プレゼントのバナー

もしかしたら、仮想通貨がナカモトサトシさんの論文から始まったということは知っているかもしれません。

しかし、仮想通貨が今よりも20年以上前から予測されていたっていうのは知っていましたか?

それも、こじつけとは言い難いぐらい的確に考察されている経済紙の記事が出回っています。

なぜそういった考察をすることができたのかを含め、仮想通貨を裏で操作しているかもしれない組織についても詳しく考察していきます。

オカルト的要素も含む内容ですが、ぜひ最後までお読みください!

プレゼントのバナー

仮想通貨の誕生が予想できた理由とは?

仮想通貨の歴史

仮想通貨の誕生が予測されていたかもしれないという事実にみなさんはどう思うでしょうか?

後述させて頂く、英経済専門誌エコノミストによって仮想通貨の誕生は30年以上前から予想されていました。

なぜ、エコノミストにそういった記事を執筆することができたのか?

調べてみると、実はこのエコノミストのオーナーの中には、世界経済を裏で操っていると言われている「イルミナティ」の中核に位置するロスチャイルド家の名前もあります。

イルミナティとは、現実の歴史もしくはフィクションで登場する秘密結社の名称。

日本語では、明結社、バヴァリア啓明結社、光明会とも表現されることもあります。

実際には1777年から活動を始め、9年間ほどしか活動をしていなかったそうですが、よく陰謀論などのネタとなっています。

イルミナティは一部からオカルトの様な扱いを受けているのも事実ですが、陰謀や策略をもって現在でも行動していると信じている方も多数存在します。

ウッドロー・ウィルソン元アメリカ大統領も「自分に相談してくる商業や製造業分野の大物たちは何かを恐れているようである。また、その何かはとても大きく社会に浸透しており、完璧に組織化されているため、用心深い彼らを非難する時には声を潜める必要がある」とイルミナティに関すると思われる内容を語っています。

イルミナティが実際に存在して裏でかじをとっているとすれば、これは“予言が実現した”というよりも、“計画が実行された”という表現の方が正しくなるでしょう。

次に、30年以上前に仮想通貨が世界の紙幣に代わると予言されていたという記事を紹介していきます。

英経済専門誌「エコノミスト」から仮想通貨誕生が予想できた!?

エコノミスト

実は、30年前の1998年に掲載された「The Economist」という雑誌にて仮想通貨が世界で使われるようになるということが予言されていました。

英経済専門誌エコノミストとは、

  • ビル・ゲイツをはじめ、世界中の著名人が愛読しているイギリスの政治経済紙
  • ロスチャイルド家が発行している
  • 鋭い分析をしている記事が情勢に与える影響が大きい経済紙
  • 世界で重要な政治経済紙の1つと評価されている

といった特徴のある雑誌になっています。

また、エコノミストが毎年年末に刊行しているという“世界はこうなるだろう”という予言に近いシリーズの表紙は、未来の世界情勢を示しているということで有名になっています。

1998年に書かれた雑誌の表紙を見てみるとわかりますが、燃える紙幣の上に鳥が羽を広げていて、その中心にある仮想通貨を思わせるようなコインには2018というロゴがはっきり記されています。

さらに、右上には“Get ready for a world currency(世界通貨に備えよ!)”と記されています。

世界通貨に備えよとはどういった意味だったのかについては、本誌に詳しく載っていたようです。

「今から30年後、アメリカ人、日本人、ヨーロッパ人、他の豊かな国の人々も貧しい人々も同じ通貨で買い物をするようになるだろう。その通貨はドルでも円でもなく、フェニックス通貨と呼ばれるだろう。企業や消費者は、その利便性において、このフェニックス通貨を既存の法定通貨よりも好むようになるだろう」

といった予言が本誌でされていたようで、これには驚きを隠せません。

また、コインには10φという記号も書き記されています。

この10φには3つの意味が隠されていると噂になっています。

  • φ(ファイ)は、数学において空集合という意味を表しており「どこのグループにも属さない」という意味があります。その点を考慮すると、この通貨はどの国家にも属さない通貨であるという意味と解釈できます。
  • φは0と1で作られており、これは量子学的に重ね合わせたという状態であり、量子ビットを表している。
  • 10には0から1に向けて新しくスタートするという意味があり、新しい通貨ができるという意味になっている。(これは少々当てつけのような気がします。)

しかし、実際に仮想通貨の考えというのは、アメリカで1995年に発表されていますが、それは電子マネーやソーシャルゲームを含んだものであって、実際に現在の仮想通貨が初めて発行されたのは2009年のビットコインが始まりだとされています。

ですが、量子学コンピュータも1980年代から既に研究が始まっていたようです。

偶然にしては、できすぎていますよね。

また、仮想通貨を匂わせるようなものはエコノミスト以外にもありました!

仮想通貨を匂わせる表現は実はここにあった!

仮想通貨の歴史

仮想通貨の登場を匂わせていた経済専門誌エコノミストですが、エコノミストのオーナーにイルミナティの存在があることも解説しました。

裏の経済を操っているというイルミナティには、その名をタイトルに使用して1994年に制作された「イルミナティカード」といったカードが存在します。

このイルミナティカードというのは実は問題で、ただのカードゲームのカードとして作られているのですが、「未来を予言しているカード」として評判になっています。

例えばですが、“Pentagon”や”Terrorist Nuke”といったカードは完全に2001年に起こったアメリカの9.11テロを暗示していたような完全に似たイラストになっているカードなっています。

他にも“Enough is Enough”(もううんざりだという意味)のカードがあり、トランプ大統領にそっくりな顔のイラストが使われています。

このカードについては、トランプ氏が大統領になる前からその性格を端的に表していたことから注目を集めていました。

そんな未来を予言するイルミナティカードが、仮想通貨の予想をしていたとしたら驚きですよね?

仮想通貨の予想はイルミナティカードから読み取れる!?

イルミナティカード

実はイルミナティカードにも、仮想通貨を予言していたとされるカードが2種類存在しています。

Currency Speculation

そのうちの1つが「Currency Speculation(通貨投機)」というカードです。

利鞘を得るために価格変動をフルで活用したようなイラストが使用されています。

一般的に価格変動というのは需要と供給のバランスの変化によって生じるものですが、それはあくまでも一般的なものです。

裏で一部の権力者が市場操作を行っているということもありえます。

現在でも仮想通貨を多く所有している一部の人が相場を一気に動かすというのはよくあることですよね。

もしかしたら、裏でイルミナティが操作している可能性があるかもしれません。

仮想通貨においては、価格の急騰や暴落といったことが他の通貨と比べて多いのは、そういう仕様として作られている可能性もあるので、今後急騰急落には注意したほうがよさそうですね。

Banker Merger

もう1つのカードが「Banker Merger(銀行合併)」といったカードになります。

このカードには、巨大魚が大きい魚を食べ、大きい魚が中ぐらいの魚を食べ、中ぐらいの魚が小さい魚を食べ、小さい魚が更に小さい魚を食べているイラストが使われています。

そのそれぞれの魚についているマークに各国の通貨シンボルが使用されています。

・大きい魚=円
・中ぐらいの魚=ポンド
・小さい魚=ドル
・更に小さい魚=セント

このイラストからは、今後の各国の通貨の力関係を表しているようにもとれます。

ただ、巨大魚の目にはイルミナティのシンボルマークである“ピラミッドアイ”が使用されています。

このことから、食物連鎖のようにつながっていた魚たちの頂点に立つのは、イルミナティによって予言されていた“仮想通貨”になるかもしれないといったことが考察できます。

また、仮想通貨のイーサリアムの開発には、イルミナティの中核に位置するロスチャイルド家も携わっていたという噂もあるので、イーサリアムが主要として活躍していく将来があるかもしれません。

イルミナティカードとビットコインは深い関係がある!?

イルミナティカード

先述させて頂きましたが、イルミナティカードはビットコインとも深い繋がりがあると考えられています。

というのも、先ほど紹介させて頂いた「Banker Merger」というカードがビットコインをそのまま表していると考えられます。

仮想通貨そのものを予言していたと考えられるイルミナティとビットコインの関係性は多いにあると考えられます。

仮想通貨の誕生はユダヤ系財閥の計画内だったという意見もありますが、どうなのでしょうか?

仮想通貨の誕生はユダヤ系財閥の計画のうちだったのか!?

イルミナティカード

仮想通貨の誕生が30年以上前から予言されていて、その予言をしていたのがイルミナティのロスチャイルド家が発行に携わっている経済紙であることは先述させて頂きましたが、実はそのロスチャイルド家というのがユダヤ系財閥なんです。

ロスチャイルド家は、今や世界の富の70%を所有していると言われているほどの世界的財閥です。

イルミナティは1786年に数々の弾圧を受けて消滅されたと言われていますが、実はそれがパフォーマンスであり、現在でも存在しているという考え方が主流になりつつあります。

ロスチャイルド家がそこまでの富を所有するに至った経緯は戦争を行うための莫大な資金調達を担当することにより、莫大な手数料による利益を得たようです。

そのような莫大な資産家がバックについていることを考えると、30年以上前から仮想通貨誕生を予言し、それを実行するために秘密裏に動いていたとしても合点があいますね

仮想通貨誕生の歴史について

仮想通貨の歴史

仮想通貨の誕生の歴史は、2008年までに遡り、“ナカモトサトシ”と呼ばれる人物がインターネット上に発表した論文が発端になっています。

その論文では、電子マネーシステムが提唱されており、P2Pという分散処理システムを利用した暗号技術を駆使する作るという内容でした。

これまでの通貨の概念を覆すような管理主体のない通貨構想に惹かれ、多くの技術者や研究者が開発に参加しました。

その結果、初めて誕生した仮想通貨が「ビットコイン」です。

ここから仮想通貨は世に広まっていきます。

仮想通貨の歴史から見る仮想通貨の今後は?

いかがでしたでしょうか、ここまで仮想通貨の歴史や30年以上前から予言されていた理由について考察、解説をしてきました。

あくまでもオカルト的な話として受け取る方も多いと思いますが、ロスチャイルド家が本当に存在し、世界の富のほとんどを所有していることがあれば、仮想通貨に絡んでいるのはほぼ間違いないのではないでしょうか。

そして、ロスチャイルド家のような大物がバックについていることを考えれば、今後仮想通貨が世界に普及されるのは必然となり、価値も今より高騰しそうな気がします。

ただ、ビットコインやイーサリアムが広まるのかその他の仮想通貨が新たに誕生して広まるのかは謎が深まります。

信じるか信じないかはあなた次第です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

プレゼントのバナー

ハワイ⇧詳しくは上記をクリック⇧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事