ライトコインとビットコインキャッシュ

数年前に比べ、現在は数多くの仮想通貨が存在しており、盛んな取引が行われています。

そんな中で高い評価を獲得している仮想通貨に、ライトコインとビットコインキャッシュがあります。

それぞれに異なる大きな特徴があり、どちらも高い評価を獲得しています。

この記事では、それぞれの特徴や違い、保有率や将来性について詳しく解説していきます。

また、ライトコインとビットコインキャッシュの取引が行える国内取引所も併せて紹介します。

ライトコインとビットコインキャッシュの特徴の違い

ライトコインとビットコインキャッシュの特徴の違い

アルトコインの一つであるライトコインとビットコインキャッシュには、それぞれ異なる特徴があります。

ライトコインとビットコインキャッシュそれぞれがもつ特徴について、詳しく見ていきましょう。

ライトコインとは

ライトコイン(Litecoin/LTC)

ライトコインは、2011年10月に公開された、かなり古い歴史を持つ仮想通貨です。

発行枚数上限は8400万枚になっており、暗号方式にはScryptが採用されています。

また取引承認時間は約2.5分となっており、スピーディーな取引承認を実現しています。

ライトコインは、取引承認時間が短くスピーディーな取引が可能なため、即時性が求められる決済に向いている仮想通貨です。

また強固なセキュリティも確立されており、取引などを安心して実施することが可能です。

ビットコインキャッシュとは

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ/BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題などを解消するために、ビットコインのハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

2017年8月に公開された比較的新しい仮想通貨の一つになります。

取引承認時間は10分となっておりビットコインと同等ですが、ブロックサイズが32MBになっていおりビットコインの4倍になっているのが大きな特徴です。

ブロックサイズを大きくすることで送金詰まりを防ぐことができるだけでなく、取引に関する様々な記録を実施することが可能です。

ライトコインとビットコインキャッシュの共通点

ライトコインとビットコインキャッシュの共通点

PoWを採用

ライトコインとビットコインキャッシュには、プルーフオブワークシステムを導入しているという共通点があります。

非中央集権的なシステム

どちらも管理者が存在していない非中央集権的なシステムで、記録された取引に不正がないかマイニングによってチェックされています。

ライトコインとビットコインキャッシュは、このような対策をすることで、健全な取引を行えるように取り組んでいます。

取引量が多い

また、ライトコインとビットコインキャッシュには、盛んな取引が行われており取引量が多いという共通点もあります。

どちらも注目度の高い仮想通貨となっており、今後も盛んな取引が行われていく可能性が高いでしょう。

ライトコインとビットコインキャッシュの価値の違い

ライトコインとビットコインキャッシュの価値の違い

魅力的な仮想通貨として存在しているライトコインとビットコインキャッシュには、どちらも高い価値が発生しています。

現時点ではビットコインキャッシュには平均で数万円の価値があり、ライトコインよりも高い価値となっています。

ライトコインは、2019年6月9日時点で約1万2千円台の価値に落ち着いています。

現時点では、ビットコインキャッシュの方がライトコインよりも高い価値がありますが、今後の状況によっては、どちらももっと価値が上昇する可能性を秘めています

ライトコインとビットコインキャッシュの保有率の違い

ライトコインとビットコインキャッシュの保有率の違い

国内で比較した場合、ライトコインよりもビットコインキャッシュの方が高い保有率を誇っています。

ビットコインキャッシュは、ライトコインの約3倍ほどの保有率が高く、国内でも高い人気を獲得しています。

ビットコインキャッシュはモナコインやリップルに次ぐ保有率となっていますが、ライトコインは残念ながらビットコインキャッシュに負けている状況です。

ただしライトコインは中国で高い保有率を誇っており、ライトコイン全体の約75%ほどを中国人が保有しているというデータが存在しています。

ライトコインとビットコインキャッシュの将来性の違い

ライトコインとビットコインキャッシュの将来性の違い

ライトコインとビットコインキャッシュは、どちらも期待されている仮想通貨なので将来性が高いです。

ライトコインの将来性

ライトコインは送金や決済に優れているので、今後は多くのお店や施設で決済として導入される可能性を秘めています

また素早く送金することができるので、この部分において高い将来性が確立されています。

ビットコインキャッシュの将来性

ビットコインキャッシュは、比較的新しい仮想通貨なので取り扱っていない取引所も多いのが現状です。

しかし価格も上昇し続けており注目度も高くなっているので、今後は多くの取引所で取引を行える可能性を秘めています

更に基軸通貨として取り扱う取引所も増えており、これも注目されている部分の一つです。

ビットコインキャッシュ決済も少しずつ増えているので、今後に期待されている状況です。

このようにそれぞれ異なる特徴において、高い将来性が確立されています。

結局ライトコインとビットコインキャッシュはどちらが将来性が高い?

結局ライトコインとビットコインキャッシュはどちらが将来性が高い?

ライトコインも将来性が高い仮想通貨ですが、ビットコインキャッシュの方がより高い将来性があると言えます。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークによって誕生しているため、誕生した当初から知名度が非常に高いというのが理由です。

それに合わせて現状の価値が高く、今後はもっと価値が高まる可能性を秘めています

更にビットコインキャッシュは、続々と取り扱う取引所が増えていて、気軽に取引を行える環境が整えられつつあります。

海外だけではなく、国内でもビットコインキャッシュ決済を行えるお店やサービスが増えているので、ライトコインよりもビットコインキャッシュの方が将来性が高いのです。

ライトコインとビットコインキャッシュが購入できる国内取引所3選と特徴

ライトコインとビットコインキャッシュが購入できる国内取引所3選と特徴

ライトコインとビットコインキャッシュを購入できる国内取引所はいくつもあります。

その中でもおすすめの国内取引所を3つ、それぞれの特徴と共に紹介していきます。

色んな銘柄を取り扱っているコインチェック

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)

出典:Coincheck

コインチェックは、国内取引所の中でも高い人気を獲得している仮想通貨取引所です。

様々な銘柄を取り扱っているという点が、高い人気を獲得している理由の一つとなっています。

ライトコインやビットコインキャッシュだけでなく、全10種類の仮想通貨取引が可能です。

パソコンだけではなくアプリの操作性が優れており、初心者でも迷うことなく操作ができるという点も大きな特徴となっています。

またチャートなどの画面が見やすいという点も特徴で、現状どのような価格なのかという情報も速やかに把握することができます。

上級者だけではなく、初心者も快適に利用できる国内取引所として人気が高く、積極的な取引や管理が実施されています。

厳重なセキュリティが魅力のGMOコイン

GMOコインは、有名なGMOグループが運営している国内取引所です。

レバレッジ取引を行うことが可能となっており、少ない資金でも大きなリターンを期待することができます。

貸仮想通貨サービスも実施しており、特定の仮想通貨を貸出することで、金利を受け取ることができます。

更に多くの人が安心して仮想通貨取引や管理を実施できるように、厳重なセキュリティ対策が行われているのが魅力です。

これによって大切な仮想通貨を守ることができ、悪質な人物によるトラブルを事前に避けることに成功しています。

GMOコインを運営するGMOグループは様々な事業に挑戦し安定した業績を出すことができているので、安心感と信頼性が高いのも魅力と言えるでしょう。

盗難補償が設定されているビットフライヤー

仮想通貨取引所bitFlyer

出典:bitFlyer

ビットフライヤーでは、盗難補償が設定されているので、万が一の状況が発生した場合は一定額の補償を受けることができます。

強固なセキュリティも魅力の一つで、初心者の人も安心して取引を実施することが可能です。

シンプルなデザインと見やすい画面のアプリも特徴の一つとなっています。

初心者でも安心して取引を行えるような環境が整えられており、評価されている部分と言えます。

また、ビットコインを無料で貰える独自のサービスを実施しており、多くの人に興味や関心を与えている国内取引所です。

ライトコインとビットコインキャッシュのまとめ

ライトコインは古い仮想通貨の一つとして存在しており、スピーディーな承認取引時間が最大の特徴です。

ビットコインキャッシュはビットコインのハードウォークによって誕生した仮想通貨で、32MBというブロックサイズが特徴です。

ライトコインも魅力的な仮想通貨として期待されていますが、価格や将来性に関してはビットコインキャッシュの方が勝っています。

ビットコインキャッシュを取り扱う取引所も続々と増えており、より簡単にスムーズに取引を行えるように環境が整えられているのです。

保有率もビットコインキャッシュが勝っており、国内ではライトコインよりも高い保有率が確立されています。

ただし、ライトコインは中国で高い人気を獲得している仮想通貨なので、中国では圧倒的な保有率を獲得しています。

ライトコインもビットコインキャッシュも、どちらも国内取引所で簡単に購入することが可能です。

仮想通貨取引所を選択する場合は、それぞれの特徴をじっくりと比較し、自分に最適な取引所を選択するようにしましょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事