mooncoin(ムーンコイン/MOON)

ムーンコインは2014年に発行されたアルトコインの一つで、処理速度が速いなどの特徴を持ち、ビットコインよりもスピーディな決済を提供できると言ったメリットがあります。

また、教育分野への戦略などをもつ仮想通貨で、学生の学習モチベーションを高めると言った役割などにも期待感がある仮想通貨です。

そこで、ムーンコインとはどんな特徴を持つ仮想通貨なのかということや懸念点等についてこれからご紹介してみたいと思います。

mooncoin(ムーンコイン/MOON)のwiki的基本情報

仮想通貨名 mooncoin(ムーンコイン)
トークン名 MOON
公開月 2014年
発行上限 385,000,000,000 MOON
発行枚数 226,018,111,333 MOON
公式HP https://mooncoin.eco/
ホワイトペーパー -
Twitter @MoonCoinNetwork
Facebook MooncoinCore
Reddit -
TelegramID Mooncoin
YouTube Mooncoin Official

mooncoin(ムーンコイン/MOON)とは

ムーンコインは2014年に発行されたアルトコインの一つです。

ムーンコインは少額決済に特化して作られた仮想通貨で、少額決済を高速で行うことが可能です。

また、透明性が高く、少額決済を簡単に実現することを目標に、独自のプログラミング言語を使用して開発されています。

ムーンコインはアイルランドやスロベニア、ルーマニア、オランダなどの国で、よく検索されているコインと言われており、ニュージーランドやドイツ、アメリカやカナダ、日本やイギリスなどに住んでいる人々に保有されています。

mooncoin(ムーンコイン/MOON)の特徴

Mooncoin

出典:Mooncoin

ムーンコインには様々な特徴があります。

そこでムーンコインの特徴を5つご紹介してみたいと思います。

処理速度が速い

まず最初の特徴として挙げられるのが、処理速度が速いということです。

このコインのブロックタイムは90秒となっており、ビットコインの10分と比較すると決済スピードが非常に早いことがわかります。

そのため、ビットコインよりもスピーディな決済が期待できるという点が挙げられます。

仮想通貨の実用化の現実性などが注目されている中で、ビットコインが抱える欠点を克服しながら、ビットコインがカバーしきれない超少額決済というマイクロペイメントに対応するために、決済処理速度がスピーディな仮想通貨として設計されました。

発行枚数は3850億枚と設定されています。

ブロックチェーン技術が採用されている

ムーンコインの2番目の特徴として、ブロックチェーン技術が採用されているという点が挙げられます。

ブロックチェーンは分散型ネットワークを構成する複数コンピューターに、暗号技術を組み合わせ、取引情報等のデータを同期させて記録する等方法になります

ブロックチェーンは一定期間の取り引きデータをブロック単位にまとめて、別のコンピューター同士で検証し合うという方法で、正しい記録をチェーンのようにつないで処理していくシステムになります。

ムーンコインではこうしたブロックチェーン技術が使われているということが特徴になります。

MoonWord

ムーンコインの3番目の特徴は、MoonWordとよばれる独自プログラミング言語が採用されていることです。

MoonWordはコーディング・記録用として設計されているムーンコインの独自プログラミング言語で、スマートライクと言われる分散型プラットフォームとともに用いられているのです。

スマートライクは、ネット上のコンテンツに「いいね!」をした時に、他のユーザーが同じものを「いいね!」をしたらムーンコインが報酬としてもらえるシステムになっています。

ムーンコインは、特定のコンテンツプラットフォームには依存せずにネット上のコンテンツなら自由に「いいね!」をしてムーンコインをもらうことができるのです。

「いいね!」は物や場所など何に対しても行うことが可能で、早く「いいね!」した人ほどムーンコインを多くもらえるようになっているのです。

超少額決済可能

ムーンコインの4番目の特徴として挙げられるのが、超少額決済可能というメリットを活かして教育業界への新たな働きがけを行っているということです。

ムーンコインを用いると稼げるということを学ぶという方法で、仮想通貨を通して教育を提供するということなのです。

現段階ではまだ実用化されているわけではありませんが、例えばテストなどで高い得点をとったらムーンコインの報酬が得られるといったアイディアを提供することで、小さなうちからお金を稼ぐということを実感してもらうといった目的があるということです。

手数料がリーズナブル

そして、5番目の特徴として挙げられるのが、手数料がとてもリーズナブルということです。

このコインは手数料が低いため、気軽に決済できるというメリットがあります。

少額決済に向いている仮想通貨で、ビットコインよりも気軽に素早く決済が可能という点も注目されています。

このようにムーンコインには5つの特徴があります。

mooncoin(ムーンコイン/MOON)に対する懸念点

mooncoin(ムーンコイン/MOON)に対する懸念点

ムーンコインには懸念点もあります。

そこで、ムーンコインの懸念点をご紹介してみたいと思います。

額の大きい決済には向いていない

まず、ムーンコインは少額決済のために開発されたという背景から、額の大きい決済には向いていないという点が挙げられます。

ムーンコインは少額の決済をよりリーズナブルに行うという趣旨で作られたため、大規模な決済を行うという場合には別のコインを利用する方がメリットが多いと言えます。

投資目的には向いていない

また、発行上限に対して半分以上の通貨は発行し終えているため、投資目的としては向いていないと言うのも懸念点の一つです。

ムーンコインは以前価格が一時的に高騰しましたが、今後そうした大きな価格上昇は期待しにくいとも言われています。

そのため、投資を行うために手に入れている場合は懸念点となります。

情報セキュリティなどの問題への対応がまだ十分でない

ムーンコインの懸念点の3番目は、教育などの分野での情報セキュリティなどの問題への対応がまだ十分でないという点が挙げられます。

ムーンコインによる取り引きが日常化すると、超少額決済に対応可能なムーンコインは多くの児童や生徒などに普及していく可能性があります。

小学生のうちからスマホを持つようになった場合、現代のSNSの普及による情報セキュリティ等の課題が心配されると言えるでしょう。

mooncoin(ムーンコイン/MOON)に対する評判(口コミ)

mooncoin(ムーンコイン/MOON)に対する評判(口コミ)

ムーンコインはコミュニティが非常に強いと言われ、公式のツイッターアカウントがイタリアやフランス、アジアの国々など様々な国で存在しています。

ムーンコインの日本版ツイッターアカウントもあると言われており、世界的な広がりをもつコインということがわかります。

ビットコインや他のアルトコインに続いて、久しぶりにとても良い傾向と言った期待感を示すような書き込みもあります

ただ、ムーンコインを買ったが、輝いたことがないというような情報などもあり、まだまだ輝くまでは先の長い仮想通貨とも言えそうです。

しかし、他にはない特徴などもある仮想通貨であることは確かと言えますので、今後の展開が楽しみなコインです。

mooncoin(ムーンコイン/MOON)の将来性

mooncoin(ムーンコイン/MOON)の将来性

ムーンコインは、強力なライバル仮想通貨が存在する中で競合銘柄とどのように差別化を図るかという点が、今後の普及を左右する大きなカギと言えます。

他の仮想通貨にはない特徴がある

ムーンコインは、ビットコインではなかなか難しいといわれる超少額の決済「マイクロペイメント」が可能であったり、Smartlikes機能でSNSの可能性を広げるという他にない特徴がある仮想通貨であるため、将来的な期待が持てると言えます。

また、今後の展開次第では価格上昇も期待でき、バーンという方法などで価格が上がるという可能性も否定できません。

バーンというのは、既発行コインの利用をできなくさせることで発行総数を減らして価格上昇を図るという手法になります。

バーンが実際に行われるかは断定できませんが、価格上昇に期待が持てる場合は今のうちに保有しておくのも一つです。

教育分野への活用も注目されている

MOON-EDUと言われるサービスリリースで、テストで良い成績を収めた場合などに、学生がムーンコインの褒美をもらえるという仕組みにも注目が集まりました。

こうした方法によって、学生の学習モチベーションを高めると言った期待があります。

このような場合の褒美は少額のものとなるため、ムーンコインのプラットフォームはマイクロペイメントに対応していますので、この通貨の特徴を最大限に活用できるというメリットも期待されます。

それに関連してウォレットの開発やウェブサイトのアップデートなどにも注目が集まっています

こうした一連の試みによりムーンコインの価格上昇が起こるかもしれません。

そうした点でも期待感が持てるともいえます。

mooncoin(ムーンコイン/MOON)のまとめ

ムーンコインは、マイクロペイメントなどをスピーディによりお得に進めることができる仮想通貨です。

また、教育分野などでの活用も期待されており、今後の展開が注目されます。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

 

ベルコインなどの情報交換コミュニティを公開中!

LINE@とは別に、主にアルトコインの情報交換コミュニティのオープンチャットを開始しました!

匿名でご参加できる為、ぜひ情報交換の場としてお使い下さい^^

ご質問やご相談につきましても、オープンチャットをご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事