仮想通貨 ホワイトペーパー

2020年大注目!
FILECOIN MINER第三期販売がスタート!

2017年にICOで200億円以上の資金調達に成功し話題を呼んだFILECOINですが、これまでのICOでは、

総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家

もしくは

年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家

というハードルをクリアした投資家のみ手に入れることができました。

しかし、今回FILECOIN専用のマイニングマシンが先行発売され、

FILECOIN MINERになると、一般投資家でもFILECOINを手に入れることが可能に!

6月に一期発売があったものの即完売

Filecoinマイナー スターターキット

しかも、7月の第二期募集も即完売!

しかし、気になっていただけども手に入れることができなかった人の為に、

第三期販売が開催!

期間限定での先行販売ですので、気になる人はFILECOIN MINER専用サイトをご覧下さい。

仮想通貨におけるホワイトペーパーの意味とは

  • 英語表記:White Paper

ホワイトペーパーとは、事業者が流通する前の仮想通貨を、販売促進に繋げるために仮想通貨の価値を投資家達に、知ってもらう為の文書のことです。

ホワイトペーパーには、主に次のことが書かれています。

  • 仮想通貨がどういった経緯で開発されたのか
  • 仮想通貨がどのような機能を持つのか
  • 会社の資産情報(一部)

などが、書かれています。

そして投資家達は、ホワイトペーパーに書かれている仮想通貨の使用目的を見てから、発行される仮想通貨を購入するかしないかを判断します。

ホワイトペーパーを読むことでのメリット

ホワイトペーパーの文書を読むことで、仮想通貨の知識を蓄える事が出来ます。

ですが、ごく一部の人しか知らないのが現状です。

ホワイトペーパーは、主に英語で記入されている事も多く、英語が苦手な方は和訳する事もせずにそのまま仮想通貨を購入してしまう事が多いです。

しかし今では、技術の発達により英文から和文に翻訳が出来る方法があります。

ホワイトペーパーを読む事が出来るようになると、新しい仮想通貨のお披露目会に参加する時の、トラブルも軽減出来るようになります。

例えば、ホワイトペーパーだけ書いておき開発、研究も全くやらずに仮想通貨を販売しようとする悪質な詐欺に巻き込まれる事があります。

また、ホワイトペーパーに記載されている計画が必ず実行されるとは限りません。

文書に記載されている事は今後の予定の公開が主な為、最終的に利益を受けられるかは会社次第なのです。

ホワイトペーパーには、こうした取り返しのつかないトラブルに巻き込まれる事をある程度回避出来るようになるメリットがあります。

ですので、ホワイトペーパーは必ず読みましょう。

ホワイトペーパーを読む時の注意点

ホワイトペーパーを読んで、疑問に思うような事があれば出来るだけ、その会社に投資はやめておきましょう。

初心者の場合、知識も無く仮想通貨に投資する事は自殺行為です。

仮想通貨に関する知識や様々なトラブル事例、仮想通貨の開発にどのような技術が駆使されたのか、しっかり学んでから仮想通貨投資をするようにしましょう。

\ライブバカラをするならベラジョンカジノがおすすめ!/

コインチェック
【2020年大注目!】FILECOIN MINER第三期販売開始!

2017年にICOで200億円以上の資金調達に成功し話題を呼んだFILECOINですが、これまでのICOでは、

総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家

もしくは

年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家

というハードルをクリアした投資家のみ手に入れることができました。

しかし、今回FILECOIN専用のマイニングマシンが先行発売され、

FILECOIN MINERになると、一般投資家でもFILECOINを手に入れることが可能に!

6月に一期発売があったものの即完売

Filecoinマイナー スターターキット

しかも、7月に行われた第二期募集も即完売!

しかし、気になっていただけども手に入れることができなかった人の為に、

第3期販売が開始!

期間限定での先行販売ですので、気になる人はFILECOIN MINER専用サイトをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

関連情報