BitKing取引所

国内にも多くの仮想通貨取引所がありますが、海外も合わせると実に様々な特色を持つ仮想通貨取引所が多数存在します。

仮想通貨取引所に登録することでトレードが可能になりますが、国内取引所にないサービスを利用したい場合には、海外取引所を選択肢に入れる人もいます。

海外取引所は、取り扱い通貨の豊富さや高倍率のレバレッジ取引など幅広い選択肢があり、国内取引所にはない魅力あります。

この記事では、そんな海外取引所の一つであるBitKing取引所をピックアップ。

BitKing取引所の特徴や利用する際の注意点、評判や登録方法の他、独自トークンBKGについても紹介していきます。

BitKing取引所のwiki的基本情報

BitKing

出典:BitKing

仮想通貨取引所名 BitKing
独自トークン有無 BKG
設立日 -
運営会社 BKG HOLDINGS LIMITED
取引所がある国 -
公式ホームページ https://bitking-trading.com/
日本語対応 ×
日本人対応
Twitter -
Facebook -
Reddit -
YouTube -
TelegramID -

BitKing取引所とは

BitKing取引所とは

2019年夏に運営が開始されたばかり

BitKingは、2019年夏に運営が開始された海外の取引所です。

セキュリティに配慮した綿密な開発のもとにオープンした海外取引所であり、いくつかの特徴的なトレードシステムを採用しています。

高レバレッジ取引や独自トークンが注目されている

高いレバレッジをかけた仮想通貨取引が可能である点が注目を集めています。

取引所の独自トークンも発行しており、大手仮想通貨取引所に上場して価格が高騰する人気の高さになっています。

アフィリエイトが可能

BitKingでは、「KYC登録」と呼ばれる本人確認完了手続も行っています。

登録者にはアフィリエイトリンクが発行され、アフィリエイトが可能です。

開業後もシステムのアップデートを準備しており、さらに安全で使いやすい取引所を目指しています。

BitKing取引所の独自トークンBKGとは

BitKingToken (BKG)

出典:ADVFN

取引所系トークンは価格高騰しやすい

BitKingは、取引所トークンとして「BKG」を発行しています。

取引所トークンとは、仮想通貨取引所が独自で発行している通貨であり、取引所内の様々なサービスに利用できます。

海外の代表的な取引所トークンとしては、BinanceのBNBトークンなどがあります。

取引所トークンは注目を集めやすく、価格高騰の事例が多いのが特徴です。

証拠金として利用できる

BKGトークンは、BitKing取引所内において証拠金として利用できるため、実用性に富んでいます。

BitKingが今後取引所として発展していく中で、BKGトークンの価値がさらに高まる可能性があります。

BitKing取引所では、「Jobcoin」も証拠金への利用が可能です。

BitKingとのつながりから、JobCoinの価格についても投資家の間で今後注目が集まることが予想されます。

BitKing取引所の特徴

BitKing

出典:BitKing

BitKingは、仮想通貨取引所として注目度の高い独自の特徴を持っています。

ここでは4つの点で特徴的なものを挙げてみましょう。

200倍のレバレッジ取引が可能

BitKing取引所では、200倍のレバレッジ取引が可能です。

200倍はサービス開始時のものであり、実質的には500倍のレバレッジ取引が可能です。

海外の取引所ではBitMEXが100倍のレバレッジ取引に対応していますが、それよりもはるかに高いレバレッジ取引ができます。

レバレッジ取引に関しては大きなリスクが指摘されるため、日本国内の取引所ではレバレッジが縮小傾向にあります。

当初は最大25倍のレバレッジが可能であったものが、現在では5倍以下のレバレッジに抑える取引所が増えています。

その点から比較しても、500倍や200倍のレバレッジというのは極めて高い数字です。

日本国内ではできない高いレバレッジをかけた取引を行いたい人には、使い勝手のある取引所と言えます。

注目を集める独自トークンを発行

BitKingの独自トークンである「BKG」は、2019年の7月11日に海外の大手取引所CoinBeneに上場しました。

この際には、上場開始から3時間で80倍以上に価格が上昇するという大きな高騰ぶりを見せました。

取引所トークンの価格は、仮想通貨市場の価格状況に関係なく、独自の上昇を見せる点が特徴的です。

BKGも価格の高騰から判断して大きな注目を集めているトークンであることを証明しました。

BKGトークンは、BitKingでの取引に際して証拠金として扱われることも注目すべき部分です。

このことにより、取引所の基軸通貨として実際に多くの利用が見込まれます

取引所独自のBKGトークンの今後が期待される点です。

証拠金に関してはBKGやJobCoinになりますが、今後はビットコインや法定通貨の証拠金利用も可能になる予定です。

手数料が安い

BitKingは、仮想通貨取引に関する各種手数料が安い点も特徴です。

仮想通貨取引には様々な手数料が必要になるため、取引スタイルによっては手数料負担が重くなる可能性があります。

取引所を上手に利用するためには、各取引所の手数料について認識しておくことが必要です。

BitKingでは「取引手数料」「ポジション管理料」「入出金手数料」はいずれも無料になっています。

入出金に関してはネットワーク料金が必要ですが、少額です。

もちろん口座開設費や維持費も無料です。

スプレッドが0.15%という低水準も特徴です。

BitKingの手数料の安さを上手に利用すれば、仮想通貨取引においてコスト削減につながる取引所と言えます。

先行登録者が多くセキュリティも強固な体制

BitKingは、運営開始前の時点から多くの先行登録者が集まっています

このことは、BitKingに対する期待の高さを裏付けでもあります。

特徴的なサービスに加えて、セキュリティに対する確実な取り組みについても高評価の一つと考えられます。

アップデートによって強固なシステムに支えられた取引所である点が特徴です。

BitKing取引所を利用する際の注意点

BitKing取引所を利用する際の注意点

BitKing取引所は期待値の高いサービスを提供する取引所ですが、一方で、取引にあたっては注意点もあります。

デメリットになる可能性の部分を十分に意識した上で、利用することが大切です。

ここでは3つの部分で注意点を書いてみましょう。

高レバレッジによって損失が増大するリスク

BitKingは500倍や200倍ものレバレッジをかけることが可能であり、損失リスクに十分な注意が必要です。

高いレバレッジは、利益の大きさと損失の大きさとが裏腹の関係です。

サービス開始時でも200倍という極めて高いレバレッジが利用可能なため、状況によっては多くの金額を失ってしまう危険性があります。

日本国内の仮想通貨取引所が総じて低いレバレッジであるのは、レバレッジに対する懸念に配慮しているからです。

仮想通貨市場は、円やドルなどの法定通貨市場よりも値動きの幅が大きいのが特徴です。

幅が大きいだけではなく、急激に価格変動が起こることもあります。

極めて短時間に一気に価格の上昇や下落があるため、レバレッジ取引にはいっそうのリスクが伴います。

通常でも値動きが大きい市場に加えて、これほどの高いレバレッジが利用できることは、極めて危険性を含んだトレードになる可能性があります。

レバレッジ運用を行うのであれば、損失に耐えられる程度のレバレッジにするなど、最大限の注意を払って利用することが望ましいと言えます。

ゼロカットシステムがない

レバレッジ取引において、ゼロカットシステムを導入している取引所も存在します。

ゼロカットシステムとは、価格が急激に変化して証拠金を割り込むような事態になった場合に、マイナスになった分は0に戻すシステムです。

これにより、投資家は証拠金を超える額のマイナスになることを防ぐことができます。

ゼロカットシステムがあればいくら損失を出しても証拠金以内で収まるため、一定の安心感をもって取引が可能になります。

ところが、BitKingはゼロカットシステムを採用していません

強制ロスカットのシステムは備えているため、基本的には一定の損失で収まるように配慮はされています。

しかし相場の急激な変化によってロスカットが間に合わない事態になれば、最悪の状況として証拠金を割り込む借金を抱える可能性が出てきます。

BitKingのホームページでも、そのような事態に陥った際の損失については、会社として補償や賠償の責任を負わないことが明記されています。

新しい取引所で日本語対応をしていない

BitKingは新しい取引所で、まだ実績というものはありません。

現時点では日本語対応もしていないため、日本人が登録や取引をする場合には戸惑うことがあります。

海外取引所という点にも注意が必要です。

日本国内の法律は適用されないため、突然の運営停止やシステムダウンなどがあった場合に、個人としての対応が困難です。

スムーズにサポートを受けられない場合もあるなど、様々なリスクを考慮しておくことが大切です。

一定の安心感を持って取引するためには、今後のBitKing取引所がどの程度日本人利用者になるかを見守る必要もあります。

BitKing取引所の評判(口コミ)

BitKing取引所の評判

BitKing取引所のTwitter上での評判は、BKGトークンやレバレッジに関するものが多い傾向です。

同じく、BitKingで証拠金として利用可能なJobCoinについての評価もあります。

「BitKingのBKGトークンが、CoinBeneの24時間取引高のトップになる」

「500倍レバレッジ取引所のBitKingは、ポジション管理料は無料でも、ゼロカットではない点に注意が必要」

「BKGと共に、JobCoinも価格が上昇」

BitKing取引所の登録方法

BitKing

出典:BitKing

BitKing取引所のアカウント開設方法は簡単です。

但し、ホームページは英語表記のため、日本語翻訳に切り替えて行うとわかりやすくなります。

  1. 公式サイト右上の「Register(登録)」をクリック
  2. メールアドレス・パスワード・氏名を入力
  3. 利用規約の同意にチェック☑を入れる
  4. 「Register(登録)」をクリック

「Register(登録)」をクリックすると、登録したメールアドレス宛にメールが届きます。

受け取ったメール内容を確認し、メール認証を行えばアカウントの開設は完了です。

BitKing取引所のまとめ

BitKingは、独自トークンや高倍率のレバレッジなどに特徴のある新興の仮想通貨取引所ですが、日本国内においての利用者はまだ限定的です。

取引所トークンがCoinBeneに上場した際の価格高騰により注目を集めていますが、取引所の今後については未知数な面があります。

今後のサービス状況やシステムの状況も冷静に見ていくことが大切です。

特に実質500倍とも言われている圧倒的な高レバレッジでありながら、ゼロカットシステムを採用していない点も意識する必要があります。

今後もシステムのアップデートが予定されているため、公式サイトで確認しておくといいでしょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事