仮想通貨でレバレッジかけるなら海外がおすすめ!特徴や注意点まとめ

仮想通貨のレバレッジは国内と海外では事情が全く異なってきます。

国内ではさまざまな規制があるため最大でも25倍程度までになっています。

しかし、海外の場合は100倍を超えるレバレッジで取引できる取引所があるなど、上限値に大きな差があるのです

国内での取引が物足りないと思った場合は、海外取引所の高レバレッジを利用するのも視野に入ってきます。

海外のレバレッジは国内に比べて規制されていない?

海外のレバレッジは国内に比べ規制が余りされていないと思われがちです。

しかし、実際は国ごとに仮想通貨などの規制が進んでいてかなり厳しく規制されている国もあるのです。

ポイントになるのが、国ごとに規制の厳しさが変わることです。

そのため、仮想通貨の規制が進んでない国であれば、日本では考えられない高レバレッジでの取引が可能になるのです。

もちろん、規制が進むことで基準が変更される可能性もありますが、選択肢があるだけで十分な魅力になります。

短期間でも高いレバレッジをかけた取引をすれば、高い収益性を確保することも可能なのです。

海外取引所を利用してレバレッジ取引をするメリット

日本の取引所では考えられない高いレバレッジで取引ができる

海外取引所を利用した仮想通貨FXは、日本では考えられない高いレバレッジで取引をすることが可能です。

もちろんリスクを避けるために低レバレッジで取引をすることも可能で、選択肢を増やす面で大きなプラスになってくるのです。

手数料の面でも国内とは違った基準が設定されているため、FX中心で利用する場合は比較してみるのもおすすめです。

仮想通貨のペアが多い

国内の取引所は取り扱う仮想通貨自体の種類が少なく、増やすためには金融庁への申請を行うなど関係各所から許可を得る必要があります。

日本は仮想通貨に厳密な方が適用される国の一つで、扱える仮想通貨自体が増えにくいのです。

しかし、海外の取引所はさまざまな仮想通貨のペアでFXが可能で、更にレバレッジをかけることでチャンスを増やすことができます。

通貨ペアが多いほど値動きを予想して取引をするチャンスが増えるため、大きなプラスになるのです。

海外取引所を利用してレバレッジ取引所をするデメリット

日本語のサポートがないケースが多い

海外取引所を利用してレバレッジ取引をする最大のデメリットは、日本語のサポートがないケースが大半だということです。

英語などから内容を把握し、事前に理解する必要があります。

レバレッジ取引に対する知識と英語力など求められることが多く、内容を把握しきれないと一瞬のミスで巨額の損失を抱えることもあり得るのです。

サポートも海外言語になるため、トラブルが増えやすくなるのもポイントになります。

取引所が閉鎖場合などもサポートが受けにくい

海外の取引所は当然ながら海外に拠点があります。

取引所が破産した場合などの処理は、拠点がある国の法律にそって行われるケースが多く、ある程度財産の補償がされるケースもあります。

しかし、海外取引所の中は仮想通貨に関する法律が未成熟で、ほとんど補償が受けられないケースもあります。

また、海外の利用者への責任も国によって異なるため、海外からの利用者はほとんど補償を受けられない場合もありえるのです。

レバレッジ取引だけでなく、通常の仮想通貨取引でも同様のリスクがあります。

自分の取引ではなく、運営する取引所側のトラブルがあっても補填や補償を受けにくいのです。

万が一の際は、自分で海外の関係各所に問い合わせるなど具体的な行動が必要になってきます。

レバレッジ100倍まで設定できるビットメックス取引所とは

出典:BitMEX

ビットメックス(BitMEX)は香港に拠点を置く取引所で、レバレッジ取引額が1日あたり1兆円を超えるなど、世界トップクラスの取引ボリュームを誇る取引所になっています。

日本では珍しいアルトコインを取り扱っている

ビットメックスは日本国内では取り扱いが難しいアルトコインも扱っています。

値動きが激しいアルトコインが含まれるのも特徴で、それだけ取引のチャンスを増やしてくれます。

日本語に対応している

ビットメックスは日本語対応を行っている取引所の一つで、表示言語で日本語を選択することでサイトの文字表記を日本語にすることができます。

海外取引所初心者にもつかいやすいポイントになっています。

追証なしで取引が可能

ビットメックスのレバレッジ取引の大きな特徴になっているのが追証なしで取引が可能なことです。

追証があることで巨額の損失を発生させるとレーダーは珍しくなく、FXやレバレッジに危険性を感じる人が多い理由にもなっています。

しかし、ビットメックスの場合は追証なしで取引ができるため、リスクを最低限の範囲に止めることができます

レバレッジを高くするほど追証の有り無しでリスクが大きく変わってくるため、世界中のトレーダーから選ばれる理由にもなっているのです。

アルトコインを利用したレバレッジが可能

レバレッジ100倍の取引ができるのがビットメックスの特徴ですが、100倍のレバレッジがかけられるのはビットコイン(BTC)のみになります。

しかし、レバレッジの上限は低いものの、ビットメックスでは上場しているアルトコインを利用したレバレッジ取引が可能というメリットがあります。

ハードフォークや大型のアップデートなどでアルトコインの価値が大きく変動するときは、トレーダーにとって稼ぎ時になります。

アルトコインの種類が多ければハードフォークや大型アップデートを予定している仮想通過でレバレッジ取引がしやすくなります。

大きな値動きを予測して取引を仕掛けるチャンスが多いのもビットメックスの特徴なのです。

アプリをつかった取引も可能

レバレッジ取引に限らず、仮想通貨取引は取引のタイミングが重要になります。

ビットメックスはアプリを経由して利用することが可能で、その気軽さも魅力になっているのです。

レバレッジ200倍まで設定できるクリプトGT取引所とは

出典:CryptoGT

クリプトGT(CryptoGT)は日本語のサポートを受けられる仮想通貨取引所の一つです。

拠点はキプロスにあり、振興の取引所として注目を浴び低増す。

最大200倍のレバレッジを利用できるほか、仮想通貨のペアが多いのも特徴になります。

日本語サポートが充実している取引所の一つ

クリプトGTは日本語サポートが充実していて、日本から公式サイトにアクセスすることで日本語の案内を受けることができます。

日本人スタッフがサポートセンターに在籍しているのも特徴で、テキストチャットなどを通してサポートを受けることもできます。

海外取引所初心者で英語などに不安がある場合は使いやすくなっているのです。

追証なしで利用が可能

クリプトGTは追証なしで利用ができる取引所の一つです。

優良な取引所として紹介される海外取引所は追証なしのケースが多いものの、全てが追証なしとかぎらないため注意が必要です。

安心して高レバレッジの取引ができるのも魅力になります。

通貨ペアは49種類

クリプトGTが取り扱う仮想通貨のペアの種類は49種類と、一般的な日本の取引所よりもかなり多くなっています。

高レバレッジとあわせて取引の選択肢が多いことも魅力になっているのです。

アプリで利用することもできる

クリプトGTはアプリをつかった取引も可能です。

レバレッジを利用した取引はタイミングが重要になります。

あらかじめ値動きを想定して設定することも可能ですが、想定外の変動が合った場合はすぐに設定を変更できるのか、新しい取引に挑めるのかが大切になります。

クリプトGTはアプリを利用した取引にも対応しているため、仕事中の隙間時間などで操作することも可能なのです。

海外取引所を利用してレバレッジ取引をする際の注意点

日本語対応する取引所も一部のみというケースがある

海外取引所を利用してレバレッジ取引をする場合は、日本語が利用できる取引所から使用するのが安心です。

日本語サポートを行っている取引所は意外と多く、人気になっています。

しかし、全面的に日本語サポートを行っているかは取引所によって異なります

サイトやアプリが日本語に対応していても、窓口は英語などの問い合わせが基本になるケースなどもあるのです。

日本語ができるスタッフが少なくトラブル時の対応が十分でないケースもあるため、日本語でサイトが見られるから安全とは限らないのです。

追証なしは常識ではない

追証なしは常識ではなく、証拠金以上の損失が発生する海外取引所は珍しくないのがポイントです。

追証なしのかわりに取引手数料が安い、高いレバレッジで取引ができるなど、それ以外の面でプラスになるものが多いケースもあるのです。

追証なしにすることで取引の選択肢が狭まるケースもあるため、追証なしの取引所を好んで利用するトレーダーもいます。

取引所の信用性は重要になる

仮想通貨のレバレッジ取引をする場合は、取引所の信用性も重要になります。

資金集めのためにさまざまな優遇策を打ち出しながら、セキュリティの問題で仮想通貨が盗まれるなどさまざまな問題で閉鎖されるケースもあるからです。

海外取引所は国内取引所に比べて損失の補償が薄く、海外居住者には全く補償がされないようなケースもありえます。

取引所自体の信用性をチェックして選択することも大切なのです。

海外のレバレッジ取引についてまとめ

海外のレバレッジ取引は、

  • 日本の仮想通貨レバレッジに比べ高いレバレッジを利用できる
  • アルトコインを含めたさまざまな取引を選択できる

というメリットがあります。

一方で、日本語の手厚いサポートは受けにくいほか、トラブル時の補償が受けにくいなどのデメリットも存在します。

仮想通貨の法律自体が未整備の国も珍しくないため、取引上の運営実体や信頼性をチェックしてから利用するなど一歩ふみこんだ知識を持つことも大切になるのです。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

 

ベルコインなどの情報交換コミュニティを公開中!

LINE@とは別に、主にアルトコインの情報交換コミュニティのオープンチャットを開始しました!

匿名でご参加できる為、ぜひ情報交換の場としてお使い下さい^^

ご質問やご相談につきましても、オープンチャットをご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事