BBOD

この世の中にはハイブリッドの生物あるいは製品にあふれています。

生物で言えば、バラの後輩による品種をハイブリッドと呼ぶこともありますし、製品で言えばエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車が身近ではないでしょうか。

しかし、仮想通貨取引所の世界にもハイブリッドが存在するということを知る方は多くはありません。

今回紹介するBBOD取引所はまさに仮想通貨取引所のハイブリッドです。

このBBOD取引所がなぜハイブリッドなのか、またその特徴や注意点は何なのかと言った点を解説し、評判や登録方法についても解説していきます。

きっとこれを読めば新しい仮想通貨取引所の形であるハイブリッド取引所のBBOD取引所についてより深く知ることができるのではないでしょうか。

BBOD取引所のwiki的基本情報

BBOD

仮想通貨取引所名 BBOD
独自トークン有無 BBD
設立日 -
取引所がある国 イギリス
公式ホームページ https://bbod.io/
日本語対応
日本人対応
アプリ対応 -
Twitter @BBODTrading
Facebook BBODTrading
Instagram bbodtrading
Reddit r/BBOD
YouTube BBOD
TelegramID BBOD Community

BBOD取引所とは

BBOD TOP

出典:BBOD

中央集権型と分散型、両方の機能がある

BBOD取引所はハイブリッド取引所です。

その理由は、取引所自身が仮想通貨の取引を仲介する従来の方法(中央集権型)と個人間の直接取引する方法(分散型)の両方を持ち合わせているという点にあります。

これにより、必要に応じて処理の速さを求めたい時は中央集権型の方を利用できますし、またセキュリティを確保したい時や自分の希望する価格で売買したい場合は分散型の方を利用することができます。

こういった性格の取引所がBBOD取引所のようなハイブリッド取引所なのです。

英ケンブリッジ大学内に拠点を構えている

BBOD取引所の概要も触れていきましょう。

BBOD取引所は「Blockchain Board of Derivative、ブロックチェーン・ボード・オブ・デリバティブズ」の略称です。

イギリスのケンブリッジ大学のトリニティカレッジが開設しているケンブリッジサイエンスパークの中に拠点を構え、全世界に展開を行っています。

2019年に開設し、各国の人材が集結して運営

BBOD取引所は、ハイブリッド型の取引所以外にも様々な性格を持った取引所です。

開設は2019年とまだ歴史が浅い取引所ではありますが、画期的な仮想使取引所の一つとして認知されています。

経済学者であるPiotr Arendarski(ピーター・アレンダルスキ)氏が中心となって日本・中国・韓国・ベトナム・フィリピン・ポルトガル・スペイン・ロシアと言った各国の人材が集結して運営を行っています。

企業による運営と言うよりもケンブリッジサイエンスパークを拠点とする性格から、やや産学連携ともいえるような性格を持った仮想通貨取引所とも言えます。

BBOD取引所の特徴

BBOD 特徴

出典:BBOD

BBOD取引所の特徴は、以下の6点があります。

  • ハイブリッド型取引所である
  • 先物取引などのデリバティブ商品がある
  • TUSDを基軸通貨としている
  • 独自トークンの発行をしている
  • 分散型ウォレットを採用している
  • 多言語に対応している

これらについて1つずつお話ししていきます。

ハイブリッド型取引所である

ハイブリッド型取引所である点は先ほどお話しした通り、中央集権型と分散型のメリットを組み合わせた特徴を持っている点です。

従来の中央集権型の取引所は、コインチェックMt.GOXと言った様々な仮想通貨の流出事件に見られるように非常に多くのハッキングや不正取引の温床となってきた歴史があります。

つまりセキュリティの問題に対して常に悩まされていたのです。

こういった弱点を補完する意味で、また自由な取引の形を実現するという意味で個人間でのやり取りである分散型取引所の機能も持たせています。

このタイプの取引所であれば中央集権型の取引所のセキュリティにおける問題はほぼ発生しません。

このようにセキュリティの面だけで見れば分散型取引所だけでも問題はないのですが、弱点としてトランザクションの処理が遅い点やトレーディングオプションが限られるという点があります。

つまり、取引に時間がかかり、売買の方法が限られてしまうことがあるということです。

この弱点を補うのが中央集権型で、交互に弱点を補うことによって、より利便性の高い機能的な仮想通貨取引所を目指しているのがBBOD取引所です。

先物取引などのデリバティブ商品がある

先物取引などのデリバティブ商品がある点も特徴と言えます。

仮想通貨の相場は以前のように大きな乱高下が少なくなってきており、その差益にによって利益を上げることが困難になっています。

そのためデリバティブ商品などの派生した取引の重要性は増してきています。

BBOD取引所では、先物取引と呼ばれる将来のあるタイミングでの売買を決め、契約の上でする取引を行っていると言うのが特徴です。

ただし、これは従来の先物のように「約束した時期が来たら仮想通貨を買い取る」というスタイルの他にも、無期限先物と呼ばれる「買取の必要がない短期で利益を追い求めることができるメリットの取引」も可能です。(金利を支払う必要はある)

これにより今までとは異なった仮想通貨の為替取引が可能となっています。

TUSDを基軸通貨としている

TUSDを基軸通貨としている点も特徴です。

BBOD取引所では、入金できる通貨や取引時の決済通貨としてTrueUSD(TUSD)を採用しています。

これは米ドル連動のステイブルコイン(米ドルと同じ価値を常に持っている仮想通貨)で、実質米ドルと同じ価値を仮想通貨の世界では持っています。

多くの仮想通貨取引所がイーサリアムやビットコインなどを基軸通貨としているのに対し、特徴的な点と言えます。

こういった通貨にはシェア世界一のUSDTがありますが、このTrueUSDは米ドルが信託口座で分別管理され、定期的な監査が入ります。

また、スマートコントラクトにより発行されるため、透明性を保つことができるという点で様々な疑惑を持っているUSDTに比べ信頼性が高いことから、BBOD取引所でもTrueUSDを採用しているのです。

独自トークンの発行をしている

独自トークン「BBDトークン」の発行をしている点も特徴と言えます。

BBDトークンは、取引手数料の支払い・くじ引きでのプレゼント抽選・トレーディングバトル・個別指導といったイベントの参加の他、自動売買を行うシステムであるトレーディングボットの購入やレンタルをすることが可能です。

また、BBDトークンの保有量によって手数料の割引も受けられます。

分散型ウォレットを採用している

分散型ウォレットを採用している点も特徴です。

分散型ウォレットを採用することによって、取引所がハッキングを受けてもウォレットに入れておけば資産の流出を保護できるため高いセキュリティが保たれているという点が特徴と言えます。

多言語に対応している

多言語に対応している点も日本人にとっては大きな特徴です。

9か国語をサポートしており、日本語もきちんと翻訳され利用できるようになっています。

多くの海外の仮想通貨取引所は対応していても怪しい日本語であったり、自動翻訳されたものであるのでうれしい特徴と言えます。

BBOD取引所を利用する際の注意点

BBOD取引所を利用する際の注意点

BBOD取引所を利用する際の注意点は、以下の3点です。

  • システムがやや複雑
  • 先物はリスクがある
  • ビットコインには積極的に対応していない

システムがやや複雑

BBOD取引所は新しい形である分散型取引所の性格を持っているだけでなく、さらに新しいハイブリッド型の取引所なので、システムがやや複雑という点は懸念点と言えます。

そのため今までの仮想通貨取引所の2歩先を行くシステムでやや面食らう場面を少なくないので注意が必要です。

先物はリスクがある

先物にはリスクがあるという点に注意です。

どんな取引でもリスクはありますが、先物取引は利益が大きい分、損失も大きくなることが多いといえます。

実際の法定通貨による従来の先物取引でも失敗し破産したトレーダーは枚挙にいとまがないです。

当然仮想通貨でもそういった事態になることはリスクとして注意すべき点です。

ビットコインには積極的に対応していない

ビットコインには積極的に対応していないという点も注意と言えます。

日本にあまりなじみがないTrueUSDでの取引が中心なので、海外の仮想通貨取引所で多く利用する手段である国内の仮想通貨で日本円をビットコインにしてそれで取引を行うといったことが行いにくいという点に注意です。

ただ、先物のリスクさえ注意しておけば、かなり利用しやすい取引所と言えるのではないでしょうか。

BBOD取引所の評判(口コミ)

BBOD取引所の評判(口コミ)

BBOD取引所の評判について紹介していきます。

レバレッジをかけられることで利益が出せることに注目しています。

独自トークンは抽選でエアドロップされ、当選して喜んでいます。

当選者は意外と多くいます。

レバレッジがかけられたり、エアドロップの案内も日本語でわかりやすく利用しやすそうな印象を与えます。

BBOD取引所の登録方法

BBOD 登録方法

出典:BBOD Trading

最後にBBOD取引所の登録方法をお話しします。

登録方法を紹介したいのですが、実はまだ正式オープンしていないため、登録方法がありません

ただし、公式ではBBODプライベートβ版を公開し、一部のユーザーのみが参加できるようになっているので近々利用が期待できます。

事前登録の方法

ちなみにトレード出来ないものの登録は可能で、BBOD取引所公式サイトよりEメールを事前登録するだけで可能です。

  1. BBODの公式サイトを開く
  2. トップページ中央「Preview live Trading」をクリック
  3. BBOD Private β版のトップページ右上「登録」をクリック
    ※表示言語が日本語になっていない場合は、右上の「🌏」(地球マーク)をクリックし、日本語を選択しましょう。
  4. ユーザー名・メールアドレス・パスワード・ETHアドレスを入力
  5. 利用規約の同意(I agree to BBOD's Teams of us)にチェックを入れる
  6. 「Register」をクリック

これで事前登録は完了です。

独自トークンのエアドロップを行っているので、本格始動前に登録してみてはいかがでしょうか。

BBOD取引所のまとめ

BBOD取引所は、ハイブリッド取引所と言う次世代の取引所と言うだけでなく、先物などのデリバティブ取引ができる取引所です。

現在はまだ利用できませんが、今後の将来性が期待できる取引所と言えます。

事前登録は可能となっており、独自トークン「BBDトークン」のエアドロップも実施されているため、興味がある場合は今のうちに登録してみるのもいいでしょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事