リップルの東京オリンピック

2020年、東京ではオリンピックが開催されます。

東京オリンピックは経済にも良い影響を与えると予測されており、様々な分野から期待が集まっています。

そんな東京オリンピックでは、仮想通貨リップルを公式通貨にしようという動きが高まっています。

そこでこの記事では、なぜリップルが東京オリンピックの公式通貨に推されているのか、

そして、リップルが東京オリンピックの公式通貨として認められた場合、どのようなことが起こるのか、まとめていきます。

リップルを東京オリンピックの公式通貨に!?

リップルを東京オリンピックの公式通貨にする動き

数多くの仮想通貨が存在する中で、2020年に開催される東京オリンピックの公式通貨としてリップルを推す動きが強まっています

すでにオンライン上のプラットフォームを利用した署名活動も実施されています。

東京オリンピック2020のカウントダウンが始まりました!

この世界的なイベントは大きな文化的、経済的機会を提供しますが、開催国もインフラ、交通、支払いシステムに関して多くの課題に直面します。

2008年の北京やリオデジャネイロのような過去の出来事で見られたように、観光客が国内に流れ込むにつれて、現地通貨の需要が急増し、通貨交換に長いラインをもたらします。混乱する為替レートと言葉の壁はさらに問題を複雑にします。

私たちは、Ripple LabのXRP暗号通貨の高速なトランザクション時間とセキュリティが、この問題を解決する上で大きな貢献になると信じています。

ご支援ありがとうございます。

寄付は大歓迎です。

引用:XRPを東京オリンピック2020の公式暗号通貨にする!

合計で14,112人の賛同者の署名が集まっており、リップルを東京オリンピックの公式仮想通貨として認めてもらうための活動が広がっているのです。

東京オリンピックでの問題点

東京オリンピックで発生する可能性のある問題

基本的にオリンピックは、開催される国の国民だけが盛り上がるのではなく、世界中の選手や応援団が集まることから世界中で盛り上がるイベントです。

東京オリンピックのために世界中からたくさんの外国人が日本へ訪れるため、様々な問題が発生する恐れもあります。

マナーに関する問題が発生する恐れ

日本人は比較的マナーの良い国民性であるとされており、世界中からも評価されています。

しかし海外の人によってはマナーが悪いことがあり、様々な問題が発生してしまう恐れがあります。

特にゴミや騒音問題などが発生しやすくなるので、注意が必要です。

東京オリンピックに向けて、「ゴミ箱をあらゆる場所に設置する」「防音対策を強化した宿泊施設を増やす」などの対策が行われています。

入国審査に時間がかかる問題

海外の人がこれまで以上にたくさん入国するということは、入国審査に時間がかかってしまうという問題も発生します。

しかし、しっかりと入国審査を行わないと危険な人物が入国してしまい、トラブルの元となります。

そのため、これまで以上に厳しい入国審査が行われる予定となっていますが、時間がかかり過ぎることによって、日本を訪れる外国人に対して強い不信感やストレスを与える可能性も危惧されています。

様々な海外の国から外国人が訪れるので両替の問題

日本の法定通貨は「円」となっているため、日本を訪れる外国人は自国の通貨から日本円に両替する必要があります。

スムーズに両替を行うことができれば問題ありませんが、多くの外国人が訪れる東京オリンピックでは、円滑に両替を行えない可能性が高まります

この両替に関する問題も、東京オリンピックの大きな課題の一つとなっているのです。

両替問題の解決策

両替問題の解決策

東京オリンピックが開催される際、大きな問題に繋がりやすいのが両替問題です。

そこで両替問題を解決するために、様々な対策を実施する必要があります。

どのような対策が適しているのか各々で異なっているので、注意しなくてはいけない部分です。

両替機

日本は両替を実施できる場所が少なく、現在も大きな問題に繋がっています。

そこで解決策として、いろいろな地域に両替機を設置することで、多くの外国人が訪れてもスムーズに両替しやすくなります。

また自動外貨両替機の設置が重要となっており、自動両替機を数多く設置することができれば、日本に訪れた外国人はストレスを感じることなく両替を行えるようになるはずです。

自動両替機を設置しているお店は集客効果も期待できるため、お店側にもメリットとなります。

クレジットカード

キャッシュレス化が進んでいる海外では、クレジットカードの利用頻度が高く、日常的に利用されています。

そのため、多くの外国人が訪れる東京オリンピックに向けて、クレジットカード決済が行えるお店を続々と増やす対策が実施されています。

国内発行のクレジットカードにも対策が行われており、ICカードの導入が急速に進められています。

ICカードが導入されたクレジットカードで決済できるようにすることで、外国人が支払いをする時に少しでも安心感を与えられるように配慮されているのです。

仮想通貨

仮想通貨を使用した決済についても、決済できる店舗を増やすために少しずつ対策が行われています。

特に日本は海外と比べても仮想通貨決済に対応しているサービスが非常に少ないのが現状です。

そのため、タクシーや飲食店の支払いなどを仮想通貨決済で行えるように対策が進められています

また、現在も様々な実証実験が行われており、スムーズな決済の実施に向けて検証が続けられているのです。

そもそもなぜリップル?

リップル(Ripple/XRP)

現在、東京オリンピックの公式仮想通貨として仮想通貨リップルが推されています。

公式通貨としてリップルを推す動きが強まっている3つの要因について見ていきましょう。

リップルの技術が導入されているSBIマネータップ

リップルの技術が導入された「SBIマネータップ」というサービスがあります。

「SBIマネータップ」によって、リップルの知名度が格段に高くなったことが、東京オリンピックの公式通貨として推されている要因の一つとなっています。

日本で高い人気を獲得している仮想通貨リップル

仮想通貨リップルは、日本で高い人気を獲得している仮想通貨の一つです。

特に保有率では世界一となっており、多くの日本人が仮想通貨リップルを保有していることも要因となっています。

リップルは今後の価格上昇も期待されているため、東京オリンピックで公式仮想通貨にする動きが活発化しているのです。

素早い決済を行える魅力

仮想通貨リップルの大きな特徴として、他の仮想通貨よりも素早くスピーディーな決済が可能という特徴があります。

現金支払いの場合、どうしても小銭や紙幣などの法定通貨が必要となり時間がかかってしまいます。

またビットコインなどの仮想通貨では、決済スピードが問題となるケースもあります。

しかしリップルは、スピーディーな決済を実現しており、あっという間に決済を済ませることが可能となります。

このような利点があることから、東京オリンピックの公式通貨としてリップルが推されているのです。

リップルが東京オリンピックの公式通貨になったらどうなる?

リップルが東京オリンピックの公式通貨になったら

もしリップルが東京オリンピックの公式仮想通貨として認められた場合、様々な変化が発生する可能性があります。

現時点でリップルを保有している人にとっても大きな影響を及ぼす可能性があるため、しっかりと理解しておく必要があるでしょう。

リップルの価格が一気に上昇

リップルが東京オリンピックの公式通貨として認められた場合、東京オリンピックのために日本を訪れる外国人は、積極的にリップルを購入する可能性が高くなります。

この動きによって、リップルの価格が一気に上昇する確率が高まるでしょう。

日本を訪れた外国人は、様々な支払いをリップルで行えるため、両替の煩わしさからも開放され快適な支払い環境を堪能することができます。

また、通貨の価値も数倍以上に跳ね上がる可能性があることから、すでにリップルを保有している人たちも多大な期待を寄せています。

日本でリップル決済を行えるサービスの増加

たとえ公式仮想通貨に認められたとしても、使い道がなければ全く意味がありません。

そのため、リップルが公式仮想通貨と認められた場合は、多くの店舗や施設で決済するための環境を整える動きが強まります

これにより、これまで以上に仮想通貨リップルを支払いで使用できるチャンスが増えるでしょう。

たくさんのリップルを持っている人は、わざわざ円に両替しなくてもスムーズな支払いを行えるので便利ですね。

更にリップルの認知度と将来性が高くなる可能性

国内ではビットコインよりも人気が高く、No1の保有率を誇るリップルですが、公式仮想通貨として認められた場合は、さらに知名度が高くなります。

これまで仮想通貨に興味を持っていなかった人も、リップルに対しては興味を持つ可能性があります。

それによってリップルの取引が活発化され、これまで以上に利益を出しやすい状況が発生します。

また将来性も高まっていくため、リップルの価格や取引はさらに良い影響を受けるでしょう。

現在の東京オリンピックでは公式通貨を何しようとする動きがある?

リップル 東京オリンピック公式通貨

リップルをオリンピックの公式通貨にしようとする動きは強まっており、これまで以上に活発化しています。

インターネットでもたくさんの情報が掲載されていますし、他の仮想通貨よりも有利なポジションに立っています。

このまま順調にいけば、リップルが東京オリンピックの公式仮想通貨として認められる確率は高いかもしれません。

とはいえ、東京オリンピックに向けて『オリンピックコイン』が開発されるのでは?という意見もあることから、詳しくは下記の記事をご覧ください。

結局リップルが東京オリンピックで使用される可能性はある?

東京オリンピックでリップルが使われる可能性が高い

東京オリンピックでリップルが使用される可能性が高いかもしれません。

決済や支払いの問題をスピーディーに解決できるだけではなく、すでに日本人の中でも高い人気を獲得しているため浸透しやすいというのも理由の一つです。

またリップルは他の仮想通貨と比較しても単価が低いため、経済的に余裕のある人だけではなくて、資金が少ない人でも十分に取引できるチャンスがあります。

仮想通貨取引を行ったことがない人も気軽にチャレンジできることからも、リップルが東京オリンピックの公式仮想通貨に注目されているのです。

まとめ

東京オリンピックの公式仮想通貨として動きが活発化している仮想通貨リップル。

リップルは日本で高い人気を獲得しており、保有している人がとても多い仮想通貨です。

両替問題を解決し、決済を素早くスムーズに行えることから、オリンピックの公式通貨として推す動きが強まっています。

外国人にとってもリップルが東京オリンピックの公式仮想通貨として認められれば、快適に支払いを済ませることができるため今後も注目していきましょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事