Nexo(ネクソ)

ローンに特化した仮想通貨Nexo(ネクソ)は、リップルを担保にできることを発表されたことで一時期話題になった仮想通貨ですね。

通常仮想通貨企業は新規で仮想通貨市場に参入しますが、Nexoの場合、仮想通貨Nexoを発行する前からすでに金融系に関する顧客を抱えておりプラットフォームを構築していることから、将来的に期待ができる仮想通貨とも言えますね。

では一体Nexoにはどんな特徴があるのか、本記事を通じて分かりやすく紹介しますね。

Nexo(ネクソ)のwiki的基本情報

仮想通貨名 Nexo(ネクソ)
トークン名 NEXO
公開月 2018年4月29日
開発国 スイス
開発チーム Credissimo
発行上限 1,000,000,000 NEXO
発行枚数 560,000,011 NEXO
アルゴリズム -
公式HP nexo.io
ホワイトペーパー Nexoのホワイトペーパー
Twitter @NexoFinance
Facebook @NexoFinance
Reddit Nexo community
TelegramID Nexo.io Community
YouTube Nexo

Nexo(ネクソ)とは/開発された目的

2018年4月29日に公開されたNexoはブロックチェーン技術を活用したローンサービスを提供するプラットフォームを構築することを目的としています。

Nexoのプラットフォームが構築されれば、世界中どこでもNexoを利用が出来ますし、仮想通貨を担保としてお金を借りることも出来ます。

またNexoを発行しているCredissimoは、ヨーロッパの中でも大手FinTechグループであり、すでに何百万人ものユーザーを抱えているとか。

さらにNexoは、世界初の米国SEC準拠の資産担保トークンであることから、大きな注目の的になっています。

Nexo(ネクソ)の特徴

Nexo

仮想通貨を担保として短期ローンを組むことができる

Nexo最大の特徴は、仮想通貨を担保とした短期ローンを組むことができることです。

いわゆる「通貨」としての機能よりは、新たなサービスの提供と言ったほうが正しいかもしれません。

1000ドル(11万円)~200万ドル(2.2億円)までのローンを組むことができると言われています。

例えば、仮想通貨に投資している投資家がいるとします。

この投資家がまとまったお金が必要になった時に、これまでであれば保有している仮想通貨を売却して現金化しなければなりませんでした。

もし売却をしてしまうと、

  • 出金時に手数料が発生する。
  • 手元に現金が入るまでに時間を要する。
  • 売却益の金額によっては税金が発生する。

このような投資家側にデメリットがあります。このようなデメリットを解決するのがNexoです。

仕組みを簡単に説明していきます。

融資を受けたい投資家は、自身専用のウォレットに担保となる仮想通貨を転送します。この転送された仮想通貨の金額に応じて、Nexoは米ドルやユーロの現金を投資家へ支払います。

一般的なローンと同じなので、投資家は融資を受けた分、Nexoへ返済を行います。

完済すれば担保としていた仮想通貨が返却をされます。

Nexoで融資を受けることで、

  • 即日(もしくは翌日)に現金が手に入る。
  • 無駄な手数料が発生しない。(専用ウォレットに仮想通貨を転送するだけ)
  • 仮想通貨を売却する必要がないので、税金も発生しない。

このように仮想通貨を担保としてローンを組むことが出来ます。

もちろんローンですから利息が発生します。しかし売却益にかかる税金を考えたら利息のほうが安く済む可能性が高いです。

Nexo(ネクソ)の欠点/問題点

Nexo(ネキソ)

Nexoの特徴で、仮想通貨を担保にして融資を受けることができると説明してきました。

一見仮想通貨投資家にとって非常に有利と見えるかもしれませんが、いくつか欠点もあります。

融資を受けられる法定通貨は米ドルとユーロのみ

融資を受けられる法定通貨は現在のところ米ドルとユーロとなっています。

日本円を受け取ることは出来ません。

日本人にとっては今のところちょっと不便と感じるかもしれませんね。

しかしNexoは今後、日本円・人民元・英ポンド・韓国ウォンなど幅広い法定通貨に対応していくと予想されています。

担保に対応している通貨はビットコイン・イーサリアム・リップル

仮想通貨を担保にするとお伝えしましたが、Nexoのプラットフォーム内で担保にできる仮想通貨は、以下の5つです。

となっています。

数ある仮想通貨の中でも限られた通貨しか利用できないということです。

と言っても、どれも仮想通貨の中でもダントツに高い支持率を持つ通貨ですから、そこまで不便になることはないかもしれませんね。

今後は独自トークンにも対応する予定になっています。

実はNexo(ネクソ)こんな企業と提携しています!

Nexo(ネキソ)

仮想通貨トロン、中国大手企業バイドゥと協力

Nexoは今後、仮想通貨トロンを運営しているトロン財団と協力していくと発表しました。

またこのトロン財団の創設者でCEOであるJustin Sun氏の公式ツイッターで、「1兆円以上の巨大企業と提携する」と発表があり、トロン財団公式ツイッターでも中国最大手のインターネットサービスプロバイダーであるバイドゥと協力していくと発表されています。

つまり、Nexoの可能性は非常に大きいということですね。

Nexo(ネクソ)の評判・口コミ

Nexo(ネキソ)

ここで、いくつかNexoに関する評判や口コミについて見ていきましょう。

  • Nexoの共同設立者Antoni Trenchev氏は、新たにビットコインキャッシュとライトコインを担保として追加すると発表。
  • 大きい取引所に上場すれば価格は上がる可能性が高い。

やはり2018年にXRPを担保にできるとして、Nexoは大きく注目されたのが分かりますね。

Nexo(ネクソ)が購入できるおすすめの取引所3選

Nexo(ネキソ)

Nexoは残念ながら日本国内では扱っている取引所はなく、海外取引所で購入するしかありません。

そこでNexoが購入できる海外取引所をいくつか紹介していきます。

Idex(アイデックス)

Idex(アイデックス)取引所は分散型取引所と呼ばれ、ブロックチェーン技術を利用した取引所です。

ですので、特定のサーバーや管理者を必要とせず、取引の参加者で管理をする仕組みになっています。

従来の取引所は、中央集権型(管理者が存在する)であり、ハッキングや不正のリスクが少なからずありましたが、分散型であれば特定の管理者はおらず、ユーザー同士でお互いを管理するブロックチェーン技術を利用すればハッキングや不正の可能性が極めて低くなります。

また管理者の人件費などがかかりませんので、余計な手数料も発生しません。

現在はほとんどの取引所が中央集権型となっていますが、今後はIdexのように分散型管理の取引所が増えていくかもしれません。

HitBTC(ヒットビーティシー)

イギリスで運営している取引所で、以前は日本人向けにもサービスを行っていましたが、現在は一時閉鎖状態にあります。

理由としては、金融庁による無登録営業の警告を受けて、仮想通貨交換業免許を取得することを前提に一時的に日本市場から撤退しています。

いずれは金融庁に登録され、日本市場に復帰してくると言われています。

取引手数料が安く、-0.01%~0.1%になっています。

-0.01%とは、取引をすると0.01%の手数料がバックされる(得をする)ということです。

取引手数料がマイナスを示す取引所は世界中の取引所を見ても非常に少ないですから大きな強みと言ってもいいでしょう。

Hotbit(ホットビット)

イギリスの拠点を置く取引所で、30種類以上の通貨を扱っています。

海外取引所の中では、取り扱う通貨数は比較的少ないほうですが、国内取引所に比べれば多いです。

日本での知名度はかなり低いですが、エアドロップを頻繁に行っていることが有名です。

取引手数料は0.2%に設定されています。

また最近イーサリアムをベースに開発された取引所トークンであるHTBトークンが開発され、注目されています。

Nexo(ネクソ)の今後の将来性

Nexoのサービスはこれまでの仮想通貨にはなく、非常に注目を集めています。

実際にサービス開始から1年足らずの間で時価総額は急上昇しています。

懸念することと言ったら、仮想通貨の不安定な値動きではないでしょうか。

2017年末、仮想通貨を代表するビットコインは200万以上の値が付きましたが、現在は40万円前後になっています。

たった1日で10%以上値動きをすることも頻繁に起こっています。

これほど大きな変動では安定したローンを組めないのではないかと考えてしまいます。

サービス自体は非常に画期的で、ニーズもあると思いますので、仮想通貨の全体的な値動きが安定してくれば、とても伸びる通貨だと個人的には考えています。

ロードマップも具体的に公開されており、今後の展開に期待が持てる通貨の一つと言えるのではないでしょうか。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事