仮想通貨を取り扱う取引所は、日本国内を含めて世界の各国で展開されています。

数多くある取引所の中から、今回はDeCurret(ディーカレット)についてご紹介。

DeCurretという取引所の特徴や、使い方についてお届けします。

今後の発展が期待される仮想通貨界ですが、投資者としては投資・購入する通貨と取引所の選択が重要となってきます。

DeCurretの特徴や登録・口座開設方法、使い方を知り、仮想通貨取引を選択する際の手段の一つとして参考にしてもらえたら幸いです。

DeCurret(ディーカレット)とは

DeCurret(ディーカレット)

出典:DeCurret

DeCurretは、2019年3月25日に金融庁より登録業者として認可を受けたばかりの新しい仮想通貨取引所です。

運営しているのは2018年1月に設立された株式会社ディーカレット。

2019年3月27日より取引所の新規口座開設をはじめ、取引所としてサービスを開始しました。

2019年4月16日からベーシックアカウント開設が開始され、仮想通貨の取引が可能となります。

サービス開始を記念して、2019年6月30日までは

  • 新規アカウント開設で2,000円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント
  • 全7種通貨ペア交換取引で最大3,500円相当のビットコイン(BTC)プレゼント

このようなキャンペーンを行っています。

この2つのキャンペーンを実施すると最大で5,500円相当のビットコイン(BTC)がもらえることになります。

期間中であれば、ぜひこのキャンペーンを利用して、無料でビットコイン(BTC)をゲットしましょう。

DeCurret(ディーカレット)の登録・口座開設方法

2019年3月27日から取引所サービスを開始したDeCurretですが、どのように利用を開始したら良いのでしょうか。

ここからはDeCurretの新規口座開設の方法についてお伝えしていきます。

これから登録を始めるという人は参考にしてみてください。

まずはDeCurretの公式サイトにアクセスをし、画面右上にある「新規登録」をクリックして、新規口座開設の手続きを開始していきます。

公式サイトトップページの「新規登録」をクリックすると

  • メールアドレス
  • パスワード

を入力する画面になります。

初回利用時は新規登録からになりますので「新規登録」をクリック。

するとゲスト登録という画面に移ります。

  • メールアドレス
  • パスワード(半角英数字記号 8文字~72文字、英字大文字・小文字・数字を1文字以上含める)
  • 招待コード(持っていれば)
  • 規約同意のチェック

これらを入力して「送信する」をクリックします。

すると登録したメールアドレスに本人確認コードが送られていますので、メール受信後30分以内に入力をします。

入力をしたら「認証する」をクリックします。

すると「ゲスト登録が完了しました」という画面になりますので、この画面が表示されたら新規登録は完了です。

これでDeCurret公式ページトップの「ログイン」からログインを行うことが可能になります。

DeCurret(ディーカレット)が取り扱う仮想通貨の種類

DeCurretにログインをすると、ウォレット画面に移行し取引を行うことができるようになります。

では、DeCurretの取引所では、どのような仮想通貨を取り扱っているのかを見ていきましょう。

ビットコイン(BTC)

仮想通貨の主軸通貨と言われているビットコイン(BTC)ですが、DeCurretでも当然取り扱いがあります。

また、DeCurretでは、日本円で仮想通貨との取引ができる日本円ペア以外に、ビットコインペアでの取引も行えます。

DeCurretの取引用に、その他の取引所で取引を行う用にもビットコインを購入することが可能です。

ビットコインキャッシュ(BCH)

2017年にビットコイン(BTC)から分裂(ハードフォーク)をして生まれたビットコインキャッシュ(BCH)。

そのため、日本国内の仮想通貨取引所でも、ビットコインとビットコインキャッシュはセットで取り扱われることが多く、比較的手に入れやすい通貨です。

DeCurretでもビットコインキャッシュを取り扱っています。

リップル(XRP)

日本では仮想通貨代表格のビットコインよりも人気があると言われているリップル(XRP)。

2018年12月31日付の日本人の仮想通貨保有額ランキングでは、ビットコイン(BTC)を抜いて1位を獲得したのはリップルでした。

日本人に支持され、世界的にも送金技術の開発が進んでおり、今後が期待される通貨です。

ライトコイン(LTC)

ビットコイン(BTC)の次に歴史の深いライトコイン(LTC)。

ビットコインを金に例えると、ライトコインは銀に例えられることがあります。

ビットコインよりも処理速度などの性能面で優れていますが、ビットコインキャッシュ(BCH)の影にやや隠れがちなところもあります。

しかし、移り変わりの激しい仮想通貨の中で、ビットコインについでの歴史の長さは信頼に十分に値します。

目立つ存在ではないかもしれませんが、厳しい環境を生き抜いてきた信頼のできる通貨です。

DeCurretでは、以上4種類の仮想通貨を取り扱っています。

DeCurret(ディーカレット)の取引方法

DeCurret(ディーカレット)にログインをすると取引所(Wallet)画面となります。

画面の左側に取り扱っている通貨が一覧で表示されていることがわかります。

仮想通貨取引を行うためには日本円の入金が必要です。

まずは入金方法について見ていきましょう。

画面左側には通貨ごとにメニューが表示されています。

  • 日本円
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • リップル
  • ライトコイン

これらの通貨名の下に

  • 入金
  • 出金
  • 買う
  • 売る
  • 受取る
  • 送る

それぞれのメニューが記載されています。

口座開設をしたらまずは日本円の入金になりますので「日本円」をクリック。

お客様のアカウントで当該機能を利用するにはアカウントクラスの昇格が必要です。

このような表示が出ます。

一旦「閉じる」をクリックし、「日本円」の「入金」という部分をクリックします。

「こちらの機能はベーシックアカウントへのアップグレード後にご利用いただけます。」

という案内が出ますので、「アカウント情報ホーム画面へ」をクリック。

日本円の入金や取引を行うには、ベーシックアカウントへの登録が必要になります。

「ベーシックアカウントを開設する」をクリックし、画面の指示に従ってベーシックアカウントを作成していきましょう。

ベーシックアカウントの口座開設申請が完了すると、数日後にアカウント開設通知が届きますので、アカウント開設コードを入力し、ベーシックアカウントでログインします。

ベーシックアカウントでログインすることで、入金や取引が可能となります。

DeCurret(ディーカレット)の入金方法

DeCurret(ディーカレット)の口座に入金を行うには、ホーム画面の左側にある通貨一覧の日本円を選択し「入金」をクリック。

もしくは、画面右上にある「日本円入金」をクリックして入金作業を行います。

画面の指示に従って、指定の口座に振り込むことで入金作業は完了です。

仮想通貨を入金する場合は、ホーム画面左側の通貨一覧から、入金したい通貨を選択し、「受取る」をクリック。

受信用のアドレスが表示されますので、そのアドレス宛に通貨を送金することで、仮想通貨の入金は完了となります。

DeCurret(ディーカレット)の出金方法

DeCurret(ディーカレット)の口座から日本円を出金したい場合は、事前に口座情報を登録しておく必要があります。

ホーム画面左端にある、人間のマークをクリックすると「日本円出金先銀行口座」と部分がありますので、そこから出金先の銀行口座情報を登録します。

登録が完了したら、ホーム画面の通貨一覧から日本円を選択し、「出金」をクリック。

出金金額を設定して出金を行います。

仮想通貨の出金(送金)を行う場合は、ホーム画面の通貨一覧から、出金したい通貨を選択し「送る」をクリックします。

送金先のアドレスと、送金数量を入力して送金を行うことで出金することができます。

DeCurret(ディーカレット)の売買方法

DeCurret(ディーカレット)で仮想通貨の売買についても見ていきましょう。

操作は非常に簡単にできます。

購入方法

仮想通貨を購入する場合は、購入したい通貨を、ホーム画面の左側から選択します。

ここではビットコイン(BTC)を例にあげていきます。

ビットコインを選択し「買う」をクリックします。

すると画面中央部に

  • シンプル
  • 成行
  • 指値
  • 逆指値

というメニューが出てきます。

どのような取引(買い方)を行いたいかで選択しましょう。

ここでは「成行」を選択しています。

購入したい仮想通貨の量を指定し購入することができます。

売却方法

仮想通貨を売却する場合の操作は、購入方法とほぼ同じです。

売却したいしたい通貨を、ホーム画面の左側から選択し、「売る」をクリックします。

すると画面中央部に購入のときと同じように

  • シンプル
  • 成行
  • 指値
  • 逆指値

というメニューが出てきます。

どのような売り方をするかで選択しましょう。

ここでも「成行」を例として選択しています。

売却したい仮想通貨の量を指定し実行することで売却を行うことができます。

DeCurret(ディーカレット)の手数料

仮想通貨取引で気になってくる手数料についても見ていきましょう。

DeCurret(ディーカレット)の手数料については次のようになっています。

取引手数料は無料です。

その他、仮想通貨受取手数料やアカウント開設手数料、口座維持手数料は全て無料となっています。

入出金に関する手数料は次の通りです。

通常入金に関しては振込手数料のみがかかり、クイック入金を行う場合に手数料がかかってきます。

  • ペイジー入金の場合は1回ごとに324円
  • コンビニ入金の場合は1回ごとに540円

入金方法によって、これら各手数料がかかってきます。

出金に関しては1回ごと270円の手数料がかかります。

仮想通貨の出金に関しても手数料がかかり、その料金については次の通りです。

  • ビットコイン(BTC):0.0004BTC
  • ビットコインキャッシュ(BCH):0.0002BCH
  • リップル(XRP):0.01XRP
  • ライトコイン(LTC):0.001LTC

各通貨によって割合が違っていますので注意しましょう。

DeCurret(ディーカレット)はスマホアプリにも対応

ここまではパソコンでの作業、パソコンでサイトを開いた場合の説明を行ってきましたが、DeCurretはスマホアプリにも対応しています。

公式サイトからiPhone版、Android版のQRコードがありますので、使っているスマホに合わせてダウンロードしていきましょう。

使い方としてはパソコン版と基本的に同じです。

アプリを開いてログインをすると、パソコン版のホーム画面左側に表示されていた通貨一覧が表示されますので、取引したい内容に沿って選択していきましょう。

DeCurret(ディーカレット)のまとめ

今回は仮想通貨取引所の中では歴史の浅い、新しい取引所DeCurret(ディーカレット)についてお届けしました。

取り扱っている通貨の種類として、4種類と決して多くはありませんが、パートナー企業に誰もが知っているような大手企業の名前が並んでいることが特徴です。

DeCurret(ディーカレット)

出典:DeCurret

 

仮想通貨取引所は、取り扱い通貨の種類もそうですが、資産を保全するための信用がとても重要です。

こうした大手企業がパートナーということは、それだけ信頼されている取引所という見方もできます。

サービスを開始して歴史が浅いDeCurret(ディーカレット)ですが、今後のサービス展開や取り扱い通貨の増加などに注目していきましょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事