BGCトークン

仮想通貨の中には様々な出自を持ったものがありますが、その一つに仮想通貨取引所が発行する独自トークン(独自の仮想通貨)が存在します。

取引所が発行する独自トークンにも数多くの種類がありますが、今回紹介するのはBitGain取引所が発行する独自トークン『BGCトークン』です。

BGCトークンは、まだ知名度が低く、知っている人は多くありません。

この記事では、BGCトークンの概要や特徴、評判や口コミを紹介しつつ、将来性や懸念点も解説し、保有した方が良いかどうかについても言及していきます。

これを読むことで、取引所系トークンの一つであるBGCトークンについて、より知識を深めることができるでしょう。

BGCトークンのwiki的基本情報

BitGain

出典:BitGain

仮想通貨名 BGC
トークン名 BGCトークン
公開月 2018年
開発国 -
開発会社 BGNグローバルトレーディング株式会社
発行上限 -
発行枚数 -
公式HP https://bitgain-leverage.com/
ホワイトペーパー -
Twitter -
Facebook -
Reddit -
TelegramID -
YouTube -

BitGain取引所が発行する独自トークン『BGCトークン』とは

BitGain取引所が発行する独自トークン『BGCトークン』とは

BitGain取引所が発行する独自トークン

BGCトークンはBitGain取引所が発行する独自トークンです。

まず、BitGain取引所についてお話すると、この取引所(運営会社:BGN GLOBAL TRADING LIMITED)はマーシャル諸島共和国に籍を置く取引所ではありますが、実質アジア系の運営の元行われている取引所です。

仮想通貨FXが特徴の取引所

この取引所の特徴は仮想通貨のFXです。

FXとは
FXとは仮想通貨などの通貨同士の価格変動を利用して利益を上げる取引にレバレッジと呼ばれる要素を入れて、本来持っている金額の何十倍もの通貨を取引できるものです。

 

BitGainは、仮想通貨FXにおいて世界はじめて500倍と言う高倍率のレバレッジを導入した仮想通貨取引所でもあります。

ちなみに日本国内でも仮想通貨のFXは行われていますが、法規制などによって4倍となっていて、そういった状況を鑑みるといかに高倍率であるかが理解できるはずです。

また、ドルなどの法定通貨では最大1,000倍(日本国内では最大25倍)と言うレバレッジもありますが、仮想通貨は法定通貨よりも価格変動が大きいため、差益(為替取引による利益)に関してはレバレッジをかけなくとも利益が大きいですから、500倍でのレバレッジ取引は大変な差益が期待できると言えます。

BitGain Projectの一環

そんな取引所が作った独自トークンがBGCトークンです。

BGCトークンの構造自体はイーサリアムプラットフォームで発行された暗号通貨トークンという仕組みとなっており、システム上は問題ないような構造と言えます。

仕組み自体に特徴的なものはありませんが、BGCトークンは、資金集めや運営するBitGain取引所の決済などに使用する目的で開発されたトークンとなっています。

ちなみにこのBGCトークンはBitGain Projectの一環として行われており、これから取引所が行っていく様々な活動の一部という可能性もあります。

BGCトークンの特徴

BGCトークンの特徴

BGCトークンには、下記のような4つの特徴があります。

  • 取引所への上場を果たしている
  • BitGain取引所は最大500倍のレバレッジ取引が可能
  • 取引所が発行しているため信用が高い
  • 期待値が高い

取引所への上場を果たしている

仮想通貨の中には、上場前に姿を消したり、詐欺案件として抹殺されるものも数多くあります。

このBGCトークンは、仮想通貨取引所のCoinBeneで2019年7月11日にIEO(Initial Exchange Offering、上場前の前売り)を成功させ、同市場で7月18日に上場を果たしました。

BitGain取引所トークン「BGC」がCoinBeneのMoonBaseで7月18日に上場が決定した。

CoinBeneのMoonBaseとは、CoinBeneが数多くのプロジェクトのなかから、優秀なプロジェクトを選抜し取り扱うプラットホームであり、今回BGCが選ばれた。

引用:コインテレグラフ

これはそれなりの信用があってこそできることですから、十分特徴と言えます。

BitGain取引所は最大500倍のレバレッジ取引が可能

運営元のBitGain取引所が500倍のハイレバレッジを行っていることも特徴です。

トークン自体とは直接関係ありませんが、差益の支払いとしてこのトークンが用いられる可能性も高いことから、こういったレバレッジの決済としてスタンダードになれば有力な仮想通貨へ成長できると言うポテンシャルを持っていることが特徴と言えます。

取引所が発行しているため信用が高い

また取引所のトークンと言うことも特徴です。

取引所で発行されているため、通常の仮想通貨(特に信用の低い草コインと呼ばれる小規模な仮想通貨)に比べて信用が高いという特徴があります。

実際に、大手の仮想通貨取引所Binanceが発行している独自トークンBinance Coin (BNB)は、世界第6位の評価額を誇っています。(2019年7月現在)

そこまでいかないにしても、仮想通貨の規模が大きくなればその分価値も上がる可能性を秘めているため、BGCトークンの特徴の一つと言えます。

期待値が高い

そして最後の特徴は、期待値です。

提携先のBitKing取引所が類似の案件で上場を果たしており、上場初値から約30倍~40倍をキープしているという実績があります。

そのため、弟分であるこのBGCトークンも同じような期待値を持っています。

このように、BGCトークンは、システム上の特徴は特筆すべきものがありませんが、期待値や運営元が取引所と言う背景的なものに関しては特徴的な要素を持った仮想通貨なのです。

BGCトークンに対する懸念点

BGCトークンに対する懸念点

特徴的なBGCトークンですが、残念ながら懸念点とも呼べるものが3つあります。

  • 取引所自体が信用できない
  • 日本では購入が難しい
  • 相場が下落している

取引所自体が信用できない

先ほどは、取引所が発行しているBGCトークンは信用できると言いましたが、

取引所自体が信用できないこととして、過去に社名を変えている点(BITPROから現在のBitGain)やロゴマークの盗用疑惑、過去の社名時代に日本人から大変不評を買っており、プロモーションなどに関わった人間に対して訴訟が起こるようなこともありました。

そういった経歴を持っている取引所なので、いくら取引所のトークンと言ってもそこまで信用できるものなのかと言う懸念があります。

日本で購入することが難しい

また、日本で購入することが難しいことも挙げられます。

上場しているCoinBeneは日本語には未対応で、日本からの利用にやや手間がかかり取引がしにくいです。

そのため、日本語しかできない日本人にとっては、急な下落などが発生した場合うまく対応できない懸念があります。

価格が下落している

最後が上場後に価格が下落しているということです。

7月下旬に急騰する動きがありましたが、すぐに下落し、7月末には底値とも言えるような価値になっています。

CoinBene

出典:CoinBene

関連のBitKing取引所の独自トークンとは対照的な値動きを見せており、その点も懸念点となっています。

このように、発行元の信用がやや怪しい点、日本での取引が難しい点、そして上場後は価格の下落が止まらない点が現在のBGCトークンに対する懸念点です。

BGCトークンに対する評判・口コミ

BGCトークンに対する評判・口コミ

BGCトークンの評判や口コミはどういったものなのでしょうか。Twitter上にある5つの評判について、紹介していきます。

トークンよりも取引所のレバレッジに興味がある意見です。

取引所自体が信用できない旨を動画で紹介しています。

仲間を集めるとトークンがもらえるようです。

前の取引所の名前(BitPro)で調べるとキナ臭評判もありました。

取引所の独自トークンまでは良かったのですし、上場も果たしたのですが、注目度はそこまで高くなく、悪い評判も散見されるという結果でした。

BGCトークンの将来性

BGCトークンの将来性

このような評判があるBGCトークンですが、将来性はどうなのでしょうか。

結論から言うと、取引所自体に懸念があるため、それさえ払拭できれば将来性はあると言えます。

大手さえ行わないような500倍と言う高レバレッジは、成功すれば一躍仮想通貨取引所の中でも一定の地位を築けますが、失敗した場合の反動も大きいものです。

そのため、発行元のBitGain取引所が安定した成長をすることができれば将来性はありますが、そうでない場合は将来性がないということになり、将来性はBitGain取引所次第と言うことになります。

BGCトークンは保有しない方が良い?

結局BitGain取引所を使用するならBGCトークンは保有した方が良い?辞めといた方が良い?

現時点では、BGCトークンの保有は辞めておいた方が良いかもしれません。

ただし、BGCトークン自体はポテンシャルを秘めており、そこから得られる大きなリターンを期待しているのであれば、保有してみるのも一つの選択肢と言えます。

常識的に考えると、2019年7月末現在下落を続けており、今もなお価値が上がらない仮想通貨を保有するのは大変なリスクですし、大元の取引所自体も怪しい面があります。

そういった理由から、保有はやめておいた方が良いということです。

しかし、この仮想通貨自体のポテンシャルは大きく、実際に上場していることとBitGain取引所の取引自体で利用することを考えると、様々な恩恵を受けられる可能性も秘めています。

そういった点に注目して、将来性に賭けたいのであれば保有してみるのも一つの選択肢であるという結論です。

リスクが怖いのであれば保有しない、取引所からの恩恵や将来性に期待しているのであれば保有してみる、いずれにしてもじっくりと検討した上で決断すべきでしょう。

BGCトークンのまとめ

BGCトークンは仮想通貨取引所BitGainが発行する独自トークンです。

500倍もの高レバレッジを誇るBitGain取引所が発行するという点で他の取引所系のトークンと比べて存在感が大きいのですが、この取引所自体に様々な評判があるため、その点が大きな懸念となっています。

逆にそれさえ克服すれば、大きなポテンシャルを秘めた仮想通貨と言えるでしょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

 

ベルコインなどの情報交換コミュニティを公開中!

LINE@とは別に、主にアルトコインの情報交換コミュニティのオープンチャットを開始しました!

匿名でご参加できる為、ぜひ情報交換の場としてお使い下さい^^

ご質問やご相談につきましても、オープンチャットをご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事