チャッティネス

ネムコイン(NEM/XEM)を聞いて、思い浮かべるのはハッキング事件、あるいはカタパルトされないなどのことでしょう。

正直に言えば、ネムコインに期待を寄せている声も多いですから、カタパルトされないのは失望してしまいますね。

では、ネムコインとはそもそもなぜ期待されるのか、その実態に迫っていきましょう!

ICO割れ

ネムコイン(NEM/XEM)の概要

仮想通貨名 NEM(ネム)
トークン名 XEM(ゼム)
公開月 2013年12月22日
開発組織 NEM財団
開発者 NEM財団
発行上限 8,999,999,999XEM
発行枚数 8,999,999,999XEM
アルゴリズム PoI(プルーフオブインポータンス)
中央機関 -
公式HP NEMの公式サイト
公式ホワイトペーパー 公式サイトそのもの
公式Twitter @NEMofficial
公式Facebook @ourNEM
公式GitHub NEMプロジェクト
TelegramID NEM::Red
YouTube -

日本国内でも根強い人気があるネムコインですが、世界から見ても人気であると言えるでしょう。

ただし、人気があるからと言って、価格に直結している訳ではなく、あくまでもカタパルトを期待してのことと考えて良いでしょう。

ネムコイン(NEM/XEM)とは?目的

ネムコインとはNEM(ネムコイン)と表記される通貨の名称でNEMプラットフォーム上で発行された通貨のことです。

NEMとは「New Economy Movement」の略であり、NEMの目的はブロックチェーンを通した新たな経済圏の創出を目標としたプロジェクトの名称になります。

ネムコインは2015年3月に公開され、発行枚数上限は90億XEMですが、現在全てのNEM(ネムコイン)が発行済みです。

下記はネムコインの目的を分かりやすく表している動画ですからご覧下さい。(時間:2分40秒日本語字幕あり)

NEM(ネム)とXEM(ゼム)の違い

NEMとXEMが混同してしまう人もいる為、NEMとXEMを簡単に説明すると、

  • NEM(ネム)=ブロックチェーンの名前
  • XEM(ゼム)=仮想通貨の名前

以上のことです。

ですから、本来であれば、ネムコインではなく、ゼムコインと表現した方が正しいですが、ネムコインの名前で広く浸透していますから、本記事ではネムコインとして表現しますね。

ネムコイン(NEM/XEM)の特徴

NEM(ネムコイン)には様々な特徴があります。

その中でも特に重要な特徴を説明して行きます。

PoI(プルーフオブインポータンス)方式を採用

ネムコインには、PoI(プルーフオブインポータンス)と呼ばれるアルゴリズムを採用されています。

ビットコインはマイニングにPoW(プルーフオブワーク)という方式を採用していてトランザクションの承認をしてくれた人に報酬を与えるというものです。

しかし、PoWは資金力のある人が多くの利益を生み出せるようになっていてマイニング難易度がどんどん上がっています。

ですが、ネムコインのPoIはユーザーの重要度に応じて報酬が与えられるというシステムです。

では何がユーザーの重要度を決めるかというと、

  • ネムコインの保有数
  • 取引の頻度

によって重要度が決められる仕組みになっています。

ただし、ハイスペックなパソコンを持っているからといって報酬を受けられるわけではなく、ネムコインにどれだけ関わっているかによって報酬が決められます。

ですから、ネムコインの独自のコミュニティ活性化にも繋がるともされています。

スマートコントラクトを実装している

ネムコインはイーサリアム(ETH)と同じようにスマートコントラクトを実装しています。

ですがネムコインのスマートコントラクトはイーサリアムのスマートコントラクトとは少し違いがあります。

イーサリアムのスマートコントラクトを利用する際にはプログラムの専門知識が必要になってきますので、知識を持っていなければスマートコントラクトを扱うことはできません。

しかし、ネムコインのスマートコントラクトは専門知識がなくてもスマートコントラクトを扱うことができるように用意されています。

つまり、プログラムの専門知識が必要ではないため、プロジェクトに参加しやすいということですね。

ネムコイン(NEM/XEM)のハーベストとは?

ネムコインにはハーベストというものが存在するのですがどういったものかというと、10000ネムコイン以上保有しているとタダでネムコインがもらえるというものです。

もう少し詳しく説明するとハーベストとは、ブロックチェーン上で行われた取引を承認する作業のことでProof of Importanceという仕組みを使っています。

ハーベストのやり方は簡単で10000NEM以上をNano Walletに保管してNano Walletからハーベストに参加すれば、あとは待っているだけで自動的にネムコインがもらえます。

注意しておきたいのはハーベストの対象になるのはNano Walletに入っているネムコインだけなので取引所などにいくら大量のネムコインを持っていてもハーベストは受けられないので注意しましょう。

ネムコインがカタパルト(実装)されるとどうなるか

ネムコインで常に期待されているのがカタパルトの実装ですね。

ネムコインのカタパルトとは、簡単にいえば大型のアップデートのようなものだと想像してもらえるといいと思います。新たな機能を追加していこうという試みですね。

カタパルトを実装することによって処理スピードの向上したり、マルチレベルマルチシグという複数のマルチシグ(署名)を要求することができ、セキュリティ面がさらに強固になるといったメリットなどあります。

さらに、アグリゲーティッドトランザクションという複数の取引をまとめて行う技術の実装も含まれており、これにより顧客がネムコインを支払い企業が顧客に提供するサービスのトランザクションを一つにして処理することができるようになります。

これにより取引の際のトラブルをなくすことができ、取引を円滑に進めることができるようになります。

つまり、ネムコインがカタパルトをすると、他の仮想通貨よりも高性能になると思ってよいでしょう。

ネムコインがカタパルトされる時期はいつ!?なぜ中々カタパルトされない?

期待されているネムコインのカタパルトですが、2017年当初からカタパルトされるとの噂がありましたが、2018年の年末になってもカタパルトはされず、延期を繰り返しています。

一度、2018年3月にβ版がリリースされたもののまだ正式に実装されていません。

NEM財団は2018年内の実装を目標としているとのことでしたが。実際にはいつになるのか正式な発表はなされていません。

延期が繰り返されていることから、ネムコインへの期待が徐々に落ちていると考えても良いでしょう。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)コインが、ヨーロッパの仮想通貨取引所2つに上場した!

2018年9月24日、ネムコインがヨーロッパの仮想通貨取引所である、BTC-AlphaとCoinbeに上場しました。

ICO割れ

ネムコインと言えば、先日10円を切るまでに下落をしましたが、価格は9月24日時点で12円代まで回復しています。

仮想通貨 ネム

時間:9月24日午前9:00

ネムコインと言えば、過去にはリップル同様に保有している人が多かった仮想通貨ですが、現在はどうなのだろうか?

では、今回上場した仮想通貨取引所を見ていこう。

9月20日:イギリスの仮想通貨取引所BTC-Alphaに上場

ネムの公式Twitterにて、イギリスの仮想通貨取引所BTC-Alphaに上場したことが発表されました。

BTC-Alphaは、約80種類の銘柄を揃えている仮想通貨取引所であり、2016年1月14日に開設されました。

そして、日本人に馴染みのある仮想通貨、MARK.SPACE(MRK)やスピンドル(SPD)ノアコイン(NOAH)などが上場している取引所でもあります。

一時期、HitBTCが日本人の利用を一時停止することを発表したことにより、BTC-ALPHAの需要が拡大しつつある、隠れた仮想通貨取引所であると言えるでしょう。

9月23日:ポーランドの仮想通貨取引所Coinbeに上場!

ネムコインの公式Twitterにて、こちらも上場発表がありました。

Coinbeは、ポーランドにある仮想通貨取引所です。

最大の特徴は、最初は取引手数料は0.3%〜ですが、取引量に応じて手数料も徐々に下がっていき、最終的には0.1%まで抑えることができる仕組みになっているのが特徴です。

取り扱っている仮想通貨銘柄は、以下の時価総額が高い仮想通貨を多く取り扱っています。

など、時価総額の高い仮想通貨を多く取り扱っています。

また、Coinbeは、ポーランド最大の仮想通貨取引所のBitBayが、2018年5月にマルタ島に拠点を移している為、今後成長すれば、ポーランド最大の仮想通貨取引所になる可能性は十分あると言えるでしょう。

ネムコイン(NEM/XEM)の今後の将来性について

すっかり人気の無くなったネムコインですが、ウクライナでネムのブロックチェーン技術を使用した【選挙投票】を活用するなど、実用的な仮想通貨として、徐々に世界に広まってきています。

価格には中々反映されていませんが、事によってはネムの価格が一層上昇する可能性は高いでしょう。

ネムコイン(NEM/XEM)の関連記事

チャッティネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事