのが、安く・早く・誰でも使用できる簡単な国際送金サービスや決済サービスを提供しているということです。

銀行口座を持たない人は世界的に多く存在していますが、スマホなどのモバイル端末を所持しているという人はその数よりもずっと多く、世界の約65%の人々が持っているということなのです。

この数は約50億人ということになりますので、銀行口座を持っていない人でもスマホは持っているという人はとても多いと言えます。

このサービスはたくさんのユーザーに安く早く、簡単な方法で利用できる送金や決済システムを提供することができます。

モバイルで送金したり決済できるシステムが整備されると、より多くの人々にアプローチできますし、サービスを利用する側にとっても、スマホがあればいろんなものを購入することができるようになるため非常に便利です。

ブロックチェーン技術が採用されている

テルコインの3番目の特徴として挙げられるのは、ブロックチェーン技術が採用されているという点です。

ブロックチェーン技術はビットコインなどで有名になった分散型台帳システムのことです。

ブロックチェーン技術は送金や決済情報の管理を中央期間だけが行うのではなく、地理的に離れたサーバーにデータが分散保持されるようになります。

ブロックと言われるデータ保管単位が一定時間で生成されていき、サーバー間で保持されるコンセンサス・アルゴリズムという各データの検証モデルを持っています。

そのため、一部のサーバーが不正侵入されても、データは分散管理冴えていますので記録されたデータがなくなったり、書き換えられるということはなく、取り引きや残高に相当する数字を安全に記録していくことができるというメリットがあります。

データセキュリティが高い

テルコインの4番目の特徴としては、データセキュリティが高いという点も挙げられます。

ブロックチェーン技術によって分散台帳で管理されますので、不正アクセスがあり、一部のデータが消えてしまったり、書き換えられてしまったという場合でも、他のコンピュータには以前のデータがそのまま残されていますので、これらのデータを突き合わせることで容易にどの部分が変更されたかが分かります。

そのため、データ消失や書き換えを行うことは困難で、不正アクセスに強いという高いデータセキュリティが特徴になります。

収支管理などのメリットが得られる

テルコインの5番目の特徴として、収支管理などのメリットが得られるという点もあります。

スマホで決済・送金できるシステムで、入出金のデータがネットワーク上で記録されるようになるため、毎月の収支もひと目でわかるようになり、収支管理を行いやすいというメリットが得られます。

このように、テルコインには5つの特徴があるのです。

テルコイン(Telcoin/TEL)に対する懸念点

Telcoin

出典:Telcoin

新しい仮想通貨であるテルコインにはメリットだけでなく懸念点もあります。

テルコインの取引相場

このコインの懸念点としてまず挙げられるのが、テルコインの取引相場です。

仮想通貨マーケット全体の価格が下がっていることもあり、テルコインの取引価格は下落しています。

ICO割れ状態といわれており、MarketCapの100位から200位あたりをキープしていると言われています。

投資的な目的で利用するという場合は、取引価格は懸念点と言えるでしょう。

テルコインを取り扱う取引所が少ない

懸念点の2番目として挙げられるのが、テルコインを取り扱う取引所が少ないという点です。

テルコインはKuCoinという取引所で95%以上が取引されており、この取引所でのこの仮想通貨の取扱手数料は約2%が取り引きされると言われるHitBTCよりも高いと言われています。

手数料が高いという点はこのコインの懸念点と言えます。

しかし、KuCoinはKCSトークンによる配当報酬があるのがメリットとなっています。

サービスがまだまだ発展途上

3番目の懸念点として挙げられるのが、サービスがまだ発展途上であるという点です。

この通信系の仮想通貨であるテルコインは、銀行口座を持たない人々に対して、世界のモバイルキャリアとのパートナーシップを通してアプローチする必要があり、現在そうしたパートナーシップの構築過程にあり、サービスがまだまだ発展途上なのです。

例えば、テルコインはナイジェリアの大手モバイルキャリアとの正式提携を行い、他にもインドの大手携帯キャリアのairtelなど協議中と言われます。

また、様々な国でのライセンスも獲得を図っているところで、パートナーシップビルディングについても模索中だということです。

これらの点がテルコインの懸念点として挙げられます。

テルコイン(Telcoin/TEL)に対する評判・口コミ

Telcoin(テルコイン)に対する評判・口コミ

テルコインは、安く・早く・障壁がない国際送金サービスを提供するということを基に開発された仮想通貨です。

実際に、テルコインを利用した人からは、下記のような声が上がっています。

  • スマホで簡単に送金できて便利という声や銀行口座から送金するよりも安くてお得
  • キャッシュレスで決済できるので現金を持ち歩かなくてよく、スマホから決済することができる
  • 財布を取り出す必要もないので買い物がスムーズ

世界で銀行口座を持たない人も多くいるため、この方法はビジネスチャンスにもつながります。

一方、暗号資産とマイクロファイナンスの相性がとても良く、先見性はあるものの、昨今世界的なSNS会社のもこの市場へ参入を計画しており、このマーケットでビジネスを行うにはその会社以上のコミュニティ形成が必要で、難易度は高そうという意見などもあります。

テルコイン(Telcoin/TEL)の将来性

Telcoin(テルコイン) の将来性

世界には銀行口座を持っている人は20億人おり、50億人の人々が携帯電話を持ち、通信サービスの利用が可能と試算されています。

テルコインを用いた簡単便利で安い送金サービスは、スマホなどの携帯電話はもっているけれども、銀行口座を持たない人にとって短時間でお得に送金や決済できる方法としての期待感があります。

通信サービスと金融サービス間の障壁を取り除くという新しい発想によって、世界の携帯電話ユーザー全体が金融サービスに参加可能にすると言った可能性をもっており、今後ユーザー層の拡大が期待されます

一方、世界的な大手のSNS会社のユーザーサービスは、世界のモバイルユーザーの半分が使用しているとも羽入れており、彼ら以上のコミュニティーを築く必要があり、その点が現在の課題と言えます。

それでも、利便性やコスパが高い送金ツールとしてもテルコインの将来性には期待が集まっています

テルコイン(Telcoin/TEL)のまとめ

テルコインはブロックチェーン技術を用いて開発されたか通信系の仮想通貨で、通信事業者との提携構築を通し、銀行口座を持たない人々に対して携帯電話だけで簡単に決済や送金サービスを利用できるシステムを提案しています。

テルコインの普及が進むことで、銀行送金などの手数料コストを低くすることができるというメリットがあります。

また、キャッシュレスなライフスタイルをよりお得に便利なものにすることができます。

まだ課題もありますが、世界にはスマホなどの携帯端末を保有しているけれども銀行口座を保有していない多くの人々がおり、テルコインはそうした人々にアプローチすることで、今後さらなる利用普及が期待されている仮想通貨です。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

 

ベルコインなどの情報交換コミュニティを公開中!

LINE@とは別に、主にアルトコインの情報交換コミュニティのオープンチャットを開始しました!

匿名でご参加できる為、ぜひ情報交換の場としてお使い下さい^^

ご質問やご相談につきましても、オープンチャットをご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事