ODEM(オーデム)

教育現場に着目した仮想通貨ODEM(オーデム)は、教育格差の解消やオンラインでの教育を可能とし、将来的に大学を設立することを目的とした仮想通貨です。

日本国内では当たり前になっている教育現場ですが、海外ではきちんとした教育が受けられないという問題があります。

教育現場に着目した仮想通貨は、何全種類もある仮想通貨の中では非常に珍しいですが、仮想通貨ならではの問題を抱えているのも事実。

では一体ODEM(オーデム)はどんな特徴を持った仮想通貨なのか、欠点も踏まえながら見ていきましょう。

ODEM(オーデム)のwiki的基本情報

仮想通貨名 ODEM(オーデム)
トークン名 ODE
公開月 2017年2月17日
開発国 スイス
開発チーム ODEM SA
開発者 Richard Maaghul
発行上限 268,946,131 ODE
発行枚数 222,771,136 ODE
公式HP rel="”nofollow"odem.io
ホワイトペーパー ODEMのホワイトペーパー
Twitter @ODEM_IO
Facebook ODEMIO
Reddit ODEM community
TelegramID ODEMIO
YouTube ODEM.io Information

ODEM(オーデム)が開発された目的(誕生秘話や名前の由来など)

オーデムはOn Demand Education Marketplaceの略称から名づけられた仮想通貨です。

イーサリアムをベースに開発されており、スマートコントラクトの機能が搭載されています。

そして、オーデムは「オンデマンド教育市場」に特化しており、その確立を目的として開発された仮想通貨です。

オンデマンドとは需要に応じて提供されるサービスという意味を持ち、教育の世界でも需要に応じた適切なサービスの提供を目指しています。

その理念として、オーデムでは世界中の人が高品質かつ低価格で質の高い教育が受けられる環境を提供するというミッションがあります。

オーデムが提供するプラットフォームを通じて教育者と学生が直接的な交流を深めていくということですね。

このオーデムが提供するプラットフォームは、現在米国政府に対して特許を申請しています。

教育関連の仮想通貨は珍しく、オーデムの将来性は大きく広がっているため、様々な投資家から注目を集めています。

ODEM(オーデム)の特徴

ODEM(オーデム)

オーデムは教育市場に特化した仮想通貨ですが、既存の教育システムから生まれる非効率な側面の解決策として注目されています。

教育格差の解消

世界の大きな社会問題の一つとして教育の機会不平等から生まれる教育格差が挙げられます。

その問題は、地理的な要因や経済的な要因によって引き起こされているケースが多くなっています。

オーデムでは、このような地域格差や経済格差によって生まれる教育格差の解消を実現させる可能性があります。

学生と教育者を適切な形でつなぐプラットフォームの役割を果たす事が期待されているということですね。

そのため、オーデムのプラットフォームを利用する学生は低価格で質の高い教育をいつでもどこでも受ける事が可能になります。

オンラインを利用したライブ授業の提供

オーデムが提供しているサービスの中で特徴的なのが、このオンラインを利用したライブ授業の提供です。

ライブ授業ですので、学生と教育者との間でリアルタイムでのコミュニケーションを取る事ができる工夫がなされています。

オーデムが企画するこのライブ授業は、オンラインデジタルメディアと対面教育の融合を図っています。

これは従来のオンライン教育の弱点であった修了率の低さや個人的な注意の欠如という問題点に一石を投じています。

この混合教育によるコラボレーションにより、学習機会の創出や学習成果の検証が可能となります。

オーデムでは、従来の受動的な教育だけではなく、能動的に学ぶ姿勢もサポートされています。

スマートコントラクトを用いた決済

オーデムの最も重要な理念の一つとして、オンデマンドという考え方があります。

オンデマンドとは、必要なサービスを必要な形だけ受け取るという意味です。

オーデムはイーサリアムをベースに開発された仮想通貨ですから、スマートコントラクトの機能を搭載しています。

これを活用する事により、必要な教育サービスに対して適切かつ低コストでの支払いを可能です。

また、スマートコントラクトの機能により、契約内容の透明性を高めることもできます。

取引の安全性と透明性を確保したプラットフォーム上で学生と教育者が直接的にやり取りをする事で、教育と学習の機会に参加する事が可能です。

独自にカスタマイズされた教育の提供

オーデムは教育者のネットワークや企業との提携により、多種多様なカリキュラムの作成を可能としています。

個々の学生に合った独自のカリキュラムを提供する事で、その学生が必要としている学習機会を効率良く提供する事ができます。

学生の側から見ると、自分が学習したい事柄を選択して自由に学ぶ事ができるということですね。

世界中の優秀な教育者と学習意欲が旺盛な学生を直接結び付けることができるという事が、オーデムの最大の魅力です。

教育の質の向上

オーデムのプラットフォーム上で提供された教育内容は、ブロックチェーン上で保存されます。

そこには教育者の情報や教育内容の質、学習者からの評価等が記録されます。

教育者は常に自分の評価をフィードバックしていきながら、教育内容の質の向上に努める事ができるようになります。

また、これは学生が教育者を選ぶ際に役立つデータベースにもなります。

質の高い教育を提供する教育者は、学生からの人気が集まり収益を伸ばすことができるようになります。

教育の質の可視化を行う事で、教育者と学生のより良いネットワークの構築が可能です。

将来的には大学設立の構想も

オーデムは多様な教育機会の提供と共に、仮想世界での大学設立の構想も持っています。

それは優秀な学生と優秀な教育者をつなぐプラットフォームの中で、独自の単位や学位を認定して授与するという構想です。

学生の学習記録や学位等もブロックチェーン上で管理されるため、いつでも参照する事ができるようになります。

それ以外にもオーデムのブロックチェーン上で、学生のアイデンティティーの情報や成績証明書、学位を超えた資格等も記録し参照する事も可能です。

実例として、オーデムは東南アジアの「ロヒンギャ」と呼ばれる無国籍の難民に学習者としてのIDを発行しました。

世界中の人々に教育を通してアイデンティティを確立させる事もオーデムの使命です。

オーデムが構想する仮想世界の大学は、世界中の学生と教育者を結びつけるグローバルな教育市場の実現を目指しています。

国境や民族を超えたオンライン上のインターナショナルスクールという事ができるでしょう。

場所や時間にとらわれない教育の在り方を実現させることで、仮想大学構想の成立の可能性は高まってきます。

ODEM(オーデム)の欠点/問題点

ODEM(オーデム)

取り扱っている取引所が少ない

オーデムは魅力的なプロジェクトですが、まだ取り扱っている仮想通貨取引所は少なくないです。

国内の仮想通貨取引業者は取り扱っておらず、海外の仮想通貨取引所で取引する必要があります。

今後、オーデムの注目度がさらに上がれば、取り扱う仮想通貨取引業者も増えていくでしょう。

経済圏が広がっていくかどうか不透明

オーデムが目指している教育プラットフォームの構築は非常に魅力的ですが、既存の教育システムと競合する面も多く、一般的な普及に時間がかかる可能性が高くなります。

実用化には長い道のりがあるでしょう。

このような状況の中で、実際にオーデムの経済圏が順調に広がっていくかどうか、不透明な面がある事も否定できません。

実はODEM(オーデム)こんな企業と提携しています!

ODEM(オーデム)

Excelorators Inc

オーデムは、教育サービスのプロバイダーとして業界のリーダーでもあるExcelorators Incと提携しています。

Excelorators Incは、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学等の名門大学で様々な組織と協力しながら教育者やメンター、ビジネスリーダー等によるネットワークの構築を行っています。

Internet Bar Organizationや10EQSなど多数の企業と提携

また、こうした教育関連組織以外にもオンライン上の弁護士組織であるInternet Bar Organizationやオンデマンドの専門コンサルタントチームの10EQS、音楽を通して平和や社会正義の実現を目指すPeace Tonesともパートナー関係にあります。

オーデムが提供する教育プラットフォームは芸術や文化を伝えるプラットフォームとしても応用する事ができるでしょう。

また、こうした文化活動を通して社会的公正の実現にも挑んでいます。

オーデムが提供する画期的な教育システムは、既に200人を超える現職の教育者が注目しています。

ODEM(オーデム)の評判

ODEM

オーデムは、まだマイナーコインの一種ですので、オーデムの評判に関する情報は少ないです。

しかし度々、安定成長している仮想通貨として紹介されることもあります。

ODEM(オーデム)が購入できるおすすめの取引所3選

ODEM(オーデム)

オーデムは国内の仮想通貨取引業者では取り扱っておらず、海外の仮想通貨取引所で購入する必要があります。

BitForex(ビットフォレックス)

BitForexはシンガポールに本部を置き、セーシェル共和国で事業登録されている仮想通貨取引業者です。

BitForexはBFトークンと呼ばれるトークンを発行して、取引所の利益を顧客に還元しています。

BFトークンでは配当は行われず、取引所の利益による買戻しによって償却されその価値を上げていく仕組みを採っています。

取り扱い仮想通貨の種類も多く、珍しいコインも取引する事ができる仮想通貨取引所です。

BitMart(ビットマート)

BitMartは2018年3月に開設されたケイマン諸島に本拠地があるグローバルな仮想通貨取引所です。

独自のBMXトークンを発行しており、上場投票等のイベントで利用する事ができるようになります。

自分が投票した仮想通貨が上場した場合、その仮想通貨から得られる取引手数料がBMXトークンを通して配分されます。

取引手数料も安くスマーフォンアプリ等も充実しており、利用しやすい仮想通貨取引所となっています。

Bitfinex

Bitfinexは、2013年に香港でスタートした仮想通貨取引所です。

Bitfinexは過去にハッキングの被害に合っており、セキュリティシステムの強化に力を入れています。

また、レンディングサービスを行っており、預け入れた仮想通貨に応じて金利を得ることができます。

ODEM(オーデム)の今後の将来性

ODEM(オーデム)

オーデムはオンデマンド教育市場に特化した仮想通貨です。

オーデムを利用する事で、世界中の人がオンデマンドで教育サービスを享受する事ができるようになることが期待されています。

このプロジェクトによって地域格差や経済格差から生まれる教育格差を無くし、誰もが質の高い教育を低コストで受ける事ができる機会が与えられます。

既に現職の教育者から注目されたり、仮想大学の構想を持っていたりするため、今後の実用化と経済圏の広がりが期待できる仮想通貨といえるのではないでしょうか。

しかし、知名度がまだまだ小さいことから、今後の活動に注目です。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事