フィンテックのメリット

フィンテックは金融と情報技術が融合した新しいビジネス分野として注目されています。

フィンテックによって私たちの生活がより便利にお得になって行くことが期待されています。

そこで、フィンテックとはそもそも何なのかということや導入のメリットや注意点、そしてその将来性についてご紹介してみたいと思います。

そもそもフィンテックとは

そもそもフィンテックとは

フィンテックはFinTechと表現され、金融を表すFinanceと技術というTechnologyが組み合わされている言葉です。

多様な革新的サービス

フィンテックは金融サービスと情報技術を結びつけた多様な革新的なサービスなどのことを言います。

例えば、スマホを利用して行う国際送金もその一例です。

フィンテックという言葉はとても広い意味を持っています。

現金や銀行の手続きを経由せずに行われる電子的な決済もフィンテックであり、ブロックチェーン技術が応用されているデジタル通貨の仮想通貨は簡単に送金ができ、特定の組織に依存しないなどの特徴を持つフィンテックの分野です。

フィンテックには様々な分野がある

他にもユーザーが提案する企画に資金を提供してくれる人をネット上で募集して資金を集めるというクラウドファンディングもフィンテックの一分野です。

このように、フィンテックには様々な分野があり、金融と情報技術を組み合わせたサービスやそうしたサービスを提供する企業などを意味しています。

フィンテックを導入するメリット

フィンテックを導入するメリット

フィンテックを導入するとどんなメリットがあるのでしょうか?

フィンテックを導入するメリットは5点ほど挙げられます。

導入が容易

まず、1点目が導入が容易という点です。

フィンテックはインターネット環境があればどこからでも手続きをすることが可能です。

フィンテックはITテクノロジーと金融フィールドが組み合わさったものであるため、IT環境の中で金融に関する取引を行うことができます。

金融だけなら、わざわざ銀行などに行って並ぶ必要がありますが、フィンテックは自宅にいてもインターネットにつながっていれば金融に関するサービスを利用することができますので、導入がとても容易に行えます。

また、この分野は今後もサービスの拡大が予想されており、サービスが更に充実していくことが期待できます。

コスト削減

フィンテック導入の2点目のメリットはコスト削減です。

フィンテックを導入することで会社や金融機関のコスト削減が大きく進展していきます。

フィンテックではクラウドを利用して取引などを行っていきます。

クラウド環境を利用することができるため、企業や個人が個別にサーバーやサーバー管理に費用をかける必要がありません。

サーバー代やサーバーレンタル代、その管理費用、さらにはそうした設備を設置するためのスペースにかかる費用なども必要なくなり、大きく費用を削減することが可能で、コスト削減のメリットがあります。

そうした設備に関するコストだけでなく人件費の削減効果もあります

これまでの金融システムでは金融サービスの提供に当たり、人が対応することが多かったですが、フィンテックでは必ずしも人が対応する必要がありません。

例えば、銀行などの融資サービスではその相談に人が対応をしていました。

しかし、昨今では人工知能の普及も進んでおり、その人の家計に関する情報から返済プランをシミュレートしたり、適切な情報を提供することができるようになっています。

つまり、その人にあったプランなどの的確な情報をAIが提示できるようになっているのです。

そのため、人件費にかかるコストを効果的に削減することが可能になり、この点もフィンテックのメリットになります。

時短効果が得られ易い

さらに、フィンテック導入の3点目のメリットは時短効果が得られ易いという点です。

これまでは金融サービスを利用するために、銀行窓口に並んだり、銀行に出向いて設置されているATMなどを利用していました。

フィンテックはこのような状況に変化をもたらし、時間をむだにせず自宅からインターネットを通じて手続きをすることを可能にしました。

そのことによって時短効果が得られやすくなっています。

このような時間短縮効果によってスピーディに物事を進めることができるのもフィンテック導入の大きなメリットです。

金融サービスの利用をしやすくなる

フィンテック導入の4点目のメリットは、利用者側にとっても価格的なメリットが得られたり、金融サービスの利用をしやすくなるという点が挙げられます。

例えば、保険をオンラインで契約することで保険料が安くなったり、それまでは投資といっても興味がなかった人もオンラインで手軽に申し込みができるようになったことで投資にチャレンジする人が増えたりというように、よりお得により手軽に利用できるというメリットがあります。

そのことによって、利用者の満足度が高くなります。

利用者の満足度が高くなる

利用者の満足度が高くなるという点はフィンテック導入の5点目のメリットとして挙げられます。

ユーザーがスピーディで安く、手軽にサービスを利用できるようになることで、ユーザーの満足度が向上し、満足したユーザーがリピーターユーザーになったり、他のサービスも利用するようになるといった好循環にもつながります

印鑑の代わりにスマホがあれば手続きを進めることが可能です。

ATMを利用するために外出せずともキャッシュレスで決済することが可能になっており、その方が消費者にとっても安く、賢い選択となっています。

このように、フィンテック導入は様々なメリットを私たちにもたらします。

フィンテックを導入する際の注意点

フィンテックを導入する際の注意点

フィンテック導入を通して私たちは様々な恩恵を得られますが、同時に導入には注意点もあります。

オンラインで利用することのリスクに備える

フィンテックを導入する際の注意点としてまず挙げられるのが、オンラインで利用することのリスクに備えるという点です。

フィンテックは導入したらオンラインで利用することが前提となります。

利用する際にはインターネットで繋がっている状態になっていますので、利用が安心して安全にできるようにネットセキュリティについては注意しておく必要があります

例えば、セキュリティに十分注意せずに利用したため、不正アクセスを受けてしまうというリスクがあります。

また、パスワードの管理などをきちんと行っておかなければアカウントの成りすまし被害に遭うこともあります。

したがって、フィンテック導入に際しては、安全安心して利用できるようにネットセキュリティについての注意が必要です。

導入時の設備投資費用

また、フィンテック導入に当たって2点目に注意する点として挙げられるのが、導入時の設備投資費用です。

フィンテックを利用し始める時にはネット環境が必要です。

また、ネット環境にアクセスするための端末も必要になります。

フィンテックはリーズナブルな価格で金融商品やサービスを利用できるという利点がありますが、導入するためにはこうした設備やアイテムがどうしても必要になります。

導入に際してインターネットプロバイダーに申し込みをしたり、スマホなどの携帯端末を用意することになり、一定の初期費用が発生します。

そのため、どのようなプロバイダーを利用したり端末を用いるのかなどに合せて予算を用意しておくことが必要です。

そのため、一定の初期費用の発生があるということもフィンテック導入の際の注意点です。

サービスの安定性

フィンテック導入時の3点目の注意点として挙げられるのは、サービスの安定性です。

フィンテックのサービスを導入する際、必ずそのサービスを提供している企業が今後も安定的にサービスを提供し、安全な環境で利用できるかどうかという点を判断する必要があります

例えば、企業が突然様々な理由でサービスを停止してしまうとそれまで利用してきたサービスが利用できなくなってしまい困ってしまいます。

また、利用者側がネットセキュリティに十分留意してサービスを利用していても、サービスを提供する側のセキュリティ問題に寄って大切な個人情報の漏洩が起こるリスクも考えられます。

フィンテックサービスを利用する場合、そうした部分のリスクにその企業がどの程度対応しているのかをきちんと確認し、企業側のサービスの安定性や信用性についてもきちんとチェックしておくことが大切です。

フィンテック導入時のコスト

フィンテック導入の注意点として4番目に挙げられるのが、企業でのフィンテック導入時のコストです。

このコストは費用面のコストだけでなく時間的なコストも含みます。

これまでフィンテックとあまり関わりがなかった企業が組織としてフィンテックの導入を進める場合、従来の業務形態に変化が生じることになるため、人材育成に費やすコストや時間などについても事前に検討しておくことが推奨されます。

ほとんどの企業はパソコンを導入しておりインターネット回線なども開通していると言えます。

しかし、フィンテックの導入に際し、社内体制の整備やスタッフの研修等にかかるコストが必要になることも懸念点です。

この点は企業規模が大きいほど顕著と言えます。

こうした導入に向けた準備を事前によく行っておき、社内調整を図っておくということもフィンテック導入の注意点です。

フィンテックの将来性

フィンテックの将来性

普及により生活がよりシンプルになる

フィンテックは様々な分野における金融とITテクノロジーの融合ビジネスです。

フィンテックはその技術が広まれば広まるほど私たちの生活をシンプルにしていきます。

企業や金融機関、そして個人ユーザーは不必要なコストを削減することが可能になり、これまでよりもよりお得で便利に金融商品やサービスを利用できるようになります

メリットだけでなく課題もある

一方、フィンテックにはまだ課題も残されています。

フィンテックの将来性を考える上で、そのメリットだけでなく課題についてもよく検討し、更によりよい金融商品やサービスにつなげていくことが必要です。

今後の成長が期待できる

今後、様々な新しい分野でサービスの質が向上したり、サービスが誕生していくことが見込まれます。

新たな試みなどがさらに注目されていくことでフィンテックは将来性のあるビジネス領域です。

今後さらに技術が洗練され、今ある様々な課題を解決して新しい商品やサービスをもたらす成長産業としての期待が高まります

まとめ

フィンテックは以前なら考えられなかったような新しい金融商品やサービスを実現しています。

現代社会で求められているものはスピードやよりリーズナブルな価格や利便性の高さです。

フィンテックはそうした点に新しい視点をもたらしてくれる、将来性の高い技術と言えるでしょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事