仮想通貨スピンドル(SPINDLE)がついにGACKTを広告から外したと発表!

2018年9月27日仮想通貨スピンドルの広告塔として活動していたGACKTがついに、運営元のスピンドルから切り捨てされました。

日本のniftyニュースが発表したNEWSがこちら⇩

この報道については、“仮想通貨” という表記から弊社がその企画・開発に関与しておりますSPINDLEとの関連性を想像させる可能性がありますが、弊社並びにSPINDLEとは一切の関係がないことをお知らせいたします。》

《この報道について大城ガクト氏並びにSPINDLEプロジェクトに大城ガクト氏を派遣した氏が役員の1人である事業会社に事実関係についての説明を要求しているところであります。さらには、SPINDLEプロジェクトのAsia Strategic Adviserである大城氏に関する一連の報道が著しくSPINDLEの社会的な信用を毀損し、プロジェクトの推進を妨害するものと判断し、厳正に対処すべく処分の検討を進めてまいります。》

と、GACKTをかばうどころか切り捨てる内容なのだ。

ネット上では「GACKT切り捨て」といわれている。GACKTと無関係を装っているが、ブラックスター社も相当に怪しい。

前社長の宇田修一氏に対して、金融庁から業務廃止命令が出た。

理由は改善命令を無視し続けた結果で、処分は「適格機関投資家等特例業務を廃止」だという。

こんな人物を社長にしていたブラックスター社も相当だが、一緒になって仮想通貨事業を始めたGACKTも責任は大きい。

引用:niftyニュース・仮想通貨スピンドルの運営会社ブラックスター社が広告塔のGACKTを切り捨てか

ICO割れしているスピンドルがさらに下落!

参考文献:coingeckoチャ―ド:スピンドル9月21日~9月27日

スピンドルはICO時30円弱の価格を付けていました。しかし、海外取引所5箇所で上場した途端にスピンドルの価格は3円ほどになりました。

その後も下落を続け、最終的には0.3円~0.4まで価格が落ちています。

つまり、スピンドルはICOをした時よりも1/100まで価格が下落しています。

スピンドルがICO割れを起こし、GACKTはこのままTV追放か

今回の騒動の前にも、2018年8月にGACKTは、Yahoo!ニュースに崖っぷちに追い込まれていると発表されたばかりです。

以下は、当時Yahoo!ニュースが発表したスピンドルとGACKTについての文章です。

人気歌手のGACKT(45)が崖っ縁に追い込まれた。

「東スポや複数の週刊誌が取り上げたことで、当局も無視するわけにはいかなくなったようです」

こう語るのは警察関係者。マークされているのは歌手というより、もはや実業家のGACKT。バラエティー番組「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日系)では絶対王者として君臨するが、ビジネスの方では迷走を続けている。

問題になっているのは通称「ガクトコイン」と呼ばれる仮想通貨「スピンドル」。GACKTは立ち上げから関与している中心メンバーで、その知名度を生かし“営業”を担当。数百億円の出資金を集めたというのは本紙既報通りだ。

上場前のプレセール時のレートは1スピンドル(SPD)=30円弱。ところが、5月19日に国外の取引所5つで上場したスピンドルは大暴落し、1SPD=3円弱と、価値が10分の1に。1日現在の価格は0・3円弱で、ついに100分の1になってしまった。

「“胴元”側のGACKTは上場直後に数千万円分を売り抜けたといいます。これは草コインと呼ばれる無名の仮想通貨を使ったICO(資金調達)でよく見られる手口。『上場後に100倍になる』『あの有名人も出資している』などの売り文句で出資を募り、上場後に胴元側だけが抜いて荒稼ぎする。バックに半グレや反社会的勢力がいることも多い」とは仮想通貨に詳しいライター。

昨年12月、自身のブログでスピンドルの素晴らしさを熱く伝えていた男が本当に売り抜けをしていたのなら、出資者はあぜんとするしかない。

しかも、スピンドルの企画・販売会社Bは無登録営業で今年1月、金融庁から資金決済法違反の疑いがあると通告された“いわくつき”の業者。関係者によると「出資者にそのことは伏せられていた」という。

冒頭の警察関係者は「現在、警視庁生活安全部内のサイバー犯罪対策課がスピンドルの件を調べていると聞いている。当然、GACKTも捜査対象だ」と話す。

サイバー犯罪対策課は今年1月、コインチェック社で580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した際に、盗まれたNEMの追跡などを行ったエキスパート集団だ。

「仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術で売買の履歴が残る。サイバー課はGACKTら胴元側の履歴を念入りに調べている」

GACKTの事情聴取もあり得るだけに、本紙で伝えた通り、そうなればしばらくはテレビ界から“追放”だろう。

引用:Yahoo!NEWS:2018年8月5日

つまり、今回のスピンドルからGACKT切り出しは、今に始まったことではないということですね。

では、ICO割れしているスピンドルとGACKTについて、改めて振り返ってみよう

スピンドルとGAKTOの関係性

スピンドルとGAKTOの関係は、やはり密接率が高いです。

なぜなら、先述した通り、GACKTを広告塔とし、営業担当していたからです。

では、スピンドルとGAKTOの関係性を1つずつみていきましょう。

スピンドルのプレセールは成功。しかしICO割れを起こす

スピンドルは、ミュージシャンのGACKTを広告塔として起用しておることで、プレセールで220億円もの成果を上げることが出来ました。

しかしプレセールで成果を上げた後、スピンドルの価格が暴落し、ICO割れを起こしてしまいます。

スピンドルがICO割れを起こした後、投資家達は相当な金額の損害を受けました。

スピンドルは、価格暴落により日本から撤退。

日本からスピンドルが日本から徹底すると、スピンドル本体にクレームを言うことが出来なくなり、投資家達の怒りの矛先はGACKT氏に向きました。

GACKTがスピンドルがICO割れ起こす前に売り抜いた疑惑

スピンドルの価格が暴落してICO割れする前に、GACKT氏が売り抜けしたと言う疑惑もあり、スピンドルに投資していた投資家たちの敵視がさらに加速。

>>>ライブドアニュースに掲載されていましたが、現在は削除されています。

スピンドルの運営元が違反したとしてGACKTも警視庁から操作対象になる

さらに、スピンドルを運営していたブラックスターは無登録営業で金融庁から資金決済法違反の疑いがあると通告されています。

このことは投資家たちには伏せられていましたが、発覚し投資家たちの怒りの炎にさらに油を注ぐ形になっています。

スピンドルは無登録営業や運営側の売り抜けなどが問題視され、警視庁も動くことになっていますが、GACKTもその捜査対象に。

スピンドルコインは通称GACKTコインとまで言われていただけに、GACKTはTV追放されるとも言われています。

スピンドルがICO割れした最大の理由

スピンドルがICO割れを起こしている理由は、GACKTのスキャンダルが影響している訳ではありません。

なぜなら、スピンドルがICO割れしたその最大の理由は、サポートメンバーと運営側の意識差と言われています。

スピンドルの場合は、サポートメンバーのGACKTが広告塔となり220億円もの大金を集めることに成功しましたが、運営側のユーザーサポートなどが不十分であったため、その不信感から売りに回る投資家が多かったためと言われています。

また、スピンドルの運営元は33%のロックアップを実施したものの、ロックアップ以外の金融商品を販売しないと言うのもの、ユーザーへの不信感を煽ることに。

そして、スピンドルのICO資金調達は日本の投資家の数は多かったものの、総資金では海外の投資家の方が多い結果になりました。

GACKTの名前は、日本では信頼性がありましたが、海外まではGACKTのネームバリューは届きませんでした。

ですから、海外の投資家達は純粋に運営体制だけを評価した結果、運営元の不信感から上場後すぐに売り体勢になってしまいました。

結果的に、表舞台では、サポートメンバーの中心であるGACKTにばかり注目されていましたが、運営元のユーザーサポートや、集めた資金の運用についても不明確な点が多く、ICO割れを起こすことになっています。

つまり、スピンドルがICO割れを起こしている最大の理由は、スピンドルの運営元にあるということです。

ICO割れを起こしているスピンドルの今後は

ICO割れを起こしているスピンドルですが、投資家達から不信感を多く集めている以上、価格上昇する可能性は低いでしょう。

しかし、近年にICO割れを回収するサービスも出来つつあると、私は耳にしています。

ですから、ICO割れを起こしている仮想通貨を持っている人にとっては、救いのサービスなのではないかと。

また、スピンドルコインについて詳しく知りたい人は下記の記事で説明していますので、ご覧ください。

>>>仮想通貨SPINDLE(スピンドル)とは?買い方・購入方法・上場後の現在・将来性は?

この記事が役に立ったら【はてなブックマーク】でシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨トリビアの最新情報

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!大手メディアが主要銘柄に関する情報しか発信していない中、仮想通貨トリビアではアルトコインやここでしか知ることが出来ない情報も満載で発信しています。登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩※購入を進めるような投稿は一切していません。

仮想通貨 美人

チャッティネス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

あなたにおすすめの仮想通貨記事