仮想通貨におけるエスクローの意味とは

      エスクローとは、取引における、決済の安全性を確保するために利用できる仲介サービスのことを指しています。

      エスクローは、もともと仮想通貨の用語ではなく、アメリカの不動産取引における決済保全のシステムとして生まれたものです。

      仮想通貨においても、決済の安全性を確保するために導入されました。

      エスクローにおいては、売り手と買い手との間に、エスクローサービス業者が入り、まずは買い手から購入代金を預かります。

      そして売り手が買い手に商品を発送して、買い手が商品を受け取ったことを確認したのちに、、エスクローサービス業者が売り手に代金を送金するという手順で取引が行われます。

      買い手にとっても、商品が受け取れないというリスクを担保することができ、売り手にとっても、購入代金の未回収リスクを担保することができます。

      仮想通貨取引においては、マルチシグ技術を利用したエスクローの仕組みを導入されており、取引の安全性が確保されています。

      マルチシグ技術とは、マルチシグネチャー技術の略称です。

      マルチシグ技術では、仮想通貨にアクセスするための秘密鍵が、複数必要になります。

      複数鍵を必要とすることで、セキュリティーの向上に役立つとされる技術です。

      仮想通貨では、マルチシグ技術を利用し、複数鍵を買い手、売り手、エスクロー業者が保持することで、エスクローを用いた取引を行うことができます。

      マルチシグ技術を用いることで、効率的にエスクローを用いた取引を行うことができるのです。

      顔が見えないインターネット上の取引の安全性を確保できるのが、エスクローを用いた取引です。

      仮想通貨の取引においても、安全性をが確保できるエスクロー取引は、注目を集めています

      ベルコインなどお得な情報を発信中!

      仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

      銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

      上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      仮想通貨情報をお届けします

      Twitterでフォローすると良い事あるかも!

      おすすめの関連記事