ICO割れ

みなさん草コイン買ってますか??

いま仮想通貨界では、ビットコインバブルが終了しこれからはアルトコイン・草コインバブルが到来するといわれています!!

ビットコインバブルに乗り切れなかった方、今度こそはこのアルトコイン・草コインバブルに乗っかって億り人を目指しましょう^^

とはいえ草コインっていっぱいありすぎてどれを選んだらいいかさっぱりですよね。下手すると詐欺コインに巻き込まれて、持ち逃げされるなんてことはざらにありますw

そう、草コインこそ情報戦なんです。情報命です。

当ブログではいままでもおすすめの草コインを多数紹介してきましたが、今回また選りすぐりの草コインをみつけて参りました!

それが今回ご紹介する「Tomochain」です。それではさっそく解説していきます!

ICO割れ

仮想通貨tomoとは?特徴と概要について

TOMO(TomoChain)は20183月にICOを行い誕生した、イーサリアムをベースに開発された仮想通貨です。

なのでまだ出来たてホヤホヤ・アツアツの仮想通貨なわけです。

TomoChainはイーサリアムがベースとなっているため、ビットコイン同様スケーラビリティ問題(送金の遅さ)に悩まされることが危惧されそうですが、TomoChainは一味違います。

これについては詳しく後述したいと思います。

TOMOの特徴:チームとマーケティングが強い

TomoChainの最大の特徴・魅了といえば、開発チームが非常に優れていることです。

CEOはかの有名な「NEM」にて、プロジェクトリーダーの経験あるお方。その他、仮想通貨において経験豊富なメンバーを多く揃えています。

また、アドバイザーにはBeeToken関係者、BluzelleSelfkeyのアドバイザー、Raidenの投資家等がついています。

仮想通貨が伸びる要素として、関係者が優れているという点がかなり重要ですが、TomoChainは十二分にメンバーが優れているため期待度が高いです。

2つのブロックチェーンを利用

その昔、コインチェックではイーサリアムの送金が遅く、コインチェックが要因だろ!と不満をいっている人がいましたが、問題はコインチェック(取引所)ではありませんでした。

要因はイーサリアム自体にあり、イーサリアムのユーザー数やノード数の増加が送金の遅さの要因となっていました。

イーサリアムもユーザー数の増加に伴い、スケーラビリティの問題が発生してきているのですが、これを解決するのがTomoChainなのです!

Tomoでは、Tomoのブロックチェーンとイーサリアムのブロックチェーンの両方を使い、 スピードの向上を実現しています。

つまりTOMOCHAINを使うことにより、ゼロコストで高速な取引の実行ができるため、イーサリアムに使われているスマートコントラクト機能をよりスムーズに利用できると期待が集まっています。

分散アプリケーション、トークン発行、トークン統合をサポート

またTOMOの特徴として、企業向けの分散アプリケーション、トークン発行、トークン統合をサポートしている点が挙げられます。

トークン発行機能をもった仮想通貨は他にもありますので、他とどう差別化していくかというのは重要ですね。この点も、TomoChainのマーケティング力をもってすれば、今後なにか仕掛けてくるのではないかと期待が持てそうです。

TOMOアプリケーションが目指す姿

TOMOのアプリケーションでは、仮想通貨を組み込んだ新しい分散型SNSを構築することを目指しています。

TOMOアプリケーション内では、ユーザーの投稿に応じて報酬が支払われるシステムになっています。

これはどういうことかというと、例えばYahoo知恵袋を連想してもらうとわかりやすいです。ベストアンサーの人は質問に応じてコインをもらっていますよね、あれをTOMOアプリの中では投稿に応じてTOMOコインで受け取ることができるというわけです。

このようなユーザー間のやり取りもブロックチェーン上に全て記録公開されているので、不正のしようがないのもポイントですね。

仮想通貨Tomoの買い方とは?購入方法について

TOMO(TomoChain)は残念ながら現在日本円で直接買うことはできません。 ビットフライヤーやZaifといった取引所で直接買うことができないということですね。

ではどうするのかというと、国内の取引所でイーサリアムを購入し、以下の海外取引所で交換することによりTomoの入手が可能です。

Hotbit

Gate.io

IDEX

なお、TOMO(TomoChain)を買うまでの手順は以下の通りになります

  1. 国内の取引所でイーサリアムを買う
  2. IDEXにイーサリアムを送金
  3. イーサリアムでTOMO(TomoChain)を購入

下記で詳しい解説方法など見ていきましょう!

IDEXの口座開設方法について

IDEX公式ページはこちら

こちらからIDEXに移動したら、先ずはMetamaskを開きます

次に画面右上の「Unrock Wallet」をクリックします。

 

 

Matamaskにチェックを入れたら、UNROCK METAMASKをクリックしましょう。

 

これで自身のMetamask Walletとの連携が完了しました!

 

次はIDEX取引所に資金を移動します。

ICO割れ

 

FULL BARANCESをクリックします。

 

 

ETHの項目に移動しDEPOSITをクリックして、Metamaskから送金します。

これで、完了となります。

 

DEX取引所は口座開設に身分証が必要なく、ハッキングによるGOXリスクもないため、

一つは開設しておいた方がいいですね。

直接自分のWalletでやり取りできるため、手間も省けます。

また最近では、7/24にBinanceに上場したHOT(holo)などの、超有望銘柄が最初の上場先としてIDEXを選ぶ傾向にあるため、

大きなリターンを求めたい方は必須の開設先となりますね^^

TOMOの今後は?将来性について

TOMOはお金のやり取りが簡単に出来るSNSプラットフォームの構築を目指しています。

前回の記事で書いたLINEBITBOXも、海外の取引所というかたちでスタートしていますが、後々はLINE独自のトークンを発行していくことを目指しています。

それだけSNSプラットフォーム内の仮想通貨というのはホットな分野であり、いま多くの有名企業が狙おうとしているわけですね。

そこに参入をしようとしているTOMOはとてもポテンシャルに溢れるトークンといえるでしょう。

しかしSNSは性質上、ある一定以上のユーザーがいなければ普及が進みません。つまりTOMOの今後の課題は、いかにユーザーを呼び込むか、という点に尽きるでしょう。

どういうSNSが今後流行るのか、、これは難しい予想ですが、最近ではYoutuberを代表として、SNS上でお金を稼ぐという流れができつつありますよね。最近だと台湾発の「17(イチナナ)Live」という配信アプリがじわじわと流行ってきていたりします。

この17Liveがなぜ流行っているかというと「お金が稼げる」からなんですね。ユーザーは好きな配信者に投銭を気軽にできるようになっています。

つまり、ユーザー間で送金をし合う文化というのは形成されつつあり、それに乗っかっていくTOMOも時代の潮流に乗っているといえるのではないでしょうか。

その中でも、クリエイターや有名人などのインフルエンサーをいかに抱え込めるか、というのが重要な分かれ目になってくるはずです。

TOMOの強みの「マーケティング力」がまさにこれから試されることになるわけですね。

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事