数年前までは、それほど高い知名度もなかった仮想通貨ですが、現在は仮想通貨の取引経験がないという人にも知られている存在となりました。

この数年の間に高い知名度を獲得した仮想通貨が今後どのようになるのか、気になる人も多いでしょう。

そこでこの記事では、仮想通貨とは何かという基本から、仮想通貨の必要性や今後についてもまとめていきます。

仮想通貨とは簡単に

仮想通貨は、世界共通の通貨であり、インターネット上に存在している通貨です。

一般的な通貨は、各国の価値保証を受けている法定通貨であり、紙幣や硬貨など形が存在します。

しかし仮想通貨は、各国の保証を受けていないだけではなく、紙幣や通貨など形としての存在もありません

仮想通貨が誕生した当初は、種類もそれほど多くありませんでしたが、今では数多くの仮想通貨が存在しており、その数は増え続けている状況です。

仮想通貨は、一気に価値が高まる可能性を秘めており、仮想通貨への投資によって多額の利益を獲得している人も数多く存在しています。

仮想通貨と法定通貨の違い

仮想通貨と法定通貨には、2つの大きな違いがあります。

仮想通貨に詳しくないという人でも、この2つの違いに注目することで、簡単に仮想通貨と法定通貨の違いを把握できるでしょう。

仮想通貨は国からの価値保証を受けていない

円やドルなどの法定通貨は、日本やアメリカなどその通貨を発行している国から価値保証を受けています。

そのため、著しく価値が下がる可能性が低く、高い信頼性が保たれているのが特徴です。

しかし仮想通貨は、国からの価値保証を受けていないので、著しく価値が下がってしまう可能性も大いにあります。

また場合によっては、いきなり仮想通貨が消失することもあります。

法定通貨は厳重なセキュリティ対策によって国から守られているため、いきなり消失するという事態は余程の状況が発生しない限りありえません。

このように、仮想通貨と法定通貨には、国から価値保証を受けていないという大きな違いがあるのです。

仮想通貨には紙幣や硬貨などの形が存在しない

法定通貨は、紙幣もしくは硬貨として形があります。

そして、様々な支払いに使用することができ、取引が行われているのが法定通貨です。

仮想通貨は、紙幣や硬貨なのど形としては存在していません

これが仮想通貨と法定通貨のもう一つの大きな違いです。

仮想通貨はあくまでインターネット上に存在しているため、紙幣もしくは硬貨にする必要がないです。

紙幣や硬貨といった形がないため新しい仮想通貨を続々と生み出しやすいという特徴もあります。

仮想通貨が普及することのメリット

数年前と比較しても、仮想通貨は飛躍的に普及しており、多くの人が仮想通貨取引や投資を行っています。

今後はこれまで以上に仮想通貨の種類が増え、さらに普及する可能性があるでしょう。

ここからは、仮想通貨の普及に伴う「重要な役割をもつ3つのメリット」について、詳しく見ていきましょう。

仮想通貨は国の情勢や経済状況に左右されない

海外には、情勢が不安定で危機的な状況に陥っている国もあります。

法定通貨は、国の経済状況に左右されることが多く直接影響を受けてしまうため、通貨の価値が一気に下がってしまうことも珍しくありません。

しかし仮想通貨の場合は、国からの価値保証を受けていないため国の情勢や事情に影響されることはほとんどありません。

特定の国に大きな問題が発生した場合でも、仮想通貨の価値にはそれほど変動がないため、安心して取引や投資を行えるのです。

各国の情勢の影響を受けないというのは仮想通貨の大きなメリットであり、世界中の人が仮想通貨取引を行い目的を果たしています。

時間を気にせず気軽に取引ができる

ほとんどの仮想通貨は24時間365日取引を行うことが可能です。

時間を気にすることなく気軽にチャレンジできるという点も大きなメリットの一つと言えます。

仮想通貨がこれまで以上に普及すれば、世界中の人が日付や時間帯を気にしないで取引を行える仮想通貨取引はさらに活性化されるでしょう。

普及により仮想通貨の価値が高まるだけでなく、仮想通貨を利用できるサービスもさらに増え、利便性も高まるはずです。

また、これまで以上に多くの仮想通貨が誕生する可能性もあるため、上手く取引を行えば多額の利益を得られる可能性も秘めています。

この点も仮想通貨の魅力ですね。

スピーディーな決済を実現可能

現在も少しずつ仮想通貨に対応した決済が増えており、素早く支払いを行えるようになっています。

現金で支払いをする場合は、紙幣や小銭などを準備しなくてはいけません。

スムーズに支払いを済ませることができずに、ストレスを感じることもあるでしょう。

しかし仮想通貨が普及することで、多くのお店が仮想通貨決済に対応する可能性が高まります。

仮想通貨決済の場合、お金そのものを準備する必要は全然ないので、これまで以上にスピーディーな決済を実現できるのです。

仮想通貨に対する懸念点

上手く取引を行うことで一気に多額の利益を得られる可能性を秘め、国の影響を受けにくいなど様々なメリットがある仮想通貨ですが、懸念すべき点も存在しています。

これから仮想通貨の取引や管理を検討している人は、懸念点を理解した上で取引を実施しましょう。

セキュリティに大きな問題が発生

法定通貨の場合、国が管理しているので厳しいセキュリティが実施されています。

しかし仮想通貨には、法定通貨のような明確なセキュリティ体制はありません。

そのため、自分自身で仮想通貨を保管する方法を選択し、自分で管理していく必要があるのです。

取引所に預ける場合には、各取引所のセキュリティ体制に依存することになりますが、取引所は常にハッカーに狙われており、過去には預けていた仮想通貨が不正アクセスにより盗難されるなどのトラブルも発生しています。

もしもこのようなトラブルに巻き込まれた場合、大切な仮想通貨を失うこととなり大きな損失が発生します。

このように、法定通貨に比べてセキュリティ面が不安であるという点は、仮想通貨の懸念点と言えます。

現在は、仮想通貨市場でも徐々に強固なセキュリティ対策が実施されていますが、まだまだ全体的に浸透しているとは言えない状況です。

急激な価値変動が発生する可能性

大きな価格変動が起こりやすいという点は、大きな利益を生み出すこともできるため、仮想通貨のメリットでもあります。

しかしながら、必ずしも価値が高騰する訳ではなく、残念ながら大きく下落してしまった場合には大きな損失となってしまいます。

このハイリスクハイリターンという点も、仮想通貨の大きな懸念点の一つです。

ただし、しっかりと経験を積み上手く取引を行えば、この懸念点はプラスにもなるため、メリットと感じている人も多くいます。

法整備が不十分

株式や証券取引と違い、仮想通貨は法整備がまだまだ不十分です。

仮想通貨が誕生してから間もないため、各国の法整備がまだまだ進んでいない実態で、この部分が懸念点となっています。

インサイダー取引に関しても、仮想通貨に関してはまだ禁止されていない状況です。

ここまで大きな規模になっているので、今後は少しずつ法整備が進められる可能性が高いです。

法整備が進まない状況下では仮想通貨に関するトラブルやアクシデントが多発する可能性が高いため、アメリカや中国だけではなく、日本でも少しずつ法整備が行われています

仮想通貨に投資する際の注意点

仮想通貨に投資をする時は、必ず利益がでる訳ではないという点を念頭において、ある程度余裕のある資金で実施することが大切です。

もし大きな損失が発生して投資した資金のほとんどが無くなった場合でも、仕事や生活に悪い影響を与えないように注意しなくてはいけません。

仮想通貨投資を行う場合は、注意点を理解しておくことで、安心して投資や取引を行えるようになります。

利益ではなく大きな損失を発生させている人もいる仮想通貨

仮想通貨に限らず、投資に「絶対」はありません

利益を出せる時もあれば、損失を生み出す時もあります。

どんなに経験を積んでいても損失を1度も出さないということは不可能であり、仮想通貨投資をする以上は損失もつきものなのです。

その点を理解せずに投資をしてしまうと、一度に多額の損失を発生させてしまう恐れもあるため覚えておきましょう。

利益を出した時は税金に要注意

仮想通貨に投資によって得た利益には税金が発生します。

現状では、多額の利益が出れば出るほど、多くの税金を支払わなければなりません

実際に税金を支払うことができなくて自己破産をしている人もたくさんいます。

仮想通貨に投資をする際は、税金のこともきちんと視野に入れながら慎重に実施することが求められてきます。

流出や消失のリスクを理解すること

仮想通貨投資には、流出や消失のリスクが常に発生しています。

過去にも様々なトラブルや事件が起きており、その中には膨大な仮想通貨が消失している事件もあります。

近年はセキュリティを強化している取引所も増えていますが、まだまだ不安が大きいのが実情です。

仮想通貨投資には流出や消失のリスクがあることを念頭において、取引を実施しましょう

結局仮想通貨は将来的に必要?

仮想通貨は、今後も普及する可能性が極めて高く、将来的にも必要であると言えます。

世界中の人が気軽に取引を行えるだけではなく、世界共通の通貨として様々なサービスの決済方法としても期待されています。

また国によっては法定通貨が不安定で、仮想通貨の方が信頼性が高い国も存在しています。

仮想通貨は、決済手段としてだけではなく、その技術面は様々な分野での活用を目指して研究が続けられています。

今後はさらに利便性が高くなり日々の生活に浸透するだけでなく、様々な分野においても活用が広まっていくことでしょう。

まとめ

紙幣や硬貨などの実体がなく、国からの価値保証を受けていない仮想通貨。

そんな仮想通貨は、取引によって多額の利益を生み出せる可能性があり、様々なサービスの決済手段としても普及する可能性があります。

現時点では法整備が整っておらず、多額の利益が発生した場合には多額の税金を支払う必要がありますし、投資したからといって必ず利益が出るとも限りません。

また、セキュリティ面においてもまだまだ不安要素が多くあります。

それでも世界共通で利用することのできる仮想通貨は、高い利便性が保たれており、技術面でも様々な活用法が模索されているため、今後さらに普及していく可能性が高いでしょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事