ビットリワード
出典:ビットリワード

ビットリワードはポイント系の仮想通貨です。

ショッピングをすることがマイニングになるという特徴を持ち、ショッピングの決済方法として注目されています。

この記事では、ビットリワードの特徴や口コミなどについてご紹介していきます。

ビットリワード(BitRewards/BIT)のwiki的基本情報

仮想通貨名 BitRewards
トークン名 BIT
最小単位 1,000BIT=0.03472ETH
公開月 ICO:2018年4月1日
開発国 ロシア
開発チーム GIFTD.tech
開発者 GIFTD.tech
発行上限 20億BIT
発行枚数 2億8000万BIT
アルゴリズム -
公式HP bitrewards.network/jp/
ホワイトペーパー wp.pdf
Twitter @bitrewards
Facebook @bitrewards.network
Reddit BitRewards_Official
TelegramID @bitrewards
YouTube @bitrewards

ビットリワード(BitRewards/BIT)とは

ビットリワードはポイント系の仮想通貨と言われ、顧客のロイヤリティ管理と向上を図るという目的で開発された仮想通貨です。

プラットフォーム上でこの通貨を利用すると、ポイントのようにトークンが付与されるようになっています。

こうしたシステムを通してこの仮想通貨を流通させることで、ユーザーと小売業者の利益を図ることができると考えられ、今後の利用の拡大が期待されています

ビットリワード(BitRewards/BIT)の特徴

BitRewards

出典:BitRewards

決済利用でトークンを獲得できる

ビットリワードは購入する際に、イーサリアムベースのトークンによって償還します。

このビットリワードの特徴としてまず挙げられるのが、ユーザーがショッピング時の決済をこの仮想通貨で行うことで、ユーザーがトークンを獲得できるという点です。

こうしたメリットの獲得は、ユーザーが商品やサービス、ギフトや体験などを購入した時に付与されます。

つまり、ユーザーが加盟店に対して決済を行った時にボーナスとしてトークンを受け取れるようになっているということが特徴です。

購入するだけで特典を獲得でき、他のウォレットへも転送可能

また、ユーザーがビットリワードをオープンマーケットで購入するだけで特典を獲得できるという特徴も在ります。

さらに、他の仮装通貨ウォレットに転送するといった方法によってもユーザーにとっての絶対的な価値を見出すことが可能という特徴もあります。

小売側にも利益をもたらす

3番目の特徴として、ビットリワードは小売側にも利益をもたらすという特徴もあります。

例えば、良く知られた大型のショッピングモールなどの決済の仕組みへ出店して参加する場合は加盟店が加入料を支払う必要があるようですが、ビットリワードの仕組みへの加盟は完全に無料とされています。

加えて、仮想通貨コミュニティをターゲットにすることで、顧客ロイヤリティの向上を図ることができれば加盟店側の利益にもなります

このように、ビットリワードは小売店側の利益にもなるという特徴が挙げられます。

発行上限枚数がある

4番目の特徴として、発行上限枚数があるという点が挙げられます。

一般的なポイントの場合は、使った金額に応じたポイントが付与されるため、理論上は無限に発行可能です、

しかし、ビットリワードは仮想通なので、発行上限枚数が決められており、その限定性から価値の上昇を期待できるという点があります。

ブロックチェーンテクノロジーを用いて開発されている

5番目の特徴としてブロックチェーンテクノロジーを用いて開発されているということが挙げられます。

こうした技術で開発されており、日本円の代わりとしてしか使用できない一般的なポイントと異なり、他の仮想通貨などの資産と交換することも容易です。

さらに、しっかりとしたセキュリティシステムを用いることで不正アクセスのリスクにも備えらえています

ビットリワード(BitRewards/BIT)に対する懸念点

ビットリワード(BitRewards/BIT)に対する懸念点

ビットリワードにはメリットだけでなくデメリットもあります。

懸念点として挙げられるのが下記3つです。

  • 顧客のアカントの不活動防止
  • 償還率が低い
  • 顧客サービスコストの増加に伴う低いクライアントリテンション

アカウントの不活動防止

1番目の顧客のアカウントの不活動防止という懸念は、顧客の利用減少により顧客アカウントの不活動につながるという点が挙げられます。

ある調査によれば、顧客の7割もの人がロイヤルティプログラムにはサインアップしないということが判明しました。

その理由は、登録完了するのに時間がかかって不便ということでした。

ロイヤルティプログラムに対して行動をとる必要性が感じられないと考える顧客や、不透明な報酬制度にマイナスイメージをもつ顧客はこうしたプログラムに対して行動を起こさないということなのです。

したがって、顧客視点に立ったアプローチを設けて、簡単で便利なユーザーインターフェイスを提供するという方法などが提供されています。

低い償還率

2番目の懸念として挙げられるのが低い償還率です。

償還しないロイヤルティメンバーやリワードプログラムメンバーは別のプログラムに参加する可能性が高いといわれます。

この点についてはビットリワードは、価値がトークンを経由して顧客ウォレットに対する直接クレジットとなるようになっています。

この点はポイント付与型の既存のシステムとは違っている点です。

顧客サービスコストの増加に伴う低いクライアントリテンション

さらに、3番目の懸念点として、顧客サービスコストの増加に伴う低いクライアントリテンションが挙げられます。

ロイヤルティプログラムの運営は時間や手間の他、スタッフの雇用やプログラムの分析報告書作成等の業務なども必要になります

よりよいプログラムを提供するとそれだけ顧客サービスコストは高くなるのです。

ビットリワード(BitRewards/BIT)の現在

BitRiwards

出典:BitRiwards

ビットをキャッシュバックとして受け取り可能なサービスを提供

ビットリワードは現在、ビットをキャッシュバックとして受け取り可能なサービスを提供しています。

これはネットワーク参加しているオンラインストアのユーザーが友達紹介を行ったり、商品やサービスなどを購入したりするなどによってキャッシュバックを受け取れるようになっているサービスです。

キャッシュバックは加盟店を通して自動作成される顧客クリプトウォレットに入金されるようになっています。

ビットを交換できると言ったサービスも提供

また、同じ店舗や他のビットリワード加盟店とビットを交換できると言ったサービスも提供されています。

これは加盟店接続されたオンラインクリプトウォレットを通して行われ、クリプトウォレットの仮想通貨残高は、ビザやマスターの銀行デビットカードに接続可能です。

ビットリワードは分散台帳型のブロックチェーンテクノロジーが使用されており、地理的な制限やプラットフォーム上の制限は全く関係なく、そのソリューションは簡単に拡張できます。

このプラグインは電子商取引プラットフォームなどから簡単にダウンロードでき、小売業者も数分でビットリワーズにアクセス可能です。

取引所で購入可能、ウォレットで使用可能

更に、ユーザーは取引所などでビットの購入もできるようになっており、標準イーサリアムウォレットなどで購入したビットを使用することができます

こうしたサービスが顧客や小売業者双方の利益につながり、そのことが顧客のロイヤリティを高めるというメリットを生み出しています。

ビットリワード(BitRewards/BIT)に対する評判・口コミ

ビットリワード(BitRewards/BIT)に対する評判・口コミ

ポジティブな口コミが多い

ビットリワードは、買い物をするとポイントがたまるのでうれしいという声や仮想通貨でもポイントがもらえるのが良いと言った意見などがあります。

さらに、加入料が無料なので助かっているという加盟店などのコメントもあります。

ビットリワードに対する口コミはポジティブなものが多く、ポイント系の仮想通貨という新しい特徴をもつビットリワードは、とてもお得な仮想通貨と言えます。

また、加盟店がトークンを保有したり利用することに対してインセンティブも設けられ、加盟店側にもよい評判となっているようです。

投資より決済利用が使いやすい

一方、公式ホームページに書かれている内容とは裏腹にトークンの価値は下がっているという声があり、価値の変動は保有するに当たっても気になる点だと考える人もいます。

そのため、ビットリワードに対する意見はポジティブなものから厳しいものまで幅広くあり、決済通貨として考える場合にはポイント系のビットリワードはポイントのように決済すると増えるのでとてもお得だけれども、投資をするよりも決済で利用した方が使いやすいといった声もあります。

辛口の評価サイトではハイスコアを獲得

Twitterでは様々な意見が飛び交っていますが、専門家や知識人などが厳しく評価することでよく知られたあるネットのサイトでは、この仮想通貨はハイスコアを獲得しています。

そして、ビットリワードは総合評価とともに個別評価も高いのが特徴です。

ビットリワード(BitRewards/BIT)の将来性

BitRiwards

出典:BitRiwards

利用者・サービス提供者の両方から需要がある

ビットリワードは、企業のポイント制リワードシステムに仮想資産を用いる初期プロジェクトともいわれています。

現在、専門家や知識人などの評価で高い評価が行われるビットリワードは、様々な方面から期待されている仮想通貨と言えます。

この仮想通貨はサービスの目的やコンセプトがはっきりとしており、マーケットでの顧客のロイヤルティ管理とその向上を図るためのシステムを備えています。

そのため、小売店がアピールして集客可能なシステムの構築は完了しています。

仮想通貨でポイントが得られるという新しい発想を持つ通貨として、今後は利用者やサービス提供者の両方からも需要があるだろうと予測されています。

将来的な価値の向上が期待されている

しかし、専門家などから高い評価を得ているからといって、全く良いものと100%断言することはできません。

続く市場の下げトレンドを経て現在の状況がある事も考えて、今後もこうしたトレンドが続く可能性も否定できません。

そのため、価値を高めるために、今後はリブランディングが行われて方向転換がなされるかもしれません。

それでも、ビットリワードがポイント系の仮想通貨として、将来的な価値の向上が期待される通貨として注目されている暗号通貨であることは間違いないと言えます。

ビットリワード(BitRewards/BIT)のまとめ

ビットリワードはショッピングがマイニングになるといった特徴を持つ仮想通貨で、ショッピングの決済方法として利用することがユーザーや小売り側のメリットになるというシステムを持っています。

そんなビットリワードには、ユーザーがショッピング時の決済にこの仮想通貨を用いることでトークンを獲得できるといった様々な特徴があります。

ビットリワードはショッピングを通してユーザーと小売業者がより良い関係を築くことができるように、仮想通貨によるユーザーのポイント獲得などを通して、顧客のロイヤリティの向上や店舗の利益拡大を可能にしていく仮想通貨なのです。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事