bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3

DMMビットコインと言えば、ローラですね!

実は...私ローラのファンです!www

ローラとてもかわいいですよねw

(………)

さて、本記事ではDMMビットコインについて、基本的な特徴や評判、利用する上での良い点や問題点を取り上げていますから、まだDMMビットコインのことを知らない人はぜひチェックして下さいね。

bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

DMMビットコインの概要

取引所名 DMMBitcoin
独自トークン有無 -
開場日 2016年11月7日
運営会社 株式会社DMMBitcoin
代表取締役 田口仁
取引所がある国 日本
公式サイト DMMBitcoin
手数料 無料
取り扱い銘柄数 7種類(現物取引は2銘柄のみ)
公式ウォレット -
公式ブログ お役だちコラム
公式からのお知らせ お知らせ一覧
公式Twitter @DMM_Bitcoin
公式Facebook @DMMbitcoin
公式Instagram -
公式Reddit -
公式Keybase -
公式YouTube DMM.com公式チャンネル
TelegramID -

DMMビットコインのTwitterのフォロワー数は3000人位しかいない為、正直に言えば人気の仮想通貨取引所であるとはいえないかもしれません。

しかし、大手DMMグループが管理していることから、やはり安心して利用した人にはおすすめの仮想通貨取引所であると言えるでしょう。

DMMビットコインとは

DMMコイン

DMMビットコインとはDMMFXホールディングスによる仮想通貨取引所であり、元々は「株式会社東京ビットコイン取引所」でしたが、「株式会社DMMBitcoin」へ商号が変更され、2018年1月10日にリニューアルオープンしました。

仮想通貨交換業者としては、商号変更前の2017年12月1日に既に認定されています。

DMMコイン

出典:DMMコイン「重要事項の説明

DMMビットコインの特徴

大手であるDMMグループが運営していることから、現在(2018年11月14日)まで大きな事件がないDMMビットコインですが、特徴は以下の5つがあります。

  • 現物取引は2銘柄/レバレッジ取引は7銘柄
  • レバレッジ取引が5倍まで
  • 利便性の高い取引ツールの提供
  • 手数料が基本無料
  • 問合せのサポートが24時間365日対応

以上の特徴はDMMビットコインを知る上で重要なことですから、1つずつ詳しく見ていきましょう。

現物取引は2銘柄/レバレッジ取引は7銘柄

DMMビットコインで取り扱う仮想通貨銘柄は、現物取引とレバレッジ取引では異なります。

現物取引の場合は以下の2銘柄のみです。

逆にレバレッジ取引では以下の7銘柄が取引可能です。

上記の仮想通貨銘柄を見ても分かる通り、DMMビットコインはレバレッジ取引専用の取引所と言っても良いでしょう。

レバレッジ取引は5倍まで

DMMビットコインではレバレッジが5倍までしか設定が出来ません。

仮想通貨取引所によってはレバレッジが25倍に設定されている所もありますね。

しかし、DMMビットコインではレバレッジを5倍に抑えることで、顧客の取引において極度なリスクを回避することに勤めているといえるでしょう。

利便性の高い取引ツールの提供

DMMビットコインでは初心者にやさしい取引ツールが提供されています。

PC用ツールとしては、全ての取引アイテムが一画面に収まる設計されてもいます。

そして、DMMビットコインのスマホ用のアプリも機能面でPC用ツールに引けを取りません。

DMMビットコインのスマホ用アプリではチャートを見ながらワンタッチで発注が可能ですから、利便性の高さは高評価をするべきでしょう。

手数料が基本無料

DMMビットコインの入出金手数料はクイック入金も含めて基本無料です。

手数料が発生するのは、銀行の振込手数料や仮想通貨で入庫したときに発生する仮想通貨マイナーへの手数料が発生するのみです。

ですから、DMMコインで行う仮想通貨及び日本円の出金や出庫は全て無料となります。

しかし、取引手数料の日本円は無料、仮想通貨ではレバレッジ手数料を除く全てが無料となりますが、レバレッジ手数料の場合のみ、建玉(※)を翌営業日持ち越した時に、建玉ごとに0.04%発生します。

※.建玉とは?
建玉(たてぎょく)とは、売買の約束をしているだけで、決済をしておらず、取引が終わっていない状態のことです。

問合せのサポートが24時間365日対応

DMMビットコインでは、LINEまたは問合せフォームであれば、サポートが土日も含んで24時間365日対応してくれます。

サポートは通常平日のみの所も多いですから、資産の売買を行う上でサポートが24時間365日対応してくれるのはとてもありがたいことですね。

DMMビットコインを利用する良い点

手数料が安いなどの特徴を持つDMMビットコインですが、利用する良い点ももちろんあります。

コールドウォレットによる通貨の保管

DMMビットコインの仮想通貨はコールドウォレットで保管しているため、外部と接続された状態での顧客の資産流出の危険性がない高いセキュリティを誇っています。

FXや証券取引で培われたノウハウに基づく

DMMビットコインには、DMMグループによるFXや証券取引で培ったノウハウが仮想通貨取引所にも活かされています。

DMMビットコインが今まで培ってきたノウハウに基づき、下げ相場でも稼ぐことを可能にしているのはDMMビットコインならではの魅力ですね。

DMMビットコインを利用際の問題点

しかし、DMMビットコインを利用際の問題点もあります。

スプレッドが広い

DMMビットコインは取引所ではなく販売所で取引されるため、スプレッドが取引所に比べてどうしても広くなってしまいます。

取引手数料が無料とはいえ、結果的に高い手数料がかかるのと同じことになります。

スプレットとは?

スプレットとは、購入価格と売却価格に生じる価格差のことです。

価格差が低ければ支払う手数料が少なくなり、価格差が大きいほど支払う手数料は多くなります。

イーサリアム以外のアルトコインに現物取引がない

DMMビットコインで取り扱うアルトコインはイーサリアム(ETH)を除いて全てレバレッジでの取引しか選択肢がありません。

アルトコインの長期保有や、アルトコインを送金や決済して利用したい場合には適さないでしょう。

DMMビットコインの評判

DMMビットコインの評判は、レバレッジ取引に利用するのは良いという意見も多く見られますね。

しかし、多くの仮想通貨銘柄を利用したい人にとっては、少々使いづらい点もあるみたいですね。

国内取引所の関連記事

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事