Satoshi

2020年大注目!
FILECOIN MINER第三期販売がスタート!

2017年にICOで200億円以上の資金調達に成功し話題を呼んだFILECOINですが、これまでのICOでは、

総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家

もしくは

年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家

というハードルをクリアした投資家のみ手に入れることができました。

しかし、今回FILECOIN専用のマイニングマシンが先行発売され、

FILECOIN MINERになると、一般投資家でもFILECOINを手に入れることが可能に!

6月に一期発売があったものの即完売

Filecoinマイナー スターターキット

しかも、7月の第二期募集も即完売!

しかし、気になっていただけども手に入れることができなかった人の為に、

第三期販売が開催!

期間限定での先行販売ですので、気になる人はFILECOIN MINER専用サイトをご覧下さい。

ビットコインにおけるSatoshiの意味とは

Satoshiとは、数多くある仮想通貨の種類の一つであるビットコインの最小単位のことです。

Satoshiの名前の由来はビットコインの考案者【サトシ・ナカモト】に由来します。

そして、ビットコインの基本的な単位は二つで、BTCとSatoshiになります。

Satoshiの価値/単位は

1BTC=100,000,000Satoshiとなります。

つまり1Satoshiは1BTCの1億分の1です。

仮に1BTCが日本円で100万円であれば、1Satoshiは0.01円になります。

1億分の1の単位では使い所のないように思われるSatoshiですが、ビットコインでは重要な役割を果たしています。

ビットコインとSatoshiの関係性

ビットコインでは少額決済が可能になっています。

市場での取引も0.0001BTCから可能です。

ただし546Satoshi以下の取引は【dust(ゴミ)】と呼ばれ、ビットコインのシステム上承認されません。

そんなビットコインですが、市場に登場してから現在まで激しい値動きを見せています。

値動きが激しければ、少額決裁が可能なビットコインでは小数点以下の数字表記が取引で頻出してしまい、非常にわかりにくいです。

それをSatoshiで換算することで、整数表記にすることが可能になります。

Satoshi以外の単位も登場!!

しかし現在、BTCとSatoshiだけでは桁幅が広すぎるので、現在は補助単位の1mBTC(0.001BTC)や1μBTC(0.000001BTC)も使用されています。

補助単位の出現によりSatoshiの利用頻度は減ってしまいそうに思われますが、Satoshiはビットコインプロトコル内でも使用されています。

ビットコインでの送金などの取引データの計算の単位はSatoshiで行われているのです。

Satoshiとアルトコインの関係

アルトコインをビットコインのレートで表示する単位としても、Satoshiが使われています。

Satoshiは少額通貨の取引単位だけでなく、他の仮想通貨の取引、ビットコインのシステムの根幹でも使用されている重要な単位です。

BTCという単位だけでなく、Satoshiにもなじみを持っておくと良いでしょう。

\ライブバカラをするならベラジョンカジノがおすすめ!/

コインチェック
【2020年大注目!】FILECOIN MINER第三期販売開始!

2017年にICOで200億円以上の資金調達に成功し話題を呼んだFILECOINですが、これまでのICOでは、

総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家

もしくは

年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家

というハードルをクリアした投資家のみ手に入れることができました。

しかし、今回FILECOIN専用のマイニングマシンが先行発売され、

FILECOIN MINERになると、一般投資家でもFILECOINを手に入れることが可能に!

6月に一期発売があったものの即完売

Filecoinマイナー スターターキット

しかも、7月に行われた第二期募集も即完売!

しかし、気になっていただけども手に入れることができなかった人の為に、

第3期販売が開始!

期間限定での先行販売ですので、気になる人はFILECOIN MINER専用サイトをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

関連情報