クロノコイン

クロノコイン(CHRONO/CRN)とは、今年3月にタイムコイン(TimeCoin)から改名した仮想通貨です。

そして同時に仮想通貨取引所コインベネ(CoinBene)でIEOを実施し、上場しました。

現在、上場しているのはコインベネだけなので、コインベネでしか取引はできない状況です。

この記事では、このクロノコインについて、特徴や最新情報、購入方法など詳しく解説していきます。

クロノコイン(CHRONO/CRN)のwiki的基本情報

仮想通貨名 タイムコイン
トークン名 TMC
公開月 2018年
開発国 日本
開発チーム Time Innovation Pte.Ltd.
公式HP timeinnovation.io
ホワイトペーパー lightpaper
Twitter @TimeInnovation8
Facebook -
Reddit -
TelegramID TimeInnovation Official
YouTube Time innovation Pte. Ltd.タイムイノベーション

クロノコイン(CHRONO/CRN)とは

時間をポイントに置き換えるサービス

クロノコイン(ChronoCoin/CRN)は、「時間をポイントに置き換える」サービスの実現を目指して開発された暗号資産(仮想通貨)です。

運営会社は、シンガポールにあるタイムイノベーション株式会社(TimeInnovation Pte.Ltd.)です。

例えば、飲食店やアミューズメントパーク、大型ショッピングモールの駐車場などを利用する際の待ち時間や特定のエリアでの滞在時間など、その利用時間に応じて利用者にポイントを付与するという仕組みです。

そして利用者は溜まったポイントをサービスの割引などに利用することができます。

時間を売るようなことができる

このように、仮想通貨でありながら別のサービスと上手く連携させているのがこのクロノコインのユニークさです。

例えば、いろいろなところでこの仕組みが使えるのがメリットで、10分ぐらい待ってポイントを得るとか、10分何かをしてポイントを得るというように時間を売るというようなことが出来るのがこのクロノコインの特徴です。

そして時間をポイントに変えるというとサービスを提供することで、購買機会を最大化して、売買できるのがメリットです。

IEOでは1日で1億枚が販売された

このような特徴がすでに注目されていましたが、

2019年3月にクロノコイン(ChronoCoin)が暗号資産(仮想通貨)取引所CoinBane(コインベネ )にIEOを実施すると、1日で1億枚のクロノコインが販売されたことで、その注目度が高いことが明らかになりました。

同じ名前の仮想通貨の存在により改名

クロノコインの名前は、最初はタイムコイン(TimeCoin)でした。

この名前のとおり「時間のお金」つまり時間を換金するというようなところからこの仕組みが生まれました。

しかし「TimeCoin(TMC)」という別の仮想通貨がすでに存在したため、混乱を避けるためにあえてクロノコインと改名されたそうです。

上場後、約61倍もの価格上昇を記録

また、クロノコインはコインベネ取引所に上場後IEO価格から約61倍も価格が上昇したことでも大きな話題を集めた仮想通貨でもあります。

クロノコイン(CHRONO/CRN)の特徴

クロノコイン(CHRONO/CRN)の特徴

出典:ChronoCoin

ユーザーはポイントを還元できる

クロノコインの利用者は、時間を売って得たポイントを利用することが可能です。

クロノコインで付与されたポイントは、いろいろな使い道があり、提携店舗の商品の割引や商品との交換に利用することができます。

還元率は1ポイント1円でとなり、支払いに使うことが可能です。

どのお店で利用できるかは、ユーザーが選ぶことができます。

例えば、Tポイントや楽天ポイント、マイルなどへの交換が可能で、たまったポイントでサービスの利用や買い物も可能です。

時間に応じたポイントが、別のサービスのポイントとして利用できるのが最大の特徴です。

多くのユーザーのポイント付与方法は、駐車場の空きを待っている時間やレストランの空きを待っている時間などです。

ただ待つだけでポイントを貯めることができるので、とてもお得だと感じる方が多いです。

急いでいない時や、時間に余裕があるときはどんどんポイントがたまるので、良いお小遣い稼ぎになりそうです。

利用者にとっては、退屈な時間がポイントを増やす時間に変わるため、大きなメリットがあるでしょう。

店舗にもメリットがある

店舗側にも新規ユーザーの利用を促進できるというメリットがあります。

最近は、店舗のオーナーが新規顧客を獲得するために、クロノコインの導入を検討し始めています。

クロノコインは注目度の高い仮想通貨として利用者が増えており、ポイントを獲得するためにお店を利用するユーザーも増え始めています。

クロノコインを導入した店舗側では、リピータも増えたと評判です。

また、顧客の滞在時間も長くなるため、売上向上も期待できます。

対象店舗には、アミューズメント施設やショッピングセンター、百貨店などがありますが、利用者のデータも残るので顧客管理などもしやすくなります。

購入履歴や商品の売れ行きなども推測して、マーケティングや販売戦略などにも一役買いそうです。

このように、クロノコインは店舗を運営する側にも利用する側にもメリットが有る仮想通貨なのです。

クロノコインには再分配制度がある

クロノコインは通貨の価値があがるように、クロノコインを多く保有しているユーザーほど分配率が高いというような仕組みを持っています。

再分配されるのは有効期限が過ぎてしまったクロノコインなので、いわば他の方が使わなかったクロノコインが、自分の懐に舞い込んでくるというお得な制度をとっています。

クロノポイントが市場に増えると、ポイントの消失も増えるので、クロノコイン保有者の再分配の割合も高くなっていきます。

シンガポールベースの会社が運営

クロノコインはシンガポールベースの会社が運営しているので、海外でも人気の仮想通貨であるということです。

日本だけではなく世界的にも注目されています。

クロノコイン(CHRONO/CRN)の最新情報

クロノコイン(CHRONO/CRN)の最新情報

出典:ChronoCoin

IEOを実施し、コインベネへ上場

2019年3月、タイムイノベーション株式会社は、クロノコイン(タイムコイン)が海外の大手仮想通貨取引所であるコインベネに上場したことを発表しました。

上場によって、一般投資家もクロノコインを保有することが可能となりました。

上場が発表された後、3月19日12時からIEOが開始され、初日で1億枚の販売を達成しています。

IEOとは
IEOはICOとは違い、取引所が事前に厳重なる調査を行い合格したプロジェクトコインだけが販売されます。
そのため、購入する投資家は、ホワイトペーパーを見なくとも参加が可能になります。

アプリ「ChronoPoint」を公開

また、2019年5月には滞在時間でポイントが貯まるという新しいポイントシステムである「ChronoPoint」というアプリを公開しています。

ChronoPoint

ChronoPoint
開発元:TimeInnovation
無料
posted withアプリーチ

クロノコイン(CHRONO/CRN) が購入できる取引所と買い方

クロノコイン(CHRONO/CRN) が購入できる取引所と買い方

現在、クロノコインを購入できるのは、海外取引所のコインベネのみとなっています。

コインベネは、他の取引所と比べ登録が簡単という特徴があるので、比較的簡単に購入まで進むことができるでしょう。

コインベネでの口座開設方法と、クロノコインの購入方法を順番に見ていきましょう。

  1. コインベネへの口座開設方法
  2. クロノコインの購入方法

コインベネへの口座開設方法

まず初めにコインベネで口座開設をします。

口座開設の方法はとても簡単なので、初心者の方でも迷うことなく登録できるでしょう。

口座開設から送金まで、全てスマホで完結できるのも魅力です。

  1. クロノコイン申し込みフォームから必要事項を記入し送信
  2. メールに記載されたリンクをクリックし必要事項を入力
  3. 名前・メールアドレスを入力後、同意項目にチェック
  4. Registerをクリック

これで口座開設が完了です。

クロノコインの購入方法

クロノコインを購入するには、イーサリアムが必要です。

コインベネでは日本円で直接イーサリアムを購入することができないため、まずは国内取引所でイーサリアムを購入してCoinBeneで開設した口座に送金する必要があります

クロノコインの購入方法については、TimeInnovationが公開している下記の動画「ChronoCoinクロノコインIEO購入方法について」で説明されていますので確認しておくと良いでしょう。

クロノコインの特徴としては、IEOで購入できる1クロノコイン当たりの価格は終盤になるほど高くなりますので、早い方が安く購入できるので早めの申し込みが有利です。

クロノコイン(CHRONO/CRN)に対するTwitter上の評判

クロノコイン(CHRONO/CRN)に対するTwitter上の評判

ここからは、クロノコインに対するTwitter上での評判を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

クロノコイン(CHRONO/CRN) の将来性

ポイント業界の市場規模は1兆4440億円ほどと言われており、今後も増えていくと予想されているので、クロノコインの将来性はかなり有望視されています。

ビジネスモデルとしてはさらに期待できます。

創業者メンバーにカルダノの共同創業者が参加していることなども好感を持たれています。

マイクロソフトのDevice App Developmentでのアワード受賞者が参加しているなど経営陣も層が厚いので、今後もかなり運営面では万全の体制が発揮されることでしょう。

これから様々な店舗でクロノコインが利用されるようになることで、さらなる価格の上昇が期待できる通貨として注目されています。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事