デフレーションとは?仮想通貨における意味について

仮想通貨におけるデフレーションの意味

      デフレーションとは一般的に財やサービスの物価が下落し通貨の価値が上昇していく経済の現象のことをいいます。

      このデフレーションにおける仮想通貨の上昇がデフレ通貨の価格の上昇にかかわってきます。

      なぜ通貨の価格が上昇するのかを考えてみると、そこには需要と供給の関係性が作用します。

      一定の数の物を欲しいという人が増えれば増えるほどその物の価値というのはどんどん上昇します。

      つまり、需要が供給を上回ることでデフレ通貨の価値が上昇する仕組みです。

      デフレ通貨には通貨発行枚数の上限というものが設定されているため、その仮想通貨を欲しいという人が増えれば増えるほど、その仮想通貨の価値は上昇していくのです。

      これとは逆に通貨発行枚数に上限が設定されていない仮想通貨のことをインフレ通貨といいます。

      これは発行に対する上限が定められていないがゆえに、発行が多くなればなるほど仮想通貨の価値が減少する危険性を秘めています。

      上記におけるデフレ通貨の代表的仮想通貨を例にあげるとビットコインがそれにあたります。

      その他にはライトコインリップルなども同様にデフレ通貨に含まれます。

      近年では落ち着きを見せ始めた仮想通貨業界ですが、その性能を考えると、デフレ通貨が今後はその価値を高める可能性を秘めています。

      今では多くの人が認知するようになった仮想通貨ですが、需要に対する供給が増えることでその価値は暴落する可能性があるのですが、ビットコインのようなデフレ通貨に関しては、通貨発行枚数が定められているため、需要が増えれば増えるほどその供給に対する比率は高まり、安定した価格の上昇が期待できるという仕組みになっています。

      上記のことを踏まえ、ビットコインに関して言えば需要と供給を拡大しつつ今後もその規模は拡大していくのではないかと予想されています。

      ベルコインなどお得な情報を発信中!

      仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

      銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

      上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      仮想通貨情報をお届けします

      Twitterでフォローすると良い事あるかも!

      おすすめの関連記事