ICO割れ

マルタ島の仮想通貨に迫る記事は、今回で3回目となります。今までの記事をまだチェックされていない人は以下⇩をチェックして下さいね。

1.マルタ島とは?仮想通貨取引所がマルタ島に集まる理由・タックスヘイブンについて徹底解説

2.マルタ島に仮想通貨ATMが設置!仕組み・安全性・盗難のリスク・今後について解説

以上をことを踏まえて、今回は、次のことを紹介します

  • マルタ島の税金事情について
  • 小さなマルタ島で現在何が起こっているのか
  • 仮想通貨大国へと変わる理由について

上記のことを紹介します。

では早速、投資や新しいビジネスに敏感なお金持ちがマルタ島に注目する理由なども含めて、見ていきましょう。

ICO割れ

マルタ島の税金事情:なぜマルタ島の税金はなぜ低い?

マルタ島の税金は、EU圏では特に低いとされています。

そして、結論から言いますと、マルタ島の税金が低い理由は、海外の企業がマルタ島へ進出した時に、特殊な税金制度があるからです。

しかし、マルタ島の税金制度全ての、金が低い訳ではありません。

なぜなら、マルタ島の地元企業へは35%の税金が課せられているからです。

マルタ島の特殊な税金制度:タックスヘイブン

マルタ島には、タックスヘイブンと呼ばれる特殊な税金制度があります。

そして、納めた税金がマルタ島の企業に還付される仕組みがあるからこそ、マルタ島の税金は、5%ほどの税金で済むのです。

つまり、マルタ島の税金が低いと言われている由縁は、タックスヘイブンの税金制度がある為です。

タックスヘイブンとは?
租税回避地ともよばれ、海外の企業や資産家から資金を流入させるための優遇税制があることが特徴

マルタ島の優遇された税金制度を他国が指摘

当然この優遇された税金制度について、過去に他国から指摘がありました。

特に、フランスのような高い税金を納めないといけない国では、タックスヘイブンについて厳しい意見を当初持っていました。

その為、EU園は脱税と租税回避に対抗する取り組みとして、ブラックリストを作成しています。

しかし、タックスヘイブンの話合いは幾度とありましたが、マルタ島を含めヨーロッパの国はブラックリストに登録されていませんでした。

また、国々の事情や都合がありますが、EU園では、マルタ島をまだタックスヘイブンとみなしていません。

その為、資源や土地の面積が少ないマルタ島が単独で生き残る為に、タックスヘイブンによる税金制度が今も設置されています。

マルタ島が仮想通貨業界先進国として、なぜ話題になっている?

マルタ島が仮想通貨業界で話題となっているのは、大手の仮想通貨取引所がマルタ島に移転しているだけではありません。

それは、マルタ島の都市開発が進み、スマートシティと呼ばれるテクノロジーパークの建設ラッシュが始まっているからです。

スマートシティの開発が進むことで、富裕層の海外からの移住だけでなく、海外の企業が進出しやすくなる点や人材確保がしやすい点が挙げられます。

なぜなら、マルタ島は、ブロックチェーン・アイランドを目指していると発表している為です。

マルタ共和国のジョセフ・マスカット首相が仮想通貨取引所を歓迎していると発表!

マルタ島に大手仮想通貨取引所のBinanceに移転!

大手仮想通貨取引所であるBinanceは、いち早くマルタ島に移転しています。

そして現在(2018年9月6日)では、Binanceが約200人の人材確保を計画しています。

マルタ島では、ブロックチェーン関連の企業を、後押しする取り組みがされているのです。

マルタ島での人材確保の仕組み

マルタ島では、ブロックチェーン企業への人材確保をする為に、マルタ島にある大学から、採用させる取り組みをしています。

中でも、マルタ大学では新たな教育プログラムとして、ブロックチェーンを研究する学生に、奨学金の支給を行うことが発表しています。

つまり、マルタ島ではビジネスと学生、そして観光と、一体化して、ブロックチェーン・アイランドへの発展を遂げているということです。

マルタ島の将来性について

マルタ島のブロックチェーン会社であるPalladiumに、アメリカのBittrexが投資していることが発表されています。

その為、小さな国マルタ島で始まる事業に、大きな後ろ盾がある事になります。

マルタ島の今後は、仮想通貨の発展により、経済成長国として変化していくでしょう。

マルタ島が観光名所として好まれている理由

マルタ

マルタ島の仮想通貨に関する事は、さておきマルタ島をあまり知らない人に、マルタ島の魅力について紹介します。

遊び尽くしてまさに楽園!日本人なら一度は行きたいマルタ島の魅力!

マルタ島には、世界遺産に登録された観光名所「ヴァレッタ」があります。

ヴァレッタには、歴史的建造物がそのまま残っています。

中でも、ヴァレッタの街並みと海のコントラストが混ざりあった風景は、素晴らしく、まさに絵に描いたような美しさがあります。

特に、聖ヨハネ大聖堂は必ず行くべき観光名所として有名ですね。

マルタ島の食事は日本食が多い

食事は地中海の幸を使ったピザやパスタが人気で、日本食を出す店もあります。

地中海料理を比較的リーズナブルに楽しめるレストランが多く、日本人の口にも合うようですね。

マルタ島に観光に行ったらここがおすすめ:カジノ

マルタの意外な一面として夜はカジノで遊べます。

ただラスベガスの様なカジノではなく、小さなカジノがマルタ島には4つあります。

もちろん20歳以上なら、パスポート提示とメンバーズカード作成でも入場できますし、日本人も入場可能です。

賭け金が少ないため、初心者でもドレスコードなく行ける気軽さが人気です。

島内で最古の歴史あるカジノは「Dragonara Casino」です。

動物好きでも楽しめるマルタ島の生活スタイル

マルタ島には猫が沢山いて、猫も島民もゆったりと暮らしています。

ちなみに猫は、野良猫じゃありませんよ。

忙しく働いている日本人にとって、マルタ島はまさに楽園のようでしょう。

【番外編】富裕層に好まれる国とは?

ここまでは、マルタ島の仮想通貨に関することと、マルタ島の魅力について紹介しました。

では、次からは富裕層が好む国について紹介します。

富裕層に好まれる国について知っておくで、仮想通貨が今後どうなっていくのか、そしてあなた自身の税金対策の参考になりますので、ぜひ読み進めて下さいね。

富裕層の目的

トップクラスの富裕層は、国籍がある国以外に、目的別で様々な繋がりがあります。

元々、富裕層に人気がある国として代表的な国は、モナコやシンガポール、香港があります。

上記の国々は、富裕層にとって、税金対策になる優遇措置があることで知られています。

しかし、富裕層に人気な国々は、近年では事情が変わってきているのです。

理由は、富裕層に人気のある国には世界中の富裕層が集まることで、物価上昇が躊躇に表れているからです。

ICO割れ

そこで近年、富裕層は目的別で国を選び、使い分けをしています。

富裕層の国を利用する目的は次の3つがあります。

  • 相続税回避のための【投資用】
  • 休暇で利用するための【プライベート用】
  • プライベートバンクで資産運用するための【資産用】

上記の目的別でいくつかの国と深い繋がりがあります。

プライベートバンクといえばスイスが有名ですが、解放的なバカンスを楽しむには涼しすぎるかもしれません。

そこで、投資に対して非常に敏感な富裕層が、近年注目する国として、マルタやエストニアが人気です。

地中海の小さな国や諸島は、1年を通して温暖で過ごしやすい気候です。

さらに、マルタ島を例にあげると、税金対策の優遇があるため、投資した土地の活用や法人として事業を立ち上げるのに適しています。

富裕層に好まれる国と日本の違い

例えば、日本では当たり前に徴収される相続税や贈与税がかかります。

しかし、マルタ島では、土地のみが課税対象です。

建物には課税されない点がある為、マルタ島は投資向けといえるでしょう。

富裕層に人気のある国を一例紹介!

富裕層に人気があるのは、やはりヨーロッパです。

中でも、中国の富裕層は、食の安全を求めてヨーロッパのオーガニックフードに注目しています。

そして、先ほどマルタ島とエストニアの名前を取り上げましたが、両国ともテクノロジーの発展が著しく進んでいます。

EU加盟国でもある上記の国は、ヨーロッパにアクセスしやすく、経済成長が見込めることが富裕層にとっては、魅力的に映っています。

また、エストニアは、バルト三国のうちのひとつで、フィンランドに近い位置にあります。

そして、エストニアに注目すべき点も「IT先進国」であるという点です。

正直に言いますと、エストニアのIT技術は日本よりも、ITテクノロジーが進んでいます。

理由は、エストニアでは既に、インターネットを活用した電子政府が構築されているからです。

エストニアの行政サービスは、デジタル化で運用が始まっています。

日本でいうと、マイナンバーが行政サービスに当たります。

マイナンバーは国民の情報をITで管理し、セキュリティも非常に優れていますよね?

しかし、エストニアは過去に大規模なサイバー攻撃を経験した事があります。

その為、ITを活用した電子政府は、最先端技術として、世界一を誇ります。

また、エストニアではブロックチェーン技術を医療の分野にも広げていく動きも始まっています。

そして、エストニアが注目されている理由は、国の施策として、ITやブロックチェーンなどの技術に注力しているからです。

富裕層が、常に最先端技術に着目しているのが、エストニアを見ていると、理解できますね。

マルタ島と富裕層に関するまとめ

今回の記事では、マルタ島について、仮想通貨と観光名所を紹介し、さらに富裕層がなぜ仮想通貨に注目しているのかを紹介しました。

富裕層の動きは、仮想通貨の価格に大きく変動をもたらす為、今後ともマルタ島の動きや、富裕層の動きにも注目ですね。

【マルタ島の関連記事】

1.マルタ島とは?仮想通貨取引所がマルタ島に集まる理由・タックスヘイブンについて徹底解説

2.マルタ島に仮想通貨ATMが設置!仕組み・安全性・盗難のリスク・今後について解説

仮想通貨取引所Bell wood(ベルウッド)の使い方は?CHATTYで買い物したい方必見!

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事