強者ひしめく仮想通貨市場において、ネム(NEM)は力を秘めているにもかからず今ひとつ評価が高まりません。

フェアな取引評価アルゴリズム(PoI)とリップルに次ぐ取引処理速度など大きなメリットの存在を帳消しにする欠点があるのかと疑ってしまう方も少なくないでしょう 。

そこでこの記事では、ネムのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

しっかりと読むことで、ネムの可能性やネムが抱える問題点についても正しく理解できるでしょう。

ネムとは

ネム(NEM)とは「New Economy Movement (NEM)」の略で、インターネットを利用したブロックチェーン技術を活用した仮想通貨プラットフォームを指します 。

簡単に言えば「仮想通貨を運用するための基盤システム」です。

ネム(NEM)の仮想通貨名はゼム(XEM)

よく誤解されるのですがネムいう名の仮想通貨はありません。

ネムにおいて利用される仮想通貨の名前はゼム(XEM)です。

しかしゼムの知名度が低く浸透しないため、便宜上ネムが仮想通貨の名前も兼ねています 。

コミュニティ志向の暗号通貨を目指して開発

ネムを提唱したのは「UtopianFuture」という人物で、出身国などの詳細は不明ですがビットコインのコミュニティに参加していたことが分かっています。

UtopianFutureはコミュニティ志向の暗号通貨を目指してネムを開発しました。

日本人からの人気を獲得

ネムは日本でも人気があります。

その理由は、開発に日本人が参加していたことや、国内で早くからメモを使ったサービスが開発されためと言われています。

2019年6月時点の時価総額ランキングは20位

2019年6月時点におけるネムの時価総額は80,669,624,007円時価総額ランキングで20位と控えめです。

ここ数年でランキング順位を落としており、その原因は取引所のハッキング騒動の影響と、話題性の乏しさが考えられます。

ネムの取引が盛んな国内取引所Zaif

ネムが盛んに売買されている国内の仮想通貨取引所は「Zaif」です。

2018年の発見の創造で運営者が変わりましたが、その後も日本におけるネム取引の中心として機能しています。

NEM XEM 価格、チャート、時価総額およびその他の指標 CoinMarketCap

出典:CoinMarketCap

巷ではもっぱらビットコインが有名で、それ以外の仮想通貨についてはあまり知られていません。

しかしネムにはビットコインには無い様々なデメリットやメリットがあります。

今後リップルを抜いて国際送金の舞台での活躍する可能性を秘める仮想通貨ですので、ぜひ確認しておいてください。

ネムのデメリット

ネムのデメリット

ネムには注意すべきデメリットがいくつかあります。

ビットコインと同じ感覚で利用できるだろうと勘違いしていると、後悔することになるでしょう。

注意すべき点をいくつかピックアップしましたので、ネムを購入する前に確認することをおすすめします。

ビットコインに比べ身近な経済活動で利用されるケースが少ない

ビットコインはネット通販から動画サービスまでやっているDMMや、家電量販店のヤマダ電機などで支払いに利用することができますが、ネムで支払いできるのは一部の飲食店などに限られます。

キャッシュレスな買い物を期待してネムを購入すると、使えるお店が少なくて困る可能性が高いです。

ネムのトランザクション処理の速さなど利便性がさらに向上して利用される場が増えれば、知名度が上がって支払いに利用できるお店が増えると考えられますが、しばらくは難しいでしょう。

時価総額が低い

ネムユーザーの中には、ネムの送金処理の速さが評価され銀行の国際送金などにもっと利用されることを期待する方も多いでしょう。

しかしネムは時価総額がビットコインやリップルに比べて圧倒的に少ないという問題があります 。

 CoinMarketCap

出典: CoinMarketCap

時価総額が少なければ金融機関が積極的に自社のシステムにネムのブロックチェーンを組み込むことは考えにくいです。

銀行の取引量が増えた際に、送金処理で用いるネムが不足する可能性があるからです。

メモを仲介した送金処理は数秒で終了しますが、取引量が増えた時に対応できるかが未知数では不安でしょう。

実際、ネムが銀行の国際送金などで採用されたという話はほとんど聞こえてきません。

実体経済で利用されることが少なければ、通貨として認められることはないので利用されず通貨価格も振るわない状態が続く可能性があるといえます。

取り扱っている国内取引所が少ない

ネムはビットコインなどの主要仮想通貨に比べて取り扱っている取引所が少ないのが現状です。

国内では3つの取引所のみで対応しています。

対応している取引所を利用していない方がネムの購入や取引を行いたい場合は、新たに取引所と契約する必要があるのでネムに興味があっても二の足を踏む方も多いでしょう。

ネムユーザーの数を増やすためにも、1箇所でも多くネムを取り扱う取引所を増やすのが重要です。

スーパーノード・インセンティブが不足する可能性がある

ネムのブロックチェーンネットワークを構成するノードの中には、「スーパーノード」と呼ばれる他のノートよりも高い計算力を持ったものが存在します。

厳しい条件をクリアしてスーパーノードとなると、毎日およそ300XEM(ネムの仮想通貨単位)を報酬としてもらうことができます。

現在の報酬額とスーパーノードの増加率から計算すると、2020年8月頃にスーパーノードに支払われる報酬が不足する恐れがあると言われています。

報酬が不足するとスーパーノードを維持することができなくなりブロックチェーンネットワークが破綻してしまいます。

現状のままだと報酬の不足が起きる可能性は高いので、他のインセンティブをいかに提供するかが重要になります。

仮想通貨としてユニークな機能に乏しい

ネムは新たな仮想通貨のプラットフォーム構築や送金システムを簡単に立ち上げられるソフトウェアを提供していますが、大きな躍進を見せているものがありません。

ビジネスに必要な様々な手続きをネムのブロックチェーンを利用してコストを抑えることができますが、「コレダ!」という決め手の機能がないのです。

仮想通貨市場で確かな足場を築いているイーサリアムやリップルは、他の仮想通貨にはない確かな強みがあります。

ネムもそういった機能をひとつでいいので持たないと、これから先の仮想通貨市場で存続すら怪しくなる恐れがあります。

ハーベスティングの見返りが少ない

ネムにおけるマイニング行為は「ハーベスティング」と呼ばれます。

トランザクションの承認に必要な計算を終わらせることでネムの仮想通貨であるXEMを入手できるので、ネムを保有するなら是非ともやりたいところです。

しかし、ひとつ問題点があります。

それは、ハーベスティングの報酬が少なすぎるという問題です。

ハーベスティングをするために必要な既得バランス10,000XEMにおける報酬はおよそ0.05XEMという衝撃の額になっています。

2019年6月における1XEMの価格はおよそ9円ですから報酬を円に換算すると0.45円です。

電気代などの計算コストに見合う額とはとても思えません。

ビットコインのマイニングに比べ気軽に参加できるとはいえ、この報酬額ではとても続けていこうとは思えないでしょう。

ネムのハーベスティングを副収入にしようと思ったらスーパーノードに認められるのは絶対条件と言えます。

ネムのメリット

ネムのメリット

ネムにデメリットについて長々と解説しましたが、もちろんネムにはメリットもあります。

思わずネムを売買できる取引所に登録したくなるようなネムの魅力を紹介します 。

スーパーノートになれれば月20万円以上の副収入が期待できる

ネムにはスーパーノードと呼ばれる上位のノードが存在します。

ネムのブロックチェーンネットワークの要となるノードで、通常のノードよりも高い性能と信頼性を要求されます。

スーパーノードになるには3つの条件を満たす必要があります。

  1. 300万ネム以上保有
  2. 最低秒間に2000回繰り返しでハッシュを生成できる
  3. NISが最新バージョン

スーパーノートになるのはかなり難しいですが、その分スーパーノードになることができればば確かな収入になるのです。

2018年においてはスーパーノードの報酬が月々20万円から30万円ほどになったそうです。

なんとか条件をクリアしてスーパーなどを体験してみてください。

少数の強者によって支配されにくい

ブロックチェーンを用いた仮想通貨取引ではトランザクションの妥当性を誰が判断するかが問題になります。

ビットコインではトランザクションにかかる計算を多く行ったノードに取引の妥当性をチェックさせます。

このため、トランザクションの計算に利用するマシンを大量に用意できる豊富な資金を持ったユーザーが取引の是非を決め、新規発行されるビットコインを独占してしまうデメリットがあります。

ネムでは取引の妥当性を判断するノードを計算料ではなく、以下の3点で総合的に決定します。

  • 取引額
  • ネムを大量保有するユーザーとの取引の有無
  • 30日以内の取引履歴

この評価アルゴリズムをProof of Importance(PoI)と呼びます。

Proof of Importance(PoI)のおかげでネムを大量に持っているユーザー以外にもネムを所持するチャンスができ、公平なコミュニティが維持されます。

トランザクションを少ない計算量で行うことができる

ビットコインは送金などのトランザクションを完了させるのに多くの計算量を必要とします。

計算量が増えれば消費電力も増大するので、計算時間が長引くだけでなく環境にも負担をかけます。

ネムが採用している取引検証アルゴリズムPoIは、ビットコインよりも少ない計算コストでトランザクションを完了させることが可能です。

ビットコインのマイニングマシンで問題になる発熱に関しても、ネムならずっと対処が楽になるでしょう。

またネムにはトランザクションの計算の一部を上位ノードに委譲するシステムもあるので、一般ノードが多大な計算コストを負うことを未然に防ぐことができます。

不正行為に強い

ハッキングに遭って甚大な被害を受けたり、解散にまで追い込まれた取引所があるほど、仮想通貨は常にハッキングのリスクを抱えています。

ネムは怪しい動きを見せるノードを自動的に発見するアルゴリズム「EigenTrust++」が備わっているためハッキングを未然に防ぐことができます

EigenTrust++はノードの行動履歴などを調べ、おかしな行為をしていないかチェックします。

ネムネットワークに接続してきたノードに対して、この監視を行うことでブロックチェーンのセキュリティを高めています。

ユーザーが手作業でチェックせずとも異常があれば教えてくれるので、管理者は何かあればすぐ対応できますし、何もない時は他の管理業務に手を回せるのでブロックチェーンネットワークの質向上にもつながります。

新規発行で通貨価値が希釈されない

仮想通貨も株と同様に新規発行で総発行量が急増すると価格が急落することがあります。

一度に大量の新規発行が行われる場合は仮想通貨の需要が堅調なことが多いので、しばらくすると価格は元に戻ることがほとんどです。

しかし一時的な取引量のアップで新規発行が増えた場合は、その後に増えた通貨量の分だだけ価格が落ちることもあります。

しかし、NEMは新規発行が一切行われない仮想通貨です。

NEMにおけるマイニングであるハーベストは新たに通貨を発行しません。

ハーベストで得られるNEWは取引を行ったユーザーから支払われる手数料のようなもので、NEMの総数は変わりません。

そのためNEMは通貨発行によって価格が下落することがないのです。

ネムに対する評判

ネムの評判

ネムを実際に利用しているユーザーの声をツイッターから集めました。

利用者がネムに対してどんな印象を持っているのか知ることでネムの実態をつかむのに役立ててください。

ネムの価格がハッキング事件後から少しずつ上げてきているのは、バブルを経てネムの公平性が評価され始めた可能性もあります。

名前から来るカワイイイメージが日本人の感性に響いているのがネムの底堅い人気の秘密のひとつのようです。

ネムは発行量が一定ですから、他の通貨の価格が変動する局面においても安定度が高い。

リップルとネムはどちらもトランザクションのスピードが自慢ですから、リップルの取引速度が持ち上げられる際は同時に値を上げる傾向があるようですね。

こういった草の根的な利用も、ネムの認知度を高める上で重要になります。

ハッキング問題はネムのせいではありませんが、どうしても関連付けられてしまいます。

誤解だと分かってもらえるようツイッターやブログで何度も繰り返し啓蒙していくしかないでしょう。

ネムが購入できる仮想通貨取引所

ネムが購入できる仮想通貨取引所

ネムを売買できる取引所はそう多くありません。

各取引所の特徴を把握して、自分に合った取引ができるようにしましょう。

DMMビットコイン

仮想通貨取引所 DMM Bitcoin

出典:DMM Bitcoin

大手インターネット企業のDMMが手掛ける取引所です。

レバレッジを設定してネムの取引を行うことができるので、少ない投資額でも多くのリターンを得ることができます。

しかしリスクが高い取引になるので仮想通貨だけでなく、FX等の金融商品にも詳しい方が利用すると良いでしょう。

Poloniex

仮想通貨取引所Poloniex

出典:Poloniex

60種類以上もの仮想通貨を扱っている海外の取引所です。

日本語に対応していないので、英語に自信がない方が利用するのは難しい可能性があります。

Zaif

仮想通貨取引所Zaif

出典:Zaif

国内ではどこよりも先にネムの取り扱いを始めた取引所です。

ネムユーザーにはよく知られた取引所で、現在も日本最大のネム取引量を誇ります。

ハッキング被害を受けたことで有名な取引所ですが、実はネムの取引における被害はゼロです。

事件後には金融庁の指導も受けセキュリティの改善に取り組んでいます。

運営会社もテックビューロからフィスコに変わり、顧客から受け取った資金をオフラインで保管するなど、さらなるセキュリティの向上に余念がありません。

ポイントは手数料が低いこと。

取引回数が多い方は大きなメリットを受けられるでしょう。

その他にも仮想通貨でFX取引ができるなど、投資目的でネムを購入するなら見逃せないサービスを行っています 。

ネムの将来性

ネムの将来性

ネムのブロックチェーンで用いられているプロトコルを採用した「mijin」と呼ばれるプライベートブロックチェーン・ソフトウェアが、2019年になって盛り上がりを見せています。

mijinは企業活動に欠かせない手続きを簡素化

公式サイトに寄せられた問い合わせの約半数が海外からのものになるなどい、国内外から熱い視線を受けています。

mijinは独自の電子マネーだけでなく、認証システム、登記システムなど企業活動に欠かせない手続きを簡易に実装できるソフトウェアです。

ネムの仮想通貨であるXEMが必ず利用されるわけではりませんが、ネムを支える技術が利用されているということで、このシステムが広く使われればネムの認知度も高まり、価格の上昇につながると考えられています。

アップデートにより処理速度が格段に向上

また、今後のアップデートで1秒間に処理できるトランザクションの数が大幅に上昇すると言われています。

そのスピードはリップルを上回る秒間4000件です。

この数値はクレジットカードで有名なVISAカードの処理能力と同じレベルです。

現状でも十分に速い取引処理速度がさらにアップしますからビジネスにおいてネムを利用しようと考える企業は増えるでしょう。

アップデートが実行されれば通貨価格上昇は間違いないと言われています。

このようにネムの未来に明るい展望を見せてくれる要素がいくつもありますから、期待できる仮想通貨と言えるでしょう。

ネムのまとめ

ネムは時価総額ランキング20位と低迷しており、決して影響力のある仮想通貨とは言えません。

しかし、ビットコイン・イーサリアム・リップルには無い公平性が大きなメリットとして受け止められ、一部の仮想通貨ユーザーから絶大な支持を得ています。

そのため底割れしない堅調な時価総額を維持しています。

この傾向は今後も変わらないでしょうから、これから大きく価格を下げることは考えにくいです。

気になる将来性は期待が持てる内容です。

金融機関や一般企業の基盤システムに利用されることが起爆剤となる可能性があります。

下落リスクが少なく、値を上げる可能性を秘めているネムを逃す手はないでしょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事